因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

劇団劇作家「劇読み!Vol.5 13人いる!」よりSプロ『ナチュラル女子高生ライフ』&『トマト』&『

2014-01-26 | 舞台

 今回は「劇読み!」はじめての試みとして短編作品を広く公募、劇団劇作家の審査によって選ばれた以下の3作品が、山本健翔(劇舎カナリア)の演出でお披露目の運びとなった。(1,2,3,4,5,6,7)
①『ナチュラル女子高生ライフ』
 作者のみやびは大学で心理学を学ぶ現役の女子大生だ。
②『トマト』
 太田衣緒は劇団宇宙堂(現:オフィス3〇〇)を退団後、演劇母体「連跿(レンズ)」を旗揚げし、作・演出・主宰をつとめる。
③『55階のクリニック』
 まつうらみらいは映像のシナリオの公募作品が入選や佳作に選ばれ、30代でデヴュー。子育てなどの休業を経て、現在は劇作家協会戯曲セミナーを受講中である。

 作者のプロフィールだけで非常にドラマチックであり、まさに三者三様の作品のお披露目となった。終演後、劇団代表の篠原久美子の司会進行で、この3人の劇作家+本公演の『五臓六腑色懺悔』作者の校倉元、『冥土喫茶』作者の佐藤喜久子、演出の山本健翔によるトークショーが行われた。

①『ナチュラル女子高生ライフ』
 タイトルのとおり、お母さんの作ってくれるお弁当、水筒にお茶をいれて慌ただしく登校する女子高生の日常がテンポよく点描される。主人公を軸に友だちや両親、弟、学校の先生などが目まぐるしく出入りする。ときおり両手をパチンと鳴らし、それを合図にト書きが読まれ、場面が変わったり人物が動いたりする。
 トークのとき、山本健翔が「今回はあらだちをして」と言っておられた。自分は不勉強にてはじめて聞くことばだったのだが、「荒立ち」と書き、稽古の一工程のひとつなのですね。
 台本を手に持ったままで両手を打ち鳴らすというのは、あんがいとむずかしい動作なのではないだろうか。俳優さんのなかにはそのときだけ台本を小脇にはさんだりしておられたが、ぎくしゃくした様子にみえたことはたしかである。

②『トマト』
 タイトルはシンプルだが、じりじりと太陽が照りつけるなか、涼しげに眠る死者をはさんで男女が死者が腹に抱える真っ赤なトマトの所有を主張して睨みあうというシュールな作品だ。はじめてみる作品や作者のばあい、舞台にどのように接していくかがむずかしくもあり、そこにこそおもしろさもあるのだが、どうもここで失敗したようである。観念的な作品という捉え方になってしまった。

③『55階のクリニック』
 都会の高層ビルにある美容整形外科の待合室に偶然居合わせた女性3人がおしゃべりをする。初対面の緊張がほぐれるまで相手の様子を伺いながら近づいたり離れたり、何かのはずみで一気に打ちとけて、ここに来た理由を語りはじめる。人生の縮図。
 Eプロ『母のブラウス』に出演した藤あゆみが再び登場し、それだけでにこにこしたくなる。
 叔母の安子(藤)に、姪の仁美(小林あや)が付き添っている。安子が椅子にかけ、仁美がかたわらに立って、譜面台のようなものに置かれた台本をめくっているのは、もしかして藤あゆみさんの体調が・・・と思ったのだが、室内楽に見立てた演出の仕掛けだったようだ。
 もうひとりの女性はみるからにお金持ち風の里子(清水ひろみ)で、質素な暮らし向きらしい安子と仁美が、それも地上55階の美容クリニックで顔を合わせることになったのかという人生の不思議と妙、偶然の出会いによってこれからの暮らしにもしかしたらもたらされるであろう微かな希望が伝わってくる。
 劇の終盤、里子が「あとで連絡先教えてね」と言って先に診察室にはいる。ふたりだけになった病室ではじめてことば少なく明かされる安子の事情に胸が迫った。深い事情まではわからない。どこにでもいそうな女性の心の奥底に、どんな闇や苦しみが潜んでいるのか。
 映像のシナリオ出身の作者らしく、これがラジオドラマだったらさぞかしと思われた。ただ本式の上演となった場合、短い作品とはいえ「演劇」としてどこまで観客の気持ちを引きつけておけるかは、むずかしいところであろう。

