因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

シンクロ少女#9『未亡人の一年』

2011-11-30 | 舞台

*名嘉友美作・演出 公式サイトはこちら 王子小劇場 12月4日まで
 本公演は、2010年10月に上演された『性的敗北』が同年佐藤佐吉賞最優秀脚本賞を受賞し、さらに同劇場の支援会員から「次回作もみたい!」という支持が最も多く寄せられた団体を1週間無料で招待する王子小劇場支援会員セレクト公演として実現したもの。
 シンクロ少女の舞台が高い評価と熱い支持を受けていることがわかる。
 初日を観劇した。

 劇場はいって手前がステージで、観客はその横を通って奥側に作られた客席につく。上手と下手にそれぞれリビングらしきセット、中央は畳敷きで座卓が置かれ、3つの異なる空間があることを示す。

 『未亡人の一年』。このタイトルといい、ほぼ全裸の女性のからだを赤い薔薇が彩るチラシといい、シンクロ少女公演はいずれも挑発的で官能的な作風である。今回もさぞかし・・・と身構えた。

 11人の出演俳優は、本拠地シンクロ少女はもちろん、これまでもオクムラ宅(1,2)や味わい堂々(1)の公演などでおなじみの顔ぶれが多い。よく言えばはまり役、反対に言えばどの舞台でも似たような役どころになりがちだ。それが今回は「いかにもな役柄」をベースに思いもよらない持ち味が加わることによって、人物像や相関関係に混乱するわ、物語の展開は読めないわのスリリングな2時間となった。

 『性的敗北』はもちろん、味わい堂々の『毒見』の作者は名嘉友美その人である(演出は今回の『未亡人の一年』に出演の岸野聡子)。当時の記事を読み返すと、どちらに対しても自分はそうとうきついことを書いており(汗)、いささか「偏見」に近い凝り固まった感覚があることに気づく。

 『未亡人の一年』は、ひとつひとつのシーンが大変おもしろい。物語の設定はいささか極端で特殊なところはあるものの、現実の日常会話の自然な台詞をテンポよく重ねながら、その人物の性格や背景を観客にいつのまにか、しかし確実に伝えてゆく手腕はお見事だ。
 配役にも3つの空間の捉え方にも、11人の人物がどのような関係にあるのかにも緻密な仕掛けがされており、初日が開幕したばかりのいま、何を書いてもこれからご覧になる方にとっては妨げになる可能性がある。
 したがって「泉政宏が何と○○役で」とか、「横手慎太郎のソノヤ兄ちゃんと浅川薫理のキホちゃんの●●シーンが」など、いろいろなことが頭に浮かび、「書きたいのに書けない」と悶々としている状態だ。困った。ほんとうに悩ましい。

 これまでのような過激なエロスを期待している方には拍子抜けかもしれないが、自分のようにある種の偏見をもって警戒していた者にとって、今回の最新作は劇作家・名嘉友美の新境地を示す確かな手ごたえを与えてくれる舞台であった。
 『未亡人の一年』には、「未亡人と、その周囲の人々の後悔の物語」のサブタイトルがついている。過去には戻れず、死んだ者は生き返らないという絶対的な現実を生きるしかない人々が、過ちと後悔を繰り返しながらそれでも生きていく物語である。
 そういう作品はほかにもたくさんあるが、決してありきたりではない。
 公演が終わって物語の流れや出演俳優の健闘など作品の詳細が書ける状態になったら、改めて本作について考えよう。

コメント

『日本の問題』B班

2011-11-29 | 舞台

*公式サイトはこちら 中野 ザ・ポケット 12月4日まで A班の記事はこちら
 本日のB班は上演順に以下の4作品。
ミナモザ(瀬戸山美咲 1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13
『指』がれきの街に、ある目的をもってやってきた夫婦。
アロッタファジャイナ(松枝佳紀 1,2,3,4,5
『日本の終わり』2012年、「無縁社会」に危機感を覚えた女子高校生が総理大臣に会いに行く。大臣が日本のために提案した政策とは。
ろりえ(奥山雄太 1
『枯葉によせて(仮)』これは何とまとめたらいいのだろう。当日パンフレットによれば、作者は「日本がどうとかよくわかっていない4人の女とじじいの話(仮)をやります」と言う。たしかにそうだが。
JACROW(中村暢明 1,2,3,4,5
『甘えない蟻』被災地でひとりの男性が自殺した。遺された家族の葛藤。

