因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

劇団ロ字ック第十一回本公演『荒川 神キラチューン』

2016-06-30 | 舞台

*山田佳奈作・演出 公式サイトはこちら 東京芸術劇場 (1,2,3,4,5,6,7
 まずはお詫びを。6月の観劇予定に掲載したロ字ックさんの過去記事のリンクが、途中からなぜか「みつわ会」の久保田万太郎作品公演になっておりました。初観劇の『鬼畜ビューティ』から、前回公演『鳥取、イヴサンローラン』までリンクを訂正いたしました。申し訳ありません。
 さて今回の公演は、2014年の第八回公演の再演である。上演したサンモールスタジオにおいて、2014年度最優秀団体賞、さらにこの年のCoRich舞台芸術まつり!2014春においてグランプリを受賞した。当時の観劇記事を読み直してみたのだが、実のところイメージがなかなか思いだせなかった。ここはむしろ初演との比較に終始せず、新鮮な気持ちで舞台に臨めると捉えた。

 ロ字ックの舞台の大きな特徴は、音楽の使い方だ。いや、「使い方」というより、音楽の関わらせ方というのか。演劇において音楽はとても重要な要素のひとつだ。どの場面でどんな音楽を聞かせるか、既成の曲にせよオリジナルにせよ、観客に絶大な影響を与えるからである。ロ字ックの場合、作・演出の山田佳奈がレコード会社のプロモーター、つまり音楽のプロをしていたという経歴があり、音楽へのこだわりは特別なものがあると思われる。ロ字ックでは、登場人物はしばしばマイクを持ち、台詞を歌う。それもミュージカルのように歌詞をメロディにのせて歌うのではなく、激情をぶつけるように。失礼ながら決して美しい歌声でも達者な節まわしでもない。その人物の心の底からの叫びである。この表現は強烈なエネルギーを発し、観客は否応なく劇空間に引きずり込まれる。

 このたびロ字ックは、東京芸術劇場シアターウェストに進出した。初演のサンモールスタジオに比べると舞台も客席も広い。小さな空間ではときおり息苦しくなるほどの上記の表現が、いささか拡散してしたかのような印象であった。シアターウェストは客席もゆとりのある作りなので、劇空間に巻き込まれるというより、距離ができてしまったのではないか。その反面、主人公が中学時代の場面で、担任教師と語り合うところなどは、二人の会話をじっくりと聴くことができた。初演でもとくに心に残ったシーンであるが、今回はとくに教師役のとみやまあゆみが、けたたましいやりとりが少なくない物語の中で辛抱強い演技で舞台を引き締めていた。出演する作品の性質や、与えられた役柄によって演技を変えるのは俳優として当然のことではある。しかしとみやまあゆみには「湿り気」とでも言おうか、独特の体温が感じられて、演じる人物、登場する場面、物語ぜんたいが複雑になり、より味わい深いものになるのである。

 次回本公演は来年1月、下北沢の本多劇場で行われるとのこと。劇世界を壊しながら構築し、自己愛ゆえに周囲も自分自身を傷つけていく。山田佳奈とロ字ックの闘い方が自分は非常に好ましいを思う。闘い方とは、作劇の手法であるとか、創作の姿勢ということなのだが、ここは敢えて物騒な表現を使いたい。そういうエールの贈り方をしたくなる舞台なのである。

コメント

猫の会ツアー公演 『ありふれた話』2016

2016-06-26 | 舞台

*北村耕治作・演出 公式サイトはこちら 新宿サニーサイドシアターの公演は26日で終了 猫の会公演および北村耕治作品の記事はこちら→(1,2,3,4,5,6)旗揚げ10年を迎えた猫の会が、咋年夏初演の『ありふれた話』をお土産に、大阪、東京、松本、仙台、石巻の5都市をめぐる初のツアーを行う。石巻では「いしのまき演劇祭」に参加、このささやかで不可思議な不倫旅行の物語が全国を旅すると思うと、何だか嬉しくなる。

 昨年夏の初演は池袋のスタジオ空洞で行われた。横に長い作りで、壁と床は白、演技エリアを客席が二方向からはさむ。対して再演の新宿サニーサイドシアターの空間はぐっと小さく、ぜんたいが黒である。客席は舞台と向き合う形で40席くらいであろうか。舞台中央の床に白いテープが四角い形で貼られており、そこが主な演技エリアとなる。白い椅子が数脚だけで道具類はない。出番のない俳優はそのそとで待機しつつ、列車の発車ベルや波音、かもめの鳴き声などの効果音を肉声で担当する。初演よりさらにそぎ落とし、俳優の演技から生まれるイメージを観客に想起させる舞台となった。