 劇団劇作家では、ひとつの作品に対して合評会や選考会を繰り返し、その厳しい過程を乗り越えてGOサインを得た作品だけが、この「劇読み!」で上演されるのだそうだ。代表の篠原久美子いわく「戯曲は勉強しすぎるということはありません」。またこの公演に関わる俳優や演出家、美術や照明、音響のスタッフには、「戯曲をきちんと読み込める方々にお願いしている」とのこと。
 劇作家は精魂込めて戯曲を書く。しかしそれはある意味で不完全なものであり、多くの人の手を経て、観客の前に示されてはじめて成立するものだ。俳優の演技や演出の手腕が際立つことは、本公演の目指すものではない。
 試演会ではもちろんなく、リーディング公演のくくりに収まることもなく、「劇読みという、ひとつのジャンルではないか」という認識と評価に至ったのは、日々研鑽を積む劇作家、旗上げから今日まで地道な活動を継続してきた劇団劇作家の志の強さと高さ、それを保ち続ける試行錯誤が結実したことの証左であろう。
 みる者は、それに応えなければならないと、寒さばかりでなく身の引き締まる思いであった。

コメント

因幡屋通信46号完成

2014-01-25 | お知らせ

 おかげさまで因幡屋通信46号が完成し、本日設置先各劇場やギャラリー、カフェスペースなどに発送いたしました。今号より新宿ゴールデン街劇場さん、鳥の劇場(鳥取市鹿野町)さんにも設置していただけることになりましてほんとうに嬉しく、御礼申し上げます。
 さて今回は昨年10月に上演された高木登作・演出、鵺的第7回公演『この世の楽園』を題材に、「あの人ではない『あなた』~演劇における当事者とは~」を書かせていただきました。旗上げ公演から今日まで、鵺的の作品はさまざまな方向から自分の心を揺さぶり、問いかけてきます。それにいま自分が考えうることを精一杯記しました。
 うす水色の通信をお見かけになりましたら、ぜひお手に取ってくださいませ。

 えびす組劇場見聞録も45号を重ねることができました。今回は「がんばれ演劇女子たち~親きょうだいにはなれないが~」と題し、シンクロ少女『ファニー・ガール』、月刊「根本宗子」『中野の処女がイクッ』、劇団ロ字ック『退カヌコビヌカエリミヌヌ』の3本に挑戦しました。こちらはピンク色です。WEBサイトでもお読みいただけます。
 因幡屋、えびすいずれもリンクは観劇直後のブログ記事です。ご参考までに。

コメント

劇団劇作家「劇読み!Vol.5 13人いる!」よりEプロ『母のブラウス』&『若者たちと商人はヴェニスで』

2014-01-24 | 舞台

 続けてEプロを観劇した。演出はいずれも村上秀樹(回転OZORA)。28日14時からも上演あり。(1,2,3,4,5,6)
①福山啓子作 『母のブラウス』
②篠原久美子作 『若者たちは商人とヴェニスで』
 装置変換のための短い暗転をはさんで、2本つづけておよそ70分の上演となった。
 『母のブラウス』
 タイトルのとおり、舞台おくには刺繍のはいった白いブラウスがかけられている。その手前には介護用ベッドや椅子。老いた母照子(藤あゆみ)は車椅子生活で、アルツハイマーの症状もある。パート仕事をかけもちしながら母の世話をする娘の邦子(清水ひろみ)はシングルマザーだ。邦子の兄明彦(大鷹明良)夫婦は母と同居ではあるが、介護はほとんど邦子が担っているらしい。明彦の娘あかり(沼口莉嵯)はもうじきはじめての子どもが生まれようとしている。
 『若者たちは商人とヴェニスで』
 シェイクスピアの『ヴェニスの商人』がベースになった会話劇だ。「期限までに金を返せない場合、からだの好きなところの肉を1ポンド切り取る」という証文を交わしたユダヤ人シャイロック(剣持直明)とキリスト教徒のアントーニオ(阪上善樹)が、その裁判の前夜に議論を戦わせる。

