因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

帝劇ミュージカル『モーツァルト!』

2014-11-27 | 日記

*ミヒャエル・クンツェ脚本・歌詞 シルヴェスター・リーヴァイ音楽・編曲 小池修一郎演出・訳詩 公式サイトはこちら 帝国劇場 12月24日まで 来年1月は大阪・梅田芸術劇場にて上演
 2002年に初演されて以来、05、07、10とタイトルロールを演じてきた井上芳雄が、モーツァルトが亡くなったのと同じ35歳になったということで、今回をもってファイナルステージとなった。まだ東京芸大生だった2000年上演の『エリザベート』での皇太子ルドルフの繊細なイメージから一転、音楽の天才でありながら、やんちゃで向う見ず、浪費家で女好きの青年を堂々と演じるすがたに惚れぼれしたことを思い出す。ミュージカル界のプリンス、シンデレラボーイと言われ、挫折や劣等感とは無縁のスマートで育ちのよい印象があるが、パンフレット掲載の談話で、ダブルキャストだった中川晃教への強烈なライバル意識やコンプレックス、「トイレに行ったら、もう戻りたくないくらい怖かった稽古場」という述懐を読むと、やはりこの世に努力せず成功している人はいない、天賦の才能があっても、それを活かすかどうかは本人の努力しだいだと思わされる。運というものもあるが、それを引き寄せるのも本人がいかに努力し、よい結果を継続して出し続けてこそであろう。同じくパンフレットに掲載の演出・小池修一郎の文章には、12年間あるときは教師のように井上芳雄を叱咤激励し、あるときは父親のように見守ってきた深い思いが溢れる。

 井上芳雄と出会ってからというもの、自分は「好き過ぎる俳優」というものの長短、功罪を考えざるを得なかった。とにかく彼しかみていないのである。『モーツァルト!』はその最たるもので、父親のレオポルド、大司教コロラドは言うにおよばず、妻のコンスタンツェや姉のナンネール、ヴァルトシュテッテン男爵夫人など、ほかの登場人物のことに思いが及ばないのだ、困ったことに。
 ここ数年、井上ひさしの『組曲虐殺』や、『イーハトーボの劇列車』など、歌の場面はあるもののストレートプレイへの出演が増えるにつれて、この傾向もだんだん収まってきたようだが、それでもやはり『モーツァルト!』だけは例外だ。2005年夏の再演のとき、熱に浮かされたような文章を書いたが、あのころの感覚とほとんど変化はない。

 ヴォルフガングの井上芳雄以外で惹きつけられるのは、天才の影アマデである。劇中ひとことも発せず歌いもしない。ほとんど無表情のままヴォルフガングを支配し、ひたすら音楽に殉ずることを求める。とくにすごいのは前半の終幕で、インクの少ないペンにいらつくうち、残忍な笑みを浮かべ、ヴォルフガングの腕にペンを突き刺し、ペン先で何度もえぐるようにしながら曲を書く場面である。音楽のことしか考えていない。痛みに悶えるヴォルフガングなどまったく意に介さず、中腰でペンを走らせる様相は震え上がるほど恐ろしい。

 井上芳雄が35歳になったと聞いて、そう言われればテレビドラマでは子持ちの男やもめを演じてもさほど違和感がない。歌舞伎俳優であれば、10代で初役をつとめた役を生涯をかけて演じつづけることが可能であるが、現代劇ではそうはいかないであろう。モーツァルトの没年と同じ年齢で作品からの卒業を決意したのは賢明である。残念でたまらないが、井上ヴォルフガングの思い出を大切にしつつ、新しいキャストの上演をみるなら今度こそさまざまな人物の心象や造形にも心を向け、この大いなる作品をもっと味わいたい。

コメント

十一月新派特別公演「京舞」

2014-11-22 | 舞台

*公式サイトはこちら 新橋演舞場 25日まで (ブログの新派観劇記録はこちら→1,2,3,4,5 番外編的にこちらに少々)
「鶴八鶴次郎」につづいて、2本めの「京舞」(北條秀司作 大場正昭、成瀬芳一演出)のことも書いてみます。
 今年のはじめ、同じ新派公演で『明治一代女』をみた。お正月公演ということもあって、二代目水谷八重子と波乃久里子の新派に対する溢れるような愛情と熱意に頭が下がる思いであった。しかしながらこのおふたりがいなくなったあと、新派という劇団、生み出してきた舞台はどう継承されるのかを考えざるを得なかった。今回の『鶴八~』では、中村勘九郎と中村七之助きょうだいが初参加し、新鮮な風を呼び込んだことで舞台が新しく生まれ変わった。またお叱りを承知で言えば、この作品には八重子と久里子が出演しなかったことにも新鮮味の理由があるのではないかと思われた。何と失礼なことを。

