因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

劇団肋骨蜜柑同好会 第15回公演『ジャバウォック』 

2022-04-21 | 舞台番外編
*フジタタイセイ脚本・演出 公式サイトはこちら(1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12)+こちらも 下北沢/楽園 3月6日終了 関係者にコロナ陽性反応が出て公演初日から前半の回が上演中止を余儀なくされる事態に。しかし代替スタッフを手配し、公演は再開された。何と速やかで力強いフットワーク!リアル観劇はできなかったが、期日ぎりぎりに配信映像を視聴することができた(映像監督は倉垣吉宏/舞台 . . . 本文を読む
コメント

【追悼】江森盛夫さん

2022-03-19 | 舞台番外編
 演劇評論家の江森盛夫さんが旅立たれました。江森さんは「噂の真相」はじめ「悲劇喜劇」、「シアターアーツ」などの誌面のみならず、ブログの「江森盛夫の演劇袋」の更新はほぼ毎日で(つまり毎日毎晩観劇なさっていた!)、いつも楽しみに拝見していたものです。直接お話する出会いが与えられたのは2010年秋、東京工業大学での講演会「わたしの子役時代」でしたが、2013年からは神保町の「銀漢亭」で月1回開催の「俳句 . . . 本文を読む
コメント

☆ネットで観劇 第18回明治大学シェイクスピアプロジェクト(MSP)特別公演『ロメオ、エンド、ジュリエット』

2021-11-17 | 舞台番外編
*ウィリアム・シェイクスピア原作 テキスト/1886年(明治19年)河島敬蔵『春情浮世の夢』、1904年(明治37年)小山内薫脚色 日本橋真砂座上演 西村俊彦演出 井上優構成 配信URLはこちら 11月13日生配信(1,2,3,4,5,6,7)  本作は大学創立140周年記念の特別公演として、10月に群馬県と宮城県での上演が企画されていたものである。コロナウイルス感染拡大の影響で中止を余儀なくされ . . . 本文を読む
コメント

ネットで観劇☆劇団肋骨蜜柑同好会『meetsCLASSICS No.3 走れメロス ~TOKYO20XX~ 』

2021-06-19 | 舞台番外編
*原作 太宰治『走れメロス』他 フジタタイセイ構成・演出(1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11)+こちらも 公式サイトはこちら サブテレニアンでの上演は13日終了。配信は28日まで 2015年秋、劇団肋骨蜜柑同好会が「板橋ビューネ」参加した『散る日本』の観劇がきっかけとなり、meetsCLASSICSシリーズ№1『恋の手本~曾根崎心中』へ足を運んだのが2015年12月。もう5年半も前にな . . . 本文を読む
コメント

さくらさろん vol.45 オンラインライブ

2021-06-12 | 舞台番外編
*山本さくらによるパントマイム公演。6月12日ライブ配信後、アーカイブあり(1,2,3)。春の『創造の翼を』に続いて、およそ60分のステージを視聴した。1.「スクエア」…イベントパフォーマンスと銘打った最初の演目は、山本さくらが青い大きな布にくるまって登場する。1枚の布からいろいろな動物が生まれる。まずは恐竜、それがみるみるうちに蛙になる。「蛙だ、蛙になったよ!」と喜ぶ子どもたちの歓 . . . 本文を読む
コメント