因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

ミナモザ『彼らの敵』再演

2015-07-31 | 舞台

*瀬戸山美咲作・演出 公式サイトはこちら 8月4日まで こまばアゴラ劇場 前売は完売、当日券あり 4日18時追加公演決定  (1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22 ,23)

 瀬戸山美咲の作品と聞けば、いつも迷うことなく観劇を決めてチケットを取るのに、今回は自分でも不思議なほどアクションが起こせなかった。理由のひとつは本作が2年前に初演された「再演」であることだ。配役も劇場も変わらないのなら、「スル―してもいいかな」と。しかもその初演を自分はじゅうぶんに受けとめることができなかった。さらに同時上演されたリーディング作品『ファミリアー』(1,2)に大変な思い入れがあり、『彼らの敵』がしっくりこなかったのかを考えなかった。言いわけにもならないではないか。ここでも「好き過ぎる」ことのマイナス面が出たらしい。

 『彼らの敵』再演の舞台がはじまった。こまばアゴラの舞台を横長に使い、中央にメインの演技エリアを置く。俳優は上手と下手、舞台奥からも激しく出入りする。1991年に実際に起こった事件がベースになっており、早稲田大学の学生たちがパキスタンのインダス川下りをする途中で現地の武装集団に捕まり、44日間拘束ののち解放された。帰国した彼らを待っていたのはマスコミと世間からの猛バッシングだった。自分たちに会ってもいないのに、「彼らの無謀な計画を諌めたのに」という女性ジャーナリストの証言をもとに、週刊誌に掲載された批判的な記事が、火を吹くように彼らを襲ったのだ。
 パキスタンの日本大使館員の尽力で、かの女性ジャーナリスト、週刊誌の記者と話し合う場を設け、事実と異なる報道であると認めさせようとするが、百戦錬磨のマスコミ業界人には通用しない。傷つき、消耗した果てに、主人公の坂本はゴシップ記事のカメラマンの職を得る。

 驚いた。2時間の上演時間中、まったく気が緩むこともなく、眠気にも襲われず、前のめりになりそうなほど舞台に惹きつけられた。どうしてここまで集中できるのか、そして初演ではなぜこの魅力がわからなかったのか。舞台からたしかな手ごたえを得られたことに喜びつつ、2年前の自分に「何と不甲斐ない!」と歯ぎしりしつつの観劇であった。

 ★作品の求心力を強めたのは、初演から2年のあいだの世界情勢の激烈な変容であり、今年はじめに起こったイスラム国による日本人拘束・殺害事件の生々しい記憶であろう。しかし正直なところ、観劇中の自分に、かの事件は不思議なほど影を落とさなかった。劇中の武装勢力は、その目的は純粋に金であった。現在のイスラム国にくらべると、劇中の台詞には「村の産業なんすよ、誘拐が」とあり、かの国の武装集団を演じる俳優の造形も明確にひとりひとりの顔を示す作りにはなっていない。なのでインターネットに配信された人質拘束や処刑の模様を想起させることはなく、作品じたいも今日性を性急に喚起することが目的ではないのではなか。今年の事件を核にするなら、瀬戸山美咲はまったく新しい別の作品で勝負するはず。★

 武装集団に監禁されているとき、日本に帰国した直後、それから数年後の現在の3つの時間をそれぞれの場所がめまぐるしく行き来しながら物語が進む。坂本役の西尾友樹(劇団チョコレートケーキ)は全身からエネルギーを発するような熱い演技をみせ、西尾以外の俳優は複数の役柄をつぎつぎに演じ継ぐ。俳優の熱量やスピード、瞬発力を存分にみせるなかで、時間が止まったかのような場面がある。
 前述の学生ふたり(西尾、山森大輔/文学座)と日本大使館員(中田顕史郎)、捏造記事を書いた週刊誌記者(大原研二/DULL-COLORED POP)、ネタ元の女性ジャーナリスト(菊池佳南)が喫茶店で向き合うシーンだ。初演でもこのシーンは印象に残っているが、今回はまた新たな発見があった。