『母のブラウス』
 パンフレット掲載の本作のストーリーと自分の記憶を確認しているうちに、細かいところがあいまいであることに気づく。兄一家が母といっしょに2階に、邦子とその息子は1階に住む。つまり二世帯住宅での暮らしだと書いてあるのだが、自分はその情報を聞きもらしていた。
 というより邦子と兄明彦のやりとりを聞いて、母の世話に対する気持ちや労苦の温度差を強く感じたのである。兄嫁は「腕がだるいとか言って」(記憶はあいまい)介護に関わらず、よそに所帯をもっている邦子がわざわざ通いでやってくるのだと思いこんでいたのだ。作品ぜんたいを大きく読み違えるほどではないにしても、登場人物の会話がすべてといってよい作品なので、もっと集中すべきだったと悔やんでいる。
 劇団フライングステージの『ワンダフル・ワールド』での優しいおばあちゃん役が記憶に残る藤あゆみに、この舞台で再会できたことが嬉しい。少しきついくらいにてきぱきしたもの言いの娘邦子に対して、ぼんやりおっとりとことばを返す。藤あゆみが舞台にちょんと(そんな感じです)座っているだけで、介護ベッドの置かれた部屋に差し込む朝の光、寝たきりの人が暮らす部屋にこもる匂いまでが感じられるのだ。

 はじまってしばらくは人物や設定などの初期情報が提供され、やがて問題が提起されて核心にはいったとこそで転換して・・・ということを舞台の流れに沿って予測しながらエネルギー配分や緊張の度合いを決めていくのだが、どこに力を入れて聞きとるか決めかねているうちに、「あっというまに終わってしまった」というのが実感である。
 前述のように細かいところまでしっかり聞きとっていれば、もっと手ごたえを得られたのではないだろうか。動きの少ない作品だけに、一度集中が途切れてしまうと台詞を聞きとりながら劇を把握することがむずかしくなるのだ。

『若者たちは商人とヴェニスで』
 言わずと知れたシェイクスピアの『ヴェニスの商人』をベースに、「もし裁判前夜にあの二人が会っていたら」という過程のもと、原作に書かれていない両人の心の奥底からほとばしり出る思いが1篇の戯曲になったものだ。裏版『ヴェニスの商人』、一種の外伝といってよいだろう。劇団だるま座の剣持直明がゆるぎのない圧倒的な台詞術でシャイロックを演じ、アントーニオ役の阪上善樹もそれに応える。息苦しくなるような対話劇だ。

 作者の篠原久美子にはこれまでも『マクベス』を基にした『マクベスの妻と呼ばれた女』(2/22~3/2シアター代官山で公演あり)、同じく『ハムレット』から『何様!』を執筆している。
 古典や名作と言われる作品のもつ魅力を最大限に活かし細心の注意をはらいながら、みずからの創作を大胆かつ巧妙に展開するのが、篠原作品の特質であろう。
 よって本作には全身を耳にして台詞を聞きとり理解した上で、原作との距離感や飛躍を味わうところに楽しみがある。ユダヤ教とキリスト教という、祖を同じくしながらぜったいに相いれない価値観をもつ者どうしが火花を散らすように議論を戦わせる。こちらは耳と頭を駆使しなければならない。とくに終盤に交わしたやりとりから、シャイロックの妄想がくりかえされる場面で舞台の空気が激しく変化する様相は、これが劇読み公演であることをしばし忘れさせるほどの迫力があった。

 終演後に上演台本の物販があったのだが、出遅れてあっというまに完売していた。『若者たちは商人とヴェニスで』の本格的な上演をぜひみたい。この日観劇した人の多くが感じたであろう。舞台装置は小さなテーブルに置かれた燭台と椅子、照明も音響も、息を潜めるかのように控えめだ。リーディング公演にありがちな仕掛けや試みよりも、戯曲のすがたをきっちりとみせることを第一の目的にした舞台であった。

コメント

劇団劇作家「劇読み!Vol.5 13人いる!」よりDプロ『みすゞかる』

2014-01-24 | 舞台

*公式サイトはこちら これまでの「劇読み!」公演記事→(1,2,3,4,5) スペース雑遊 28日まで
 公演パンフレットにはAプロからSプロまですべての作品の内容や13人の作者からのメッセージなどが掲載され、写真のたぐいはいっさいないモノクロの地味なものだが、作り手の誠実な姿勢や意欲が力強く伝わってくる。
 代表の篠原久美子の挨拶文には、劇作家だけで構成する劇団を立ち上げてから7年間、、これまでの「劇読み!」公演を経て何作かが他劇団で上演されたり、新作の依頼が舞い込んだり、大きなプロジェクトへ参加するようになったりなど、地道な活動が着実に実を結んでいることが記されている。劇作家ばかりの集団の特異性が活かされ、演出家や俳優やスタッフを巻き込んで「劇読み!」ならではのおもしろさが生まれ、それが次第に観客にも浸透していることの証左ではないだろうか。
 毎年「何とか1本でも多く観劇したい」と思いながら、今回は3回足を運ぶ。最初のステージは大森匂子(おおもりわこ)作、関根信一(劇団フライングステージ)演出のDプロ『みすゞかる』である。

