因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

社団法人日本劇団協議会『にわか雨、ときたま雨宿り』

2012-03-27 | 舞台

*鈴木穣(すずきゆたか)作 西川信廣演出 公式サイトはこちら 恵比寿・エコー劇場 27日まで 「日本の劇」戯曲賞(文化庁主催)2011において60篇の応募作のなかから最優秀賞を受賞した作品(選評)がお披露目の運びになったもの。
 戯曲賞としてまっさきに思い浮かぶのは「岸田國士戯曲賞」である。これは1年間に雑誌発表や単行本発行された作品が対象だが、「画期的な上演成果を示したものに関しては、選考委員等の推薦を受ければ、生原稿・上演台本の形であっても、例外的に選考の対象とすることがある」とのこと。「選考委員等の」の「等」が微妙だがそこはさておき、どの戯曲賞も有望な新人劇作家の奨励と育成を目的とし、そこからより豊かな演劇が生まれることを願ってのものであろう。
 
 今回の『にわか雨~』の公演チラシには「現在第一線で活躍する演出家たちが選出し、最優秀賞に選ばれた作品は必ず上演される戯曲賞」と記されている。戯曲を選出することだけでなく、それを上演する義務を負うところに特殊性をもつ戯曲賞なのだ。
  

 折り込みチラシといっしょに配布される無料の公演パンフレットは、小ぶりではあるがオールカラーの立派なものだ。「日本の劇」戯曲賞2011の選考過程や選評、出演者のプロフィールもすっきりして読みやすい。しかし最終ページに掲載された演出家の西川信廣の「上演に向けて」には非常に複雑な印象を受けた。

 要約すると、書き下ろし戯曲の場合、劇作家と舞台作りの現場のあいだで喧々諤々のやりとりが交わされ、カットや書き換えを何度も繰り返す場合が少なくない。
 この戯曲賞の特徴は必ず上演されることにあり、本作も書きなおしの作業が何度もあり、ドラマドクターという作品を現場とは違う距離からの意見をいう役割を立て、今回は賞の選考委員でもある原田一樹が行った、とのことだ。
 初稿を俳優に読んでもらい、劇作家、演出家、ドラマドクターを交えて意見交換をして第二稿、俳優を入れて本読みをして再度書き直し、立ち稽古に入ってからも手直しを続けたという。

 具体的にどの場面をどう書き直したかはわからないが、や、それでは最優秀賞と決定した時点での『にわか雨~』の戯曲はどんなもので、自分がいま目の前にしている舞台の『にわか雨~』とはどう違うのか、60もの応募のなかからみごと最優秀賞に選ばれた作品であるのに、それほど書き直しを繰り返す必要があるのはどういうことなのかという素朴な疑問がわいてくるのである。
 公式サイトには5人の選考委員すべての講評が掲載されている。それを読むと、「その戯曲が上演に適しているか」が選考の大きな基準であると察せられる。戯曲は小説や詩とはちがい、俳優の声をからだを通して立体化され、それをみる観客の存在を必要とするものであるし、この戯曲賞の主旨を考えれば、実際の上演を視座にいれた選考になるのは必然であろう。
 稽古の段階で練り上げられ、より精度の高い作品になる可能性が感じられる点で評価されたとも受けとめられるが、「この戯曲をぜひ舞台にのせたい、客席と共有したい」という意欲が掻きたてられた作品であるかが重要ではないのか。

