因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

『Death of a Samurai』

2005-09-26 | 舞台

*Alice Festival 2005より Afro13公演 佐々木智広作・演出
 久々のタイニイアリス。そしてAfro13初体験。


 昨年のイギリスはエジンバラ演劇祭で五つ星を取った作品の凱旋公演とのこと。物語はシンプル。近未来に木の股から生まれた木ノ子という少女がいる。彼女がキスをすると、その相手は不老不死になるが木ノ子自身は死んでしまう。木ノ子の不老不死の力を狙う刺客たちと彼女を守ろうとする育ての親田吾作などが繰り広げる活劇、というのだろうか。
 まず感じたのは、台詞がとても少ないということだ。激しい音楽に乗ってダンスやアクションが続く。登場人物の衣装はなかなか手が込んでいて素敵であるし、俳優のからだの切れは相当なものである。立ち回りに効果音(ぐさっ、ぐきっ)が入るところは新感線を彷彿とさせるが、小道具(ハートに刺さった矢や傘、仮面)の使い方も巧みで見飽きることがなかった。 
 一度は木ノ子を捕えて、その不老不死の力を我がものにしようとした刺客斬人が、木ノ子の優しさに触れて心が変化していく。登場人物がすべて死んでしまったあとに自分だけが生き残ってしまった悲しみの様子など、短い物語なのに語られていることは多い。単純な話と言ってしまえばその通りであるが、余計な枝葉をつけずに一気に描いてしまうところがよかったと思う。映像をまったく使わず、舞台装置もなく!クライマックスに「木綿のハンカチーフ」が流れるところもなぜかぴったり合っており、終演後もずっと耳を離れないほどであった。
  ただ気になったのは上演前の「前ふり」「前説」である。今回出演のない俳優さん?たちが登場し、携帯電話の電源を切る等の注意事項はじめいろいろとお話をしてくれるのに続いて俳優が登場、さあ本編が始まったかと思ったらこれも前ふりだと言う。好みの問題ではあるだろうが、上演前の注意事項にプラスアルファの何かをするのであれば、余程神経を使わないと観客の興をそぐのではないか。同じことがお芝居が終わったあとの長いカーテンコールでも言える。大千秋楽に満員の観客、俳優さんたちはほんとうに嬉しそうだった。しかしその挨拶もろもろをあまり長くされると、高揚した気分もだんだん萎えてしまうのである。肝心なのはあくまで舞台本編、その前後はすっきりと気持ちよく、が願いである。
 

コメント

劇団☆新感線『吉原御免状』

2005-09-24 | 舞台

 *隆慶一郎原作 中島かずき脚本色いのうえひでのり演出
  市川染五郎や堤真一を主役に迎えたものは別として、これまでみた新感線の作品のなかで何がいちばん好きかと考えてみると、実は『レッツゴー!忍法帖』なのである。歌にダンスにギャグ満載の「おポンチ芝居」。難しいことを考えず、少々の疲れなどぶっ飛ばしてしまうくらい笑わせて楽しませてくれる。かといって後に何も残らないわけではなく、「あのときのあれ、おもしろかったよねー」と何度も繰り返し楽しむことができるのだ。年に一度くらいはこういう舞台をみて、心身をリフレッシュしたいではないか。
 

さて今回は劇団初の原作付きの作品とあって、いつもとは様相の違う新感線となった。笑える箇所が従来の作品に比べて非常に少なく、あの橋本じゅんの出番にまったく笑いがなかったのには大変驚いた。堤真一と古田新太の殺陣は迫力があり、舞台装置や衣装など見どころも多かったが、やはり不完全燃焼の印象が残る。

気を取り直して元気を出して、原作を読んでみようか・・・? 



コメント

因幡屋通信21号完成

2005-09-19 | お知らせ

因幡屋通信の21号が完成いたしました。今号は以下の内容です。

「愛についての二つのお話」
*劇団グリング第十一回公演『カリフォルニア』 
*劇団フライングステージ『Four Seasons~四季~』
→ブログ掲載の記事をベースにしております。

「少女よ、地上をめざせ」
*劇団ミナモザ『デコレイティッドカッター』
劇場ロビーでみかけたら、是非お手に取ってご覧くださいませ。
 今号よりにしすがも創造舎、川崎市市民ミュージアム3Fフィルムライブラリーにも設置していただけることになりました。
 ご協力心より感謝いたします。



コメント

九月大歌舞伎『勧進帳』

2005-09-19 | 舞台

 何度みても『勧進帳』には、はじめて歌舞伎をみるときのような緊張感を覚える。若い座組なら大作に取り組む必死で一生懸命な姿勢が伝わってくるし、人間国宝級勢揃いの円熟の配役であってもなお、深い奥行きと新鮮さを感じさせるからである。

