因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

龍馬伝最終回『龍の魂』

2010-11-28 | テレビドラマ

これまでの記事
(1,2345,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,2223,24,25,26,27,28,29,30,31,32,33,34,35,36,37,38,39,40,41,4243,44,45,46,47
 最終回は75分の拡大版。いつものオープニング音楽は流れず、画面には静かに「平成22年度芸術祭参加作品」の文字、土佐の桂浜に武市半平太はじめ、大勢の仲間たちが現れたので驚いたが、彼らが弾けるような笑顔で龍馬を祝福する様子を見て、「ああ、そういうことか」と納得。武市のあんな笑顔をみたのはこれがはじめてだ。みんな懐かしいなぁ。

 龍馬が暗殺される一日がじっくりと、しかし過剰に煽り立てるような作りではない。その後の日々や人々についても思ったより淡々と地味に描かれる。いったいどんな最終回になるのか、そわそわと落ち着かなかった心が画面に引き込まれ、鎮まっていく。幕末を駆け抜けた坂本龍馬がこの世の生を断たれた日も、長い歴史のなかの一日なのだ。大河ドラマの最終回はこれまでの登場人物オンパレードの回想場面続々のものが少なからずあるが、これほど静かで抑制された作りの最終回は珍しいのではないか。

 連続ドラマについて通しで記事を書くことを一度やってみたかったのが単純な理由であり、はじめてみるとおもしろい半面、常に追い立てられるように慌ただしい日々になってしまった。好意的に読んでくださった方があるのは大変ありがたいことだ。しかし一方で、テレビドラマ批評についてしっかりと勉強しているわけでもなく、その回のあらすじと多少の感想を思い浮かぶままひとりよがりに書いており、文章としてクォリティが低いことをやんわりとご指摘いただくこともあり、それは謙虚に受けとめたい。ブログは自分の記録であるが、ネット上に公開している以上ひとさまの目に触れるわけだから、読んでくださる方にきちんと手ごたえが伝わるものを書かなければならない。自分は演劇だけでなくテレビも映画も好きであるし、みたからには何か書いてみたい欲が出てしまうし、映像をみることから舞台に対して触発されることも多々あって、それはもっと慎重に行いたいと思う。因幡屋の龍馬伝は今夜で終わりです。お目よごしの記事におつきあいくださいまして、ありがとうございました。今年もあとひと月、心を引き締めて観劇と執筆に励みます!

コメント   トラックバック (1)

龍馬伝第47回『大政奉還』

2010-11-23 | テレビドラマ

これまでの記事
(1,2345,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,2223,24,25,26,27,28,29,30,31,32,33,34,35,36,37,38,39,40,41,4243,44,45,46
 山内容堂の書いた建白書によって徳川慶喜が大政奉還を決意、龍馬や海援隊の面々、中岡慎太郎は歓喜するが、幕府はもちろん薩摩藩の西郷吉之助や大久保利通は「坂本を生かしておいたのはまちがいだった」と渋い顔、長州藩の伊藤俊輔は怒り狂い、木戸貫治は「坂本くん」とひとことつぶやいて、ぞっとするほど冷たい表情をみせる。

 小さなことであってもそれまでのやり方を変えるのは大変だ。すべての人にとって最善の方法をみつけることはむずかしい。徳川幕府が政権を朝廷に返上する。250年も続いた武士の世の中が終わるというのは、具体的にどういうことなのか。人々の毎日の暮らしはどうなるのか。大きなことを成し遂げることはもちろん素晴らしいことだが、大変なのはむしろそのあとだ。思うようにならないこと、「こんなはずではなかったのに」と愕然とすることなど、想定外の事象が次々と起こるだろう。龍馬は「新しい日本の夜明けぜよ」と喜びを溢れさせるが、もし自分がその場にいたらと想像すると、喜びや達成感よりも不安と恐ろしさで足ががくがくするような思い。
 もし龍馬が暗殺されず、明治維新後も生きていたらどんなことをしたのだろうか。新撰組からからだを張って龍馬を守った勝麟太郎が、「おまえさん、これから何をする?」という問いかけはそのまま自分の問いであり、答が得られないことをわかっていてもなお、「そのあとの龍馬を知りたい」という気持ちを掻きたてられる。

 そのドラマの主人公が時代のヒーロー、ヒロインであることをしっかりと示す描写になるのが王道なのであろうが、慶喜の側近である永井玄蕃頭(石橋蓮司)に、龍馬は将軍が大政奉還を受け入れるように説得してほしいと直談判する。それも新撰組が警護する永井の行列に突然である。こういう単独行動をしては、土佐の参政後藤象二郎の面目をつぶすのではないかしら・・・と心配になるのだった。実際のところはどうだったのだろう。

