因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

『ナイン THE MUSICAL』

2005-06-14 | 舞台
*tpt他制作 
 脚本:アーサー・コビット 作詞作曲:モーリー・イェンストン演出:デヴィッド・ルヴォー
 5月27~6月12日 アートスフィア
 昨年の初演を見逃したので、再演の今回は早々とチケットを予約した。正直なところどんなものを見せられるのか期待半分、不安半分であったが、二時間半の上演中一度も眠らず、終演後は予想もしなかった幸福感に包まれている自分に驚く。劇場を出て「ああ潮風の匂いがするのね」とぼんやり思ううち、反対方向のモノレールに乗ってしまった。おいおい羽田行ってどうする気だ。そして何と、もう一度見たいという気持ちが沸き起こり、大枚をはたいて一週間後のチケットを予約してしまったのである。
 二度目の観劇で、終盤からカーテンコールまで涙がとまらない自分がいるのだった。いまだに劇中のいろいろな場面や歌やメロディが心を離れず、もしかすると今年上半期No.1かもしれない。
 ここまで予想をはるかに裏切られる(いい意味で)体験も珍しい。
 だが正直に言うと、最初の観劇は物語にどっぷりはまったわけではなかったのである。内容を理解したのでもなく登場人物の誰かに感情移入してもいない。なのにとても不思議ないい気分になった。
 さらに正直に言うと、わたしは観劇中いろいろな「よそごと」が絶えず頭に入り込んでくることに戸惑っていた。
 舞台がつまらないからではない。なのにどうしてもいろいろなことを考えてしまうのだ。
 その内容については極めて個人的なことなのでここには書かないが、おそらくこの物語が愛について描かれたものだからであろう。舞台をみながら、自らの愛について考えざるを得ないのであるl。
  だから二度めは少しわたしも学習して、よそごとが頭に入り込むことをしないように集中力を高めてみるようにした。その結果、滂沱の涙。どうしてだ、これは『レ・ミゼラブル』ではないのに。
 また 『佐倉義民伝』や『伽羅先代萩』ならともかく、子役(主役グイードの子ども時代)に泣かされたわけでもない、と思う。どうした、わたし。なぜここで泣く?
 今は自分の心の動きを思い起こし、書き留めることでせいいっぱいで、肝心の舞台がどうであったかが書けないでいる。
 是非書きたい、書いておきたい。
 いつの日か、いや近いうちにきっと。(6月4日、11日観劇)

コメント

『梅津さんの穴を埋める』 

2005-06-13 | 舞台
 *土屋理敬作・演出
  5月18~29日 ステージ円
演劇集団円の次世代の作家シリーズの第三弾。5月の舞台の最後にふさわしい充実した体験ができた。
幕が開くといきなり妙な情景が飛び込んでくる。ある家のダイニングキッチンらしい。下手には冷蔵庫が倒れており、テーブルは前のめりに大きく傾いているて、人々が不自然な体勢で固まっている。母が一人暮らす築三十年の梅津家。リフォームの相談のために三人の子どもたちプラス末っ子の彼氏が戻ってきているのだが、根太が腐り、冷蔵庫が倒れた拍子に床に穴があき、久しぶりに集まった家族は椅子に腰掛けたまま床からからだが抜けなくなってしまったのだという。 
 ケータイ電話には手が届かず、大声で助けを呼ぼうにもおもてに人通りはない。
 現実にこういう事態があるかどうかはさておき、特殊な状況におかれた人々が織りなす一種のシチュエーションドラマといえるだろう。
 身動きできない家族の会話の中から次々に明らかになる梅津家の事情というのがなかなかすごいのである。
 その1 一家の父は半年前に家出して行方知れず。半年といえばまだまだ最近の出来事ではないか。
 その2 母(山乃廣美)は二十年前、家族を捨てて駆け落ちしようとしたことがある。
 その3 長男(大竹周作)は最近教師をクビになり、現在無職。
 その4 長女(米山奈穂)は社内不倫の末パニック障害になり、休職中。
 宅配便の青年(佐藤せつじ)も床に落ちてしまい、頼みは毎日散歩に来る犬のゴローだけである。
 が、宅配便の青年が「今日駅前でお宅のご主人を見かけた」というではないか。
 父、帰るのか?
 その2が当時小学生だった長男の人生に思いもよらない影を落としていたことがわかり、そのためにどれだけ苦しんで
きたかを彼が訴える場面はこちらの胸がきりきりと痛むほどであった。
 母を責めても不在の父に怒りをぶつけても、もはや誰が悪いのでもないのだ。よかれと思ってしたこと、相手のためを思って黙っていたことがまったく逆効果だったり、無意味だったりすることはある。
 深刻な話をしているが全員が床にはまったままという状況がどこか間抜けでおかしくもあり、救いにもなっている。
 家族以外の登場人物、リフォーム業者(上杉陽一)や末っ子の彼氏(佐々木睦)、前述の宅配青年の配置が絶妙で、家族だけだったら煮詰まってしまいそうな話に風を通す役割を果たしている。
 欲を言えば状況の設定にやや無理があるのでは?穴に落ちて誰も怪我をしていないことは少し不自然であるし、たとえばトイレに行きたくなるとどうするかという危機のほうが現実的である。
 しかしそのあたりを補ってあまりあるのは、作者の人を見る目の鋭さと優しさであろう。
 生きている限り辛いことや嫌なことはある。それでもやっぱり生きていくしかないじゃないか。
 生きていこうよ。
 そんな気持ちになってくるのである。

