因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

モズ企画 韓国新人劇作家シリーズ第一弾

2012-10-31 | 舞台

 公式サイトはこちら 新宿タイニイアリス 11月4日まで アリスフェスティバル2012参加
 韓国の短編戯曲3作品を一挙に上演する試みだ。当日リーフレットによれば、韓国ではいくつかの新聞社が新人作家を対象に文学作品を募集し、毎年お正月に「新春文芸」と冠して小説、詩、戯曲、批評の各部門の優秀作品を発表するのだそうだ。今夜初日を迎えた3つの戯曲は、その戯曲部門でここ数年の優秀作に選ばれたものであり、いずれも「家族」がテーマになっている。

①ジョン・ソジョン作 金世一翻訳・演出『秋雨』
 童謡作家だった男。妻と娘と幸せに暮らしていたが一家は離散し、再会したとき、妻と娘は見知らぬ男にからだを売る身になっていた。
②オ・セヒョク作 金世一翻訳 荒川貴代演出『パパのパパごっこ』
 公園で出会ったふたりの男。ひとりは解雇されたばかり、もうひとりは1年前から同じ身の上だ。大切な家族を心配させたくない。新米失業者はベテラン失業者に平静を装う演技指導を乞う。普通の男、普通のパパでいるためのおかしいけれども、ちょっと悲しいレッスンの様子。
③イ・ナニョン作 李知映翻訳 鈴木アツト(劇団印象/1,2,3,4 5,6,7,8,9,10,11,12,13)演出『一級品人間』
 一流の人間になるために、親がからだの一部を売り、その金で息子の脳をより優れたものと交換する。しかし息子は両親の思いどおりにはならず・・・。
 

 3作品とも作り手の熱意が満席の会場に伝わってくるものであった。しかし作り手の思惑が何であるのか、客席の筆者にはその方向性を受けとめかねるところがある。

 筆者は韓国語をまったく解さず、本公演の上演台本も読んでいない。したがって実際の戯曲がどのようなものであり、韓国語から日本語に翻訳される段階で、また演出によって戯曲がどのように立体化していったのか、どこまでが戯曲でどこからが演出なのかなどということはわからない。しかし俳優の発する台詞やからだの動き、劇の流れが受けとる者にとってしっくりするかしないかということは、本能的に感じるのである。

 何だかぎくしゃくした感じがする、耳や心にすっと入ってこない。
 この違和感が①『秋雨』で強くあったのは、冒頭「今日は給料日だから何でも奢る」という彼女に対して彼がリクエストしたのが、オムレツ、秋刀魚、松茸であった。ここで早くもつまづいたのである。「手料理を作るから、食べたいものを言って」という問いかけの答であるならまだわかるが、給料日だから奢るという状況に対してなら、もう少し違う答になるのではないか。戯曲にはこのとおりの台詞があり、それが韓国ではリアリティのあるものなのだろうか。またふたりの座る公園のベンチと、そこから見えるラブホテルの距離感、5人が死んだという猟奇的事件が起こった場所という空間の作り方と台詞の関係(ああ、これじゃわかりにくいですよね・・・)にも同様の印象をもった。
 物語の流れもそうとうに強引なところがあって、公演チラシには「貧窮して家族は離散」とあるものの、貧窮にいたる場面はなかったと記憶しており、急に離散して一気に妻、娘ともに売春婦になるというのは説得力に欠ける。
 舞台美術や俳優の台詞術、動きなどは抽象度の高いものであった。家族離散の悲惨なできごとを日常生活風とは違うタッチで描くことによって独自の劇世界の構築を試みたのかと思われるが、それが客席にじゅうぶん伝わっていたであろうか。

 ②はふたりの女優が男役とそれぞれの妻役を演じ分ける楽しいものだ。永井愛作・演出の『カズオ』を想起させる。パパもたいへんだが、ママもたいへんなのだ。しかしそれは互いへの思いやりや愛情があってこそ。ドタバタしながらも演じ分けはスムーズにすすむ。無理が生じたり、収集がつかなくなるところをみせる方法もアリだが。

