因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

因幡屋ぶろぐへようこそ!

2030-06-01 | お知らせ
 たくさんのサイトのなかから、この「因幡屋ぶろぐ」へようこそお越しくださいました。心より御礼申し上げます。このブログは、2005年5月に開設し、今年で15年を迎えました。もともとは劇評かわら版「因幡屋通信」が始まりで、「こちらのHPなどは?」と聞かれてブログ開設となった次第です。かわら版は年3回の発行ですし、紙面に限りがありますから、記載できる舞台はわずかです。ささやかながら日々の観劇記録を記し、 . . . 本文を読む
コメント (1)

劇団民藝公演『パレードを待ちながら』

2021-09-06 | 舞台
*ジョン・マレル作 吉原豊司翻訳 田中麻衣子演出(1,2)公式サイトはこちら 紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA 13日まで 第二次世界大戦下のカナダはカルガリーを舞台に、夫や息子を戦地に送り出し、銃後の奉仕活動に励む女性たちの奮闘と苦悩を歌とダンスを交えて描く。休憩を挟んで2時間10分。 登場する女性は5人。30代前半のキャサリン(いまむら小穂)は夫の帰りを待ち焦がれながらも仕事をはじ . . . 本文を読む
コメント

2021年9月の気になる舞台と俳句の予定

2021-09-03 | お知らせ
 1年でもっとも大変な9月がやってきました。なぜってそれは?(銀漢俳句会の皆さま、がんばりませうね) 日暮里のd-倉庫が12月末日をもって閉館と発表されました。ハイリンド公演、「ハムレット・マシーンフェスティバル」、ウテン結構の旗揚げから第5回公演まで、日暮里繊維街を通り抜けていく道がとても好きでした。因幡屋通信の設置は2009年5月発行の32号から10年以上に渡ります。心より御礼申し上げるととも . . . 本文を読む
コメント

ティーファクトリー『4』

2021-08-19 | 舞台
*川村毅作・演出 公式サイトはこちら あうるすぽっと 24日終了(1,2,3,4,5,6,7,8) 2012年のシアタートラムの初演『4 four』(白井晃演出)の印象は、劇場の形態が大きく変えられていたこと、その劇場の空気にからだぜんたいが捉えられたという強烈な感覚であった。その後翻訳され、世界各国で上演されている作品を、このたびは川村自身が演出した。劇場は中サイズになり、演技エリアと客席がきっ . . . 本文を読む
コメント

劇団東京乾電池二本立て公演

2021-08-15 | 舞台
*公式サイトはこちら 柄本明演出 下北沢/アトリエ乾電池 13日~15日のところ18日まで追加公演が行われた。 ☆岸田國士作「ヂアロオグ・プランタニエ」 この作品は2015年1月の同劇団・月末劇場と、同じ年の12月、えうれか第二回公演で観劇した演目だ。今回はステージ全体に白い布が被せられ、様子が全く見えない。2008年版(未見)のような小さな窓枠が隠されているのか、それともやはり文字通り仰天する、 . . . 本文を読む
コメント