因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

こまつ座第九十九回公演『うかうか三十、ちょろちょろ四十』

2013-05-29 | 舞台

*井上ひさし作 鵜山仁演出 公式サイトはこちら 紀伊國屋サザンシアター 6月2日まで1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15
 上智大学に籍を置きながら、浅草のストリップ劇場・フランス座で文芸部員兼進行係として働いていた24歳の井上ひさしが書き、この年の文部省芸術祭脚本奨励賞を受賞した作品だ。「悲劇喜劇」に掲載され、活字となった井上戯曲第一号なのだが、今日まで上演されることがほとんどなかった幻のデヴュー作を、こまつ座が初演することになった。「上演されていなかった」と明言するもの、「上演機会がほとんどなかった」と少しぼかしたものなどもあるが、本作をこよなく愛する片山幹生氏によれば、人形劇団プークの舞台がとてもすばらしい由。

 自分はもちろん今回がはじめてである。新作ではないのに、はじめて上演される作品をみるのは不思議な気持ちであった。
 「きっと好きになるから」と世話役さんから背中を押されてお見合いにゆくようで、なんだか恥ずかしく、どきどきする。そして出会った相手は世話役さんから聞かされたよりもずっと素敵な人で、ひとめで好きになってしまった。まるでずっと前から知っていて、ずっと好きだった人のように・・・。

 年甲斐もなく乙女なたとえになりましたが、はじめてみた『うかうか三十、ちょろちょろ四十』の舞台は、まさにそのような印象であった。

 自分の井上ひさしベスト3は何かと改めて考えてみる。*『イーハトーボの劇列車』*『頭痛肩こり樋口一葉』*『十一ぴきのネコ』。順位を敢えてつけないのは、どれも大好きだからだ。そこへ遺作となった『組曲虐殺』の歌が聞こえ、そうなると『黙阿弥オペラ』も黙っているはずはない。だいたい作品すべてをみて戯曲を読んでいるわけでもないのに、3本を選ぶのは作者に対して失礼だ。自分のふじゅうぶんな「井上ひさし歴」において、今夜の『うかうか~』は新しいページとして確かに記されることになった。まずはそのことを喜び、感謝したい。

 上演時間が1時間15分と、井上ひさし作品にしては非常に短いもので、あっというまに終わったが、もっと長い時間みつづけていたような感覚が残る。

 東北の村はずれ、みごとな桜の木のそばに、賢く美しい娘(福田沙紀)がひとりで暮らしている。足の悪いとのさま(藤井隆)が娘を見初め、城に入れようとするが、娘には大工の許婚(鈴木裕樹)がいた。それから9年後、またさらに9年後、同じ桜の季節にとのさまは娘の家を訪れる。時のながれに沿って3つの場面がつづくシンプルなものである。劇中で何度も歌われる優しくこっけいなわらべ歌がみるものの心を和らげる(荻野清子音楽)民話風の寓話、後年の評伝劇や戦争責任を訴えるなど強い題材があるわけでもない、民話風の寓話といえようか。

 井上ひさし作品は上演時間が長いこともあり、饒舌な印象がある。膨大な資料を読み、丹念に取材や聞きとりをして書かれる戯曲は、題材となった事象や関わった人々の思いがぎっしりと詰まっている。よく言えば濃厚であり、逆にいえばいささか盛り込みすぎなのだ。
『うかうか~』は登場人物も少なく、時間もみじかい。しかし実際に語られていることば以上のさまざまなものがが潜んでいる。
 たとえば 自然と歳月のまえにはまったく無力な人間の存在や、善意と信じて施すことが結果的に相手を悲しませる矛盾や、悪意のない顔をした権力者のおごり、搾取される一方の東北の農民の苦しみなど、掘れば掘るほど深みにはまりそうで恐ろしい。
 あっというまに終わる芝居に、もっと知りたい、聞きたいという思いがわきおこってくる。

 終幕で廃墟となった娘の家は、あたかも東日本大震災の津波で崩壊したかのようだ。そこには優しさや温かさよりも冷徹な達観や諦念があり、これが作者24歳の初戯曲であることを改めて思い、戦慄をおぼえるのである。
 

