因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

東京学生演劇祭2019 Bブロック(踊れないのに、・KRUMPETS・快晴プロジェクト)

2019-09-08 | 舞台

*公式サイトはこちら 花まる学習会王子小劇場 9日まで これまでの観劇記事→AブロックCブロック
 ◆踊れないのに、(多摩美術大学/尚美学園大学)
  柿澤大翔作・演出・出演『ふふ』…「踊れないのに、」。つぶやきのような名のユニットは、当演劇祭が旗揚げとなった。メンバーは作・演出・出演の柿澤(尚美学園大学)、映像の佐々木柊弥(多摩美術大学)、制作の吉枝里穂(尚美学園大学)
の3人である。大きな特徴は、演劇祭9演目のうち、唯一のひとり芝居であることだ。舞台には白い風船が敷き詰められ、そこに白い衣裳を纏い、目隠しをした人物(柿澤)が登場する。衣裳の背中部分に穴があり、そこから片手を出している。劇中ずっとこの態勢のままでの演技は、まず見るからに肉体的な負荷が強いものと想像する。
 肉体を駆使したパフォーマンスに留まらず、舞台で発する言葉についても強い意志が伝わるステージであった。決してわかりやすくはないが、その意気で行け!と

 ◆KRUMPETS(桜美林大学)
  小西善仁作・演出『しっかり楽しむ人々について』…上演前、作・演出の小西が登場し、前説をはじめる。観客への挨拶から子どもの頃の家族旅行の思い出話になり、前説にしてはささか長い。話を終えると小西は客席通路を通って、後部の座席についた。
 ディズニーランドへやってきた男女数人、皆が打ち沈んでいるのは、いっしょに行くはずだった仲間の一人が亡くなったためだ。彼らの複雑な心持に関わりなく、園内のイベントやショーは続いてゆく。終盤で客席にいた小西が立ち上がる。前説を劇本編につなげるという試みだが、演劇的効果を上げていたかはむずかしいところだろう

 ◆快晴プロジェクト(明治大学/東京大学)
  坂本樹脚本 長谷川浩輝演出『ビューティフル』…9演目中、もっとも整った構成と生まじめなほど硬質な演技が好ましい舞台である。

 解体が決まったある雑居ビルに、ビルの大家で売れない画家が荷物を運び出すためにやってきた。ビルの2階に入居していた学習塾経営者や画家の妹、美大時代からの恋人も手伝いに訪れる。積まれた箱のひとつは、戦地から届いた曾祖父の手紙、そして戦後ずっと曾祖母が書き続け、出せないまま古びてしまった手紙である。画家は曾祖母から、手紙はすべて焼くように申し渡されていた。舞台の時はもうひとつ、太平洋戦争末期、画家の曾祖母と戦地に赴いたその夫が、互いに手紙を読み合う場面である。この世で会えなかった曾祖父と曾孫が、80年の年月を経て絵と手紙でつながれる40分の物語だ。

 曾祖父が戦死したという坂本が3年前から構想を温め、仲間との出会いを得て、主宰で演出の長谷川浩輝と創作に取り組み、今回の上演を実現したこと、奇をてらうことなく、正攻法の舞台に結実させた。ビルから荷物を持ち出す終盤で、床に設置した角材を撤去する作業を自然に見せるのも、舞台転換に十分な時間の取れない制約への対処、次のブロックの上演団体への配慮として巧い方法だ。

 同じ空間で過去と現在が交錯することや、肉親の過去に触れて、自分の生き方を見つめなおし、希望をもって歩みはじめるという流れは珍しくない。映画やテレビドラマでもありがちな構成ではある。また誰も書いたことのない戯曲、見せたことのない舞台を目指す心意気はもちろん素晴らしい。しかし、たとえ既視感のある作りであろうと、「これを舞台にしたい」「伝えたい」という誠実な願いがまず必要であろう。観客もまた、これまで見てきたさまざまなものの記憶から心を解き放ち、声高に反戦を訴えず、現代の若者たちが心を尽くして曾祖父母たちの日々を想像し、今とこれからに繋げようとする意志が示された舞台をきちんと受け止めたいのである。