 舞台美術はA班と変わりない。つまり多少の持ちこみ的なものはあるものの、8つの劇団がほとんど同じ作りのステージで違う作品をみせることになる。
 舞台を対角線状に白い台が横断し、前方と後方に小さな可愛らしいランプが下がり、数脚のはしご。どのようにして基本的な舞台美術が決定したのだろう。特に白い台は舞台空間を寸断することもあれば、つながりを示す働きもある。各劇団ともに使い方に苦心や工夫があったと察する。作る過程を知りたくなった。

①瀬戸山美咲の『指』について
 日本では暴動も略奪も起こらず、被災者は皆冷静で礼儀正しく忍耐強いと、世界が称賛した。
 本作が描いたのは、おそらく現実にあったことだろうが、大きく報道されていないため知らされず、知らずに済んでいる、いわば影のできごとだ。
 夫婦は葛藤ののち、犯罪行為には違いないが、まるで弔いの儀式のように手を重ねる。
 自分がこれまでみたミナモザの作品にはあまり登場したことのないうらぶれた中年夫婦が20分の芝居にある種の痛みをもたらしている。

 A、Bともに長い作品を書く力をじゅうぶんに備えた劇作家ばかりである。それを時間制限に加え、前述のように舞台空間の制約もあるなかで、独自の表現をめざす。
 今回の話をベースに、もっと深く掘り下げて震災に限定せず、普遍的な物語を書き抜いてほしいと思うもの、この調子で2時間もあったらちょっと・・・と引くものや、20分を短すぎず長すぎずほどよく使いこなしたものなど、さまざまだ。20分ではできないことはたくさんあるだろうが、20分ならできることもきっとあるはず。
 凝縮し、削ぎ落すことによって、深さと奥行きをもたせることのできた作品が、前述の制限を逆に活かして、空間を征したと言えよう。

 今夜の記述は取り急ぎここまで。あとの3つの作品と、中村うさぎをゲストに迎えたトークについて記載しないことをお許し願いたい。
 公演はまだ3日めだ。ある劇団については微調整をしながらもっと高みを目指してほしいと願いながら、べつの劇団には何が起ころうと何を言われようと変わらずどっしりマイペースで続けてほしくもあり、この矛盾した気持ちが『日本の問題』の手ごたえ、魅力のひとつであろう。

コメント

『うお傳説 立教大学助教授教え子殺人事件』

2011-11-27 | 舞台

転位*ザ・スズナリ開場30周年記念公演 山崎哲(新転位・21)作 関美能留(三条会)演出 公式サイトはこちら 28日まで
 1981年、ザ・スズナリの実質的なこけら落とし公演となった『うお傳説』(転位21公演 山崎哲演出)の舞台が30年の年月を経て、同じスズナリに蘇る。
 休憩をはさんで2時間45分の上演時間におののいたが、後半からは集中してみることができた。題材となった「立教大学助教授教え子殺人事件」のあらましはこちら(Wikipedia)。これを読むかぎり、どろどろの愛憎劇の果ての悲惨な結末にやりきれない思いになるが、『うお傳説』は事件をそのまま舞台化したものではない。

 後半からどうにか集中できたとはいえ、関美能留の演出にはなかなかはいってゆけなかった。作品をじゅうぶんに理解し、堪能したとは言いがたい。
 この日は終演後にトークショーがあった。登壇者は演劇評論家の扇田昭彦氏、劇作家の山崎哲氏、燐光群主宰の坂手洋二氏に関美能留という重厚な顔ぶれ(司会はスズナリ舞台部の野田治彦氏)である。30年前の舞台を知る扇田、山崎氏から坂手氏、関氏に連なる演劇史的な面もあって、この難解な作品を読み解く鍵をいくつか与えられた。

 とくに山崎哲さんの発言のいくつかが非常に興味深かった。
 メモはとったが記憶によるものなので正確ではないが、
 たとえば今回の舞台の印象を問われて、「人間が考えることって、ぜんぶくだらないことがよくわかった」、「どれだけ捨てられるかが問題」、「演劇ってのは怖いなぁと思った」。
 本作執筆のきっかけはよく覚えていらっしゃらないようだが、事件当時1970年代の後半になって、同時代の仲間たちが次々に劇団を解散したり、東京から地方へ移ってゆき、「いったい何が起こったのか」。そして「街のほうがどんどん演劇化していくなかで、舞台で日常をどう作るかがむずかしくなった」。
 そして俳優の身体性について、「俳優のほとんどが、台詞がからだを通らない。物語がからだを通らない」。

 これらは非常におもしろく、重要な問題を含んでいることはわかるが、山崎さんの感覚が実は自分にはピンとこない。かといって「まったくわからん」と流せず、たぶんこれからいろいろな舞台をみるなかで、解答を探ることになるだろう。

 ザ・スズナリはいつ訪れても懐かしく、同時に刺激的で新鮮だ。この劇場に通いつづけられたことは大変な幸福である。トーク終盤で話題になったが、今回『うお傳説』が30年ぶりに蘇ったように、かつてここで上演された作品が、違う演出家や俳優によって新しい顔をみせてくれたら!