 開幕して数週間経っているが、残念ながら空席が目立つ。カーテンコールはダブルコールになり、出演者の清々しい表情が嬉しい。ずっと本棚にしまったきりの戯曲が、俳優の声と肉体によってようやくこの世に生まれ出たのだ。いわば戯曲の誕生日ではないか。ぎっしりと満席の熱気で迎え、祝福したい。

コメント

因幡屋通信44号完成&俳句日記

2013-05-25 | お知らせ

 おかげさまで因幡屋通信最新号の44号が完成し、本日設置先各劇場さん、ギャラリーさんあてに発送いたしました。今号から「シアター風姿花伝」さんに新規で設置していただくことになりまして、この場を借りて厚く(熱く!)御礼申し上げます。
 ご理解ご協力、ほんとうにありがとうございました。
 さてピンク色の今号は「演劇に自信あり~グリフラの魅力~」と題しましてgreen flowers、通称グリフラの『かっぽれ!~春~』の舞台のことを書かせていただきました。
 えびす組劇場見聞録43号は、メンバーがいま社会で起こっているさまざまな問題と演劇について考えました。ビアトリスこと因幡屋は、「観客の仕事~演劇的幸福を求めて~」と題し、劇団民藝『真夜中の太陽』『夏・南方のローマンス』の舞台を、ふたりの新人女優平山晴加さんと山田志穂さんを中心に記しました。こちらはブルーです。
 劇場のチラシラックにあるのをお見かけになりましたら、ぜひぜひお手にとってくださいませ!上記リンクしてあるのはいずれもブログの記事です。観劇直後のブログと時間を経た通信&見聞録がいかに変化しているか、あるいは迷走しているかをお楽しみいただけるかも・・・。

 昨夏大学時代の恩師が紹介してくださった木挽町句会に加えて、この春から伊藤伊那男先生主宰の俳句結社「銀漢俳句会」で、初学者向けに行われている金星句会に参加させていただくようになりました。木挽町はふたつきに一度、二句ですが、金星は毎月、それも五句なので初心者にはなかなか大変です。今月の句会でいろいろご指南していただいたことが咀嚼できないまま、あっというまに次月の締め切りがやってきます。
 それに初学者向きの句会とはいえとてもお上手な方ばかりで、知らない季語はあるわ、読めない漢字はあるわ、旧かなづかいには慣れないわで、自分の句をつくる以上に、人さまの句を読み、選ぶこと、なぜその句を選んだのか、逆になぜ選ばなかったのかをよく考えて的確に発表することに苦心惨憺しております。
 五月の兼題のひとつは「蜥蜴」でした。手も足も出ません。俳句どころか、冗談にすらならないものを提出するしかなく、あたりまえですが指南役の方にははっきりと指摘され、同人の方には「どうしようもなかったんですよね。でも場が和みましたよ」と慰められ、穴があったら入りたいとはこのことです。
 さう、尾の切れし蜥蜴のやうに・・・。

 しかしながら俳句に親しむようになって、自分の日常は確実に変わりはじめています。日々のあれこれに少し注意深くなり、考えるようになりました。そして何より、毎日が楽しいのです。不勉強な者を快く受け入れてくださっているふたつの句会の皆さまに感謝しつつ、あせらず凹まず続けてみます。