 親戚の集まりから帰宅する途中の冨田(山ノ井史/studio salt)は口をきく猫(菊池ゆみこ)に出会い、お守りのようなものを「取っておけ」と押しつけられる。さらに高校の同級生塩谷(高木充子/劇団桃唄309)に再会し、互いの心の赴くままに一夜をともにし、仕事をさぼって小旅行をする。泊まったはずのホテルが消えていたり、妙な生き物が見えたり、懐かしい親戚の一子姉さん(環ゆら)に会ったり。そして冨田と塩谷やお互いに相手の目の前から消える。

 冨田は会社の金を使い込んだらしく、このまま話が進むと非常にシビアな流れになりかねず、終幕で物語の主軸が塩谷に移ったことには正直なところ安堵した。と同時に、今度は彼女がどんな旅をするのか、新しい人物登場か、また誰か消えるのか・・・『ありふれた話』の続編が見たい!とにわかに心が騒いだが、物語の流れを追うことがこの作品の核ではないと思い直した。同級生の誰からも知られていない、つまりリアルな存在ではなかったらしい冨田だが、夫の不倫に傷ついた塩谷の心を慰めたことはたしかであり、冨田がいないとするとその親戚の存在もあやふやだが、これまた結婚で痛手を負った一子姉さんも彼との再会で救われたはず。わたしたちの現実には、目に見えないものの存在に慰められ、救われることがたしかにある。

 人間の存在も交わりの記憶も儚く、ありふれた日常には、非日常への裂け目というか境目があって、ふとしたはずみにそこに入り込む。現実にはありえないことを秘かに願う人の心の奥底を見つめること。それが本作の心映えではなかろうか。冷静に、けれど決して冷淡ではない作者・北村耕治の視点が感じられる佳品である。

コメント

劇団民藝公演 『炭鉱の絵描きたち』

2016-06-23 | 舞台

*リー・ホール作 丹野郁弓翻訳 兒玉庸策演出 公式サイトはこちら 紀伊國屋サザンシアター 26日で終了1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22

 映画『リトル・ダンサー』の脚本家リー・ホールの作品。1930年代から第二次世界大戦が終わったあとまで、イギリスの炭鉱町に生きる人々のすがたを描く。炭鉱労働者の画家集団である「アシントン・グループ」の実話がベースである。まったくの門外漢が、何らかのきっかけであることに興味を抱き、次第にのめりこんで人生が変わっていく様相というのはまことに演劇的だ。どんな出会いがあり、それまでの価値観をゆすぶられ、迷いながらあるいは猪突猛進に生きる様子、周囲の人々のとまどいなど、とても魅力的な題材である。

 絵画など見たこともない炭鉱の男たちのところに、若い美術教師がやってくる。炭鉱労働者の自己啓発、教養の取得のために作られた教室の指導者として、炭鉱会社に招かれたのである。知的エリート、ハイソな青年に対し、小学校を卒業してすぐ働きはじめた男たちは意識も感覚も大きくちがう。ぎくしゃくしたやりとりののち、「絵画を鑑賞する」から、「自分で描いてみる」に転換し、絵を描くようになった男たちがどのように変容していくのかを、第二次世界大戦をはさんだ世相の移り変わりとともに描く2時間15分である。

 第2場、彼らは版画の課題を提出し、つぎは絵具を使った絵を披露する。お互いの作品を容赦なく批評したり、それに弁明したり、教師が助言したりといったやりとりはなかなかおもしろい。しかしながらどうしても違和感が湧いてくる。彼らの作品というのが、どれもこれもみごとな出来栄えなのである。絵画などろくに見たこともなく、まして描いたこともないのに、どうして最初からこのような絵が出てくるのだろう。
 画材は持っていたのか、自分たちで新たに買い揃えるゆとりがあるとも思えず、ならばうちのなかにあるものを工夫して、あるいは何となく手にしたのか。デッサンや線描の練習をする場面もない。バラエティ番組「アメトーーク!」の「絵心ない芸人」の影響であろうか。自分は序幕で早くもつまづいた。