 今回の記事は舞台そのものではなく、トークから考えたあれこれとなった。
 すでに自分は心のなかで、「因幡屋のザ・スズナリベスト10」、「再演希望リスト」等々を書き始めている。

コメント

『日本の問題』A班

2011-11-27 | 舞台

*公式サイトはこちら 中野 ザ・ポケット 12月4日まで
 プロデューサーの松枝佳紀(アロッタファジャイナ)によれば、「小劇場劇団8団体それぞれが『これこそ今一番の日本の問題』と思うことを短編演劇にして披露するもので、昨年の「Project BUNGAKU太宰治」の政治経済学版」とのこと。
 参加団体は演出家も俳優も小劇場界のつわもの、猛者ぞろいである。
 公演初日昼、A班を観劇した。
 上演順に、
経済とH(佐藤治彦)『金魚の行方』 お笑いコンビが「これから22分のあいだに、日本の問題を解決します」とネタふりし、展開する。
Mrs.fictions(中嶋康太)『天使なんかじゃないもんで』 亡くなった親分の遺品を納めにかの地へやってきた兄貴とその舎弟。シスターのような女性と出会う。
DULL-COLORED POP(谷賢一 1,2,3,4,5,6,7,8,9,10)脚本担当もふくめ)『ボレロ、あるいは明るい未来のためのエチュード』 登場する俳優18名。それぞれ実名で総理大臣の座を争う。
風琴工房(詩森ろば 1,2,3,4,5,6,7,89,10,11,12,13)『博物学の終焉』 およそ300年後の日本で行われる最後の授業の話。 

 本公演の目玉は終演後毎回トークショーが行われること、ゲストの多彩な顔ぶれである。演劇業界はむしろ少なく、政治家や社会学者、コメンテーター、小説家と、よくぞここまで豪華な方々をと感嘆する。プロデューサーはじめ、作り手側の手腕と熱意の賜物であろう。
 本日のゲストは経済評論家の池田健三郎さん(公式サイトはこちら)。

 自分はワイドショーというものをまったくみないため、これまで池田さんのお話をじっくり聞いたことがない。しかし公式サイトからもわかるように多方面での大変なご活躍ぶり!
 トークショーは上演作品の演出家4名とプロデューサーの松枝氏にゲストを加えた6人である。
 ゲストに舞台の感想を1本ずつ聞くことにはじまり、登壇者間でいくつかの質疑応答を行うシンプルなものだ。業界人どうしの内輪話的なゆるさはまったくなく、いわば専門外、畑ちがいのゲストの方の感想は非常に新鮮だ。「自分は演劇にくわしくないので」と謙虚におっしゃっていたが、素朴な疑問が大変鋭い指摘であったり(②で出てきた「鼻血」と「エリエールのティッシュ」)、作品の問題点(③のひたすら単純な繰り返し)をずばりいい当てたりするところがあって(ご本人には作劇の問題点を指摘する意識はなかったと察するが、的を得た指摘であった)高い山ほど裾野が広いことを目の当たりにする。
 堅固な信念と哲学、思想があり、明確なビジョンをもって自分の仕事をまっとうされている方は、たとえ専門外の分野であっても、ゆるがない批評軸で考察することができるのだ。それも決して上からの評価でなく、謙虚な姿勢で。

 池田さんのお話を聞いていると、政治経済と演劇が関わることによって、もしかしたらこの国に変化をもたらすことができるのではないかと希望がわく。両者はいわば対極であり、単純に「お互い仲良くしましょう」でできるものではない。しかし両方が連動することによって、片方ができないことを、もう片方が違う手法で成功させることがじゅうぶんありうる。
 その可能性を示すことに、『日本の問題』公演は有効な手立てになるのではないか。

 4作品のなかでは、Mrs.fictions(中嶋康太)『天使なんかじゃないもんで』が楽しめた。
 任侠の世界から抜け出せないチンピラと、都会の吹き溜まりから逃げ出してシスターもどきをしている女性が出会い、珍妙な会話をかわす。20分の上演時間、舞台美術や小道具にも制限があり、しかも前後の作品から受ける影響もある。舞台づくりのメリットやデメリットを的確に把握し、ツカミがよく、しかも余韻を与える終幕であった。