 作者大森匂子のプロフィールがすごい。会社員を経て劇団青年座の文芸演出部に入団、演出と劇作を学ぶ。家庭をもって退団したが子育てを終えて座・高円寺劇場創造アカデミー第1期生となる。その後2010年劇団劇作家に入団と同時に自らの劇団「匂組」を旗揚げした。『まほろばのまつり』が、第3回宇野重吉演劇賞の最優秀賞を受賞したのは記憶に新しい。

 信州・松代で大正から昭和にかけて養蚕業を営む一族に生を受けたひとりの娘が、もっとたくさん勉強がしたい、瑞々しい歌を詠みたい、あの人をずっと愛したいと願い、傷つきながらも決して諦めずに志を貫く物語である。上演時間は2時間近くあり、本式の上演をみるのと同じくらい、たっぷりの充実した手ごたえがあった。

 登場人物や物語の詳細を記そうとすると、玉のように光る台詞や切なく胸が痛む場面がつぎつぎに浮かんでくる。
 いつのまにかこれがリーディング公演であることを忘れ、物語のなかに没入していた。俳優はいずれも適材適所の好配役だ。できればこのまま稽古をしていただき、本格的な上演をみたいと思う。

 本作の特色は、人物の性格や背景、それを踏まえた造形、物語の運びがたいへんわかりやすいことだ。美しくはかなげな姉むすめがいて、対照的な妹むすめは活発で好奇心旺盛だ。同級生の兄に恋をしていて、いつか打ち明けるつもりでいる。しかしうちを訪ねてきた彼は姉に一目ぼれしてしまい、妹は早々に失恋する。しかし実は姉には身分違いの恋に悩む使用人の男がいて・・・などなど書きつらねてゆくと、大時代的なメロドラマの様相なのである。
 わかりやすい人物の設定に前述のように好配役、的確な演出も活きて、みるものを飽きさせない。しかしこれがリーディングでなく本式の上演となったら、あたかも先日みた劇団新派のごとく類型的な舞台になってしまうのではないかとの疑問がわく。
「わかりやすい」をべつの言い方にすると、どこかで何かの映画やドラマ、舞台でみたことがある、目新しいところや斬新なところがないということでもある。

 だが劇中で自分はしばしば涙が出そうになったり、しみじみと考えさせられ、幕が下りることが惜しいような気持ちにすらなり、終演後はいい作品に出会えた手ごたえに幸せな気持ちで劇場をあとにしたのである。なぜだろうか。

 突拍子もない人物や理解不能の展開がまったくないという安心感はたしかにある。
 それだけではなくて、この『みすゞかる』の魅力は、作者がどれだけの愛情を注ぎこんでいるか、そのように書かれた戯曲が俳優によって命を得て観客の目の前に存在するという、まさに演劇という芸術の王道をまっすぐに突き進んでいるところではないか。作品から感じられる劇作家の姿勢は、「精魂込めて」ということばがぴったりくる。
 世の中がどう変わろうと昨今の演劇事情が何だろうと、自分はこの作品を書く。ぶれない志はまちがいなく、みる者の心を打つのだ。

コメント

新春新派公演『明治一代女』

2014-01-23 | 舞台

*川口松太郎作 齋藤雅文演出 公式サイトはこちら 三越劇場 26日で終了
 自分の新派観劇歴はごくわずかである(1,2,3,4 番外編的にこちらに少々)。明確な認識や思い入れもなく、そういう意味ではよい観客とは言えないだろう。

 本作は明治時代に実際に起きた事件を題材に、川口松太郎が書き下ろした新派の名作と言われる作品だ。今年創立126年を迎える新派には、老舗の新劇系劇団の2倍近い歴史があるということになる。改めて考えるとこれはすごいことだ・・・。