コメント

東京学生演劇祭2019 Cブロック(冗談だからね。・劇団しゃけぼたる・劇団ありよりのあり

2019-09-07 | 舞台

*公式サイトはこちら 花まる学習会王子小劇場 9日まで Aブロック観劇記録はこちら

 ◆冗談だからね。(インカレ)
  安保泰我作・演出『BABY・BABY』…中央にドレッサーが置かれ、舞台には左右対称に同じ装置、同じ小道具が置かれている。女性が奉仕する飲食店の
舞台裏らしく、数人が化粧をしたり食べたり飲んだりしている。奥には小さなデスクと椅子があり、マネージャーの面接を受けている女性がいる。始まった芝居は、左右の人々が同時に台詞を発しながら進行するものであった。一瞬平田オリザの作品における「同時多発会話」を想起したが、あれは複数の違う会話が同時に発せられることであり、本作とは異なる。
 同じ台詞が同時に発せられるのだが、微妙にタイミングをずらしたり、内容が違う箇所もある。さらに不意に反対側へ移動する人物がひとりふたりと出はじめ、同じ服装だが色が変わっていたり、髪型が変わったりする。

 緻密に構成された戯曲であり、周到に稽古を積み重ねたことだろう。しかしどこかで破調があり、そこから何かが始まることを期待したが、終始同じ調子で進行するために、次第に緊張感が緩み、凡庸な印象になってしまったのは残念だった。これほどの手強い戯曲を書き、演じる俳優がいるのだから、仕掛けが仕掛けに留まらず、演劇的感興に転換することが可能ではないか。

 ◆劇団しゃけぼたる(日本大学)
  石塚薫作・演出『君が朝吸ったタバコのフィルターを舐めたい』…喫茶店で雑誌記者が有名作家を待っている。変わり者らしく、なかなか現れない。喫茶店のボーイは彼独自の感覚があり、注文したものがちゃんと出てこなかったり、コミュニケーションがうまく取れない。やがて一人の男がやってきた。来ない人を待つ、来るには来たがどうも違う。しかしやはりあれは…キワモノ的なタイトルや、不条理演劇風の設定や展開はじめ、個々の場面の旨みをもっとぜんたいの構成へ活かし、より見応えのある舞台になる余地を残している。

 ◆劇団ありよりのあり(明治大学)
  北村美玖作・演出『ちょっと男子ーぃ』…開演前に余興を披露するのだが、しっかり稽古の入った達者なもので、劇団の宣伝をして客席をしっかり温めてから本編が始まる。うまい導入だ。中学の教室で、エリコ、スミレ、アヤネの3人が合唱コンクールの練習に参加しない男子をどうしたらその気にさせるかを協議している。
策を練るうちに、よく知っていると思い込んでいた互いの性格の意外な一面を知り、そこから改めて歌を作ろう!と盛り上がるあたり、元気な女子トーク全開の40分である。観客の反応も意識してテンポよく運ばれる会話は気持ちよく、「必ずお客さん目線に立つこと意識している」という作・演出の北村のことばの通り(公演パンフレットより)、客席に伝えること、客席を楽しませることを第一にした手堅い舞台である。
 物語は題名の通り、3人が「ちょっと男子ーぃ」とコーラスで訴えるところで終わる。ここからどうなるのか、彼女たちの努力報われるのかどうか。男子を登場させずにその様相を描くことが、ありよりのありならきっと…と期待が湧く。

コメント

東京学生演劇祭2019 Aブロック(くじらシティ、名前はない劇団、はりねずみのパジャマ)