コメント

因幡屋の4月はまだ静か

2012-03-26 | 舞台

 因幡屋通信、えびす組劇場見聞録の次号締切がひたひたと迫る時期でもあり、4月の観劇本数はまだ少なめで静かです。いやそうでもないか。

モナカ興業#11『ファウスト』(1,2,3,4,5,6)
 いつも新作を楽しみにしているモナカがゲーテの『ファウスト』≪第1部≫の混沌に挑むとのこと。公演チラシには「ハインリヒ、わたし、あなたが怖いわ。2012年、春、新宿」などと書かれて、まったく予想がつかない。
 モナカ、あなたが怖いわ。
かもめマシーン『パブリックイメージリミテッド』(1)
 3月24日付朝日新聞に「暗い心 つい読むイヤミス」の記事があった。嫌な気分になるミステリーを「イヤミス」といい、湊かなえの『告白』が先駆けだそう。「震災直後は『絆』や『癒し』を求める風潮が強まったが、時間が経ち、社会が一つの方向だけに向かうことに閉塞感を感じる人に選ばれているのでは?」書評家・大矢博子さんのコメントが興味深い。
 演劇について考えれば、鵺的(ぬえてき)の高木登(1,2,3,4,5)や、エレファントムーンのマキタカズオミ(1,2,3,4,5,6,7)の作品に、どうしようもなく惹かれる気持ちに似ているのだろうか。
 かもめマシーンの萩原雄太には、両者とも違う方向性を感じている。
ウンプテンプ・カンパニー第十一回公演『春を忘るな』
 昨年の公演が、劇評サイトwonderlandのクロスレヴュー挑戦編において賛否両論巻き起こした由。
*国立劇場 通し狂言『絵本合法衢』(えほんがっぽうがつじ)
 昨年3月の公演が震災後中止になり、残念でたまらなかった。再びの春がきて上演の運びになった。十五代目片岡仁左衛門が爛熟期の江戸歌舞伎、悪党二役に挑む。
*幹の会+リリックプロデュース公演『王女メディア』 
 平幹二朗が挑む最後のメディア、自分がみるのはこれがはじめてである。
パラドックス定数『HIDE AND SEEK』(1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14)
もうぜったいにはずせないパラ定の公演だ。チケット予約から代金振り込みの案内、振り込み確認からチケット発送まで、いつもながら行き届いた制作の姿勢には頭がさがる。優先予約のノベルティグッズも毎回楽しみだ。前回の『戦場晩餐』でいただいた可愛い蓮華は、描かれていた「ぱ」の字が消えてしまって悲しかったが(苦笑)。
こまつ座第九十七回公演『闇に咲く花』(1,2,3,4,5,6,7,8)
 本作はテレビ放映と生の舞台を1回ずつみている。
猫の会番外公演『12匹の由緒ある猫たち』
 これまで何度も公演チラシを手にしながら、なかなか足を運べなかった北村耕治主催のカンパニーにようやくお目もじがかなうことになった。今回は相馬杜宇(あいばもりたか)の戯曲を、劇団フライングステージ(1,2,3,4,5,6,7,8,9,10) の関根信一が演出する。

 

コメント

wonderlandクロスレヴュー挑戦編 パセリス第九回公演『あたりまえのできごと』

2012-03-22 | 舞台

 劇評サイトwonderlandのクロスレヴュー3月挑戦編パセリス第九回公演『あたりまえのできごと』に参加しました。
*佐々木拓也作・演出 公式サイトはこちら 王子小劇場
 ★数の評価方法に、まだ慣れておりません。舞台によって最高の5つ★から消去法のときもあれば、加算法にもなる。微妙な印象を表現するために、たとえば★★☆(2.5)としたこともありますが、いまはやめています。★2つか、3つにするかにはどこかで決断しなければなりません。★ひとつ、あるいは無★とした場合、文字通りの酷評、評者の不平不満に終始しては、読んでいてあまり楽しいものではなくなります。
 ★が少ない=おもしろくなかった 多い=おもしろかった を超える何かが400字のコメントで展開されているとき、レビューは批評として自立し、舞台をみる楽しみをより立体的にするものとなると思っています。
  今回のご参加はありませんでしたが、実は以前から★数が少ないときの藤原ちから(プルサーマル・フジコ)さんのコメントがいつも楽しみでして(こらこら)、★数の根拠が明確明晰で大変興味深く、自分はよし読むぞという気持ちを掻き立てられるのです。

コメント

クリニック・シアター2012 ザ・ピンター・ツアー2『Black&White』

2012-03-20 | 舞台

*ハロルド・ピンター作『レヴューのためのスケッチ』より、『インタヴュー』、『そこがいけない』、『ブラック・アンド・ホワイト』 山登敬之構成・演出 都内某所のクリニック 25日まで
 このシリーズは2010年の晩秋にはじまり(1,1')、今回が2回めとなった。旗揚げから続けて出演の松尾伸彌、志満しまこ、山登敬之に、今回は新しく川上智帆、大江雄一、犬蔵犬子が加わった。観客は5~6名の無料公演。クリニックの待合室→奥の院長室→となりの談話室と俳優とともに移動するツアー形式、ひとつの作品を違うバージョンで上演する構成は前回と同じである。
 初日直前の稽古で松尾伸彌が怪我のため休演し、山登、大江氏が代役をつとめることになった。出演俳優が観客の誘導、照明や音響スタッフも兼ねているため、ひとりが欠けるとすべての段取りが変わることになる。3月はじめに稽古場を見学させていただいて、松尾氏の出演を楽しみにしていた者としては非常に残念でもあり、当日の進行が心配でもあったのだが、みごとに対応されてピンター・ツアーは滞りなく進んだ。

 もっとも興味深かったのは、3本めの『ブラック・アンド・ホワイト』である。この作品は、ピンターが描いた同じ題名の散文の短編をもとになっている。ある老婆がほとんど毎晩のように終夜バスにのり、ブラック・アンド・ホワイトという明け方まで営業している軽食堂に入る。彼女はそこで友だちとよく一緒になる。深夜から朝にかけて、老婆がつぶやく店の風景の点描とでも言おうか。老婆はホームレスに近い境遇で、過去には売春をしていたらしいことも匂わせる。しかしべたついた情緒はなく淡々として、それだけに滑稽で、寒々とした寂寥感も。

