因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

劇団昴 ザ・サード・ステージ公演 vol.34 『THE GREEKS 10本のギリシャ劇によるひとつの物語』より第二部

2016-07-31 | 舞台

*エウリピデス、ホメロス、アイスキュロス、ソフォクレス原作 ジョン・バートン、ケネス・カヴァンダー編・英訳 吉田美枝翻訳 上村聡史演出 公式サイトはこちら Pit昴 8月7日で終了

 『グリークス』は2000年秋、シアターコクーンで上演された蜷川幸雄演出の舞台が強烈な印象で心に残っている。ギリシャの武将アガメムノンに平幹二朗、妻クリュタイムメストラを白石加代子の大看板に加え、ギリシャに滅ぼされるトロイアの女王ヘカベが渡辺美佐子、アンドロマケ/麻実れいと、主役級の俳優が大勢顔を揃えた。さらに『エレクトラ』ではタイトルロールのエレクトラを寺島しのぶ、その弟オレステスに歌舞伎俳優であり、寺島の実弟尾上菊之助が演じるのも話題となった。また今や舞台ばかりかテレビドラマでも引っ張りだこの吉田鋼太郎がアイギストス役で蜷川演出の舞台に初出演した。大枚をはたいて通し上演のチケットを買い、10本目が終わったときのカーテンコールではからだが震え、生きてこの舞台を体験できたことの幸せを味わったのだった。これほどためらいなく、スタンディングオベーションをしたのはこの舞台と・・・あとは何だったろうか。

 実力があり、かつ映像などで知名度の高い人気俳優たちがこれでもかというほど並び、通し上演を終えた達成感に輝くような笑顔を見せ、共演者どうし健闘を讃えあう様相はまさに圧巻であった。俳優、スタッフが「総力を結集する」とは、こういうことなのか。劇場ぜんたいが興奮のるつぼ。蜷川幸雄だからこそ成し得た舞台であり、ほかでは類を見ないものであろう。

 今回は老舗の新劇劇団である昴が、演出に文学座の上村聡を迎え、小さな空間であるPit昴で一挙上演を行った。公演期間中は2日の休演日をはさみながら、第一部、第二部、第三部と1回ずつの日が9日、10作品を一日で上演する日が6日、しかも8月の5,6,7日は3日間連続の通し上演というハードなものである。

 客席は舞台を正面からみるオーソドックスな作りで、横に長い。舞台には半透明の幕が下ろされており、その向こうに観客には見せない別空間がある構図だ。足場が組まれ、俳優は左右に梯子を上って上の部分でも演技をする。俳優は客席ぎりぎりまで使って演技をしており、客席の感覚としては、自分に見える奥行きが極端に狭く、さらに足場の上の部分で演技をする場面では圧迫感があり、息苦しい印象であった。

 『エレクトラ』中盤で、死んだと知らされた弟のオレステスが登場した場面で、自分は大変驚いた。オレステスを演じた矢﨑和哉はぽっちゃりというより肥満体、メタボ体型と言ってもよいくらいであり、伸びかけのぼさぼさ髪にパーマをかけたのか、これでジャージの上下を着れば現代ドラマに登場する二―トの引きこもり、かばんをななめがけすれば秋葉原のパソコンショップにいそうな「オタク」の風情である。当日リーフレット掲載の矢﨑さんは、たしかにふっくらしたお顔立ちだが、健康そうな若者の風貌である。とすると今回のオレステスは、ルックスからして観客の意表を突く、いや度肝を抜くといってもよいほどであった。オレステスが死んだと聞かされて悲嘆に暮れるエレクトラのところに最初は別人のように現れ、やがて真実を告げ、一気に仇討をせんと盛り上がる。舞台下手へ歩きながら、オレステスは突然つまづく。まったく予期しないアクションであり、矢﨑さんがほんとうにつまづいたのかと思うほどだったが、そのあとにも同様のアクションがあり、どうやら今回のオレステスは必死なあまりすべってしまうキャラに造形されていることがわかってきた。