2019-09-07 | 舞台

* 公式サイトはこちら 花まる学習会王子小劇場 9日まで
 東京、関東の学生演劇の交流、刺激の場として2015年に始まったフェスティバルが5回めを迎えた。ABC3つのブロックに各3劇団、合計9つの団体が競演する。贈賞は、大賞(審査員選出…受賞団体は2020年2月開催の全国学生演劇祭の参加権獲得)、観客賞(観客投票…2020年3月ころ予定の都内小劇場での対バン公演参加権獲得)、実行委員賞(観客賞に同じ)。40分の上演後、10分で舞台転換し、次の団体が上演する。まずはAブロックを観劇した。

 ◆くじらシティ(早稲田大学) 
 坂井高久脚本 永瀧かづみ演出『端-Edge-』…太平洋戦争中、故郷に許嫁を残して炭鉱のある島に旅立つ青年。そこで「連れてこられた」という小柄で不器用な若者に出会う。詩を書く彼と青年は、次第に心を通わせるようになる。
 普段は等身大の現代劇を中心に上演しているが、今回初めて社会派劇に挑戦したとのこと。おそらくさまざまな資料を紐解いたことだろう。そこに眠る夥しい声なき声
から、たったひとつの声を聞きとり、主人公の青年を舞台に立ち上がらせた。台で段差を作っただけのシンプルな美術である。許嫁が上の段から手を振り、手前に青年が立てば出船の見送りになり、上段に膝をつき、姿勢を低くして後ろに進む動作によって、青年が斜坑に降りていく様子を示すなど、ぎりぎりまで表現を削ぎ落したことが効果を上げた。ドキュメンタリー風でもあり、どこか幻想的な雰囲気もあり、60分、90分の中編に展開する可能性を秘めている。誠実な姿勢がまっすぐに伝わってくる舞台であった。

 ◆名前はない劇団(埼玉大学)
 伊藤セナ作・演出『濃藍』…容姿に自信が持てないセイは、大学生になって外見を整えることを覚え、もともとの優しい性格もあって付き合いが増えた。バイトも忙しく、夜は誘われるままにいろいろな友人と食事をする。大学では何となく授業も学食もいつも一緒に行くアズがいるが、恋人というほどではない。そこへ合コンで知り合ったアイが強引に迫ってきた。
 彼らは明確な二股交際や、互いに火花を散らす三角関係に至らない。それを象徴するのが、(記憶によるものなので正確ではないが)「あたしたちって、付き合ってるんだよね?」、「俺たち、付き合ってるっていうんじゃなくて」的な台詞の数々である。本作に限ったことではないが(テレビドラマ『きのう何食べた?』でも何度か)
付き合っている=自他ともに認める恋人同士であることを指すなら、「お互いに好き合っている」、あるいは「愛し合っている」となぜ言わないのだろう。幼い言い方だが「両想い」でもよい。
 好きという気持ちではなく、付き合っている、交際しているというアクションがあるか否かで、互いの関係を確認することが非常にもどかしいのだが、そのもどかしさもまた本作のみどころのひとつである。セイ役に男性ふたりを配し、女性たちのあいだで煮え切らないところや、自問自答する様子を効果的に見せ、常に自分の気持ちではなく、相手の出方に流されていた彼が、最後の最後、自分から相手に手を差し出す終幕、不覚にも心を打たれた。男女3人の小さな世界を背伸びせず、丁寧に描いた佳品である。

 ◆はりねずみのパジャマ(日本大学)
 パイロン久我作・演出『楽しみましょう』
 高校時代からの友だち男女がパワースポットへ行こうと車で出かけたが事故を起こし(人身ではない)、足止めされた。現場近くの大きな家に住む娘と祖父の厚意で、一晩そこに泊まることになる。シャンプーから化粧品まで、あまりに行き届いたもてなしに嬉しいやら驚くやら。しかしどうも様子がおかしい。