 さて『京舞』には新派大看板のおふたりが堂々の共演をする。
 どうなるか。

 結論から言うと観劇前の懸念はすべて杞憂であり、大変失礼なことであった。

 大正8年、三代目井上八千代こと片山春子(八重子)は82歳の高齢ながら舞の名手としての心意気は一向に衰えず、門弟たちからは鬼と恐れられている。春子の内弟子である愛子(久里子)も「使いものにならないから返す」と叱責された。泣きじゃくりながら芸の不出来を詫び、女中どうように家のなかで働きながら、懸命に精進を続ける。春子怖さに押し入れに隠れ、真夜中にこっそり這い出して、一心不乱に稽古をする愛子をいじらしく思い、春子の孫で能楽師の博通(勘九郎)は、買ってきたパンを差し出す。

 愛子はおそらく十代の娘である。久里子が演じるにはどうみても無理がある。久里子は声は決して若い娘のように高い声ではなく、むしろかすれ声であるし、小柄で華奢な体型でもない。しかし何とも言えない愛嬌と謙虚な感じ(役柄、ご本人両方から醸し出されるものか)があって、必死で「子守り」のうしろ返りを繰りかえす様子や、博通からもらったパンを半泣きでほおばるところなど、可愛らしくいじらしい。いやもういいではないかと納得してしまうのである。

 つづく第二幕では一気に20年近い年月が過ぎている。愛子は博通の妻になり、井上宗家の奥さまである。春子がふたりを夫婦にしたいと話す前幕をみて、森本薫の『女の一生』に似ていると思ったが、結婚にいたるまでのあれこれや夫婦の機微は描かれていない。この幕の眼目は、水谷八重子が演じる100歳の片山春子である。一幕よりもさらに年を取って足腰の衰えは著しく、わがまま勝手ぶりも強くなっている。とぼけた老女の味わいが、いったん踊ると決めるや一変、舞の名手に変貌する。100歳の春子を演じるにはたくさんの技術や工夫が必要であろうが、八重子は技巧を出さない。まったく見事と言うほかはなく、独壇場とはこのことであろう。

 久里子が娘を演じること、八重子が100歳の老人を演じること。どちらにも無理があり、いわゆるリアリズムという面からみれば不自然なことである。しかしおふたりは単純な若づくりや老いのつくりではなく、自然不自然を超越した造形をみせるのだ。これが歌舞伎、新劇と交わってきた新派の芸の力であり、魅力なのであろうか。

 近藤正臣は、片山家と親しい万亭のあるじを演じる。短い出番なのだが、物語の空気になじみ、粋と色気をほんの少しみせるところなど心憎く、みていてとても気持ちがよいものであった。ちょうど一年前、近藤は劇団桟敷童子公演『紅小僧』に客演した。スズナリのあの小さな舞台にも、小劇場の町下北沢にも違和感なく溶け込み、楽しんでいる様子が気持ちがよかった。この気持ちよさは新橋演舞場の新派の舞台でも感じられ、作品とそれを作る人々に心身を素直にあずけることのできる俳優さんなのだろう。

 歌舞伎、新劇、新派はこれからも大いに交わり、伝統を重んじながら新しいものをみせてほしい。伝統と革新は相いれないものではないと思う。ぶつかりあい迷いながら、たがいの芸道を尊重し、ちがう面を取り入れながらひとつの舞台を作り上げることは可能であることを、今回の追善興行で実感した。
 十七代目、十八代目中村勘三郎が取り結んだ芸の縁である。