 結果として、『エレクトラ』という舞台にしてはありえないくらい客席からは笑いが起こったのである。帰宅したアイギストスがエレクトラの頭をポカリと叩くところなど、俳優二人の動作は「ばかもん、こいつ」、「いてっ」という台詞があってもおかしくない。悪く言えば下世話、よく言えばコミカルなものであった。身勝手なことを言い続けるクリュライムメストラも、大真面目にすればするほど滑稽になり、本音丸出しの家族たちによるコメディの様相すら呈していたのである。しかし母とアイギストスを殺害したオレステスは裸になった上半身に、やりすぎなほどに血糊をべったりとつけ、正直なところ目のやり場に困った。

 これらの演出が作品に対して的確であるのか。新しい人物造形によって、作品ぜんたいもまた新しいものとなったのか。自分にはわからない。劇団昴の総力戦とも言える今回の公演。第二部の手ごたえは決してあいまいなものではなく、むしろ力強く明確なものであった。しかし第一部と第三部の観劇へのアクションがどうしても起こせなかった。また「通し上演のチケットを予約しておけばよかった」という後悔も、残念ながら持てなかったのである。蜷川演出版との比較が目的ではなく、しかし、「もっとすごいもの、新鮮な舞台を見たい」と求める気持ちが、無意識にあったことは否めない。今回の舞台に対して、どう考えればよいのだろうか。迷いの多いまま稿を終わるのは不本意であり、「流してしまいたくない」と強く願うものである。

コメント

風琴工房presents 『insider hedge2』

2016-07-30 | 舞台

*詩森ろば作・演出 公式サイトはこちら 下北沢・ Half Moon Hall 31日まで  (1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19

 2013年秋に上演された「本格経済演劇」(公演チラシより)『hedge』の続編である。会社を買収し、業績を挙げて利益をゲット、そして出資者に還元する「バイアウト」を行うマチュリティーパートナーズのその後の物語である。

 風琴工房といえば下北沢のザ・スズナリが常打ち小屋と思い込みがちであるが、今回は同じ下北沢でも、駅から徒歩10分、閑静な住宅街のなかにあるHalf Moon Hallが会場となった。入口は普通の家の玄関くらいで、あまり広くない。靴を脱いで上がる。そこから階段を下りると、天井は高く、ゆったりとした空間の立派なホールではないか。基本的にミニコンサートやリサイタル、展示会やさまざまなイベントを行う多目的ホールで、演劇専用の建物ではないらしい。今回は中央にグランドピアノがどっしりと置かれ、その左右にカウンターのようなデスクが伸び、丸椅子が並ぶ。コンクリート打ちっぱなしの壁に「insider」と映写され、ホールぜんたいで開演を待ち受けるかのような雰囲気だ。中央のグランドピアノには作曲の後藤浩明が位置し、生演奏付きの贅沢な上演である。

 続編だけあって、芝居の構造や運び方も『hedge』の形式と同じである。ラフな服装の俳優たちが次々に登場し、本作について、前回からのメンバーと今回参加のメンバーどうしの掛け合いなど、実に賑やか。そこからビシっとしたスーツに着替えて本編がはじまるあたりのぞくぞく感!前作の雰囲気が鮮明に蘇った。

 経済がテーマであるから、劇中に専門用語がたくさん出てくる。ありがたいことに、前作を見ていないお客さまのために、俳優が人物構成や物語の流れを説明し、用語解説を行う場面もあって、まことに親切だ。開演してほどなく、遅れて来たお客さまを誘導するための「ひと息」も劇の流れのなかに巧く組み込まれており、ホスピタリティに富んだ演出だ。

 今回はマチュリティーパートナーズにインサイダー取引の疑いありと、証券取引等監視委員会の役人たちが乗りこみ、社員一人ひとりにヒアリングを行う。そのあいだに『hedge』の回想場面も折り込みながら、次第に真相に切り込んでゆき、苦い結末を迎える。