 因幡屋通信のお知らせとともに、近況のご報告となりました。皆みなさま、これからもどうかよろしくお願いいたします。

コメント

劇団鋼鉄村松公演『けつあごのゴメス』

2013-05-23 | 舞台

*ボス村松脚本 山本タカ演出(声を出すと気持ちいいの会 1,2,3,4,5,6,7,8) 公式サイトはこちら 中野ザ・ポケット 26日まで 
 今年で結成19年になる劇団鋼鉄村松、主宰のボス村松は41歳。彼の作品を20代なかばの山本タカが演出する。2年前、山本が主宰するコエキモの劇団員が鋼鉄に客演した際、稽古場に遊びにゆき、その場の話の流れで1シーン演出して、今年1本の芝居の演出を委ねられたとのことだ。演劇をやるものどうし、年齢のちがいなど関係ない・・・のかもしれないが、あんがい世代間ギャップが大きいかもしれず、ひとつの劇団の先輩後輩ならまだしも、ある意味で対等にひとつの作品に関わるというのは、こちらが想像するより大変なことがあるのではなかろうか。
 しかし舞台をみるかぎり、またアフターイベントでボス村松と山本タカのやりとりをきくかぎり、世代のちがいがマイナスになっている印象は受けない。とかく同世代で固まりがちな(と想像する)小劇場界で、一般企業ならば入社数年めの若手と、係長課長クラスががっぷり組むというのはおもしろい。つくりてが味わっている刺激を、できれば客席も味わいたい。

 中野ザ・ポケットは、小劇場ではあるけれどもわりあい「広め」の印象があった。客席の傾斜がしっかりあるためか、後方座席にすわると舞台が遠くみえる。それが今回は舞台をふくめた劇場ぜんたいがみっちりと空気が「詰まっている」感覚があった。それは舞台に作られた二重の枠が生む視覚効果であり、奥行きのある舞台の使い方が巧みであることなど、演出の技が発揮された成果であろう。照明や紗幕の使い方、選曲など、演出家のセンスは随所にあらわれている。はじめてみる俳優さんがほとんどであったが、芝居をするのが嬉しくてしかたがないという喜びが爆発しそうなほどエネルギッシュで、稽古がよく入っているようすが感じられる。

 しかしながら筆者が観劇した回の客席は思いのほか静かであった。舞台で熱演している俳優さんには、このあたりの温度はどのように伝わったのだろうか。ここは笑いのつぼだ、じっさいおもしろい。しかし声を出して笑うというアクションにはほとんど達しなかった。それは周囲が静かなので自分だけ笑うと目立って恥ずかしいからか、いやおかしかったらまわりなど関係なく大笑いしてしまうだろう、しかしそれでも客席の喜怒哀楽のうち、とくに笑いは周囲の影響を少なからず受けるものだ・・・とあれこれ考えると、100分の舞台は少し長く感じられた。

 はっきりしている理由のひとつは、脚本に自分の気持ちがついてゆけなかったためである。いくつかの筋が並行してすすみながら絡まり合い、最後にはひとつになってゆくという流れではあるらしいが、その様相に手ごたえがもてなかった。具体的にどの部分がどのように・・・を記すこともむずかしく、また宿題が増えたわけである。

 劇団を維持継続することにとどまらず、劇団の枠を越えた企画公演や番外的な試みがもっと増えてゆくことを期待する。世代や感覚の異なる相手との共同作業を通じて、劇作家も演出家も俳優もどんどん変わり、成長してほしい。たとえばそう遠くない将来、山本タカがいわゆる新劇系のベテラン俳優が出演する舞台を演出する可能性もじゅうぶんにあり、彼にはその力があると思う。どんな作品であっても立ち向かい、俳優の適性や個性を受けとめて舞台をまとめあげてゆく、そのような仕事ぶりをぜひみたいのである。

コメント

小西耕一ひとり芝居第二回公演『既成事実』

2013-05-17 | 舞台

*小西耕一作・構成・出演 公式サイトはこちら 東中野/RAFT 19日まで
 昨夏上演の鵺的『荒野7/1』(高木登作・演出)に出演した小西耕一を思い返す。両親の起こした事件によってちりぢりになった7人きょうだいの濃厚な対話劇である(wonderland掲載の劇評)。
 深い苦悩のなかにある長兄から別れ際に「また会えるか」と聞かれた弟(小西)は、飄々と「タイミング的によければ」と答える。怪訝な表情で「タイミング的って?」と聞き返す長兄に、小西は顔色ひとつ変えず、「バイトの都合とか」と答えるのである。台詞は記憶によるものだが、怒りや悲しみを懸命に抑えたり、逆にあふれさせたりする兄や姉、妹たちのなかで、小西が演じる四男はひとり離れたところにいる。ほかのきょうだいたちのなかで、おそらく台詞はもっとも少なく、表情も変化せず無反応で、強烈に誰かと絡む場面もなかったと記憶する。
 照れやとまどいというより、要は無関心なのだろう。といって徹底して冷淡なわけではなく、彼にはもっと別の屈託がある、できればそれを知りたいといまでも思うのである。