 めまぐるしい展開をみせる舞台のなかで、このシーンは異常なほどゆっくりと描かれる。大使館員と学生たちが先に喫茶店にやってくる。ウェイター(浅倉洋介)がお冷やを運ぶ。やがて記者とジャーナリストが加わり、全員がアイスコーヒーをオーダーする。重大な話がはじまる大事な場面だ。学生たちの必死の訴え、大使館員の誠意を記者は無表情に、女性ジャーナリストは詭弁にもならない態度でシャットアウトする。やがてちゃんと氷のはいったアイスコーヒーが5つ運ばれる。状況が状況だけに誰も口をつけるものがない中で、女性ジャーナリストだけがシロップもミルクも入れて、早々と飲み干す。緊張して喉が渇いたというより、飲まないと損だという意識なのか、攻撃をかわすためのエネルギー補給なのか、出まかせを語っておきながら虚偽と認めない厚顔なのか。
 結局まったく話し合いにならず、学生たちの完敗である。ウェイターは黙々とグラスを下げ、テーブルを片づける。
 ほんもののアイスコーヒーでなくても、グラスだけあればいいようにも思った。しかしこのシーンはそこで起こったことを時間通りに、じりじりするほど忠実にみせる。そして場の中心は話し合いのテーブルに着く5人であるが、そこに表情も変えず飲みものを運び、下げる役割を担うウェイター役の浅倉洋介が、もしかすると学生たちと対する人々の感覚のちがい、力のちがい、対決の虚しさを無言で体現していたのではないだろうか。

 どんどん筆があらぬほうへ向かいそうなので、このあたりでいったん置く。自分の課題は★の箇所である。そして最大の教訓は、再演だからといって同じようなものではないことだ。舞台は生きもの、自分もそうなのだから。

コメント

劇団ロ字ック主催 「鬼FES.2015」

2015-07-26 | 舞台

*公式サイトはこちら シアター風姿花伝 7月18日~20日
 劇団ロ字ック(1,2,3,4,5)が毎年主催企画を行っている真夏の小劇場フェスティバル「鬼FES.」が5回めを迎えた。フェスティバルには3つの軸があり、まず30分の短編劇の上演を行う①Festival STAGE、つぎの上演までのおよそ15分間、舞台の上手スペースで落語やショートコントなどを行う②Carnival STAGE、そしてこのふたつの隙間を縫うように手相占いや徹子の部屋ならぬ「ボブ美の部屋」などが行われる③Basement STAGEがある。いつもは劇場の1階から階段を上って降りて、劇場入り口につくのだが、今回は1階の外通路(自転車置き場にもなっている)を進んだところで①(②も)が行われており、いつも芝居をみているところが③になっているらしい。14時にスタートして最後のステージが終わるのが19時30分、受付でリストバンドをもらうと、観客は自由にプログラムを組み、劇場内を移動しながらみたいパフォーマンスを楽しめるし、劇場の外へでてひと息入れることもできる。
 ロ字ック屋台村やめがね食堂による飲み物や軽食の販売もしており、まさに夏の小劇場界のお祭りである。いやもう大変な熱気。基本的にオールスタンディングを謳っているが、②の時間は床に座ってみることができる。
 
 筆者は中日の19日、①の東京ジャンクZからすべりこみ、日本のラジオ、こゆび侍の短編、あいだあいだにPAPALUWAの落語、小林光のパフォーマンス、こどもはれんちによるショートコントをみて、最後にロ字ックの演劇風ライヴ?で仕上げとした。上演の準備や観客の移動などに時間がかかり、プログラムが押すのではと心配したがすべて杞憂、これだけのイベントをほぼ時間通りにきっちりと進行する手際はすばらしい。こどもはれんちのコントのうち、鶴と助けてくれたおじいさんが不倫関係に陥る話がおもしろかったな。

 30分の短編劇について。大がかりな舞台美術やセットの作り込みができないのは参加劇団共通のハードルであるが、発想を変えてSF風の展開や観客参加型など、大胆に遊ぶことができる。観客はスタンディングなので、めりはりのある賑やかで楽しい芝居をどうしても求めてしまうが、そんななかであくまでもマイペースを貫く日本のラジオ『ボクノニンギョウ』が秀逸であった。

 主催者であるロ字ックは全日程でトリをつとめる。そのあいだに観客の誘導や会場の整備、飲食物やTシャツの物販、ボブ美の部屋なども行なわれて、文字通り出ずっぱりの活躍である。その一方で、ほかの劇団は1日の1ステージのみの参加であるから、これはこれで大変であったろう。
 真夏のお祭りが終わったらひと息入れ、秋にはそれぞれの舞台にじっくりと取り組まれたし。楽しみにしている。