 自分たちで絵を描く体験が、今度は絵の鑑賞にどうつながり、両者によるどのような変化をもたらすかが次のポイントである。芸術の作り手であることと、受け手であること。相対する立場である。この点に関しても、抽象画に対して、仲間たちのなかでもすぐれた画才をもつオリヴァーが見事な批評を聞かせる場面があって、本作の見せ場のひとつである。しかしむしろそこに至るまでのプロセス、彼が心に浮かんだことをことばにしていくところを知りたいのだ。

 炭鉱で働く人々を描いた傑作として、ユネスコの世界記憶遺産に指定された山本作兵衛の炭鉱記録画がある。決して本作に山本作兵衛の英国版を期待するわけではないが、やはり彼らが示す達者な絵画や批評のことばの唐突感は否めない。このようなつまづきによる困惑を常に抱えながらの観劇となり、物語後半、前述のオリヴァーと、彼に経済的支援を申し出るブルジョア夫人、美術教師とのやりとりをじゅうぶんに受けとめられなかったのは残念であった。

  初日に観劇のはずだったのだが、1幕途中で劇場の火災報知器が鳴り、中断のあげく中止になって、仕切り直しの再観劇であった。作り手側はあらゆるトラブルを想定して万端の準備を整える。観客も体調を整え、遅れないように劇場へゆく。しかし人智を尽くしてなお防ぎきれないこういったハプニングも起こりうるわけで、無事に幕が開き、何事もなく終わるということは決してあたりまえではなく、何らかの力に守られた「奇跡」であることを思い知ったことで、長く記憶に残る舞台となるだろう。

コメント

九十九ジャンクション第3回公演 『平和な時代に生まれて-終わりなき道の標たち-』

2016-06-17 | 舞台

*八屋亨作 歌原鷲演出 公式サイトはこちら 下北沢/楽園 19日で終了(1,2
 旗揚げから土屋理敬作品を続けて上演した九十九ジャンクションが、このたび「九十九ジャンクション新人発掘プロジェクト」と銘打ち、新進劇作家の八屋亨の作品に取り組んだ。当日リーフレットに八屋自身に寄る本作執筆の詳細な経緯が記されており、こんなことが現実にあるのかと驚くばかり。

 まず八屋は、2015年に起きた政治の行方に、多くの人々が政治に関心を持ち、さまざまな意見を交わしあったと振り返る。その折々に、「一国のリーダーが多用する言葉の使い方に私は、引っ掛かるものを感じずにはおれませんでした」と。それは「積極的平和主義」なる言葉であり、どうすれば、「積極的」なる形容詞をすけるにふさわしい平和実現と呼べるのか、一個人でできることは何なのかを考えていた。

 八屋は夫婦で飲食店を営んでおり、「前々から常連さんとして食べにきてくれていた劇団の大竹さん(注:九十九ジャンクションメンバーの俳優:大竹周作。所属は演劇集団円)が、九十九ジャンクション第一回公演、土屋理敬作『本間さんはころばない』のチラシを持って現れました」とある。演劇集団円が劇団としてよく利用しており、そのメンバーである大竹さんが、という意味であろうか。「(大竹さんが)役者である事もそれまで知らなかった」とあるから、店ぐるみで劇団を応援し、店内にチラシやポスターが掲示されていたり、「チケットの半券を提示するとドリンク1杯サービス」などのタイアップがあったりするわけではなさそうである
 九十九ジャンクションに「小生は勝手に何か誘われている様な気がして、演劇という形を使ったら、上手く妄想を具現化し、問題提起できるのではないかと思い」、「次第に親交が始まっていきました」と話はすすむ。「少しは好きで観ていたお芝居ですが、全く舞台のイロハなど分からず」という八屋は、それでも一応あらすじだけは書き上げた。大竹は、「時間はたっぷりありますから、是非一人で書いてみてください」。「結果、助力を得ながら、なんとか拙いなりに台本を書きあげることができたのも、あの一枚のチラシから始まった『思い込み』からでした」とある。

 八屋亨は演劇を見ることは好きでも、劇作の経験はなかった。しかし前述のように社会的、政治的な関心が強く、それをどのような行動をもってすれば、実現できるのかを模索していた。その意識に、九十九ジャンクションの第一回公演チラシを見たこと、大竹周作との語らいが次第に「戯曲執筆」という、本人にとっては想定外の行動につながったと理解した。