 たくさんの感情を背負った役を演じることはもちろんたいへんだろうが、そのなかで逆にあまり負荷がなさそうにみえる(あくまで客席からの印象だ)役柄を過不足なく演じることにも、べつのむずかしさがあるのではないか。俳優としてののやりがい、演じる手ごたえがつかみにくい、劇の主軸から距離のあるポジションでみる小西には、もっとちがう顔がある。

 その小西がひとり芝居公演を行う。第一回公演『中野坂上の変』(筆者は未見)では4人の劇作家の作品を連続上演したが、今回はすべて自分である。
 JR東中野駅から徒歩十数分のところにあるRAFTは明るいエントランスから一歩劇場に入るとしんとした暗闇が感じられる空間だ。舞台にはベッドくらいのサイズの木製の箱がひとつきり。客席数は20くらいであろうか。

 いわゆる小劇場系の舞台を続けてみていると、劇団の枠を越えてさまざまな俳優が実に精力的に活動していることがわかる。ただいつのまにか「この俳優さんはこんな感じ、この俳優さんはこんな役」という固定観念ができていることに気づく。劇の主軸にがっちりと絡んで物語を運んでゆく位置に配される俳優、それに対して副筋、脇筋の役柄を受け持つ俳優がいるのは、劇の構造上いたしかたない面もある。
 出演作を数本みた印象から、小西耕一は後者と認識している俳優であった。
 今日のひとり芝居をみて、自分の認識が非常に単純で浅はかであったことを強く反省している。
 堂々たるひとり芝居ではないか。

 当日リーフレットには小西の挨拶文が掲載されており、それには予想もしなかった小西自身の身の上が、両親の離婚や再婚、自分の恋愛歴に至るまで、細かい字でびっしりと記されている。ここまで自己について芝居の前に観客に語ってしまってだいじょうぶなのだろうか。

 私小説や私戯曲など、自分の人生を題材にすることには長短がある。現実にあったことをまさにその人が演じるのであるから、現実味という点ではたいへんリアルで説得力をもつ。しかしあまりに内容が濃厚であったり、さらけ出し度があからさま過ぎると、みるほうは食傷するばかりだ。意地悪なみかたになるけれども、「告白されても困る」と思うのである。彼または彼女は自分のことを舞台にのせてどうしたいのか、どうしてほしいのかと引いてしまうのだ。安易な同情や共感はかえって失礼であろうし、いやほんとうにもう困るのである。
 ましてや「ひとり芝居」である。しかもみずからが台本を書いて構成し、主演する。俳優のエゴむきだし、自己主張の極みになる可能性もある。

 観劇前の自分の懸念はうそのように消えていた。小西自身の生い立ちや実生活を過度に引きずった自分さがし風の告白劇ではなく、独立したひとつの作品であった。それは作り手の技巧や計算というより、逃げ隠れできない劇場において、自分のすがたをすべて他者にみせる演劇という行為に対して、小西耕一という俳優が持つわきまえであり、プライドのためではないだろうか。

 いやこの言い方では不十分だ。なぜ今日のひとり芝居を楽しめたのか。小西耕一に対して、俳優という存在に対して、これまで抱いていた概念や感覚が揺らいだのはなぜかを、もっともっと考えたい。ここまでわが身をさらして勝負している人がいるのだ。こちらも本気を出さねば申しわけないではないか。

 公演真っ最中のため、舞台の詳細は伏せてひとまずここで置きます。「書きなさい」の啓示が与えられそうな予感があってぞくぞくと楽しく、しかしそれに応えられるか早くも不安におののきながら。