 前の2作に対して、少なくとも最初はリアルな設定で、下手にはドアの装置が作られ、小道具もいろいろ、7人の登場人物の出入りも多い。旅先でアクシデントに見舞われた。偶然居合わせた人の親切に甘えているうちに、恐ろしいことが…というホラー風の展開には既視感があるが、レンタル友だちに象徴される見栄の張り合いはじめ、彼らの本音が炙り出され、晒されていく描写に達者な手並み
を見せる。欲を言えば、不思議の館の娘と祖父が何者なのか、なぜこのようなことが起こるのか、安易な謎解きや説明は興ざめだが、何らかの落としどころ、観客に想像させる糸口がほしい。ここまで来たら、背筋が寒くなるような予感を抱かせて観客を放り出すくらいのブラックな暴力性があってもよかろうかと。

コメント

MSPインディーズ『ローマとんでも英雄伝-もうひとつのローマ英雄伝-』

2019-09-06 | 舞台

公式サイトはこちら1,2,3,4駿河台スタジオ 8日まで
 「明治大学シェイクスピアプロジェクト(MSP)のレガシーを、MSPの枠組みを超えたところで継承していくこの試み」(当日リーフレット掲載 監修の井上優准教授による)がMSPインディーズである。シェイクスピアが描いたローマ時代の物語を趣向の異なる3本のステージに編み、一挙上演する企画である。ビッグエコー神保町店のビル地下のスタジオに入ってまず「俳優はどこで演技するのか?!」。演技スペースを客席が両サイドから挟む、いわゆる対面式の形は珍しくない。今回も対面式ではあるのだが、段差のないスタジオには数列の椅子が整然と並んでいる。手前、奥側の椅子の最前列のあいだに、人がすれ違うことができるかどうか…といった程度の狭い空間があるだけなのだ。客席両端に通路はあるものの、いったいどんな舞台になるのか?

 ◆其の壱 リーディング公演『三月の15日め』
 作・演出:イノウエマサル タイトルから一目瞭然、あの話題作の外枠を借りたシェイクスピアの『ジュリアス・シーザー』の前半部分である。ローマに凱旋した英雄シーザーを迎える市民の高揚と、その背後に蠢く暗殺の陰謀を、初デートのときめきや、秘密を抱える夫への不信と愛に混乱する妻の様相などに絡めて描いたもの。「~っていう話をこれから始めます」という口調の軽さや緩さは今となっては懐かしい(ちなみに本家本元観劇の記事はこちら)ものである。そして何度か繰り返される「~っていうことは言わないで」という台詞には、本音を言わず、強い主張をしないままの若者の気質が読み取れる。古典作品を現代調に翻案したときに陥りがちなあざとさは全くなく、「男優1」、「女優1」という役名で配された俳優4名は気負うことなくその場に存在している。

 ◆其の弐 読上歌舞伎『自由太刀余波鋭鋒』(じゆうのたなごりのきれあじ)
 テキスト:坪内逍遥 補綴:井上優 演出:西村俊彦
 今年5月に行われた前回公演『何櫻銭世中』のスタイルである。現役明大生が文語体と格闘中の様相が緊張感を生む。空間をこのように使うとは予想できなかった。これは見てのお楽しみである。3編すべてに出演する卒業生の宮津侑生が幕間の案内役もつとめており、観客の理解を助け、劇世界へ自然に導くことに成功している。

 ◆其の参 一人芝居ミュージカル短編集より『クレオパトラ 紀元前31年の恋バナ』
  作・演出:西村俊彦 作曲:伊藤靖浩 以下リンクはいずれも西村のblogから
 俳優・ナレーターとして活躍する西村には『ひとり天空の城ラピュタ』という傑作があるが、「一人芝居ミュージカル」もまた彼の個性と才気が発揮されたステージである。「一人芝居ミュージカル短編集」と銘打って2017年に初演された西村俊彦オリジナルの作品(脚本公開)を自身が演出し、女優のダブルキャストで上演する。
 女としてアントニウスとの愛を貫くか、エジプトの女王としてオクタビアヌスの要求を受け入れ、国と国民を守るか。スケールが大き過ぎ、あまりに特殊なため、誰も助言できない人生の問題に揺れるクレオパトラの葛藤と決断が描かれる。MSP卒業生依田玲奈と現役生柳下花恋のダブルキャスト。この空間にここまで自分をさらけ出し、全編が独白と歌という形式のステージを演じ抜く演者の天晴なこと。思い切りの良さ、度胸に感服する。