 誰もが諸手をあげて大政奉還を喜んでいない、どころかそれを推し進めた龍馬をけしからん、邪魔ものだみなす空気が渦のように巻き起こる。龍馬を暗殺したのが誰であるのjか、史実はいまだ謎のままであるが、どの立場のものが狙っても不思議はない状況が描かれて最終回になだれ込む。

 龍馬伝が最終回を迎えるにあたって、テレビ雑誌や情報番組でもその話題を大々的に取り上げている。いささか賑やか過ぎないかと思うが、本日NHKのスタジオパーク生出演の福山雅治は浮つかず偉ぶらず謙虚に淡々と落ち着いて、大役を務め終えた安堵とともに貫録すら漂わせていた。自分も心を鎮め、最終回に備えましょう。

コメント

龍馬伝第46回『土佐の大勝負』

2010-11-15 | テレビドラマ

これまでの記事
(1,2345,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,2223,24,25,26,27,28,29,30,31,32,33,34,35,36,37,38,39,40,41,4243,44,45
 龍馬は故郷の土佐に戻り、家族と再会する。坂本家の家族は、「これから大殿様にお目にかかる」という龍馬のことばに仰天。姪の春猪は「龍馬おじちゃん、大出世だ」と叫び、兄の権平は「大出世?」と目をむく。下士である脱藩浪士が土佐の参政後藤象二郎と「同士である」こと、山内容堂に会うなど、家族にとっては青天の霹靂であろう。それほどわずか数年のあいだに龍馬は大きな変化を遂げたのだ。本人はもちろん、彼が交わったのはこれからの日本の行く末に大きな役割を果たそうする人物であり、その人々を巻き込んで国の仕組みを根本から変えようとしているのである。

 今回はもちろん、これまでの土佐の坂本家のシーンを思い返すと、龍馬はほんとうによい家族をもったと温かな気持ちになる。帰郷を聞きつけたのだろう、岩崎家の人々もやってきて宴になり、弥太郎の父母が息子に対してそれぞれの思いを龍馬に告げるところもほろりとさせる。おお、その弥太郎といえば、土佐商会を離れて独自の商売を始めようとしており、その彼に「いっしょに仕事をさせてほしい」と願い出る上士がいて、失礼ながら弥太郎の人柄や仕事のしかたに共鳴する人がいたとは、しかもそれが上士であるとは、何と奇特な方々であろう。これまでにそういったことを匂わせる場面は記憶になかっただけに驚いたし、嬉しかった。弥太郎、あなたは共に仕事をしたいという仲間を得たのだよ。余計なお世話だが、もっと態度や振る舞いを改めたほうが。

 龍馬に対してもっとも変わったのは後藤象二郎であろう。彼が登場すると、武市半平太や岡田以蔵を思い出して、つい「この拷問野郎め」と憎しみが湧いてくるのだが、今回後藤は山内容堂に対して、「坂本が妬ましかった」と血を吐くように告白する。男が、しかも名門の出で土佐の参政にある人物が、下士の脱藩浪士に対して嫉妬を感じていたことじたい、大変な悔しさであり、本人がいちばんそのことを認めたくなかったはず。その気持ちを乗り越えるのは今、この瞬間だ。悪役的な後藤が嫉妬心という、他人にはもっとも知られたくない気持ちを打ちひしがれながら吐露する場面に、この人もまた国の仕組みを変えるために、まず自分を縛っているものを断ち切ろうと力を振り絞ったことを知る。加えて山内容堂を演じる近藤正臣の空恐ろしいまでの凄みは福山の龍馬が霞むほど。得体が知れないとはこういう人物のことを指すのだろう。暴君と名君の両方の顔をもち、たやすく本心をみせない。

 龍馬が姉の乙女と話す桂浜の場面は、父が生きていたときに家族皆で龍馬が夢を語った日のことを思い出させる(第7回)。大変ベタな描写であるが、素直に「いい場面だなぁ」と思いたい。龍馬がこの世での人生を終えるまで、あと40日足らず。

