因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

2009年 因幡屋演劇賞

2009-12-31 | お知らせ

 一年があっという間に駆け抜けていきました。感謝と喜びをもって2009年の因幡屋演劇賞は次の皆さまに贈ります。劇評サイトwonderland掲載の「振り返るわたしの2009年」も合わせてどうぞ・・・。

*elePHANTMoon公演 マキタカズオミ作・演出『成れの果て』
 もしかすると今年最大の収穫は、この劇団との出会いであったかもしれない。後味の悪いことが、これほど快感になろうとは。
*ミナモザ公演 瀬戸山美咲作・演出『エモーショナルレイバー』
 劇作家の歩幅はゆっくりだったり小さかったり、その人によって異なる。瀬戸山美咲の歩みは目立たないが着実である。それを実感できたことが嬉しかった。
*こまつ座&ホリプロ公演 井上ひさし作 栗山民也演出 小曽根真音楽『組曲虐殺』
 行くことはないだろうと思っていたのに、チケットを申し込んだ気持ちもよく覚えておらず、しかし終演後のしみじみと温かな幸福感は忘れられない。再演があったら是非家族を誘おう。
*パラドックス定数公演 野木萌葱作・演出
  『インテレクチュアル・マスターベーション』 『東京裁判』
 この劇団に対する思い入れは急速に強まった。硬派で力強い舞台に釘付けである。
『成れの果て』 、世界名作小劇場公演『ー初恋』(土田英生作 黒澤世莉演出)、箱庭円舞曲公演『極めて美しいお世辞』 (古川貴義脚本・演出)に出演した津留崎夏子
 

 これから戯曲と演出家のいい出会いが続けば、この方は大化けするのではないか。小柄で地味な印象、個性がぎらつくわけではなく、技巧が目立つタイプでもないけれど、戯曲の世界にごく自然に身を委ね、演じる人物に確かな血肉を与えている。列挙した3本の作品で演じた役は一見平凡にみえて、その実、深い闇や傷を抱えている。デヴィッド・ハロワーの『雌鶏の中のナイフ』の「若い女」を津留崎夏子が演じる情景を思い浮かべただけでぞくぞくする。そのほかにもチェーホフの『ワーニャ叔父さん』のソーニャ、『三人姉妹』なら座組みによって三姉妹誰でも出来るのではないか。久保田万太郎の『ふりだした雪』のおすみも・・・と妄想は尽きない。

 昨年より観劇本数が減ったにも関わらず、ブログに劇評を書けなかった舞台が十数本ありました。割合としては高いでしょう。反省点のひとつです。何がなんでも書く!と自分を追い詰める必要はありませんが、ひとことでもいいから、みたものに対して、そのときに自分がみつけた言葉で表現することを心掛けていれば、別の舞台を考えるときの手掛かりになるかもしれません。それが一週間後か十年後かはわかりませんが、舞台をみること、考えること、そして書くことは、明日あさってで答のでるものではないのだなと実感しています。

「幻を書き記せ。
 走りながらでも読めるように
 板の上にはっきりと記せ。」 旧約聖書 ハバクク書第2章2節

 因幡屋通信を読んでくださった方、因幡屋ぶろぐにお運びくださった方、皆さまに御礼申し上げます。今年一年ありがとうございました。来年も素敵な舞台との出会いがありますように。

コメント (1)

劇団掘出者特別公演『ロミオの代わりはいくらだっているし、ジュリエットの代わりだって腐るほどいる』

2009-12-15 | 舞台

*田川啓介作・演出 公式サイトはこちら 渋谷ルデコ 20日まで 約60分
 芝居のタイトルは重要である。内容も全く知らない人に、「見たい」と思わせる力が必要だ。単純ではおもしろくないし、思わせぶりが過ぎるとがっかりする。これまで見た田川啓介の芝居のタイトル(1,2,3) はいずれもシンプルで、それだけ見ると芝居の内容はまったくわからないが、見ているうちに命名の意図が次第にわかってくる。ああ、そうだったのか!ふわふわととらえどころのないものが、しっかりと胸に落ちる実感が得られるのである。しかし今回の新作は、見る前から内容がほとんど読めそうな饒舌でベタなタイトルだ。