 前作の振りかえりや経済用語の解説があるのは大変ありがたい。客いじりとまでも言えないくらい上品な呼びかけなども芝居の感興を削がない範囲であり、堅苦しく難解な経済問題を扱う舞台を楽しく、躍動感のあるものにしている。しかしながら、俳優の演技がいささか強すぎるところもあり、「もう少し静かなら」と欲が出るのもたしかである。用語の説明にしても、劇作家の手腕をもってすれば、会話のなかで観客に伝えることができるのではないか。また劇中にダンスというほどではないが、俳優が椅子を使ったムーヴメントがあり、皆さんとても達者にしておられるので心苦しいが、なくてはならないものではないだろう。インサイダー取引をめぐる男たちの心の様相を、もっと見せてほしい。

 当日リーフレット掲載の詩森ろばの挨拶文の最後、「経済はわたしたちの人生と切っても切り離せません。なのになぜわたしたちはそのことをこんなにも知らないのしょうか」の一文が心に響く。眩暈のしそうな日盛り、経済効率がよいとは言えない演劇が、経済をこんなにも鋭く鮮やかに見せられることに高揚しつつ、駅への道を歩いた。

コメント

2016年8月の観劇と句会

2016-07-30 | お知らせ

 8月3日深夜、観劇予定を*追加*いたしました。2本あります!

 今日職場では、皆さん「来週はもう8月なんだ」とのつぶやくことしきり。そうなのだ。
 まずは観劇の予定から。
劇団きのこ牛乳オムニバス公演 きのこ+vol.3 『きしめじ科』
 石橋英明(やさしい)、うんこ太郎(劇団どろんこプロレス)、バブルムラマツ(劇団鋼鉄村松 1)、屋代秀樹(日本のラジオ 1,2,3,4,5)、矢野智之(team3E)が脚本を執筆し、奥村拓(オクムラ宅 1,2,3,4,5,6)が演出をする、という公演なのだろう。凄すぎる顔ぶれ。
芝居屋風雷坊 第十回公演 『庚申待の夜に』 
 吉水恭子の戯曲(1,2,3)をトツゲキ倶楽部の横森文が演出する。横森氏は俳優としてのキャリアもあり、アコーディオン奏者・横森良造さん(いつも笑顔で、どんな曲でも軽やかに演奏していらした)のご長女であることを寡聞にしてはじめて知った。
*風姿花伝プロデュースvol.3『いま、ここにある武器』 (1,2
 手ごたえの確かな舞台の発信地として、演劇界で着実に信頼と期待を高めているシアター風姿花伝プロデュースの第3弾。翻訳は小川絵梨子、演出は千葉哲也で、出演も兼ねる。
*追加*演劇ユニットCROQUIS vol.0『余炎』
 柳井祥緒十七戦地作、後藤彩乃演劇集団円演出で、3人の女性による俳句と愛を巡る物語。会場は台東区根岸の子規庵。行かぬわけには。
studio salt 『7-2016ver.-』1,2,3,4,5,6,6`,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19
 2007年初夏に初演された『7』(6,6`)が、マグカル劇場「青少年のための芝居塾公演」として上演される。
八月納涼歌舞伎 
 中村勘九郎の次男・哲之が初御目見えする。
*ハイリンドvol.17 『窓』 (1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16
 同劇団初の書き下ろし公演とのこと。サスペンデッズの早船聡はどんなホンを?
MSPインディーズ・シェイクスピアキャラバン 第1回公演 セミリーディング『クレオパトラ』
 MSPとは、明治大学シェイクスピアプロジェクト1)のこと。今年で13回目を迎える大学を挙げてのシェイクスピア作品上演プロジェクトで、今回のセミリーディングは、そのMSPに出演し、かつ卒業後も演劇活動を続けているOB・OGによるものだ。大正時代、島村抱月が松井須磨子のために上演した『クレオパトラ』を、抱月への敬意を込めて作られる『大正浪漫編』と、抱月への挑戦状!と銘打たれた『平成妄想編』が交互上演される。
文学座有志による自主企画公演 第十三回「久保田万太郎の世界」