コメント

あうるすぽっと+毛皮族共同プロデュース『じゃじゃ馬ならし』

2014-11-20 | 舞台

*あうるすぽっとシェイクスピアフェスティバル2014 (1,2,3
 ウィリアム・シェイクスピア原作 松岡和子翻訳 江本純子(毛皮族)脚色・演出 公式サイトはこちら あうるすぽっと 24日まで
『じゃじゃ馬ならし』をはじめてみたのは、冗談でなく30年も前のシェイクスピアシアター公演、出口典雄演出の舞台であった。『十二夜』や『夏の夜の夢』などにくらべて、内容も描写もしっくりせず、あまり気持ちのよい話ではなかった。
 今回の公演チラシにも「世界中のフェミニスト達から総スカンを喰らうシェイクスピアの問題作」とあるように、どんな物語かをひと言で言えば、男性が女性を一方的に支配せんとする話なのだから。
 シェイクスピアの喜劇のなかでは、作り方がむずかしい作品になるのかもしれない。原作に忠実にすればするほど、フェミニストでなくても素直に受け入れるには困難な内容であるし、そこを作り手がどう捉えるか、どのように見せたいかがより重要視されるのではないか。
 公演チラシの表面には、シェイクスピア風の鬘をつけ、髭を生やした江本純子の顔に「書きかえと演出・江本純子」と記されている。今で言う「こじらせ女子」の一種になるのだろうか、ヒロインのキャタリーナに鳥居みゆき、彼女を調教せんとするペトルーチオに柄本時生を据え、市川しんぺーや寺十吾、玉置孝匡、金子清文、江本純子も出演する。
 フェスティバルHPにおける江本純子、鳥居みゆき、柄本時生の対談や、「人間の動きにこだわりたい」という朝日新聞掲載の江本純子のインタヴューを読むと、原作への違和感をどうやって自分流のシェイクスピアにしたいか、配役の妙、挑戦の姿など、非常に興味と期待を掻きたてるものであった。
 どれだけ原作戯曲を書きかえ、どのように遊ぶのか。

 残念ながら今回の舞台からは、じゅうぶんな手ごたえが得られたとは言いがたかった。「イメージ通りの解釈・配役では朗読劇にしかならない。色々なものを覆した状態を作りたい」(前述の朝日新聞より)という意気はすばらしい。しかし率直に言って、「色々なものを覆して、そのまま散らかっている」印象だ。予定調和が欲しいのでもなく、自分が観劇前に描いていたイメージと違うということではない。江本純子が書きかえて演出し、鳥居みゆきや柄本時生が出演する『じゃじゃ馬ならし』、とても想像はできない。だからこそ自分の観劇歴にある本作のイメージは敢えて捨て、今回の舞台に臨んだのだが。

 柄本時生のペトルーキオは殴るけるなどの直接的な暴力こそふるわないが、妻キャタリーナの一言ひとことを否定し、理不尽な命令を重ねる。妻をことばで傷つけるDV夫ふうの不気味な雰囲気を醸しだしている。鳥居みゆきのキャタリーナは、夫の仕打ちに対して、こちらが思うようなベタな反応をしない。むろん傷ついており、空腹や疲労に必死で耐えているのはわかる。なぜ逃げ出さないのか、はっきりと反論しないのか、不思議に思わせる。つまりこれが終幕において、夫への従順こそが妻の幸せであるという彼女の大演説に結びつくのだろうか。ほんとうは彼女はどう思っているのか。
 江本純子は「彼女は怒っているとしか思えない。何かをきっかけに漏れてしまった」と読む。この視点は非常におもしろく、重要だ。(江本が「漏れる」ということばを使った意味が実はわからないのだが)。
 自分の感情を押し殺し、敢えて心を壊すことで、通常なら耐えられない状況を是としているのなら、キャタリーナは昔もいまも存在する暴力・暴言をふるう夫に苦しむ妻が、現状からの逃げ道のひとつとして従順な妻を演じるという病理を示しているのではないだろうか。

