因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

新宿梁山泊第64回公演『恭しき娼婦』

2018-10-12 | 舞台

*Jean-Paul Sartre作 シライケイタ(劇団温泉ドラゴン)上演台本 金守珍演出 公式サイトはこちら 東京芸術劇場シアターウェスト 14日まで1,2,3,4,5,6
 1963年、
唐十郎が状況劇場の前身である劇団シチュエーションの会旗揚げ公演で上演した作品が『恭しき娼婦』。それを上演するのは、師である唐十郎への敬意と同時に、ある意味で挑戦であろう。公演チラシには、「翻訳=芥川比呂志 演出協力=シライケイタ」となっていたが、本日手にした当日リーフレットからは翻訳者の名が消え、シライの上演台本を金が演出との記載である。これがどういうことなのか、観劇してようやくわかった。

 1946年初演の本作は、アラバマで起こった黒人による娼婦の強姦事件という実話からヒントを得て書かれたとのこと。アメリカ南部における黒人の人種差別を問題にした作品だ。
***ここから舞台の詳細を記載します。これからご観劇の方はご注意を***

 ひと言で言えば、今回の公演はサルトルの作品の翻案である。時代は少なくとも2018年の現在よりも先であり、場所は男(国会議員の息子/申大樹)の台詞では、東京から離れた「本州の端っこ」に設定されている。しかし女(サヘル・ローズ)の暮らす部屋の様子はやや古ぼけた西洋風のアパートメントの拵えである。登場人物の服装から時代を判別することは(わたしには)できず、男はi-padを出し、女の使う掃除機はメタリック調のしゃれたデザインだったり、かと思うと、終盤では「自警団」というまことに古めかしい台詞で、あたかも関東大震災当時のごとき扮装の男たちが登場し、原作において無実の罪で追われている黒人は朝鮮人に置き換えられ、すさまじい侮蔑と憎悪の様相が展開する。

 娼婦である女は途中から「サヘル・ローズ」と名を呼ばれ、わけあって東京から流れてきたこと、これまで日本で差別に苦しめられた体験を持つ女性として描かれる。イランで生まれ、イラン・イラク戦争の空爆で孤児となり、養母とともに来日して日本の学校に通い、俳優の道に進んだというサヘル・ローズ自身の身の上を反映した設定を示すのである。役を演じつつ、その人自身のことを舞台に乗せる趣向について、これをリアルであると受け止めることはたやすいが、自分は居心地の悪さを覚えた。役と俳優自身の距離感をどのように取ればよいのか。

 そして国会議員の息子である男は、父方の系譜を語り、国の行く末について狂気じみた熱弁を振るう。これが三選を果たした現首相の行状やその祖父の所業をあからさまに示す内容なのである。「本州の端っこ」というのは、まさか首相の地元・山口県のことなのか。

 細かいことだが、男たちは女のアパートへの出入りの際、まことに不自然な仕草で靴を脱ぎ履きする。ドアを開けて沓脱のスペースはない。靴のまま部屋に入らないのは、そこが日本のアパートであるからなのか。

 戯曲の翻案を否定はしない。むしろどんどん見たいと思う。しかしある面を変えると別の箇所に矛盾が生じたり、綻びが露見したり、一筋縄でゆかないことが少なからずある。それでも舞台を近未来の日本に設定し、サヘル・ローズをその名で舞台に乗せなければならなかったのだろうか。その劇的必然性について、自分は諾うことはできかねる。

 むしろ『恭しき娼婦』に真っ向からぶつかってほしかった。そこからサヘル・ローズその人のこれまでの苦難や、現代の世相をも批判する切り口を感じ取ることができれば、もっと刺激的で、舞台に生きる人々のみならず、演じる俳優その人の苦悩や悲しみを味わい深く感じ取る可能性があり得たのではないだろうか。

コメント

【試写会】ナショナル・シアター・ライブ2018『フォーリーズ』

2018-10-04 | 映画

*公式サイトはこちら ジェームズ・ゴールドマン脚本 ドミニク・クック演出 スティーブン・ソンドハイム音楽 ナショナル・シアターオリヴィエ劇場 19日(金)よりTOHOシネマズ日本橋ほか全国順次公開
 1971年にブロードウェイで初演され、トニー賞最優秀楽曲賞を受賞した伝説のミュージカル。2時間35分休憩無しの長尺だが、大丈夫です。

