因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

『ナイゲン』<暴力団版>

2019-10-26 | 舞台

*原作・冨坂友『ナイゲン』屋代秀樹作・演出 公式サイトはこちら 花まる学習会王子小劇場 28日まで1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14

 寡聞にて「ナイゲン」は今回の<暴力団版>が初見である。本作について、遅ればせながら調べてみると、アガリスクエンターテイメント主宰の冨坂友による戯曲で、同劇団で何度も上演された非常に評価の高い作品であること、いくつもの外部団体が、それぞれ自分たちの「版」として上演し、高校や大学の学祭でも上演されている「会議型コメディ」であるとのこと。例えばこちら。詳しいデータ分析を行ったサイトも。

 ちょうど前の週、同じ花まる学習会王子小劇場で、果報プロデュース『ナイゲン』が冨坂自身の演出で上演され(未見!)今回の日本のラジオ公演と合わせて「ナイゲンW観劇企画」となった。ある高校の文化祭についての会議という設定が基本であるらしいので、<暴力団版>とは相当に画期的であり、互いに相手を信頼すればこその思い切った手渡し方(原作者から屋代秀樹への)である。

 暴力団三代目空蝉組は、関東最大組織の藤道会傘下に入ることになった。しかし藤道会会長から唐突に提示された条件は、藤道会と対立する鬼灯会幹部内藤ゲンシロウ(通称ナイゲン。ここにでてくるのか…)を殺せという命令であった。舞台は空蝉会月例会。三代目組長、若頭、本部長を上座に、藤道会から招いた相談役、ほかに初代のころからの生えぬきで筋金入りの極道、ややライトな印象の者まで13人が登場する。

 劇場を細長く使い、客席は左右、正面の三方向から演技エリアを見る形で、誰がナイゲンを殺すか、極道のけじめ、筋はどうなるのか、男たちが喧々諤々の大議論を展開する。13人の俳優それぞれが個性、持ち味の活かされる配役は見事というほかはなく、舎弟たちの肚の探り合いや裏切りに右往左往する堅気の三代目、信用できるのは誰なのか、まさかの急展開による終幕まで90分間を一気呵成に走り抜ける。

 暴力団という特殊組織について、既成のドラマや映画から刷り込まれたイメージのどれでもなく、13人の男たちも「あるある」風の造形はひとつもないと言ってよい。実に見応えのある議論劇であり、堅固に構築された劇世界だ。「仁義と算用と理不尽の飛び交う、ノワール会議劇」(公演チラシより)は、進むにつれ客席の反応も上々、終演後は爽快ですらあった。

コメント

唐組 第64回公演『ビニールの城』(唐十郎'85年名作選第二弾)

2019-10-20 | 舞台

*唐十郎作 久保井研+唐十郎演出 公式サイトはこちら 11月4日まで1,2,3,4,5,6,7,8
 
本作は
1985年、石橋蓮司、緑魔子の劇団第七病棟に書下ろされ、浅草・常盤座で上演、絶賛を浴び、その年の演劇界の話題をさらった(因幡屋は未見)。その伝説の作品が、はじめて紅テントで披露される。台風19号の接近で明治大学構内の公演が中止になり、今回はじめて実現した下北沢特設紅テントの千秋楽を観劇した。

『ビニールの城 唐十郎+第七病棟』(1987年 沖積舎刊)は、戯曲本編だけでなく、石橋蓮司、緑魔子のインタヴュー(聞き手は松岡和子)や増山真吾による劇団創立十年の回顧など、読み応えのある1冊だ。特に石橋蓮司が俳優人生を振り返り、いつ、どんな場で誰と出会い、どのような衝突や葛藤、挫折を経て劇団の旗揚げに至ったか、なぜ毎回廃墟のような場所を劇場に選ぶかなどを語ったインタヴューは、語り口こそ柔らかで軽快だが、演劇人としての気骨を感じさせ、凄みがある。

