因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

『アイスクリームマン』

2005-05-30 | 舞台
  *岩松了作・演出 下北沢 ザ・スズナリ
 初演版か再演版かまでははっきり覚えていないが、以前本作の上演がテレビ放送されたものをみたことがある。のつぼ役の戸田昌宏の印象が強烈で、ラストシーンに衝撃というより後味の悪さが強く残った。だから今回新しいキャストによる上演を知っても、再演を心待ちにしていた舞台を喜び勇んでみにいく気分には程遠かった。むしろまたあのイヤーな気分を味わうのだなーと足取りも少々重かったのである。舞台が始まると、そうそうこんな感じだった、こんな場面もあったと徐々に記憶が蘇ってきた。そして次第にこの話を身を乗り出してみている自分に気づくのだった。
 俳優で印象に残ったのは次のお二方である。
 まず君原役の遠藤雅。三年前だったかNHK・FMシアター『アンチノイズ』で深く味わいのある声に驚いたことがある。彼の舞台をみるのは今回が初めてだが、自然にその場にいる感じがとてもよかった。君原は穏やかで割と頭もよくて、場の空気を読んで気配りのできる人。でも話ぜんたいの流れからはちょっとはずれていて、見終わったあと「ん?いたっけ、そんな人」と思われる。でもこういう敢えて印象に残らない存在のしかたができることも時には大切だと思う。
 パンフレットに出演俳優が岩松了に一言ずつメッセージを寄せていて、遠藤くんは「舞台頑張ります。一生懸命頑張りますが・・・・。僕には好きな女性がおります。ごめんなさい・・・。」と記しており、ちょっとぞくぞくした。彼自身の恋はどうなったのでしょうか?
 次は水野役の高橋一生。これまで数本みたテレビドラマでは少しオタクっぽかったり、心優しい青年、いやまだ少年というイメージだったが、今回は登場する女性たちの中の三人を翻弄する超もてもての役である。この水野は愛されるとか思いを寄せられるという男性とはちょっと違う。女がどうしようもなく引かれてしまうのだ。一緒にいて楽しいのはほんの一時だけで、すぐに彼は冷めてしまうし別の女に言い寄るし、でもどうにも執着してしまう男なのでしょう。
 上機嫌の表情や優しいときのあれこれよりも、古くて飽きてしまったおもちゃを投げ捨てるように、女を邪見に扱い、口汚く罵り乱暴な振る舞いをするときのほうが魅力的である。
 で、結局どういう話かというと、山奥にある自動車運転免許取得のための合宿所のロビーに集まる男女のこもごもである。ひとつ屋根の下で年頃の男女が一緒に過ごすのだから恋模様のあれこれがあって不思議はないが、彼らは数日半端に濃密な時間を共有して、試験に合格すればそれぞれの場所へ戻っていく。
 一方で合宿所の職員である早苗(平岩紙)は当然ながらずっとここにいる。さらにいつまでたっても試験に通らず半年もここにいる向山(通称のつぼ 今回はチョウソンハが演じる)という青年もいる。またふらりとやってくる早苗の姉(小島聖)のような人物もいて、流れていくもの、ずっといるもの、半端にいるものの複数の思惑が絡まり合う。
 さらにこの『アイスクリームマン』に登場する人物は、何と言うか実に勝手気ままなのである。
 群集、群像というかたまりにならず、自分の好きにしゃべって行動しているから、人物の心の中がわからず、話の流れが読めない。多くの劇では登場人物一人ひとりに話を運んでいく役割があるが、本作には責任、義務、意味を持たないと感じた。俳優はその役としてただその場にいることを要求される、いやそれすらないのだろうか?
 このあたりの印象が今回本作を意外におもしろくみた理由かもしれない。
 さてわたしが観劇した日、不思議なことがあった。劇の終盤、「雨だね、外」という台詞があり、遠い雷鳴とトタン屋根に当たるような大きな雨音が聞こえた。客席の天井あたりから聞こえてきたし、この合宿所はまさかトタン屋根ではないだろうに妙にリアルな音だなと思った。が、終演後おもてに出てみたら道路が濡れている。傘をさした人もちらほら。上演中に台詞と同じタイミングで激しいにわか雨が(ところによっては雹が降るほどの)あったらしいのだ。あの派手な雨音は効果音ではなかったのである。(5月15日観劇)
                                                                             

コメント

文学座公演『風をつむぐ少年』

2005-05-28 | 舞台
 昨年の新聞に掲載されていた同名の原作小説の書評が気になり、切り抜いてずっと持っていた。
 今年になって文学座で舞台化されることを知り、ようやく小説を入手する行動を取れた。
 転校先の高校で友達作りに失敗した少年ブレントが飲酒運転の末事故を起こし、18歳の少女を死なせてしまう。
 彼女の母親は「娘に似せた風で動く人形を作って、アメリカ大陸の四隅に立てて」と言う。
 これは少年の贖罪と再生の物語である。
 原作の構成が少し変わっている。ブレントを中心とする物語の主筋のあいだに、まったくつながりがない(と最初は思われる)別の人々の話が挿入されているのである。正直読みづらいと思ったが、それでも読んでいるうちに、この作品の持つ不思議な力に引き寄せられている自分に気づいた。
 時間がきっちりと順序よく流れているわけではなく、風で動く人形をみつめているこの人は、人形が作られてから何年もたってこの場にいるらしいことなどもわかってくる。しかも彼らはこの人形がどんな目的で作られたかを知らない。
 それぞれが容易とは言いがたい人生を送りながら、人形によって励まされ癒され、勇気を与えられるのである。
 風は目に見えないが、木々の枝や葉のそよぎでその存在を知ることができる。
 目に見えない働き。
 風で動く人形は、その働きを人々に伝えるメッセンジャーなのだ。
 時制や場所があちこちに飛ぶことや、いわゆる旅の物語であることは舞台化するには難しい点も多いが、今回は回り舞台や主役のブラント以外の俳優が複数の役を演じることなどによる工夫が凝らされている。
 やや残念に思ったのは、俳優の演技がいささか大げさに感じられたことである。
 ブレント周辺の人々の物語はその人物のモノローグによって語られる場面も多い。「聞き手」に向かって話しているところや複数の人物の会話の場面もあるが、心のなかでの密やかなつぶやきが、大声で客席に宣言するかのように発せられることにはちょっと・・・。
 贖罪ということを考えると、ブレント少年はまったく殺意なしに完全な過失で事故を起こしてしまっていることが救いである。
 現実の社会はもっと恐ろしいところまで来ている。それを実感しつつ、風で動く人形が人々に希望を与えるこの物語にしばしの安らぎを覚えるのだが、本作に触発されて原田治著『弟を殺した彼と、僕』を一気読みし、ずっと以前に買ったまま読んでいない『デッドマン・ウォーキング』を再び手に取った。
 風はわたしにはこんな形で吹き始めた、ということだろう。
原作 ポール・フライシュマン 訳・脚色 坂口玲子 演出・鵜山仁  
       全労済ホール/スペース・ゼロ  5月1日観劇
 

コメント