 劇作家になるためには講座の受講や学校での学び、先輩劇作家への私淑、戯曲コンクールへの応募など、その人によって必要なステッップはさまざまである。だがそのなかでも八屋亨のケースは非常に珍しいものであろう。八屋氏ご本人には大変な労苦があったと察せられ、ひとりの劇作家の、まさに生みの親となった大竹周作の慧眼、忍耐などを想像すると、どこにでもあるエピソードではない。

 はじまった物語はいまから20年後の2035年。集団的自衛権の行使容認によって、自衛隊の海外での活動により多くの死傷者が出たことで、志願者が減り続けている。時の与党・民自党は、20代の若者を中心に「徴兵制、兵役義務」の必要性を説き、高齢者層からの支持を受けている。
 舞台はあまり偏差値の高くない大学の政治研究サークルの部室。卒業生からは国会議員を輩出したり、政治家である父親の後継をのぞまれている学生が在籍しているサークルに、会社をリストラされたのち、一念発起して大学に入学してきたという中年男性・佐久間(椎葉よしひろ)がやってくる。はじめは学生たちの冗談ののりだったが、「積極的平和党」を名乗って国政選挙に出馬することになる。彼らが提案する政策は、20代のうちに2年間の軍事訓練義務を、40歳から60歳までの中高年が派遣地状況によって徴収される戦地兵役義務を負うというものだ。

 素人同然の積極的平和党のメンバーを、サークルの先輩である国会議員は冷笑する。しかし徴兵制の影響をまともに受ける若者世代から強い支持を受け、佐久間は当選。サークルの学生たちも4年後には出馬して政治家となり、政界で強い影響力を持つようになった。

 まるで夢のような話だが、佐久間という男性には妙な勢いがあり、あれよあれよという間に「当確」を出してしまう件、先輩議員や大御所的政治家が事務所にやってきて、法案提出に絡んでの根回しをするやりとりなど、政治の現場に出て知恵も知識も身につけた若者たちと、手練れの政治家が議論する場面にも見ごたえがあり、とてもはじめて戯曲を書いた人の作品とは思えない。

 本作のキーパーソンは、学生でも政治家でもないのに勝手に事務所に出入りしはじめるなぞの中年男性・松岡ゴロー(大竹周作)である。物語後半において、彼が何者か、何の目的でやってきたのかが次第に明かされていくあたりは、土屋理敬ばりの痛々しいサスペンスの様相を呈してくるが、わりあいあっさりと回収され、そこからさらに20年後、つまり現在から40年以上あとの場面で幕となる。

 2050年代、日本はどんな国になっているのだろう。自分はこの世に存在しているかどうかもわからない。自分の生きる国の行く末、子どもたちの未来ということは、自分が死んだ後の世の中といってもよい。それに対して、どこまで真剣に心を注ぐことができるのか。中高年になったかつての大学生たちが、世界のどこかの紛争地(といっても激烈な戦地ではない)に派遣され、昼食をとっている場面は、いささかとってつけたようではあるが、これがいまを基準にして考えられるぎりぎりでもあり、逆に一種のファンタジーとして受け止めることもできる。
 九十九ジャンクションの新人劇作家発掘プロジェクト第1弾。上々の出発ではなかろうか。

コメント (3)

楽園王創立25周年記念公演 『楽屋』

2016-06-10 | 舞台

*清水邦夫作 長堀博士演出 公式サイトはこちら サブテレニアン 12日で終了
 『楽屋』をはじめてみたのは、1992年夏、群馬県前橋市での「とろんぷるいゆ」旗揚げ公演であった。その後、1998年9月、ベニサン・ピットでのT.P.Tフューチャーズプログラムより鈴木裕美演出の舞台、もっとも近い観劇では、2009年6月上演の海千山千プロデュース、西沢栄治演出の『楽屋』がある。今年の5月には梅ヶ丘BOXにおいて、18の劇団が競演する「楽屋フェスティバル」が開催され、とろんぷるいゆが参戦している。これを見のがしたのは非常に残念であった。