 さて今回のクリニックシアター版『ブラック・アンド・ホワイト』は待合室で上演された。観客は奥の談話室から狭い通路を通してそれをみるのである。劇世界は遠く小さいのに、ふたりの老婆の他愛のない会話を偶然聞いているかのような臨場感とともに、観客のいるところと劇世界の時空間が近いような遠いような、不思議な感覚に襲われた。古民家やカフェなど、ほんらい劇場でないところで演劇をみるのはこれがはじめてではないが、多くの場合小さな空間で演技エリアと客席の境目が混在することや、文字通り互いの息づかいや体温までもが感じられる密接な状況を味わうのが常である。
 それを、小さな空間を敢えて観客から遠く引き離したのだ。ふたりの老婆をまるで遠景のように眺めるのである。こういう見せ方があるとは想像していなかった。
 結果として、前述のような不可思議な遠近感が生まれた。とくに老婆たちがこちらをみつめて静止し、のんびりとした音楽が流れてきたとき、あたかも客席の自分たちが彼女たちの風景になったかのような錯覚を覚えたのであった。

 「あなたの職場に演劇を!あなたの仲間と演劇を!あなたの老後に演劇を!」
 クリニックシアターの提言は、今回も当日リーフレットに記されている。
 プロ、アマチュアの垣根なく、商業的なものとは違うスタンスの試みである。演劇の可能性がいろいろなところにあることに気づかせ、戯曲の違う顔を知ることができるクリニックシアターの存在は貴重である。
 この試み(企みでもある)をどう広め、深めていくのか。次回はその点に注目したい。

コメント

文学座3.4月アトリエの会『父帰る』『おふくろ』

2012-03-20 | 舞台

*菊池寛作『父帰る』 田中千夭夫『おふくろ』 江守徹演出 公式サイトはこちら 信濃町・文学座アトリエ 4月2日まで
 「日本語をみつめ直すことで現代劇の原点をもう一度見据え、家族をみつめ直すことで日本人の心のありようとみつめる家庭劇二題」(公演チラシより)
 「どうしたら台詞だけを際立たせ、観客の想像力を刺激する舞台になるだろうか?そして尚且つ古典の名作戯曲としてではなく、現代人として描きたいとしたら?」(文学座通信より 演出の江守徹の文章)
 上演の意図、演出家の目指すところが、ここまで鮮やかに示されている舞台に出会えることはめったにない。舞台は壁も床も真っ黒で、登場人物も黒を基調とした現代的な服装、家具調度類も最小限のこしらえだ。

 舞台美術はじめ、服装や髪形、小道具に至るまで綿密な時代考証のもとにしっかりと綿密に作られる作品を、敢えてすっきりとシンプルなものにした場合、そこに作り手のエゴが感じられることは少なくない。みるがわとしても、「この抽象的な舞台美術には何の意図が?」「全員が黒服なのはなぜ?」と、意味や意図を探ることに神経が行ってしまい、いちばん肝心なもの、台詞を聞き逃してしまいがちだ。
 今回は作品と演出意図のバランスがみごとで、それに応えた俳優も古典作品に手なれた安定感だけでなく、新鮮な印象があって楽しむことができた。常日頃から日本語の美しい台詞を的確に客席へ届けるという意識をもち、鍛錬を続けていらしたことの証左であろう。

 とくに今回は『父帰る』、『おふくろ』のりょうほうに息子役で出演した植田真介が、堅実ななかに、まさに現代に生きる青年の息づかいを感じさせて好ましい。
 また忘れてはならないのは、これもりょうほうの母親役を演じた南一恵だ。『父帰る』では辛抱強く、放蕩な夫を家族に迎え入れるために息子に頭を下げるほど愛情深いすがたを、『おふくろ』では気をもんでばかりで子どもたちを辟易させるすがたを、まるでひとつながりの物語のように自然にみせていたことだ。

 大雑把な言い方をすれば、2本とも大変短いうえに、どこに作品の肝があるのかつかみにくい作品だ。『父帰る』は題名そのとおりの内容であるし、『おふくろ』もそのものずばりである。しかしどちらにも深い余韻が感じられて、自分は好きである。
 地味な企画だ。出演する俳優さん方も、失礼ながらいわゆる「スター性」や「華」のあるタイプではない。しかし舞台をみながら、「自分は非常に贅沢な演劇体験をしている」という実感をもった。ふと立ち寄った小さな庵で、丹精込めた料理と行き届いたもてなしを受けた幸福感と言おうか。しっかりと心身の滋養になり、からだじゅうの細胞が生き生きしてくるのである。

コメント