 観劇日は千秋楽で、客席には温かい空気が満ちていた。
 4月にみた青木豪作・演出の『東風』のときにも感じたが、同じ劇団の仲間だった人がそこを去り新しい場所で活躍し、時を経てかつての劇団に戯曲を書き下ろし演出するとは、何と素敵なことだろう。
 「おかえり」「ただいま」。この公演が終わればまたそれぞれの場所に戻っていく。
 「行っておいで」「行ってきます」
 プロデュース公演とはひと味違う、同志感覚、家族的雰囲気がより強く感じられるステージだった。

 終幕、家族たちは賭けをする。先に助けにくるのが父かゴローか。
 父は見事なまでに信用されておらず、ほとんどがゴローだという。それも2000円である。
 ならばわたしはお父さんが先のほうに3000円だ。
 ほんとは皆お父さんに帰ってきてほしいのだ。
 帰ってこい、梅津さんのお父さん!(5月29日観劇)
  
 
 

コメント

『メディア』

2005-06-06 | 舞台
    *エウリピデス作 山形治江訳 蜷川幸雄演出 
      シアターコクーン5月6日~28日
 親きょうだいを裏切り駆け落ちまでして尽くしに尽くしてきた夫が若い女性に走り、自分と二人の子どもを捨てようとしている。愛しさ余って憎さ百倍。夫につながりのあるものは皆殺しにしてしまえ。そうは思っても本当にそこまでやれる女性はなかなかいないだろうが、ギリシャ悲劇のメディアはそれをしてしまう女である。凄まじい愛憎のぶつかり合いが展開する。大竹しのぶの独壇場のような舞台だが、わたしには夫イアソン役の生瀬勝久が大変魅力的だった。生瀬というとどうしても関西系のこてこてイメージが強かったが、それが今回はぶっとんでしまった。ぎらぎらと征服欲を漲らせた雄。色っぽくてぞくぞくする。メディアならずとも彼にぞっこん惚れ込み、「わたしの手でこの人を男にしてやりたい」と尽くすのも無理はないと思わせる。
 しかし演出面ではいささか疑問点が多かった。舞台前面に本水が張ってあり、美しい蓮の花が咲いている。役者はその水のなかに足を踏み入れ、音をさせて出入りする。最初の頃こそ「おお、水だ」と思ったが、劇が進むにつれ役者の立てる水音が単調に思え、効果的とは感じられなくなった。女性ばかりのコロスの使い方はおととしの『エレクトラ』に同じ。群読に聞き取りにくいところもあったし、単純な比較は慎みたいが、デヴィッド・ルヴォー演出の『エレクトラ』でのぎりぎりまでそぎ落としたような演出を思い出す。コロスは三人のみ。それも無言の女二人を従えた江波杏子だけがエレクトラと言葉をかわすのである。
 ラストシーンで舞台奥の扉を開けて、現実のおもての風景を見せる方法も既視感あり。
 大竹しのぶは確かに熱演ではあったが、やはり声の出し方に疑問を感じる。
 この作品では無理でも、もっと静かに淡々と語り、つぶやく演技が見てみたい。 (5月22日観劇)
  
 

コメント