 さて楽園王は、これまでさまざまな公演の折込のなかに何度もチラシを目にしてきたが、あとひと息観劇のアクションを起こせなかった。何らかの理由があって避けたり保留にしているわけではなく、おそらくべつの公演と期間が重なっていたりして、機会を逃していたのだろう。今年で創立25周年の今年は「祝祭」の意味と、次への「布石」として、合計8本の上演を予定しているという(サブテレニアンの10周年記念月間公演リーフレットより)から、これはすごい。

 舞台における音楽は非常に重要であり、ときに舞台そのものよりも強い印象を観客に与えることがある。たとえば新感線では開演直前に、あのビートの効いたおなじみの曲がおなかの底にずしんと響くような音量で流れる。これを聴くと、「いよいよはじまる」と観劇前の気分はますます高揚する。カーテンコールも非常に盛り上がり、何度もアンコールののち、「もうそろそろお開きかな?」と感じるあたりで、テンポの良いエンディングの曲で幕となる。選曲のセンス、タイミングなどの使い方、いずれも巧みである。
 サブテレニアンは床も壁も黒く、喧噪よりも沈黙が似合う空間である。今回客席は舞台に向かって2列のみ、いつにも増して鎮まりかえっている。テーブルに椅子、洋服掛け、鏡を思わせる白い枠がいくつか置かれただけの舞台には、「演じる」ことに憑りつかれた女優たちの登場を不気味なまでの静けさで待ち構えている。客席も息をひそめざるを得ない空気だ。

 と、そこにサイモン&ガーファンクルの「冬の散歩道」が流れ、劇場上手の壁には出演女優たちの顔が次々に映し出される。この「冬の散歩道」を聴くと、TBSドラマ『人間・失格』がすぐに思い浮かぶ。子どものいじめや自殺などがこれでもかというくらい陰惨に描かれたドラマにはなじめなかったが、激しく狂おしい感情のたぎりを懸命に歌っているこの曲には好ましい印象がある。それをまさか楽園王、『楽屋』で聴くとは。

 意外なオープニングであったが、これからはじまる舞台への期待が一気に高まり、1時間30分を集中して観劇するのに、非常に効果的であった。演出の長堀博士は「言葉の意味や内容より“音”に注目し、様式美にこだわった作品作りをする」とのこと(上記リーフレット)。さらに『楽屋』は、当初2011年春に上演を予定していたが、3月11日の東日本大震災で、「この時期は演劇の時期ではない」と判断して中止にしたいきさつがある。「中止を余儀なくされた」のではなく、増して、「こんなときだからこそ演劇ではないか」と多くの演劇人が奮い立ったあの時期に、「そうではない」と判断した長堀の良識と感覚を、もっと知りたいと思う。

 『楽屋』は、『かもめ』の楽屋が舞台である。四十を過ぎてニーナ役を演じる女優の楽屋に、その他大勢役しかできずに生涯を閉じたふたりの女優の幽霊が棲みついている。そこへ病気で降板した女優が「ニーナ役を返して」と枕を抱えて現れる。生きている女優、死にそうな女優、死んでしまった女優が三つ巴に繰り広げる「業」の物語である。華やかで自由と見える女優の世界の裏の裏、嫉妬や羨望、諦めなどが生々しく息づく本作は、時代は変わっても俳優という職業のある面の普遍性を描いており、なかなか「イタイ」物語だ。同業者はもちろんのこと、演劇に限らず仕事をする、生きていくうえで、志や希望がじゅうぶんにかなう人はごくわずかであるからである。

 「枕」の女優も病院で息を引き取ったらしく、霊魂として楽屋を再訪する。主役を演じられなかった女優たち3人が、『三人姉妹』の終幕の台詞を言う場面。台詞の「音」の面にこだわる長堀は、長女オリガの台詞を3女優の割り台詞に構成した。朗々と発せられる台詞ではなく、少しずつ重なったりずれたりしながら続く台詞は、目の前にいる3人だけでない、この台詞を言えなかった古今東西あまたの女優たちから発せられるようであった。

 暗転してカーテンコール。ここで再び「冬の散歩道」が流れる。何というか、「やられた」感覚である。この爽快な気分は何だろう?生きている女優は年齢に合わない若作りを嘲笑されようと、ニーナ役にしがみつくだろう。そして魂となった3人の女優たちは、生きている女優に小さないたずらをしかけつつ、死んでも生きつづけるであろう。みじめというより、むしろ天晴ではないか。清々しい心持ちの帰り道、楽園王デヴューが嬉しい一夜であった。

コメント