コメント

龍馬伝第45回『龍馬の休日』

2010-11-07 | テレビドラマ

これまでの記事
(1,2345,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,2223,24,25,26,27,28,29,30,31,32,33,34,35,36,37,38,39,40,41,4243,44
 龍馬と妻おりょうが束の間の、そして最後の休日を過ごすひとときが描かれる。
 おりょう本人になのか、演じる真木よう子に対してなのか、この女性にどうしても好意的な気持ちを抱けない。知り合いからは、「誰が演ってもそうなんですよ」と言われた。否定しません。海援隊のメンバーからも、土佐の坂本家の人々からもあまりいい感じを持たれていなかったそうだから、そういう面では、今回のおりょうの配役、造形ともに当たっているということだろう。久しぶりに会えたのに、明日はもう土佐に向かうと聞いて、おりょうは三吉慎蔵に「席をはずしてください」と言う。夫と一緒に過ごせるのは今日だけなのだという気持ちはわかるが、だったらせめて「龍馬さんと二人きりにさせてください」とか、もっと柔らかく慎み深い言い方はできないものだろうか。自分は筧利夫演じる三吉さん贔屓なので、つい「恩人の三吉さんに向かってその言い方は」と思ってしまうせいもあるけれど。

 土佐の坂本家では龍馬から手紙で「嫁をもった」と知らされて大騒ぎになっており、中でも乙女の心中はまことに複雑なようである。冒頭のタイトルで役名が「坂本乙女」になっていた。婚家から戻ってきたのですね(苦笑)。大いに困惑しながら、それでもおりょうを弟の妻として受け入れようと格闘している乙女の様子は痛々しいような、微笑ましいような。

 すぐに戻ってくるから待っていろ。おりょうに言い置いて笑顔で出かける龍馬の姿がスローモーションになると、こちらの胸もざわざわと波立つ。もう帰ってこない。これが今生の別れ。

 龍馬はあの「怪物」山内容堂に大政奉還を進言するために土佐に向かう。下士の、それも脱藩浪士が大殿様と対決するのだ。現代でたとえるならどんな設定になるのかもうわけがわからないが、「龍馬伝」の第1回を思い出せばまさに奇跡のような出来事である。「龍馬暗殺まで、あとふた月」。弥太郎の語りによるカウントダウンがずしんと重々しく胸に応え、これしきのことに乗せられるなんてと思いながら、もう軽い動悸がしてくるのだった。

コメント

龍馬伝第44回『雨の逃亡者』

2010-10-31 | テレビドラマ

これまでの記事
(1,2345,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,2223,24,25,26,27,28,29,30,31,32,33,34,35,36,37,38,39,40,41,4243
 長崎でイギリス人水夫が日本人武士に斬り殺された。その武士が白袴を着ていたことから、海援隊に嫌疑がかかる。銃の買い付けがうまくいっていた矢先の事件だ。沢村惣之丞は奉行所に引き立てられ、弥太郎は商売の邪魔をされる。長崎奉行の隠密をしていたお元も巻き込まれ、遂にキリシタンであることが知られてしまう。

 お元を演じる蒼井優が若手女優のなかでも屈指の演技派であることもよくわかったし、龍馬がお元がなぜ身の危険を冒してまで異国の神にすがるのかを理解し、秘かにそれを守ろうとしていたこともすごいと思う。しかし史実はいったいどうであったのか。密航の手助けを、しかもそれは隠れキリシタンである。大浦屋のお慶も巻き込んで、大丈夫なのだろうか。いくら長崎一の売れっ子とはいえ、お元が外国で生きていく手立てはあるのだろうか。今夜の龍馬伝は疑問符だらけだ。龍馬暗殺まであと三月だというのに。

 そんななか、岩崎弥太郎が土佐藩から離れ、龍馬とも決別していよいよ独自のビジネスを始めようとする物語の副筋は、地味だがもっと注意して見守っていいだろう。雨のなかお元を探す龍馬に向かって、お前は疫病神だ、目の前から消えろと弥太郎は龍馬と目をあわさず言う。あの場面の弥太郎は、自分の商売の邪魔をされたことに腹を立てているだけではないと思えた。せっかくうまく一緒にやっていけそうだったのに、その関係を台無しにしてしまった龍馬への怒りがあるのではないか。武市半平太を窮地から救おうと、後藤象二郎の前で大芝居をやって再び土佐を去ろうとする龍馬に「嫌じゃいやじゃ」とすがりついた弥太郎の必死の姿を思い出すのである。また弥太郎は龍馬とは違う面でお元に対して理解を示しており、お元もそれに応えていたことが窺える。好意とも同情とも言えない複雑な感情で、同じ匂いのする者どうしであるという気持ちが裏切られた悲しみもあったのではないか。

コメント