 ルデコ4Fに入って右側に客席があり、反対側が演技スペースになっている。いつもなら逆だったかな?と少し勝手が違う雰囲気にとまどう。舞台装置らしきものは何もない。

 

 1人の青年が彼女りらしき女性と話し始める。しかし2人は既に別れており、現実に言葉をやりとりしているのではなく、彼の妄想の中での会話であることがわかる。早くもアブない雰囲気。そこにやってくる強引な新興宗教勧誘の男や、青年の友人、その妹や彼女、バイト先の知り合いなどが登場する。つき合いの長い友達も恋人も兄妹も、互いの心はすれ違い、損得勘定抜きの間柄であると言いながら、相手に見返りを求める。

 そこに「あなたが一緒にいてくれるだけでいい。わたしにはあなたが必要なの。かけがえのない人なの。」とまっすぐに言い切る女性が現れ、青年たちを救うかと思われたが、彼女がとんでもない食わせ者で(いや、もっと適切な表現があるはすだ)、もはやカウンセリングもセミナーも新興宗教ですらない、妄想の疑似家族というのだろうか。読めない展開に1時間前のめり。

 饒舌でベタなタイトルの効果のほどは長短あるだろう。公演チラシに書かれた迷える恋人たちのモノローグを読むと、「恋愛もの」の舞台だと単純に予想してしまうが、田川の描きたい世界はもっと深く、別の地点を目指しているのではないか。恋人とは血のつながりはない。他人同士である。生みの親、つまり血縁の愛情に勝るものはないと知りながらも、そうでない他人と、家族よりも強い絆で結ばれたい。親きょうだいではない人に、自分を受け入れて愛してほしい、「あなたはかけがえのない人だ」と言ってほしい。恋人を求める気持ちが満たされない彼らは、前述の謎の女性に「みんなわたしの息子よ」とひとまとめにされてしまうのだ。

 後半の思いもよらない展開に驚くが、1時間でまとめるのは難しかったようだ。あと20分でも時間があれば、いや逆にもう少し時間を短く凝縮することで、もっと研ぎ澄まされた世界が構築できるのではないかとも思うのである。

コメント

グリング第18回活動休止公演『jam』

2009-12-13 | 舞台

*青木豪作・演出 公式サイトはこちら 東京芸術劇場小ホール1 23日まで
 初めてグリングの舞台をみたのが2003年の冬『ヒトガタ』で、少し抜けたときもあったが家族を誘い、友人に声をかけ、青木豪の作品は毎回楽しみに通った(1,2,3,4,5,6 7,8,9)。
活動休止公演となった本作『jam』は再演であり、自分は幸か不幸か2003年晩秋の初演をみていない。

 グリングにしては珍しく、対面式の客席の中に舞台がある作り。どこかのペンションのロビーでの一夜の話である。舞台両袖は玄関や客室があるという設定で、前も後ろも客席に晒される作りの場合、風通しがよすぎて舞台からしっかりした空気が伝わってこない場合もあるが、テーブルや椅子、オーディオセットなどの家具調度には重量感があって、ペンションの他の部屋や奥の厨房の様子などまで伝わってくる。

 青木豪の作品をみていていつも感じるのは「人の出入りが多いなぁ」ということだ。今回も場所はペンションのロビーだけであるが、ベートーベンの第九を歌うサークルが、合唱指導の指揮者が指導期間を終えたお別れ会を開くという設定で、ペンションのオーナーや義理の妹はじめ、友人や常連客などが賑やかに行き来する。人物の関係はなかなか複雑であるし、あの人がこの人に恋をしていたり、かと思うとほとんど物語の主筋に関わらない異物のような人物もいる。