 句会の予定と兼題は次のとおり。
*かさゝぎ俳句勉強会 8月は角川源義の句を鑑賞する。
*本部句会 「秋立つ」、「踊」
*演劇人句会 「鳩吹く」、「朝顔」
*金星句会 「秋めく」、「菊膾」
*木挽町句会 「蚯蚓鳴く」

コメント

ガラス玉遊戯vol.9 『落ちこぼれアイドルだった私が社長になって1年で会社を立て直した10の方法』 

2016-07-27 | 舞台

*大橋秀和作・演出 公式サイトはこちら スペース雑遊 31日(日)まで (1,2,3,4,5

 企業でも学校でも自治体でもよい。何らかのコミュニティがあり、そこはかつての勢いを失い、人びとも疲弊している。そこへ現れたのが型破りの新参もの。あるいは何やらわけありの凄腕の持ち主。コミュニティを立て直そうとする動きに、「救世主だ」と心酔するものもあれば足を引っ張るものもいる。猛反発しながら何らかのきっかけで心を開き、力を注ぎ始めるものが増えはじめ、コミュニティは息を吹き返してゆく。
 これまでたくさんのドラマや映画でみてきた記憶がある。主人公にも脇役にもいくつかパターンがあり、ストーリー展開も何となく読めるものが少なくない。それでそのような作品が次々に生まれるのは、一見ありきたりの成功譚を、受け手が決して飽きていないどころか、求めてしまうためではないだろうか。

 それは夢を見たい、人の真心は通じる、努力は報われる、必ず最後に愛は勝つと(言い過ぎか)と信じたいからだ。 

 本作はいわゆる「パターン」や「常套手段」、「類型」という手法に対し、またそれらを使うことによって受けるかもしれない批判に対しても臆するも逃げることもなく、堂々とぶつかった印象を持つ。タイトルにしても、芝居の内容を説明する長々としたものはときどきお目にかかる。「地下アイドル」というポジションがあるのだそうだ。別名「ライブアイドル」とも呼ばれ、テレビやグラビア誌などへの露出がむずかしいため、地道なライブ活動や握手会などを通じてファンと交流する活動を行っているタレントを指すとのこと。その地下アイドルとしてもぱっとしなかった女性が30歳を過ぎ、急死した父親が経営する地方のガス会社「小倉リビングサービス」を継いで奮闘する物語である。

 アイドルの芸能活動の乗りで張り切る社長に社員たちは戸惑うが、その「戸惑い加減」を人物のキャラに対して実に的確に設定してあるので、一見テレビドラマでいかにもありそうな人物配置のように見えて観客を惹きつけ、飽きさせない。営業のロールプレイの場で、愛想の良くない若手の営業マンや社長の乗りに終始引き気味だった女性社員をみるみる巻き込んでいく様相など、客席も大いに沸く。

 セクハラまがいの発言を繰り返す反抗的な男性社員が歩み寄り、どうやって溶け込んでいくかという点は、じっくり見たかった。また物語は決してハッピーエンドではないのだが、そこへの運び方にも劇作家にはあとひと息がんばってほしい気もする。社長を演じる西尾美鈴の「イタイ」感じは出そうと思って出せるものではなく、それが一転最後に見せる暗い表情と声をもっと活かすことも可能ではないか。

 これがテレビドラマの連続ものなら、毎回見せ場を作り、中心になる人物のエピソードを重ねて最終回に持ってくことができる。100分の演劇でどこまでどのようにつくるかは、おそらくこちらが想像するより悩ましいであろう。だが作・演出の大橋秀和の筆致はあくまで誠実だ。次回作にも期待したい。

  観劇日の今夜は、初日の緊張か、何らかの事情があったのか、俳優の台詞が不安定で、ヒヤリとさせられたり舞台のリズムが乱れる場面が散見していたのは残念であった。ぜひつづく4日間は精度を高め、充実のステージにならんことを。がんばれ、小倉リビングサービス、そしてガラス玉遊戯。