 取り壊しが決まったレヴュー劇場に往年のスターたちが集まり、旧交を温める。いわばミュージカル俳優たちの同窓会である。しかし彼らはそれぞれ、歳月を経てもなお痛みの消えない心の傷や、取り返しのつかない過去への後悔、今の人生に満たされない思いを抱えている。もう決して若くない彼らは、みずからの心の痂を引き剥がすようにぶつかり合い、傷つけあう。なぜそこまで、何のために。

 見事な歌とダンスと演技で豪華絢爛なミュージカルの表舞台に立つ人が、実人生においてはいかに不器用で、懲りずに過ちを繰り返しているか、いったい人間というものは何なのかという答の出しようのない問いをこれでもかと突きつけてくる。楽しく明るく美しく酔わせるだけのミュージカルではない。重く苦く、やりきれない。バックステージものの域を超えて、哲学的味わいを持つ、大人のための作品である。

 軸になるのは男女二組のカップルだ。サリーはバディと、フィリスはベンと恋仲になり、結婚した。しかしほんとうはサリーはベンを好きで、数十年経った今でも忘れ切っていない。一人の人物に対し、若い俳優とベテラン俳優が配されている。老いた現在と過去の時代を行き来し、複雑に絡み合う。老いた俳優が、若き自分のすがたを見つめるときの痛ましい表情には胸が締めつけられる。ミュージカルということを忘れて、寂寥感にやりきれなくなるのである。

 本作が「follies」(愚かさ)という、身も蓋もないタイトルであることを改めて考えた。年を重ね、経験を積んでも人間は何と愚かなのだろうか。実は2日前に見た『イェルマ』のあまりに鋭く強烈な印象が心に突き刺さったままだ。人間の愚かなること、生きることの辛さをストレートプレイで嫌と言うほど見せつけられたかと思ったら、今度はめくるめくような夢の世界に導いておいて、「さあ、あとはあなた自身の人生を歩け」と夜の京橋(試写室のある場所です)へ放り出すとは。演劇とは、芸術とは何と罪作りなのだろうか。だから余計にのめり込み、それなくしては生きられないのだけれど。

コメント

ナショナル・シアター・ライブ2018『イェルマ』

2018-10-02 | 映画

*フェデリコ・ガルシーア・ロルカ原作 サイモン・ストーン翻案・演出 2017年8月31日 ヤング・ヴィック劇場(ロンドン)収録 公式サイトはこちら 4日まで TOHOシネマズ日本橋ほか
 
7月の同プロジェクト5周年記念のシンポジウムが嬉しいきっかけになり、2015年『スカイライト』以来久々の鑑賞となった。月一度の勉強会で、ちょうどロルカの作品を連続して取り上げていることも何かのご縁であろう。

 スペインの詩人であり劇作家であるロルカが1934年に発表した『イェルマ』は、岩波文庫の紹介文に「アンダルリーアという土地の霊と因習がもたらす宿命的な業に苦悩しながも、他ならぬその苦悩によって浄化されている女たちを描いて、<悲劇>の情念がいま蘇る」と記されている。特殊な土地柄と、その地に縛られ因習に支配され、もがき苦しむ劇中の人々の様相は、『ベルナルダ・アルバの家』でも『血の婚礼』でも、特に女性の登場人物について、執拗といってもよいほどの筆致で描かれており、今のわたしたちには俄かに実感しづらい。

 さらに詩人でもあるロルカの作品は、日常会話のやりとりだけでなく、歌や朗誦、舞踏の場面が少なくない。実はまだロルカ作品の舞台上演を一度も見たことがなく、ドラマの会でも、その場面のリーディングはまことにやりづらいのだ。

 舞台の設定を現代に置き換えたり、別の場所にすることは珍しくない。しかしサイモン・ストーンは、ロルカの原作を新作戯曲と見まごうほど大胆に切り開き、鮮やかに構築してみせた。換骨奪胎とまとめるには抵抗を感じる。舞台を現代のロンドンに置き換え、主人公の「彼女」(her)は編集者なのだろうか、ペンネームでブログを書き、パートナーのジョンも成功したビジネスマンである。新しく家を購入したのを契機に、彼女は子どもを産みたいと切り出す。突然の主張に戸惑いながらもジョンは同意するが、物語はここから数年間にわたる彼女とジョン、周囲の人々を巻き込んで混乱し、悲劇になだれ込む様相を情け容赦なく描いてゆく。