 今回は待ちに待った中村吉右衛門の武蔵坊弁慶である。

 『勧進帳』をみるたびに注意しているのが、第十一段「詰め寄り」の場である。
 富樫に疑われて絶体絶命の危機に陥った弁慶が、四天王を押さえつつ、富樫と番卒に立ち向かう場面。
 渡辺保氏がこの場で弁慶が金剛杖を持つ手つきについて詳細に論じた文章があり(『勧進帳』ちくま新書)、それを読んで以来、この場面は気をつけてみるようにしているのだが、なかなか難しいのである。
 今回の吉右衛門の場合、金剛杖が床と平行状態で四天王を押さえているところでは両手ともに逆手であったが、押さえつつ富樫に向かうところでは片方順手、片方逆手になっていた。どのあたりで持ち替えたのか、右と左とどちらが上だったか、またしてもはっきりと確認できなかった。残念、これは引き続きの課題である。
 弁慶があるじ義経を思う忠義の心に感じ入った富樫は、これがほんものの義経一行と知って関を通ることを許す。引っ込みのところで、富十郎の富樫が客席に顔を向けずに思い入れをするのに驚き。こういう富樫ははじめてみた。

 終幕、弁慶が花道の引っ込みのとき、「待ってました」「たっぷり」の大向こうに混じって、「ごゆっくり」の声が。客席に広がる暖かな笑い。ここで笑うことになろうとは。そういう場面ではないとは思ったが、すべて了解してこの舞台最高の見せ場をこれからみようとする観客の気持ちを代弁してくれたような大向こうであった。
 イヤホン解説は小山観翁さん、情感溢れる解説は大好きである。
 いつの公演だったか、弁慶の引っ込みのときに、先に行く義経と四天王の様子を見守る弁慶の気持ちを代弁するかのように「無事に行ったな」とつぶやくような言葉があって、とても心を打たれたことがある。
 今回それははなかったが、「弁慶は喜び勇んで花道を駆けていきます」という解説が、吉右衛門に合っていることがわかった。安宅の関を突破してもこれから落ち延びていく奥州では死が待っている。悲壮感漂う弁慶も悪くないが、今回の吉右衛門には死の影よりも、希望が溢れている。
 たとえ行く先に待っているのが滅びであっても、吉右衛門の飛び六法は希望に満ちた弾みがある。最大の難関は切り抜けた。このあともやれるだけ頑張ってみる。何とかして義経を守り抜く。そんな心意気が伝わってくるのである。どうか頑張ってくれ、と観客が祈らずにはいられなくなる気迫があるのだ。
 吉右衛門のもつ豪放磊落な魅力、温かみ、情感のこもった演技がそう思わせるのだろうか(九月十八日観劇)。



コメント

絶対王様『猫のヒゲのしくみ』

2005-09-19 | 舞台

*第17回池袋演劇祭参加公演 笹木彰人作・演出 シアターグリーンメインホール
 シアターグリーンメインホール柿落とし公演
 映画作りの現場の人々を描いた作品。舞台上手後方にスクリーンがあり、劇中のメイキング監督のもつハンディカメラに映し出されるメイキングの映像が終始映っている。
 場面転換のときには舞台ぜんたいに大きなスクリーンの幕(?)がおりて、映像とナレーションが流れる。
 舞台の中で映像を使うことの難しさを実感した。
 うまく使えば大きな効果をあげることができるが、多用するとどっちつかずの印象になる。
 演劇はある意味不自由である。生身の俳優がその場にいることが前提なのだから。
 しかし例えば俳優の台詞ひとつ、からだの動きひとつで、今ここにある空間を自由自在に変えることも可能ではないか。
 今回の作品は映画を作るスタジオの一室が舞台となっている。それ以外の場面の話がほとんどスクリーンの映像によって描かれているのである。映画作りの現場を描いた作品ではあるが、やや興をそがれる印象が残った。
 ストーリーに関しては、自分は映画作りの現場や事情というものをまったく知らないが、劇中に起こるハプニングの数々には現実離れした感が否めなかった。 結末の後味の悪さも効果を上げているかどうか疑問。
 収穫は客演の関根信一(劇団フライングステージ)の大女優ぶりであった。自身がゲイであろう俳優が多少とんちんかんではあるが、自分の生き方の主張しつつ、監督を励まし撮影現場を支えていく。声の艶っぽさ、貫禄に惚れ惚れ。たっぷりの女装は気持ちがいいし、単に演技としてではなく、関根自身の人生も投影された二重三重の奥行きが感じられた。

コメント