 852月に唐十郎と浅草・常盤座へ下見に行ったエピソードは、すでにこの段階でその情景がまざまざと浮かぶほど劇的だ。常盤座に入った途端、唐は「いけるね、ここでやろう」、「さあ、何書くんだ。蓮司、何かやりたいのあるの?」。緑魔子が答えて「トリュフォーの『突然炎のごとく』がやりたい。蓮司がいいと言ったのは、女の人がポーンと川に跳びこむところ」、「いいネ、それいこうか」。おいおい、ほんとうかと言いたくなるようなやりとりだが、石橋は、「唐さんはね、『こういうのやりたい』ってこっちが出しても、絶対に『なぜ?』って訊かないんですよね。そういうとこすてきでしょ」とインタヴューを結ぶ。絶対的な信頼と期待を持つ創造者同士の阿吽の呼吸であろうか。もう、ここだけでぞくぞくする。

 1887年(明治20年)に歌舞伎専用劇場として開場し、その後松井須磨子やエノケン、古川緑波もその舞台に立ち、浅草オペラ発祥の地となり、新派劇、女剣劇にミュージカル、そして映画館でもあった常盤座は、石橋をして「呼びかけを感じてトリ肌が立つ思いがした。物語の、人間のにおいがした」(同書収録の松岡和子寄稿)と言わしめた芸能の殿堂だ。そして石橋蓮司、緑魔子という余人をもって代えがたい鉄壁のコンビによる『ビニールの城』に、唐十郎本家本元の紅テント・劇団唐組が挑む。

 今回の唐組公演には、看板俳優の稲荷卓央が、数年ぶりに復帰した。開演直後、まだ暗いテントの花道に現れ、後ろを振り向いた朝顔(稲荷)に、囁くような「稲荷!」の声が飛ぶ。ずっとあなたを待っていた。稲荷の舞台を待ち望んでいた客席の思いである。

 元腹話術師の朝顔が、別れた相棒の人形・夕ちゃんを探して彷徨う中、アパートの隣の部屋に住んでいたモモ(藤井由紀)と再会する。モモは朝顔の部屋にあったビニ本のモデルで、今は夕一(久保井研)とかりそめの夫婦生活を送っている。腹話術師と人形は、初期の傑作『少女仮面』にも登場し、人間が人形を操る関係が次第に変容する様相が、唐作品の虚実皮膜のあわいを描き出す。『ビニールの城』では、人形という媒体を通してしか(あるいは通しても)ほんとうの気持ちを言えず、生身の人間と向き合えない腹話術師の朝顔と、ビニールの中に閉じ込められたモモ、モモと暮らしながら触れ合うことのできない夕一の、歪で悲しい三角関係の物語だ。

 聖子ちゃんの映画、豊田商事、少女フレンドなど、「かつての昭和」を表す台詞は随所にあり、時代を感じることは確かだが、それはほんの一瞬のノスタルジアであり、不器用な朝顔とモモと夕一の、時に狂おしく、時に滑稽で、どうしようもなく切ない交わりと、3人の腹話術師はじめ、浅草のバーに現れては立ち去る人々の織り成す強烈な劇世界に圧倒される。わたしたちが心身にまとっている日常の年月と空間の感覚が、紅テントで芝居が始まった瞬間に消え、過去を描きながら未来を見通し、浅草や日暮里という特定の場所でありながら、どこでもないどこかであるといった奇妙で、しかし心地よい時空間になる。そして紛れもなく、自分は今、ここにいて、目の前の役者を見ている。最後にテントの向こうが開かれ、ビニール越しのモモが夜の闇に遠ざかるとき、それまで見ていた物語も夢のように消えて、元の街並みが見えてくる、この感覚をどう言い表せばよいのか。

 この日常と劇世界とのあいだを揺さぶられる感覚が、紅テントの魔力であろう。身動きのできない桟敷の観劇は足腰が相当に辛いのだが、この感覚を味わう幸せは、何ものにも代えがたい。