コメント

猫の会番外公演『ありふれた話』

2015-07-25 | 舞台

*北村耕治戯曲・演出 公式サイトはこちら 池袋・スタジオ空洞 26日まで(1,2,3,4
 池袋のスタジオ空洞にはじめて足を運んだ。天井の低いところや壁の色など、北池袋にあったアトリエ・センティオにも似ているし、スペース雑遊がもう少し小ぢんまりしたようでもあり、入ってすぐに親しい感覚の抱ける劇場である。これはあんがい大切なことで、その小屋が演劇を上演するのに適しているか、劇場の持ち主、そこを使う作り手側の方々が情熱を注いでいるかということは、入った瞬間の空気感というか、肌感覚で伝わってくるのである。スタジオ空洞は観客が自然に呼吸ができる空間だ。池袋駅からたどりつくのに四苦八苦したが、まずはひと安心である。

 客席が演技スペースを二方向から緩やかに囲むつくりで、平台のようなものが3つならび、中央奥にもひとつ小さな台がある。木箱のようなものがいくつか、洋服やかばんなども置かれている。

 物語はいたってシンプルだ。冨田(山ノ井史/studio salt)が親類縁者の集まりを終えて帰宅途中、人間と話せる猫(菊池ゆみこ)に出会い、「おまえはこれから大切なものを失う」と妙な予言?をされた上に、風呂敷に包まれたものをお守り代わりに常に携帯するよう命じられる。そして電車に乗ると、高校の(中学だったかもしれない)のクラスメイトだった塩谷(高木充子/劇団桃唄 309)に再会、以前からとくに仲が良かったというわけではなさそうだが、車中で話が弾んだふたりはわりあい自然にホテルへ行く。

 このあたりの流れが意外にあっさりしているのが特徴だ。塩谷は夫に浮気され、冨田も恋人とぎくしゃくしている。互いの傷口を舐めあう暗さはなっく、うまくいっていないにしてもれっきとした相手がいる身で、つまり不倫をしていることになる。しかしおそらく数年も会っていなかったのに、あっというまに打ち解けて、塩谷は夫の浮気の顛末や現状を、冨田は親類が集まった折のもめごとや、不思議な猫との出会いを打ち明ける。このふたりがあまり生ぐさい男女の体温を感じさせず、「相手ともっと話したいから」ホテルへいき、仕事を休んで熱海へ足を伸ばしてレンタカーで犬吠埼まで行くことを、あまり現実的でないという受けとめ方もあるだろう。
 ふたりは手をつないで歩き、軽い膝枕くらいもあるが、さてことに及んだのかどうか、ぜんたいとしてはっきりそうとわかる箇所はない。いい大人がそんなことはあるまいとも思うが、まったく不自然に見えないのは、演じる俳優の資質や、劇作家が下世話な展開を避け、自分の伝えたいことに筆を集中させた結果であろう。

 口をきく猫と、託された妙な包みを軸に物語が進むが、もうひとつの軸は親戚の集まりで父との確執に辛い思いをした一子(環ゆら)と冨田の関係である。ふたりは義理の親戚になるので血のつながりはないが、冨田は彼女を憧れのお姉さんのように思い、一子は小さいころから冨田の亡くなった父親を慕っており、冨田を見つめて「お父さんそっくりになってきたね」という場面では、懐かしさとともに、微妙な危うさも匂わせる。

 前述の猫といい、千葉へ向かう海に強大な蛇のようなものが現れたり、さっきまで話していた相手が不意に消えたり、ややSF風の味つけはしてあるのは、受けとめ方が分かれる点だろう。うっかりすると「何でもあり」の安易であざとい展開になる可能性もあり、しかし映像ではなく、演劇ならではの描写に成功する場合もあって、いちがいに良しあしの判断はできない。