コメント

劇団green flowers vol.11『かっぽれ!』

2011-11-26 | 舞台

*内藤裕子 作・演出 公式サイトはこちら 中野・Theatre BONBON 27日まで
 劇団green flowers(グリフラ)は2001年11月、演劇集団円研究所の同期生によって結成されたユニットだ。おもに演出家内藤裕子と俳優さとうゆいで活動を続けており、土田英生、原田宗典、飯島早苗などの作品に続いて、5回公演からはオリジナル作品を発表しているとのこと。今日は出入り口ぎりぎりまで補助椅子のでる盛況で、年配のお客さんが多い印象である。

 今今亭東吉(こんこんていとうきち)を師匠にもつ一門の噺家たちが、ある温泉宿に集まった。宿のあるじが以前師匠のおとうと弟子だった縁で、毎年地元の落語ファンに向けて一門会を行っているためだ。いちばんの古顔だがまだ二ツ目のせん吉、もうすぐ真内に昇進する東助は実は師匠のひとり娘の元カレだ。前座の吉太、元介護士で押しかけ見習いの鈴木と、一癖もふた癖もある噺家ばかり。宿の若女将との結婚の許しを得るべく、客室係として奮闘する婚約者も加わって、にぎやかな顔ぶれだ。

 NHK朝の連続テレビ小説『ちりとてちん』を大変おもしろくみていたので、落語の世界を描いた物語にすぐになじむことができた。あに弟子とおとうと弟子の関係、師匠への思い、噺家としての才能や適性への苦悩など、ここまでやれば完成、完璧というものはなく、生涯をかけても正解は出ず、成功が約束されているわけでもないことなどが、テンポのよいやりとりのなかで自然に示されてゆく。

 前座の吉太が見習いの鈴木くんに話して聞かせる流れで、あっというまに「柳田格之進」の物語がはじまるあたり、みごとな展開だ。背筋がぞくっとする。

 演劇集団円の山崎健二が師匠の東吉を演じるが、噺家らしい見せ場がほとんどないのは残念だった。娘は子どものころのある出来ごとがきっかけで、落語と父を憎んでいる。それを活かすために、敢えて立派な噺家ぶりをみせない作りにしたのだろうか。せっかくのベテランの配役なのに、もったいないのではないか。
 無口なせん吉が、師匠への敬愛をあふれさせる場面で、「(師匠の落語は自分に比べて)圧倒的にすばらしくて(←後半は記憶があいまい)」という台詞があり、江戸っ子口調のせん吉から「圧倒的」ということばが発せられることに少し違和感をもった。

 あに弟子は自分より才能のあるおとうと弟子をかばって嘘をつき、おとうと弟子は無骨なあに弟子を思いやる。安定した職を投げうってもこの世界に入りたいと懇願する若者がいて、父と娘は不器用に和解し・・・落語の人情話顔負けだが、話は食い違うわ、勘違いはするわ、かかなくてもいい恥はかくわの連続である。
 みな噺家なのに、高座よりも実人生のほうがはるかに不器用で不格好だ。現実はあまりにささやかで、みっともないところも多く、そのまま落語にはならない。それをよくよく知っている人たちだから、噺家になれるのだろうか。

 ここいちばんというところで似合わないことをやらかして、みごとに失敗する。しかし似合わないことのなかに、相手に対するまごころがにじむさまが生き生きと描かれ、ありきたりなドタバタの人情劇におさまらない。幅広い年齢層の観客に受け入れられる楽しい舞台であった。
 11回めの本公演まで「グリフラ」を知らなかったとは不覚なり。自分の怠慢と不勉強を改めて思い知る。

 ここは中野の劇場街、ポケットスクエア。複数の劇場が集中する一角だ。MOMOでは劇団スプリングマン公演『雨とマッシュルーム』の本番まっさいちゅう、向いのザ・ポケットでは明日初日の幕を開ける『日本の問題』公演のゲネプロが行われているらしい。
 不安と期待、緊張感と虚脱感がいりまじり、劇場でしか味わえない空気をかもしだす。
 下北沢や新宿三丁目にくらべると、中野は通い慣れたとは言えない町だ。しかしどこかで必ず何かしらの芝居がかかっているということが、こうも安心感を与えてくれるとは。
 いや何より今日の『かっぽれ!』の確かな手ごたえによって、中野の町の空気が肌になじんだせいだろう。芝居は町の「風景」を「情景」に変えるのだ。

コメント