 舞台を挟んで、客席は対面式に設置されている。さらに舞台はガラス張りになっている。人物たちはガラスケースに閉じ込められた小さな生き物のごとく、距離じたいは近いにも関わらず、透明なガラスに遮られることで、観客はまことにもどかしい感覚に襲われるのである。

 原作はイェルマという女性が不妊に悩み、怪しげな呪術に頼ったり、かつて心を寄せ合った男性との関係を噂され、夫やその姉たちの監視下に置かれるうちに心が壊れてゆき、夫を手に掛ける物語である。サイモン・ストーンによるこの舞台では、設定が現代ゆえ、妻がブログに夫婦間のことまであけすけに書くことを夫が責めたり、不妊治療や養子縁組といった科学的、近代的な手段についても議論が戦わされる。

 つまり原作の時代に比べれば、子どもを持つためのさまざまな方法、選択肢があるにも関わらず、「彼女」とジョンは衝突し、行き詰まり、不妊治療の費用のために借金を重ねて破局に至る。子どもが欲しいのに授からない苦悩は、現代においても完全に解決されてはいないのだ。主人公は最後まで名前を呼ばれず、「彼女」(her)であることは、彼女はいつの時代でもどこの国にでも存在し、自分自身を切り刻むように激しく苦悩し、彼女によって傷つく人々もまた生々しい存在であることを示す。

 前半は「ロルカはどこへ行ったんだ?」と困惑しつつの鑑賞であったが、「もしかするとロルカは消してしまったほうが」と体制を立て直した後半あたりから俄然集中力が高まった。主演のビリー・パイパーはじめ、俳優陣の演技は瞬発力があり、熱演には違いないのだが、暑苦しい押しつけがましさがないのがいい。時に嫌悪感すら覚える「彼女」であるのに、カーテンコールでのさっぱりした表情にはゆとりが感じられる。

 この日スクリーンを通してイギリスの舞台から受け取ったことは、今実感していることよりずっと大きく深く、豊かなものではないかと思う。いつどのような形で結びつくかはわからないが、まずはナショナル・シアターライブ次回作『フォーリーズ』への足掛かりになったのは確かである。 

コメント

因幡屋10月の観劇と俳句の予定

2018-09-30 | お知らせ

 いつにも増して10月は魅力的な公演が目白押し、日にちを間違えぬよう、ダブルブッキングにならないよう注意しつつ、まだ確定していないものも含めて以下の通りです。
*ナショナル・シアター・ライブ2018『イェルマ』 7月の同プロジェクト5周年記念のシンポジウムが嬉しいきっかけになった。
新宿梁山泊第64回公演『恭しき娼婦』1,2,3,4,5,6
 唐十郎が1963年、状況劇場の前身である劇団シチュエーションの会旗揚げ公演で上演した作品である。演出は金守珍、演出協力に劇団温泉ドラゴンのシライケイタの名があるのも興味を掻き立てる。
sortie vol.01『セイラム』
 sortie(そるてぃえ)は、雁瀬有子、つついきえによる演劇ユニットである。お二人ともそれぞれ、脚本、演出、主宰、俳優と何役も兼ねての活動だが、俳優に専念するために外部に作・演出を依頼して公演を行うことを目的に立ち上げたとのこと。その第一作が屋代秀樹(日本のラジオ 1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11)作・演出の本作だ。セイラムと聞いて即座に連想するのは、アーサー・ミラーの『るつぼ』である。公演チラシには炎が…と思ったら、しゃれこうべに留まった鴉の絵だ。それがオレンジに彩られていて炎のように見えたのかしら。それを取り囲む女優8人。
 すでに危ない。
芸術祭十学大歌舞伎-十八世中村勘三郎七回忌追善-
 まったく不意打ちに十八代目勘三郎が旅立ってしまってから、もう七回忌を迎えるのか。ほんとうにあのときは悲しかった。いや悲しいというより、「これからどうしよう?」と途方に暮れた。それくらい復帰を信じて疑わず、待っていたのだ。しかし、勘九郎、七之助きょうだいが次々に新しい役に挑戦し、中村屋一門を挙げて奮闘する舞台を見られるのは、何と幸せなことか。今回は中村七之助が昼は『佐倉義民伝』で、木内宗吾の妻おさん、夜は片岡仁左衛門の助六で、揚巻に大抜擢!
唐組第62回公演【唐組30周年記念公演第2弾】1,2,3,4,5,6,7
『黄金バット~幻想教師出現~』唐十郎が小学校時代、「黄金バット」というあだ名のたいへんユニークな女性の先生がおられたそうだ。黄金バット先生は、大鶴少年だった唐十郎に、クラスで上演するお芝居の台本を書くことを勧めたというから、ひとりの少年が演劇とともに生きる人生の最初の火を灯してくれた人なのである。舞台は下町の夜間中学「風鈴学級」。幼なじみの小夜ちゃんを腹のなかで育てるヤゴという青年、アルキメデスの原理でクラスに割り込んでくる女ブドリと、ああ、もう唐の世界に…。
*文学座公演『女の一生』
 文学座の大いなる財産演目であり、多くの俳優そして観客の夢を掻き立ててやまない作品だ。関連のイベント・講座もあり、観客もまた「継承」の責任と義務を負う者であると思う。2016年から主人公布引けいを受け継いだ山本郁子はじめ、新たな配役が加わったのも楽しみ。