 登場人物たちは、ふとしたはずみに現実の日常生活から少しはみ出た部分に来てしまったのかもしれず、思うに任せないそれぞれの人生に疲れた彼らが、ほんの少し安らぎと方向転換のきっかけを与えられたとも考えられる。冨田と塩谷それぞれが独白のかたちで進行役的な台詞も発する。地味な手法ながら、この構造が意外に独特の「演劇的効果」を挙げており、この物語はもしかするとラジオドラマに向いているのではないかとも考えた。
 メッセージ性の強いもの、主張の明確なものにどうしても惹きつけられるが、今日の物語のようにささやかで、誰も傷つけない、といって、ただべたべたと甘い話では決してない、こういう物語も大切で、必要なのだ。 

 60分がいい意味で長く感じられたのは、戯曲の構築がしっかりしていること、出演俳優がそれを理解し、誠実に演じているからであろう。山ノ井史は素直で柔軟な資質を控えめにみせ、高木充子は芯が強く、聡明で人生を達観しながら、不意に脆さをみせてしまう女性を、環ゆらは人物のなかではもっとも体温や湿り気の多い役ながら、どこか浮遊しているかのような雰囲気を出しており、菊池ゆみこの猫役は、キャラクターの変容を予感させるおもしろみがある。
 
 北村耕治は果報な劇作家であり、『ありふれた話』は幸せな作品だ。こういう上演に出会えたことをとても嬉しく思う。

コメント

七月大歌舞伎昼の部

2015-07-20 | 舞台

*公式サイトはこちら 歌舞伎座 27日まで
 今月残念だったのは、国立劇場の歌舞伎鑑賞教室「義経千本桜」を見のがしたことだ。立役のなかでも最重量級と言われる渡海屋銀平(実は平知盛)を尾上菊之助がつとめた。年齢的にも早く、何より菊之助自身の持ち味とは異なる役を、監修をつとめる岳父中村吉右衛門の教えを正しく聞き、誠実に演じるすがたが非常に好ましいとのこと。
 朝日新聞掲載の児玉竜一氏の劇評には、その様子が生き生きと記されていて、「見たかったなあ!」と思わせる。もちろん手ばなしの絶賛ではなく、まだ足りない点や惜しまれるところも忌憚なく述べられており、納得のいく一文となっている。また尾上右近演じた入江丹蔵について、「こんなに良い役かと思わせる」の一節には、おそらくこの演目をさまざまな俳優で幾度となく観てきた作者が、右近の演技に目を見張り、役に対しても新鮮な印象をもったことが伝わってくる。

 なぜ冒頭から他公演の劇評のことを書いたかと言うと、市川海老蔵が出演する舞台に対して、ほとんどセットのように毎回同じ朝日新聞に掲載される批評がどうしても気になるためだ。今回もすべての役に対して、あいかわらず手きびしい。自分は菊之助、海老蔵いずれも贔屓ではなく、その逆でもない。なので劇評に一喜一憂することはないけれども、「どんな劇評を読みたいか」と考えると、だんぜん前述の菊之助知盛初役を評した一文だ。

 たとえば職場はじめ、さまざまなコミュニティーにおいて、何かと言うと口うるさく批判的な方がいる。手きびしいのは構わない。指摘してもらうおかげで問題点や対策への道筋が見えてくる場合があるからだ。問題はその表現であり、その人ぜんたいから醸し出される心映えである。「負のオーラ」を放つ発言は場の雰囲気を悪くし、議論を停滞させる。同じように負のオーラを持つ文章は、新たな視点の発見や、意見に触発されてこちらの考えが深まるより先に不愉快な気分に陥ってしまうのである。

 だんだん何を書こうとしているのかわからなくなった。それは某劇評の受けとめかたに迷ったことと、昼の部「南総里見八犬伝」、「与話情浮名横櫛」ともに、見せ場のみを抽出しての上演のため、じゅうぶんに楽しむことができなかったからでもある。
 これらのさまざまな気持ちを吹き飛ばしてくれたのが、昼の部最後の「蜘蛛絲梓弦」(くものいとあずさのゆみはり)である。市川猿之助が六役を早替わりの見せ場もいれながら演じるすがたは実に小気味よく、「歌舞伎はこうでなくっちゃ」とばかり、すかっとした気分になる。また今回玉三郎は自分が演じるだけでなく、海老蔵や獅童、中車たち後進に知識や知恵を伝える重責も担っており、名選手かつ名監督であることを如実に知らしめた。