 前述のように浅草・常盤座は、劇場じたいが時代を背負うほど重厚なものであり、石橋蓮司、緑魔子という唯一無二の俳優へ宛書された本作を、まったく異なる形状のテントにおいて、自分たちの座組で新たに作り上げるのは、大変な葛藤や労苦があったかと想像する。第七病棟の初演を見逃したことは返す返すも残念だ。しかし今、胸を張ってこう言える。自分は2019年、唐組の『ビニールの城』初演を見たのだと。

コメント

文学座公演『一銭陶貨~七億分の一の奇跡』

2019-10-18 | 舞台

佃典彦作 松本祐子演出 公式サイトはこちら 紀伊国屋サザンシアターTAKASIMAYA 27日まで

 冒頭は、現在の愛知県瀬戸市、長らく使われないまま、観光客の見学コースに入っている陶芸家・加藤家の「陶場」(とうば)である。人々が台風に備えて屋根に上り、看板などの補強をしている。そこへその家の祖母が覚束ない足取りでやってきた。孫の健太郎(亀田佳明)を誰かと勘違いしているらしい…頭に被った布を取り去って背筋を伸ばした瞬間、老婆は加藤家の女中の秋代(平体まひろ)になる。小柄なからだに生命力がみなぎり、明るい表情ではきはきと話す。この一瞬の早変わりは、ピーター・シェーファーの『アマデウス』の冒頭、老いたサリエリが一瞬にして数十年の年月を飛び越える、あの場面を想起させる。

 物語は太平洋戦争末期に戻る。加藤家は鎌倉時代から続く陶工の家柄で、婿養子の父親(中村彰男)が三代目をつとめている。長男(亀田二役)は招集され、足の悪い次男(奥田一平)は、今でいう引きこもり状態である。そこへ陶製の硬貨造りの話が舞い込んできた。兄への劣等感と兵隊になれない引け目に苦悩していた次男は一念発起、秋代や従業員たちを巻き込み、両親を納得させ、「一銭陶貨」に情熱を注ぐ。しかし傷痍軍人となった兄が帰還して、加藤家には微妙な空気が漂い始める。

 本作はもともとテレビドラマ化の企画が実現しなかったものを、劇作家が温め続けて今回文学座でのお披露目となったものだ。愛知県瀬戸市で実際にあった話を元にしており、名古屋市生まれの劇作家の熱意が実った喜ばしい舞台である。

 芸術家として陶器を作ってきた父親と、その薫陶を受け、才能を期待されていた兄という芸術家のプライドがまずひとつの軸である。一方でお隣の田中家は陶工職人であり、コンロに湯たんぽはじめ、さまざまな食器を作っている。この職人の意地がもうひとつの軸である。そこに、気位の高い跡取り娘である母(奥山美代子)、先代から見込まれたとは言え、どうしても旗色の悪い婿養子の当代、両親の期待を一身に背負いながら戦地に赴いた兄、家族のなかで居場所のない弟という家族の問題が影を落とす。複数の軸がどのように絡み合うかが本作の見どころとなる。

 次男役の奥田一平は、屈折した若者を嫌味のない造形で見せる。秋代役の平体まひろは小さなからだに「一生懸命」という衣をまとったかのように健気で可愛らしい。何とかこの二人に一銭陶貨を作らせてやりたいと観客に自然に思わせる好演である。

 芸術家と職人の意地と誇りのぶつかり合いがやがて互いに歩み寄り、目標に向かって邁進するさまは気持ちのよいものだ。次男と秋代が失敗を重ねながら心を通わせ合うところにもあざとさはない。「そうなってほしい」と観客も願う。ただ舞台の場合、職人がこねる土の風合いや窯の火の色、陶貨がいかに小さいか、失敗作の具体的にどこがどのようにだめだったのか等々が、実際には見ることができず、見る者に伝える手段がほぼ台詞だけであるところが、どうしても弱みになる。