 ひとつの場所にいろいろな人が頻繁に出入りしたり、恋が錯綜する様子はチェーホフに似ている。しかし登場する人々は多少変わり者はいても強烈なキャラクターの人物はいない。大事件も起こらないが、過去に起こった出来事が人々のあいだに複雑に影を落とす。『jam』では10年前に事故死したオーナーの妻がそれである。過去について話すやりとりにも出来るだけ聞き取ったつもりだが、それでもわからない点はあり、上演台本にもはっきり書かれていないこともある。これまで見た青木豪作品に比べると、明かされないこと、示されないことが多いように思われ、確かな手応えを求めて臨んだ気持ちは正直満たされなかった。

 しかし終演後、微妙に満たされた心持ちになれたのは、これが活動休止公演であるという一種の感傷と共に、過去の作品に対する青木豪の距離感と愛情をもった視線が感じられたからだ。いやこれはまったく自分の勝手な思い込みかもしれないが、活動休止公演に新作ではなく、再演になる『jam』を選んだこと、その後の作品に『jam』の影響が色濃く感じられること(設定が似ているということではなく)が理由であろうか。

 確かな手応えを得て、それを表現するはっきりした言葉を求めているのに、心がまとまらず、言葉もじゅうぶんに出てこない。しかしこの曖昧でもどかしい実感を今夜は大切にしよう。いつか訪れるグリング第19回活動再開公演のために。

コメント

DULL-COLORED POPアンコール公演『プルーフ/証明』

2009-12-12 | 舞台

*デヴィッド・オーバーン作 谷賢一翻訳、演出 公式サイトはこちら 渋谷SPACE EDGE 12月12日のみ

 行こう行こうと思いながら足を運べずにいたDULL-COLORED POP(以下ダルカラ)の公演だが、『プルーフ』という作品には不思議と縁があるらしい(1,2)。ダルカラは10月の『プルーフ』上演を区切りに活動休止していたが、再演の希望が多く寄せられ、今日1日限りのアンコール公演が実現したもの。ダルカラデヴューが「これでしばらくさよなら公演」になってしまったのはとても残念で、出遅れの腰の重さが悔やまれる。小さな劇場は満員の客入りで、ダルカラに対する思いの熱さが上演前から溢れんばかりであった。新参者の因幡屋、この熱気についていけるだろうか?

 本作について、自分は「手堅く手強い」という印象を持っている。登場人物は僅かに4人、過去と現在が行き来したり、既にこの世にいない人が濃厚な存在を示したり、とても演劇的な作品である。正面からきっちりと取り組めば、作り手側には相当な手応えが得られるだろうし、その実感はみる側にも伝わりやすいと思う。ただ演出家や俳優が自分の個性を前面に出そうとするとやんわり拒絶され、あまり遊べない、いじれないタイプの作品ではないだろうか。

 ロビーで販売していた過去公演の台本のリストをみると、ダルカラの活動は谷賢一のオリジナルを中心にしながら、前述のような外国作品にも取り組んでおり、谷の脚色や演出による外部上演も多い。その中でも今年はじめにみた『ソヴァージュばあさん』は心に深く残る舞台であった。

 谷賢一翻訳・演出による『プルーフ/証明』は、最小限に抑えた舞台美術のなかで、4人の俳優がずっと客席の視線に晒されながら2時間20分を力いっぱい走り通した。奇をてらわず、戯曲の難しさから逃げない正攻法の作りであったと思う。では個性が感じられないわけではなく、4人それぞれ演じる人物と誠実に向き合いながら自分の個性をある場面では慎重に、別の場面では大胆に生かそうとしており、それがとても好ましく感じられた。正直に言うと、この物語の登場人物いずれも自分は共感を覚えにくく、特に主人公のキャサリンについてはどうにも受け入れられず(好きになれないということです。簡単に言えば)、彼女に振り回される姉クレアに同情しながらもキャサリンが姉を厭う気持ちもわかり、物語に対する自分の視点を決められないのである。その感覚は今回もやはり拭いされなかったが、それだけにこのカンパニーによる新しい舞台を見たいと強く思った。