コメント

青年団若手自主企画マキタ企画vol.57『シュナイダー』

2013-05-16 | 舞台

 elePHANTMoon(以下エレファント)を主宰し、青年団の演出部に所属するマキタカズオミの脚本・演出による公演1,2,3,4,5,6,7,8,9)。
 本作はマキタが自分の劇団の第3回公演で上演し、高い評価を得た作品だ。当時筆者はまだマキタとエレファントのことを知らず、よって作品も未見である。
 今回の公演の当日リーフレット掲載のマキタの挨拶文によれば、自分の劇団でやった作品の再演ではあるが、パソコンが壊れた時にデータも消えてしまい、「脚本も何も残っていなかったので新しい気持ちでこの作品に向かうことが出来ました」とのことだ。データは消えてしまっても、劇作家の記憶には濃厚なものが残っているにちがいない。そうでなければ敢えて青年団の自主企画公演というかたちで上演の試みにはいたらなかったはずだ、と想像した。しかも挨拶は「一番自分らしい作品になったと思います」と結ばれている。
 出会いはもう4年前になるが、あっというまにのめり込み、マキタカズオミは今やぜったいはずせない劇作家となった。自分なりのマキタ像、ホームグラウンドであるエレファントの舞台の匂いもつかんでいるつもりだ。そのマキタが「一番自分らしい作品になった」という『シュナイダー』、ますます期待が高まる。

 どこかの町の小さな喫茶店が舞台である。近くの森は自殺者が多いと有名だ。足の悪い女性が店を切り盛りし、最近はいったばかりらしいバイトの青年がいる。女性の夫は「たまごを買いに行ってくる」といって出て行ったきり、もう1週間帰ってこない。

 『シュナイダー』の初演(といって差し支えなければ)が、劇団を結成してまだ日の浅い第3回公演であったことを改めて考えた。前述のような事情ゆえ、キャリアを積んで力をつけたいま、初演を練り上げて満を持しての改訂版の再演とするにはすっきりしないものがある。
 公演チラシに書かれたあらすじのような散文の内容は、初演とほとんど同じであるから、物語の大筋はあまり変わっていないのかもしれないが、筆者が気になるのは「一番自分らしい作品になった」という劇作家のひとことである。とにかく初演をみていないのだから、どこが同じであそこが変わったという比較はできず、また比較に終始することが観劇の目的ではない。なのでこういう記述もあまり意味はないのだけれども。

 前半に台詞が聞こえにくかったり聞き取れなかったところが数か所あり、後半は集中が途切れてしまい、話の内容や流れがしっかりと把握できなかったところがある。観劇後、どなたかに確認しようかと思ったのだが、それも野暮な気がしてそのまま退出した。もしかすると、自分が逃してしまった情報は、そうとうに重要なところかもしれず、後悔もあるのだが、やはりこのまま受けとめるほかはないと思い直している。

 喫茶店の女性の足が不自由になったのには原因がある。加害者がいて被害者がいるのである。バイトの青年には何やら事情があるらしく、彼もまた加害者と被害者の関係のなかにいる。このあたりのやりとり。マキタ作品に多く見受けられる許す許さないの憎悪がこれでもかとばかり壮絶な様相で渦巻く。猟奇的な展開やグロテスクな描写も同様だ。

 前半にいくつか仕掛けられた謎に対して、着地点のないものがいくつかある。いやあるいは筆者が見のがした可能性もあるが、たとえばバイトの青年が入れたコーヒーのこと、ドキュメンタリーが撮りたいと森を訪れたカメラマンが偶然自殺の現場に遭遇したことと、それに対する喫茶店の女性の幼なじみでもある地元の警察官の反応、女性の足が不自由になったいきさつと夫との結婚、店をもったことが時系列ではどうなっているのか、自分の足に対して加害者に求める償いの顛末などである。

 『成れの果て』『ブロウクン・セッション』、『ORGAN』(1,2)などは、物語の背景や設定、人物の造形がくっきりしており、そのイメージが強い筆者にとっては、今回の舞台は少しもどかしい印象だ。しかし輪郭のはっきりしないところを敢えてそのまま示したり、そもそも謎解きや問題解決を求める方向性がないことを認識することもできた。マキタが「自分らしい作品」と喜びをかみしめるように記していることを、筆者自身の喜びに転化することは残念ながらできなかったのだけれども、むしろそれを収穫として受けとめ、今後の作品にいよいよ期待するものである。

 
 
 

コメント