 ③は人が人のからだや心を操作する横暴の末路が描かれる。ダニエル・キイスの『アルジャーノンに花束を』に似たところもあるが、もっと猟奇的で陰惨である。戯曲の構成や完成度、テーマ性は3作品のなかでもっとも明確なものではないだろうか。
 しかしこれはどの舞台にも感じたことなのだが、俳優の演技のテンションが非常に高いのだ。そこに人生の悲哀やコミカルな雰囲気、狂気をみせたかったのかとも思ったが、受けとるがわとしては困惑した。その演技の強度が、この作品のこの役に、この状況のその台詞にどうしても必要なものなのか。
 映像中心の活動であったり、観世榮夫に師事したキャリアがあったり、鈴木忠志、宮城聰演出作品への出演があったり、ベースの異なる俳優たちがひとつの作品を作り上げる過程において、作品ぜんたいのバランスを考えた上での演技の強度、方向性が必要ではないか。

 ①が50分、そこで10分の休憩がはいって②が50分、もう一度5分の休憩があって最後の③が48分だ。初日の今夜は開演が遅れたこともあって、すべての上演が終わったときは22時30分ころであったか。2時間を越える作品を鑑賞するのに、椅子の大きさや空調など、タイニイアリスの観劇環境は正直なところつらい。休憩が2度あるとはいえトイレの数は少なく、とくに2度めの休憩は5分しかないので、ほんのひといき入れることしかできない。このあたりはもう少し何とかならないか。3作品の一挙上演が本公演の目玉ではあるが、50分というのはかなり長尺であり、すべて観劇するには2回足を運ばなければならないにしても、2作品ずつの組み合わせのほうが、観客の体力や集中力からすれば、もう少し楽に観劇できる。

 疑問や不満の多い記事になったが、自分は今夜の公演が実現し、3つの劇世界に出会えたことが嬉しい。領土問題で険悪な情勢になっている日韓が演劇によって交流していることは大きな励ましであり、希望である。これからもねばり強く続くことを願っている。

コメント

因幡屋の11月は

2012-10-31 | お知らせ

 本日10月31日夜からの予定。
モズ企画 韓国新人劇作家シリーズ第一弾 アリスフェスティバル2012参加
 ジョン・ソジョン『秋雨』、オ・セヒョク『パパのパパごっこ』、イ・ナニョン『一級品人間』の3作品の同時上演。『一級品人間』の演出は、劇団印象の鈴木アツト(1,2,3,4 5,6,7,8,9,10,11,12,13)。
二兎社第37回公演『こんばんは、父さん』
 題名を聞くと、2001年春に初演された『こんにちは、母さん』をすぐに思い起こす。最終場で母親の加藤治子とひとり息子の平田満の対話にはずいぶん泣いたな。最新作の父親役は平幹二朗!この方が舞台で日常的な台詞を言うのを聞いたことがないのである。少しこわごわ。
オクムラ宅『新美南吉の日記』(1,2
 久しぶりのオクムラ宅公演の会場は世田谷区下馬の「土間の家」。はじめての場所で夜道を歩くのは心配だ。やはりバスを使いましょう。
ハイリンドvol.13『エキスポ』(1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12) 
 加藤健一事務所公演でみた演目だ。文学座の高橋正徳が文化庁在外派遣先のイタリアから帰国後初の演出となるのも楽しみ。
メリーさんの羊を上演する会 『メリーさんの羊』
 昭和の名優中村伸郎から駅長役を受け継いだ後輩の三谷昇が、自身が80歳になったのを機に本作の上演に区切りをつけるとのこと。自分自身も別役実作品のなかでいちばん好きな舞台である。3日夜のスペシャルイベント「中村伸郎とメリーさんの羊」に行く。
*架空の劇団×渡辺源四郎商店合同公演『震災タクシー』
 9月に青森で幕を開け、愛知、岩手、東京、福島で上演される。まさに走り続けるタクシーのごとく。
トム・プロジェクトプロデュース 『欺瞞と戯言』
 このところぶっとばす勢いの中津留章仁の作・演出。
*新国立劇場 『るつぼ』
 十数年前に劇団民藝の公演やウィノナ・ライダー主演の映画などもみたが、今回は水谷八也の新訳で、上演時間は3時間45分とのこと!ほとんど一日仕事だな。
シンクロ少女ギャラリー公演 『オーラルメソッド2』(1,2,3,4)、
 東中野レンタルスペースで短編2本立てを上演。
*ワーサルシアター企画公演 みきかせプロジェクト「大吟醸マテリアル」
*こまつ座&ホリプロ公演 『日の浦姫物語』
 1978年に文学座で杉村春子によって初演された作品が、井上ひさし生誕77フェスティバル第七弾として大竹しのぶと藤原竜也の共演で蘇る。