 3編はいずれも、壮大な歴史劇のなかにある「わたくしごと」を、登場人物それぞれの足元に立って、それぞれの目の高さで綴られた物語である。当日リーフレットに西村が記すように「どんな英雄も、ただの人」。シェイクスピア作品の、あの朗々とした台詞に耳を澄ませ、英雄や女王やローマ市民の心の奥底の声を引っ張り出したステージは、11月に上演される第16回明治大学シェイクスピアプロジェクト『ローマ英雄伝』の序章でもあり、小さな空間に凝縮された物語が大海原に漕ぎ出す期待を抱かせるものであった。
 

コメント

文学座9月アトリエの会『スリーウィンターズ』

2019-09-03 | 舞台

*テーナ・シュティヴィチッチ作 常田景子翻訳 松本祐子演出 公式サイトはこちら 15日まで 信濃町/文学座アトリエ
 テーナ・シュティヴィチッチは1977年クロアチアはザグレブに生まれ、地元大学の演劇学校、ロンドンのゴールドスミス・カレッジを卒業し、ヨーロッパを中心に活躍する劇作家である。2014年ロンドン。ナショナル・シアターで初演された作品が、アトリエの会では9年ぶりとなる松本祐子の演出で日本初演の日を迎えた

 2011年、クロアチアがEU加盟署名の年の11月。結婚式を明日に控えた次女ルツィア(増岡裕子)を囲んで父ヴラド(石田圭祐)母マーシャ(倉野章子)、長女アリサ(前東美菜子)、マーシャの妹ドゥーニャ(山本郁子)が揃った。そこから1945年11月、第二次世界大戦後に場面は移り、パルチザンだったローズ(永宝千晶)は仕立て職人の夫アレクサンダー(上川路啓志)と、生まれたばかりのマーシャを抱き、母モニカ(南一恵)とともに貴族階級の家にやってきた。そこはかつてモニカがメイドとして働き、赤ん坊のローズとともに追い出された家だったのだ。舞台の景はもうひとつ、ユーゴスラヴィア分断が決定した1990年、ローズの葬儀が行われた11月の夜である。

 この3つの冬(=スリーウィンターズ)が行き来しながら、ザグレブに暮らした四世代に渡る女性たちと人々を描く物語である。

 演技スペースを客席が左右から挟む。大きなテーブルに数脚の椅子、ベッドがふたつ、食器戸棚の置かれただけのシンプルな作りだ。人物は舞台左右、ごくわずかに客席通路からも出入りする。数十年に渡る物語が時系列ではなく、交錯する作りだが、舞台上の壁に年代が映写されるので混乱はしない。二世代、三世代が交わる場面もあり、人物によっては無邪気な子どもと年ごろの娘、青年期と老人を演じるところなど、俳優の実年齢と役柄、役柄は父と娘だが俳優同士の年齢は…といったところもある。しかしまったく不自然ではなかったのは、時空間が交錯する構造を自然に受け入れることができたこと、個々の人物に起きた出来事を越えた時代の流れを見通す視点が本作を貫いているためであろう。

 貴族階級に支配されたモニカ世代、ナチスの権力と闘ったローズ世代、そしてその娘、孫の世代。個人の力ではどうしようもない時代の波に襲われる恐怖や、夫婦が諍い、断絶に至る絶望の様相や、結婚式当日になぜここまで…等々、まことに痛ましい。しかしこの家で暮らしてきた各世代の人々が、過去の人々とすれ違いながら、相手を抱きしめ、自らを抱きしめるかのような切なさが客席を包み込む。休憩を挟んで3時間の上演時間を長いと意識することなく、舞台の人々とともに、数十年間の旅路に同伴させてくれるのである。

コメント