コメント

劇団若獅子公演『極付国定忠治』&『殺陣田村』

2014-11-20 | 舞台
 早稲田大学演劇博物館と演劇映像学連携研究拠点が主催する企画展「寄らば斬るぞ!-新国劇と剣劇の世界」と、新国劇を継承して創設された劇団若獅子による『極付 国定忠治』と『殺陣田村』の上演が行われた。早稲田大学大隈講堂で入場無料の公演に、申し込みはあっという間に満席になった由。となりの小講堂で同時に映像が披露されるほどの盛況である。14時開場の15時開演とのことで、「早すぎるかな」と14時10分ごろ向かったところ、すでに前方の座席はいっぱいになっていた。
 関係者席がたくさん設置されている。ゆかりの方々のためのものと察するが、これほど座席数があり、しかも椅子には座席番号が付いているのだから、全席自由席ではなく指定席にして、開場を30分前にしたほうがよいのではないか。
 企画展の図録には新国劇の歴史にはじまる論集、澤田正二郎、島田正吾、辰巳柳太郎の生涯などの図録に本日の公演の紹介、さらに映画「国定忠治」の映像と澤田正二郎の名台詞が収録されたDVDが付く。長年の新国劇のファンにはもちろん、はじめての観客にとっても貴重な資料であり、これで1500円はお値打ちである。

「国定忠治」は十年以上も前に串田和美が構成・演出し、市村正親が主演した舞台を一度みただけで、全体的に「こんな話らしい」という程度の認識である。新国劇の屋台骨であった島田正吾は、NHK朝の連続テレビ小説『ひらり』で主人公の優しいおじいちゃん役の印象が強い。両国で長く続いた質屋のご隠居さんで、おっとりしたなかにも風格があった。辰巳柳太郎もまたNHKの山田太一のドラマ『タクシーサンバ』で、主人公の緒形拳が働くタクシー会社の重役ではなかったか。バリバリの現役というより、ときどき普段着で現れて、皆を見守りつつ大事なことだけことば少なに言い置く役どころであった。
・・・といった具合で、新国劇を生でみるのはこれがはじめてなのであった。

 客席には劇場でついぞみたことのないほど男性が多い。開演するや「新国劇」「待ってました」「これを見に来ました」など、歌舞伎の聞きなれた大向こうとは明らかに性質のちがうかけ声が飛び交う。役者の屋号ではなく、「笠原」「水野」と名前を呼ぶのである。別世界だ。 
 
 義理と人情に厚く、めっぽう剣が強い忠治のイメージは、演じる笠原章によってますます明確になったが、あこぎな女郎屋から金を奪い取られた老人を助ける場面がある。老人の甥を名のり、いかにも腰を低く、丸腰の田舎者の態で女郎屋に行くのだが、相手が高飛車になるや忠治の正体を明かして懲らしめる。胸のすくような変身ぶりに客席が湧く。
 やられた女郎屋が黙っているはずもなく、忠治のあとを追う。どんな立ち廻りになるかと身を乗り出したが、暗闇の中でならず者たちを切り捨てる場面はあっという間に終わってしまった。忠治はあくまでもお尋ね者の味であり、逃亡の旅はこれからも続くのだ。爽快な勧善懲悪ではなく、無言で立ち去る忠治の悲壮な旅立ちに胸が突かれる思いがした。

 2本めの『殺陣田村』は、出演者が紋付・袴、鬘なしの素顔で登場し、謡曲「田村」の調べに乗って殺陣の型を演じるものだ。斬られても叫んだり倒れたりせず、静かに退場する。殺陣でありなから舞のようでもあり、物語のない芝居のようでもある。わずか20分であるがこちらの身が引き締まるような剣劇であった。

 ここにまだ知らない演劇があった。舞台そのものはもちろんだが、客席のこの熱気である。作り手は継承だけでなく新たな創造が、受け手はノスタルジーに終わらず、双方にアクションが必要と思われた。
 みるものをこんなにも熱狂させる新国劇。その火を絶やさず、さらに燃え立たせる試みが期待される。
 新国劇と歌舞伎、新派のとの関連など、勉強することも山のようにある。新しい課題に嬉しくも呆然としながら、早稲田の街をあとにした。 
コメント

十一月新派特別公演「鶴八鶴次郎」

2014-11-18 | 舞台
*公式サイトはこちら 新橋演舞場 25日まで
 十七世中村勘三郎二十七回忌、十八世中村勘三郎三回忌の追善公演で、中村勘九郎、七之助きょうだいが新派に初参加し、ゆかりの演目「鶴八鶴次郎」で共演する。ほかに柄本明と近藤正臣が客演し、2本めの「京舞」では劇中に追善のご挨拶があり、毎回ゲストを迎える由。先月の歌舞伎座公演に継ぐ中村屋二代の追善である。
 これまで新派の観劇は数えるほどしかないが、勘九郎七之助のふたりに柄本明、近藤正臣のベテランがひとつの舞台に立つこと、それが歌舞伎でも新劇でも商業演劇でもない「新派」であることの魅力を求めて、足を運んだ。