 活動休止といっても、当日リーフレットをみると谷賢一はじめメンバーの今度の活動予定は目白押しのようである。たった1日のアンコール公演に出会えた幸運を感謝して、次の出会いを楽しみにしている。

コメント

トゥルーパ公演『冬ーZIMA』

2009-12-05 | 舞台

*エヴゲーニィ・グリシコヴェッツ作 久保遥翻訳 牧田侑士演出 公式サイトはこちら 東演パラータ 6日まで
 下北沢にはしょっちゅう行くが、こちらの方向へこれほど歩くのは初めてだ。雨脚は強くなる一方、夜道を歩く人もなく街灯もまばら。あまりに不安になり、可愛いアクセサリーのお店(だと思う。余裕がなくてみておりません)で道を尋ねた。買い物もしないのにありがとうございました。おかげで何とかたどり着けた。開演前の場内に流れているのは穏やかなピアノ。これは確かブラームスの間奏曲だ。偶然だが自分のとても好きな曲で心が落ち着く。

 劇場の大きさ、雰囲気はサンモールスタジオに似ているだろうか。しかしもっと奥行きがあり、天井も高い。床は白くところどころ雪が降り積もっている様子。白く大きな柱が数本立ち、抽象的な作りである。本作を書いたエヴゲーニィ・グリシコヴェッツはこの10年で一躍ロシア演劇界の寵児となったそうである。寡聞にして当方は名前も作品も今夜が初見となった。

 

 極寒の地で2人の兵士(木村卓矢、福田陽一)が行軍をしている。演習なのか本番なのか知らされないまま、爆弾を仕掛けようとしているらしい。重要任務を遂行しようとしているわりにはあまり現実味が感じられず、2人の会話はさながらロシア版『ゴドーを待ちながら』の様相である。

 もうひとりの登場人物は雪娘(生天目仁美)だが、これがまた一層ふわふわとつかみどころのない人物(人間ではないのかも)だ。

 戯曲の構造はなかなかに複雑である。明かりの色合いが変わると兵士1の少年時代の場面になり、上手側では少年と少女(雪娘)の不器用なデートが行われ、それを兵士2がみていたり、今度は兵士2が子うどものころの誕生日に両親(兵士1が父、雪娘が母親)と交わすかみ合わないやりとりがあったりする。話の先が読めないばかりか、本作の狙い、何を描こうとしているのか、客席に何を伝えようとしているのか、どこからこの作品に触れていけばいいのかがわからないのである。
 しかし90分の上演時間のあいだ、ほとんど気が緩むことなく楽しめたのは、前述のような個々の場面のおもしろさがあったからだろう。考えてみるとロシアの劇作家といえば反射的にチェーホフであり、ロシアの現代劇をみるのはこれが初めてではなかろうか。
 かの地の国民性や政治、文化情勢や劇作家自身の創作の背景などを知ればもっと理解ができるのかもしれないが、気がつけばロシアの作品ということをあまり意識することなく、舞台に見入っていた。兵士を演じた2人の俳優は東京乾電池の公演で何度かお目にかかったお方である。もう10年も前だ。福田陽一は老獪さや諧謔味を滲ませるいい感じのおじさまになり、木村卓矢は以前に比べて健康的な青年になっていた。

 これを機会にもっとグリシコヴェッツの活動を知りたい。実は翻訳者のご厚意により、今回の上演台本をいただいていたのだが、もったいなくて読まずに観劇に臨んだ。これから戯曲にお手合わせ願おう。あまり気負わずウォッカを飲みながらといきたいが、ここはひとつ、温かい紹興酒で。

コメント