 心身に深手を負った兄が、陶貨造りに生き生きと取り組む弟にどんな気持ちを抱いているか、弟の足が悪い本当の理由、兄弟の確執などが次第に明かされてゆき、そこに秋代が巻き込まれていく様相は、本作の暗い断面であり、これがどう反映されていくのかが後半のみどころになると思われたが、何となく躱されてしまったかという印象は否めない。錯乱状態に陥った父や母の収まり方も同様である。また現代の加藤家には40歳にして再び窯に火を入れようと決意する孫の健太郎が存在し、それを戦時中の兄役の亀田佳明が二役で演じることは、非常に重要な設定であり、魅力的な趣向である。しかし彼がなぜ急にそこまでの決心をするのかが描かれていない。戦争中の兄にしても、おそらく失意のままに亡くなったであろうと想像はされるものの、すっきりしない展開である。

 むろん全ての話に説明がなされ、結論が示される必要はないのだが、気になるものをいくつも投げかけられた観客としては、困惑せざるを得ないのである。若手の熱演は気持ちがよいが、声の大きさや張り方が気になったのも正直なところだ。そのなかで陶貨製造準備委員会の役人を演じた鵜澤秀行が、決して声を張り上げることのない抑制した演技で舞台を引き締めていたことを記しておきたい。

コメント (2)

Nana Produce Vol.11『レネゲイズ』

2019-10-11 | 舞台

*高木登作 寺十吾演出 公式サイトはこちら 赤坂RED/THEATRE 15日まで(12日休演、15日18時追加公演)高木登作品の過去記事はこちら→1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19
 
先月鵺的20回公演『悪魔を汚せ』で劇場に興奮の渦を巻き起こした高木登の脚本と寺十吾の演出が、早々に新作を上演する。ある新興宗教団体で、女性信者4人が焼身自殺する。病死した教祖の後追いをした彼女たちは「神の子」と呼ばれていた。15年後の現在、教祖の妹が代表を務める教団の呼びかけで、事件の関係者たちが集まった。彼女たちの死の真相はどこにあるのか。

 舞台は人々が現在会している教団の一室から、亡くなった女性信者たちの過去が行き来する。夫や恋人の暴力から逃れてきた彼女たちを教祖(男性)は限りない優しさで包み込み、右翼の街宣車まで動員して抗議する男たちにも歩み寄りを示すが、重い病に侵されている。

 15年後の現在、母親が焼身自殺し、残された娘(つまり孫)を取り戻そうと祖父が、恋人を暴力と暴言でさんざん苛め抜いた男が、そして公平な立場で両者のあいだに立つ宗教学者が一堂に会するが、品のない攻撃を繰り返すDV男のために議論が進まない。ある日DV男がひとりの若者を連れてきた。その若者が実は…。

 鵺的の舞台の定番というのか、極端に暴力的、ヒステリックで対話不能な人物は今回も健在で、こうも不愉快な造形があるかと思うほどのクズぶりである。新たな神の子と目される自殺した女性の娘と、新たに現れた前述の若者については、特に後者はSFめいた特殊能力を持つこともあり、自分の感覚の許容範囲を超えている。今回心惹かれたのは、舞台における人物の配置と変容である。宗教に救いを求める側と、宗教を必要としない側の対立がひとつの軸であるが、その両方にやや不安定であったり、自分でそれをわかっていて妙に冷静であったり、意外な行動をとる人の存在である。

 人々の中でもっとも現実的で宗教不要、実の妹でありながら教祖である兄から距離感のある妹が、兄の死後、教団の代表であること、教団の広報担当の男性は穏やかに議論をしたいと務めて理性的な言動を心がけているが、「自分は信者ではない。会員だ」とと位置付けていること、その彼と宗教学者の近いような遠いような関係性、そして娘と孫を守れなかった後悔と、対話の可能性を求めて意外な行動にでる祖父である。焼身自殺の真相よりも、これらの人々の今後が、もしかすると次なる舞台の核になるのではないか。題名の「レネゲイド」とは背教者、変節者、裏切り者を指す。背くには、変わるには、裏切るには、そうする対象が存在する。新興宗教団体に走った女性たちは、夫や恋人に背いたのである。しかしそうさせたのは彼女たちに理不尽な仕打ちをした彼らであり、彼らこそ人間の善なる本質、喜ばしい人生に背き、変節し、裏切ったのではないか。