 これでようやく月のなかばである。ちょっと多過ぎないか。
  しかし減らせない。

コメント

ガラス玉遊戯vol.6『星読み騙り』

2012-10-27 | 舞台

*大橋秀和脚本・演出 公式サイトはこちら 下北沢「劇」小劇場 28日で終了(1,2
 前回から少しあいだがあいてしまったが、これで3度めのガラス玉遊戯となった。最新作の舞台は、保険金不払い問題などで業績が落ち込んでいる生命保険会社の営業所である。生保レディーたちの話題の中心は「占い」だ。生保レディーのひとり日下(龍田知美)の占いがとにかくよく当たると評判がよいばかりか、彼女の営業成績も急上昇を続けているというのだ。日下に占いをねだるもの、醒めた目で傍観するものもいる。売上不振に悩む営業所に新しい上司海老名(宮崎雄真)が訪れ、営業員に一冊の名簿をわたす。他社の顧客リストで、これをみながら自社の商品に契約転換するよう、かたっぱしからアプローチせよというのである。どんなルートで入手した名簿なのか、ルール違反にならないのかと不安にかられたり、疑問を口にする営業員たちを、海老名は巧みに誘導して丸めこみ、業務を遂行させようとする。

 これまでの作品は基本的にひとつの場所をリアルに設定し、さまざまな背景をもつ登場人物を丁寧に描きわけ、台詞ひとつひとつからふたりの人物の対話を、複数の人物による議論を誠実に積み重ねてゆく堅実な作風が印象に残った。しかしそこが同時に演劇をしっかりみたという確実な手ごたえにはあと少し及ばないところでもあり、よくできたテレビドラマ風にこじんまりとまとまっていて、なぜこの内容を、作り手も生でみるほうも生の一回勝負である演劇を手段にしたのかがわかりかねるところがあったのだ。

 こうなってみると前作『沈み愛』を見のがしたのが残念でならないが、作者の大橋秀和に大きな転換期が訪れているのではないか。少なくとも筆者はこれまでみたふたつの舞台とは違う、作者の新しい面をみた。たとえば本作にヒール的な役割で登場する上司の海老名、気弱な顧客の太田(林剛央)である。どちらも登場してほんの二言三言台詞を言うだけで「こういう人はいるなぁ」と納得させてしまう強烈な現実味があるのだ。それは往々にして平凡な人物に落ち着いてしまうこともあるのだが、この舞台ならではの重要な役割を果たしている。
 前者はいかにも百戦錬磨の営業指導者らしい自信に満ち、くだらないギャグや自虐ネタで部下たちから陰口を言われながら、おそらく彼自身はそんなことはじゅうぶん承知の上で自己演出しているのであろう、いつのまにか彼女たちが自信を失くしているところ、悩む心のすきに入り込んでいるのである。終幕に部下を罵倒する場面ですら、彼はここで本性をあらわしたわけではなく、生保レディーたちが束になって歯向かおうとびくともしない、いわば「実社会の壁」であることを感じさせる。   
 宮崎雄真はオクムラ宅公演『かもめ』の売れっ子作家や、日本のラジオ公演『パイ・ソーセージ・ワイン』(屋代秀樹 作・演出)でのゲイ役の印象が強く、今回のようにスーツ姿のつとめ人をみるのははじめてだったが、「いかにも現実にいそうな人」に収まらない造形をみせていた。
 林剛央もミナモザやシンクロ少女における地味だが手堅い演技は今回も同じであるが、会社の方針と自分の良心のあいだで揺れ動く生保レディ桐子(齋藤友映)の心象を照射する役割をしっかりと果たしている。

 先日みたモナカ興業の『旅程』を思い出す。ここにも正義感が裏目にでて仕事に失敗する女性が登場する。舞台の作り方は大きく異なるが、『旅程』と今回の『星読み騙り』を同時期にみることができたのは幸運であった。「がらだま通信」において作者の大橋は、「具体的な日常の風景を題材にすることが多いが、美術や空間演出はどんどん抽象度を上げている」と語っている。具体と抽象のバランスをどうとるかは舞台つくりのむずかしさでもあり、醍醐味でもあるだろう。両者を楽しみつつ、独自の劇世界を構築することを期待している。この記事では作者の新しい面をじゅうぶんに記したとは言えないのが残念。課題にさせてください。         