 柳橋の芸者お梅(波乃久里子)と人気歌舞伎役者の沢村仙枝(市川春猿)は、将来を誓い合う仲にある。いわゆる御曹司ではない仙枝だが、努力が認められて来年の正月公演で師匠の名を襲名する話が持ち上がっている。それにはたいそうな金が入り用だ。老いた母とまだ学生の弟を養うお梅だが、惚れた男のため何とかしたいと思い悩む。
 芸者たちのなかでもことさら権勢を奮う秀吉(ひできちと読む/水谷八重子)は、二人の恋路がおもしろくない。秀吉から満座で笑いものにされたお梅はじっと耐えながらも女の意地を燃え立たせる。そこへお梅をひそかに慕う箱屋の巳之吉が、金の工面を申し出る。「ずっとお梅姐さんに惚れていた、どうかおれと夫婦になってほしい」。お梅の心は揺れる。

 義理と人情、色恋の情念、嫉妬、裏切りと、「新派」と聞いて思い浮かぶ要素がこれでもかと詰めこまれた大メロドラマである。相手を思って黙っていることや、逆に心を鬼にして言ったことが裏目に出て、しなくてもよい誤解や詮索を生み、些細な行きちがいを修復できないまま取り返しのつかない悲劇を迎える。

 たとえばシェイクスピアの『ロミオとジュリエット』の場合、若い恋人たちを何とかして幸せにしようと人々が知恵をしぼり、協力する。しかしやはりちょっとしたすれちがいや行きちがいによって、悲劇のレールをひた走ることになる。ロレンス神父がもうちょっと要領よく行動していればなあと毎回もどかしく思うのだが、それは感興を損なうものではなく、過程も結末もじゅうぶんわかっていてなお、毎回新鮮な気持ちで舞台を味わう手助けにさえなっているのである。

 しかしながら今回の『明治一代女』は、困惑ともどかしさが終始つきまとった。どうして男は話も聞かずすぐ怒りだすのだ、女もめそめそ泣いてないでしっかり説明しなさいよなどとつまらぬことを考えてしまうのだ。これぞ新派の持ち味、新派の醍醐味という箇所で、ことごとくつまづくのである。
 客席からときおり八重子や久里子への声もかかるが、歌舞伎のように舞台の流れや緩急を心得ためりはりのある大向こうではなく、拍手もまばらでじつに居心地が悪い。

 何よりもこの『明治一代女』じたいがもつ大時代性やメロドラマ性が、今日の観客に対してどこまでどのように有効であるのか、それを感じとれないことが最大の要因だ。
 歌舞伎は連綿と伝えられてきたものを尊重して継承し、そのなかに生身の俳優の存在を活かそうとするものだ。『勧進帳』は『勧進帳』のままでよいのである。いまの感覚からすれば、主君のために自分の子を犠牲にするなどとんでもないのだが、だからといって『寺子屋』や『熊谷陣屋』などが色あせることはない。

 新派は何を目指しているのだろうか。どんな時代でも好いた惚れたにまつわる悲喜劇はごまんとある。しかし『明治一代女』のお梅のふるまいには納得がゆかない。といって、野暮は言わず、あの時代の女の悲しさを味わおうと気持ちを切り替えることはむずかしい。何も三谷幸喜の新作を書きおろしなどと言わない。そんな必要はない。
 カーテンコールでは久里子に八重子がほんとうに腰を低くして観客に感謝し、若手の客演市川春猿も清々しく(でもお芝居はあまり精彩がなかったなあ)、佐藤B作はさすがに東京ヴォードビルショーの座長らしく、暴走すれすれのギャグをまじえ、最後は賑やかに一本締めで幕となる。ほんとうに楽しく、この心意気が新派を支えてきたのだと思う。しかし「これからも末長く、新派をお愛しくださいませ」という八重子のことばから溢れるような真心を感じながらも、「そのためにどうしようとしているのか」と疑問に変わってゆくのだ。

 年末にたまたま情報を得て観劇した「朗読新派」の『大つごもり』はすばらしかった。着物を着て草履をはき、畳に座って煙管でたばこを呑む。人力車に乗る。井戸からつるべで水を汲む。こうした所作をうわべの技術だけでなく、からだになじんだ習慣としてきちんとできる俳優を育てる場所として、新派の果たす役割は大きい。歌舞伎や新劇の作り手と交わり、テレビや映画にも積極的に出演して、新派の必要性、必然性を知らしめてほしいのだが。

コメント