 客席は異様なまでの緊張感に静まり返っていたが、控えめながらダブルコールの終幕となった。台風接近の報道が喧しいなか、不穏な空気の漂う赤坂は雨。

コメント

文学座附属研究所 2019年度研修科第3回発表会『少女仮面』

2019-10-10 | 舞台

唐十郎作 小林勝也演出 公式サイトはこちら 文学座新モリヤビル 13日まで(12日は休演)
 新劇への強烈なアンチテーゼであるアングラ演劇。しかし唐十郎作品の根底には「新劇」が確実に蠢いているのは、戯曲を丹念に読み込むことで実感できる。これは現在座長代行を務める久保井研による唐作品の朗読ワークショップでも体験したことだ。

 『少女仮面』は1969年、鈴木忠志の早稲田小劇場に書き下ろした作品で、翌年第15回岸田國士戯曲賞を受賞した唐十郎の出世作である。当時の演劇界に衝撃を与えた作品であり、それから半世紀近くを経てもなお、演劇の作り手、受け手を魅了してやまない。戯曲を詳細に分析、解説したサイトもあり、現在わかるだけでも2主体での上演が告知されている(1,2)。自身は1982年、渋谷のパルコパート3での上演が本作との出会いであった。渡辺えり子(現・渡辺えり)が春日野八千代、少女貝を森下愛子が演じた。腹話術師役で出演した演劇集団円の佐古正人(当時・佐古雅誉)に惹かれ、予備知識ゼロで観劇した。演出は奇しくも今回と同じ、文学座の小林勝也である。

 今回の上演は、文学座附属研究所2019年度研修科演技部1年生、2年生の方々がA、Bふたつの座組によるものだ。初日のBプロを観劇した。劇団の研究生の発表会を観劇するのはこれが初めてであるが、チラシや当日リーフレットも大変立派なもので、何より劇場入口で観客を出迎える『少女仮面』の大看板が凄い。

 宝塚歌劇団の伝説的スターである春日野八千代と、彼女に憧れる少女貝が主軸だが、老婆、腹話術師、その人形、八千代が経営する「喫茶肉体」のボーイ主任、2人のボーイ、満州からの引き揚げ者、防空頭巾の女たちなど、いずれもしどころのある役柄ばかりで、観客としても「あの役を誰が、どのように」と期待が高まる。

 そして始まった舞台は、研究生の発表会とは思えない…といった措辞はもはや不要どころか、失礼千万というほど堂々たるものであった。登場した瞬間から役の雰囲気を纏って他を寄せつけない貫禄を持つ人、出はじめこそ、ほんのわずか素が見えていても、台詞が毒のようにその身を回ったかのように、じわじわと光りはじめる人、ダンサー顔負け、いやあれはバレリーナか、見事な舞を見せる人、アクションシーンでも高度な身体能力を発揮する人等々、何より唐十郎の戯曲に正面からぶつかっていく心意気が気持ちのよい舞台であった。

 もうこれは新劇だ、アングラだといった仕分けは意味がない。難攻不落の城のごとき戯曲があり、あるときは全力で正面から懐に飛び込み、あるときは隙をついて脇から攻め入る作り手が後を絶たないこと、それを年月を経て味わえる幸福に感謝する以外ないのである。言葉と肉体、現実と虚構、戦争の傷跡、生者と死者が交わり、溶け合い、消えてゆくこの世界で、舞台に立つ「私」は何者なのか、客席にいる「私」はそこにどう関わるのか。出会いから数十年を経て再び、答の出ない問いを受ける一夜であった。

コメント