コメント

ハーフムーン・シアター・カンパニー『誰もいない国』

2012-10-25 | 舞台

*ハロルド・ピンター作 喜志哲雄訳 吉岩正晴演出 公式サイトはこちら シアター711 28日で終了
 1975年に演劇企画レ・キャンズとして設立され、1989年にいまのハーフムーン・シアター・カンパニーと改称したこのユニットは、キャリル・チャーチルの『トップ・ガールズ』を皮切りに、「英国若手劇作家シリーズ」をはじめとして現代英国演劇新作の上演に力を注いでいる。HPの過去上演歴をみると、あまり上演の機会のない作品が続々で、これがようやく初見となった自分は反省しきりである。

 筆者がこれまでに観劇したピンター作品の記事はこちら(1,2,3,4,5,6)。
 社会人演劇と銘打って試みと企みに満ちたクリニックシアターは別として(第1回,第2回)、もっとも楽しんだのが喜志哲雄先生によるピンター作品についての講演会だという(苦笑)。いまやピンター作品の観劇前後に喜志先生の『劇作家ハロルド・ピンター』を読むのは欠かせないが、この本を読むのと同じくらい、それ以上のおもしろさを実際の舞台から受けとったことがないのである。以前も書いたことだが、本末転倒だなぁと。
 しかしだからといって「みるのはこれでやめにしよう」とは一度も思わないのがピンターの不思議、自分にとっての楽しい謎なのだ。

 『誰もいない国』は、出会いのきっかけや、なぜここに一緒にいるのか、ここがどういう場所であるのか、過去の背景や現在の関係性、力関係がよくわからない男性たちによる芝居である。
 彼らはウォッカやウィスキーを盛んに飲みながら、饒舌に話す。しかし観客の疑問を解く糸口はみえてこない。人物によってはそうとうな長台詞もあるのだが、何かを説明し、観客に状況を知らせるものとは違い、とくに若松武史が演じるスプーナーの台詞が(これは酒に酔って呂律がまわらなくなっているのかとさえ思ったのだが)聞きとりにくい。集中がとぎれると次第に眠気に襲われる。
 喜志先生は、「テクストを丁寧に読むなら、人物たちの心理を辿るのはそれほど困難な作業ではなくなる」と書いておられる。なるほど戯曲は何度も読み返すことができるが、目の前の上演は一度きりである。何度もみることは不可能ではないけれども、ほとんどの場合、観劇は一回勝負だ。今回は文字通りの「完敗」であり、再挑戦の機会が訪れることをひたすらに願っている。

 舞台『誰もいない国』には難儀したけれども閉口してはいないし、これで終いだとも思っていない。ただ本公演における開演前のアナウンスにはいささか疑問を呈するものである。携帯電話の電源を切ること、途中休憩があることなどなど内容はふつうなのだが、あれこれとギャグを連発し、それじたいはおもしろかったが、本作の開演を待つ劇場の雰囲気には著しくそぐわないものであった。どうしてこういう趣向にしたのか。それが初ハーフムーンの最大の謎である。

コメント

劇団山の手事情社『トロイラスとクレシダ』

2012-10-25 | 舞台

*ウィリアム・シェイクスピア原作 安田雅弘構成・演出 公式サイトはこちら 東京芸術劇場シアターウエスト 28日で終了
 今年結成30周年を迎える劇団の公演を、今回がやっと初見となった。この夏上演された蜷川幸雄演出のオールメール(男性俳優のみで演じる)版は未見で、松岡和子による新訳の戯曲を読んだのみである。恋愛が絡んだ悲劇、抗争劇というのだろうか、戯曲はわりあいすぐに読めたが作品の核がいまひとつはっきりつかめない。劇場空間に立体化したものを早くみたくなった。

 ひとりの美女をめぐる大戦争を描いた本作を、構成・演出の安田雅弘は、人類がすでに滅亡したあとの廃墟に住みついた犬とカラスが争う趣向で描いた。ギリシャ側がカラスで、トロイ側が犬である。それぞれ黒と紫の衣装に羽飾り、毛皮を使った扮装で、からだの動きも鳥や獣を摸しており、ビジュアルとしては大変わかりやすく、手の込んだつくりである。

 人物の擬人化やさまざまに趣向を凝らしてあるところは興味深くみることができた。自分が違和感をもったのは俳優の演技、とくに台詞の言い方である。演劇の形式は山の手事情社が独自に作り上げたメソッドとのことだ。たとえば鈴木忠志によるSCOTや、三条会の舞台に感じる違和感に似ており、体質的に相性がよくないと言ってしまえばそれまでなのだが、90分に凝縮された舞台を楽しむに至らなかったことは残念であった。

コメント