 あとは検討中の公演として、『わたし、と戦争』(瀬戸山美咲作・演出 流山児祥啓述監督)、オフィスコットーネ『山の声』(大竹野正典作 綿貫凛演出)、新国立劇場演劇研修所第12期生試演会『トミイのスカートからミシンがとびだした話』(三好十郎作 田中麻衣子演出)など。ああっサブテレニアンで「板橋ビューネ2018」も始まるのだ!

 俳句勉強会、句会の兼題は以下の通りです。
*かさゝぎ俳句勉強会・・・木の実(このみと読む)、蜩(ひぐらし)、朝顔(意外や秋の季語)
*十六夜句会・・・素十忌(高野素十の忌日10月4日)、コスモス 先月次の兼題を決める際、「素十忌がむずかしいから、もうひとつは簡単なのにしよう」とコスモスに。いや、どちらも簡単ではないですわ。
*金星句会・・・夜寒(実は好きな季語なのです)、照葉(てりは 照紅葉とも。秋の日を受けて鮮やかに照り輝いている紅葉の様子)
*演劇人句会・・・濁り酒、秋の暮(暮の秋とは違います)

コメント

因幡屋通信まあ60号!完成のお知らせ

2018-09-30 | お知らせ

 ふざけたタイトルで申しわけありませんが、その通りです。1998年晩秋に創刊いたしました劇評かわら版「因幡屋通信-宮本起代子芝居噂-」が、60号と相成りました。手に取ってお読みくださっているお一人おひとりに、改めて深く厚く御礼申し上げます。
 メインの劇評は、劇「六月に降る雪」と題しまして、えうれか公演『海と日傘』について考えてみました。続いて「春から夏のトピック~心に残った舞台、気になる人~」としまして、数本の舞台について短く記しております(『アナグラム ユルスナールの恋』『ふたつの小部屋』『The Collection』『フラウ シュミッツ』『Nf3 Nf6』)番外編はNT.ライヴのシンポジウムのことを少々。
 昨日設置先各劇場、ギャラリーに向けて発送いたしました。カラーはピンク、劇場ロビーのチラシラックなどでお見かけになりましたら、ぜひお手に取ってくださいませ。リンクは観劇直後のものです。ご参考までに。

 えびす組劇場見聞録は59号を重ね、歌舞伎界から劇団新派に参入したTEAM KAWAI『楽屋~流れ去るものはやがて懐かしき~』をめぐって、自分の新派歴を振り返っています。

 なお今回より、福島県の「いわき芸術文化交流館アリオス」(通称いわきアリオス)さまと、岩手県の「西和賀町文化創造館銀河ホール」さまに、因幡屋通信、えびす組劇場見聞録を設置していただけることになりました。ご理解とご協力に感謝し、訪れる方に楽しんでいただけるようなものになるよう、いっそう励みます。

コメント