 まず1本めの「鶴八鶴次郎」(川口松太郎作 成瀬芳一演出)がすばらしい。幼いころから一緒に育ち、芸を磨いてきた新内語りと三味線弾きの男女が、一度はいっしょになることを約束しながら、つまらぬ意地と吝気、ほんの少しの気持ちの行きちがいから仲たがいする。再会を果たして復活の高座をつとめ、「今度こそいっしょに」と誰しもが願ったのに、悲しい結末を迎える。
 叩きあげの新内語りの鶴次郎(中村勘九郎)は気短で融通が効かない。三味線の鶴八(中村七之助)は師匠の娘で、鶴次郎との息も合っている。いわば名コンビなのである。しかしこと芸の話になるとお互いに一歩も引かず、毎日のように大喧嘩をしては、番頭の佐平(柄本明)はじめ周囲をあきれさせたりやきもきさせ、仲直りを繰りかえしている。どんなに激しいやりとりをしていても心のなかでは慕いあっていて、まさに「喧嘩するほど仲がいい」ふたりなのだ。

 一幕の鶴八と鶴次郎の大喧嘩と仲直りのやりとりが歯切れよく、とても楽しい。毎日のように繰りかえされる、いわばお約束なのだが、「またか」というより「待ってました」と身を乗り出したくなるほどだ。二幕の墓参りの場面では一転してしっとりとした風情のなかに、ようやく互いの気持ちを確かめあった若いふたりの様子が可愛らしく、観客はますます鶴八鶴次郎のふたりが好きになるのである。
 
 物語がこのような幕切れを迎えることを、観客はどのように受けとめればよいのだろうか。復活の舞台のあと、鶴次郎はまたしても鶴八の三味線に意見をする。それが第一幕とくらべるとあまりに辛辣で、相手の逃げ場を塞いでしまうほどなのである。言われた鶴八も心の底から怒りを滾らせて、「もう金輪際」と言い渡す。
 終幕の居酒屋で鶴次郎は佐平に本心を明かすのだが、ああこの人はこういうやり方でしか愛情を示せないのだなと胸が痛んだ。そして鶴八もそのことを知って、あれほどきっぱりと別れを告げたのではないか。そうは思わねえか・・・そうは思ってくれねえか。鶴次郎の口調になって、観客は自らの心に問いかけるのである。

 番頭の佐平役の柄本明がいい味わいをみせる。考えてみると、柄本明という俳優は実に不思議だ。もちろん歌舞伎役者ではなく、新派の俳優でも新劇の俳優でもない。いかにも芝居がかった演技など決してせず、舞台でも映像でも自然な演技・・・と思いきや、ときどき敢えてなのか、わざとなのか、不必要に大仰な演技をすることがある。柄本独自の造形であり、体当たりの熱演や渾身の名演技とは別次元の、柄本明しかできない何かがあるのである。
 きっちりと型を作り、代々受け継がれていく歌舞伎の演技、新派もその性格を濃厚にもっており、柄本の芸風とはかけ離れていると思われるのだが、違和感がまったくないことに驚くのである。
 終幕で鶴次郎の告白を聞き、杯をもった手を大きく動かして「ええ?」という場面はさすがに「いつもの柄本さんだ」と客席が湧いたが、それ以上の悪乗りはなかった。鶴次郎を演じる勘九郎の台詞まわしは、現代ドラマ風の自然なものではない。たっぷりと思い入れをする湿感の高いものだ。それを受けとめる佐平役柄本は、ただひとこと「うん」とうなづく。これがいいのである。
 これまで佐平役は大矢市次郎、先代勘三郎、島田正吾に緒形拳、菅原謙次、笹野高史など、硬軟とりまぜて多くの俳優が演じている。柄本明は、そのどれともちがう味わいをみせることに成功した。盟友だった十八代目勘三郎が今亡きことを悲しみつつも、その息子たちとともに同じ舞台に立つことの幸せが伝わってくるようであった。
 
コメント