コメント

歌舞伎NEXT『阿弖流為』

2015-07-18 | 舞台

*中島かずき作 いのうえひでのり演出 公式サイトはこちら 新橋演舞場 27日まで
 松竹と劇団☆新感線のコラボレーション企画として2002年に初演された『アテルイ』が、今度は歌舞伎俳優によって新たに登場する。初演につづいて市川染五郎が主役の阿弖流為(アテルイ)をつとめ、坂上田村麻呂に中村勘九郎、立烏帽子と鈴鹿の二役を中村七之助が演じる。
・・・という本企画の情報を観劇まえに得ていたはずなのだが、ちゃんと理解していなかった。つまりこれは劇団☆新感線の公演ではないのだから、開演前の、おなかの底に響くようないつもの音楽は流れず、古田新太も橋本じゅんも出演しない、いやいくら何でもそこはわかっていたが。

 2002年初演された市川染五郎と堤真一が共演した『アテルイ』の高揚感はいまだに忘れがたい。新橋演舞場に花道が2本あり、上手と下手それぞれに両雄が立つすがたの美しいこと、雄々しいこと。小ネタ大ネタのギャグ満載で3時間超の上演を飽きさせず、ほかの人物も適材適所でそれぞれに見せ場があって、まさにてんこ盛りのお祭りであった。
 なかでも主演の市川染五郎は、進取の気鋭に富む高麗屋らしく、歌舞伎俳優という絶対的な地盤に縛られず、幼いころから身につけた踊りや殺陣の技術、芝居ごころを惜しげもなく披露する。父の松本幸四郎の『ラ・マンチャの男』とはちがう目標をもち、「ぜったいにいい舞台をみせる」の気概をみせつつも、彼自身が実に楽しく伸び伸びと演じている。惚れ惚れするほど魅力的であった。

 こんなふうであるから、「この作品を歌舞伎でみたい」という発想は、客席の自分にはまったく湧かなかったのである。というか、新感線の作品を歌舞伎俳優による舞台として新たに上演するという、「逆輸入」的なことが、正直なところピンとこないのだ。どうしてそうしたいと思ったのか。パンフレットには十八代目の中村勘三郎から、「歌舞伎役者がやれば歌舞伎になるよ」と励まされたこと、『アテルイ』初演をみた市川猿翁(当時猿之助)から、「これはギャグをとれば歌舞伎になりますよ」と指摘されたことなどが記されている。

 実験的な試みを継続し、確固たるポジションをもつものとして、市川猿翁と瀉潟屋一門によるスーパー歌舞伎があり、四代目市川猿之助を中心に「スーパー歌舞伎Ⅱ(セカンド)」として、現代劇の俳優との共演を果たしている。さらに中村勘三郎の中村屋、福助や橋之助の成駒屋を中心に、串田和美が演出するコクーン歌舞伎もある。

 染五郎が目指す「歌舞伎NEXT」とは、どのようなものなのか。400年あまりの歴史をもつ歌舞伎に人生を賭ける者として、染五郎はいついかなるときも精進を怠らず、試行錯誤の労苦や失敗を恐れず果敢に取り組んでいる。団十郎、勘三郎、そして今年は三津五郎と、50代60代の立ち役の死去などで配役のバランスや、芸の継承など、端境期のむずかしい時期にあって、昨年の「勧進帳」弁慶初役はじめ、「寺子屋」の武部源蔵、松王丸と、古典の大役につぎつぎ挑み、すばらしい成果を上げている。
 その染五郎が「NEXT」、さらなる高みを目指そうということなのだ。ただごとではない。

 「ギャグをとれば歌舞伎になる」という猿翁の指摘を、作り手が誠実に受けとめたことの長短があるのではないか。新感線の舞台には、たしかにギャグが多い。今回の『阿弖流為』は文字通りギャグ的な台詞、場面が大幅にカットされており、その結果観客としては「もっと笑いたかったなあ」というまことに単純な感想をもつのである。
 ギャグそのものをカットするのではなく、その台詞、場面を歌舞伎にふさわしい表現にすることができるのではないか。

 今回の歌舞伎NEXT『アテルイ』を楽しめなかったということでは決してない。染五郎はいよいよ魅力を増し、共演の勘九郎、七之助きょうだいも新境地へ向かうたしかな足取りを感じさせる。だからこそ「もっと」と欲が出るのである。

コメント