コメント

TRASHMASTERS vol.25『殺人者J』

2016-07-23 | 舞台

*中津留章仁作・演出 公式サイトはこちら  24日まで 下北沢/駅前劇場(1,2,3,4,5
 作・演出の中津留章仁は、秋に劇団民藝への書き下ろし上演(演出も担当!)『箆棒』を控えている。その助走として今回の観劇を決めた。前回と同じく、チケットの予約に出遅れてまたも最前列の座席に。中津留の芝居は休憩がなく、2時間越えはあたりまえだ。だいぶ慣れたとはいえ、今回も2時間20分休憩なしとのこと。背筋を伸ばして観劇に臨んだ。

 観劇の体感からいうと、途中わずかに眠気を催したものの、あまり長尺とは感じることもなく、集中することができたと思う。終演後も疲労せず、すっきりとした気分であった。しかしそれならば本作を楽しんだのか、理解できたのか、受けとめられたのかと考えると、正直なところよくわからないのである。

 舞台は参議院選挙が済んだあとらしき、リアルな現代日本の警備会社である。やり手の社長が一代でつくり上げ、跡継ぎの息子が常務を務めているが、あとは社長と長年懇意にしてきた部長、病身の母の治療のために賞与の前借りをしている秘書(男性)ほか、女性社員ふくめて登場するのは9名、あとは営業に来る他社の社員がひとり。舞台上手が会議室、下手に社員たちのデスクがある。社長は海外で頻発するテロ事件から、現地にある日本企業やその家族たちを守る需要を見込んで、傭兵部門を設立しようとしており、冒頭、会議室で行われるのは、武器の製造をしている企業の営業マンとの面談である。
 国会で安保法案が可決され、自衛隊志願者が減る一方で、海外の危険地域への派兵を避けようと退職者が増えている。今こそ民間企業が国を守るべきではないかという意見と、他国の人を殺す可能性がある傭兵に反対する意見が真っ向から対立する。まさにいまの日本で起こっている問題を舞台で鋭く提起する作品だ。

 明日まで上演があるため、詳細を書かないほうがよいのだが。

 だが、この会社が厄介なのは、社内の人間関係がめちゃくちゃなことである。ふたりいる女性社員のうち、ひとりは長いあいだ社長の愛人であった。が、その関係が社長夫人に知られてしまい、別れることを余儀なくされた。そうすると社長からのお手当がなくなり、生活に困窮、やむなく風俗を副業にしているという。さらに彼女へのお手当のために、社長は会社の金を不正に流用しており、前述の秘書の男性が社長のパソコンにアクセスしてその事実を突き止めた。

 舞台終盤は、国と国民を守るために武器を取るべきか否かという議論が繰り広げられるのだが、前述のような痴情のもつれが絡み、不倫をするような人間に発言の資格はないと糾弾する者あり、女性は誰でも不倫の恋をする可能性はあると一歩も引かず、ビジネスについての議論が、互いに大声で相手を罵倒する愁嘆場と化す。

 中津留章仁作品の特徴として、上演時間中緩みがまったくないことが挙げられる。本作も同様で、登場人物たちは非常に激しやすく、感情をむき出しに猛り狂う。相当入念に稽古を積んだことが窺われる熱演で、2時間を越える作品を緩みなく一気に見せるのであるから、作品、演出、それに応える俳優陣の力量には圧倒される。

 しかしながら、何を演劇として舞台にしたいのか、観客に示したいのかという根本がどうもよくわからないのである。彼らは日常会話とは言いがたい、むろん日常においても激昂や号泣、罵詈雑言の場面はありうる。しかしながら、舞台上の彼らのことばは、そう、まるで芝居のような台詞であり、議論が紛糾したあげく女性社員の号泣の声の出し方や、冷静で温厚と見えた常務が鬼畜のように暴力的な振る舞いに及ぶさまなど、「劇的」といえばそうなのかもしれないが、どうにも受けとめようがないのである。

 中津留章仁の創作へのエネルギーは凄まじいものがある。ほかの劇作家が真似しようとして簡単にできるものではないだろう。だがそのエネルギーを注ぐ方向、エネルギーの描写について、自分は非常に困惑してしまうのだ。
 

コメント