因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

こまつ座第九十八回公演『芭蕉通夜舟』

2012-08-29 | 舞台

*井上ひさし作 鵜山仁演出 公式サイトはこちら 紀伊國屋サザンシアター 9月2日まで(1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11)
 こまつ座でははじめての上演になるそうである。まったくのひとり芝居ではなく、黒衣姿の4人の俳優が朗唱やさまざまな役、大道具や小道具の移動も兼ねる作りだ。しかも冒頭、「わたしは芭蕉、を演じます坂東三津五郎です」とご本人が素で挨拶して作品の構造について観客に解説する場面があり、同じ井上ひさしの『化粧二幕』にくらべると、ずっとくだけた印象である。
 初演は小沢昭一へのあて書きで、そう言われると「俳聖・芭蕉」がにわかに庶民的なイメージをもちはじめるが、今回主演する坂東三津五郎は舞台の立ち姿はじめ、お辞儀の所作などが惚れぼれするほど美しく、折り目正しく文芸の香り高い芭蕉像を示した。
 また前述の黒衣の朗唱役4人は歌舞伎会から坂東八大、坂東三久太郎、文学座から櫻井章喜、林田一高の、いわば混合チームなのだが、台詞、所作ともに主演の三津五郎に負けず劣らず気持ちの良い端正な演技であった。

 芭蕉の青年期から死後までの36景を歌仙形式で連続して描く形式のためか、残念ながら途中何度か集中が途切れてしまった。芭蕉のなきがらを乗せた通夜舟が淀川を上がる終景では、三津五郎が俳句をたしなむ船頭を演じる。船頭は船をこぎながら句作について得々と話すのだが、それが生前芭蕉が懸命に求め、伝えようとしたあれこれがあっけないほど下世話に単純化されてしまっているのだ。ここであともう少し何かを待っていたのだが、実に皮肉な余韻をもって幕を閉じた。

 坂東三津五郎は地味なようで華やか、小柄な人なのに重厚なところがあって、これはやはり歌舞伎という伝統芸能の血脈の中で培われたものであろうが、くさみのない柔軟な演技は大変魅力的であり、歌舞伎だけでなくいろいろな舞台に出演してほしい。そして願わくは、今回の舞台に刺激をうけた誰かが、いつの日か芭蕉を演じ継いでいきますように。

コメント

絶対安全ピン・プロデュース「ひとり祭り2012」

2012-08-25 | 舞台

*公式サイトはこちら 阿佐ヶ谷・シアターシャイン 26日で終了
 黒田圭が主宰をつとめる絶対安全ピンの企画で、「役者が漫画や映画などの名作を一人で無理やり身体化して演じきるイベント」とのこと。黒田圭が当日リーフレットに本公演をいわゆる「一人芝居」ではないこと、どのような意図をもっているかなどを丁寧に記している。
 一人芝居といえばイッセー尾形のサラリーマンシリーズはじめ、白石加代子の「百物語」、毬谷友子の『弥々』、井上ひさしの『化粧』など枚挙にいとまはない。黒田は異議を申し立てるのではないが、明らかにそれらとは違う地平をめざしており、これから舞台をみようとする観客に対して、やわらかな口調ながら意識変革を求めているとみた。

 因幡屋が観劇した回の演目は以下のとおり。
「ひとり天空の城ラピュタ~リクエストタイム~」(西村俊彦)
「ひとりスケバン刑事Ⅱ」(にむらかおり)
「ひとりX JAPAN」(はやし大輔)
「ひとりガラスの仮面」(船串奈津子)
 

 黒田の意図したこと、観客に伝えようとしたことは、いわゆる「一人芝居」ではないものをみせたい、しかしそれを明確に名づけることにはためらいがあり、「名づけられないもの」を「行為」として示したいということであろうか。

 舞台に複数の人物が存在する様子をひとりの俳優でみせるにはどうすればよいか。それは「ひとりでも支障なく自然に、あるいはみごとにみせる」ことを示すのか、逆に作り手の苦心をおもしろみに転化する方法もあり、いずれにしても演じる俳優だけでなく、劇作家、演出家ともに腕のみせどころではなかろうか。
 「ひとり祭り2012」はまずここがちがう。たとえば人物が会話する場面では、俳優がその人数分をからだの向きや口調を変えてめまぐるしく演じる。台本でいえば「ト書き」の部分や効果音までも発語する。つまり物語のすべてをまさにひとりでみせるのであり、前述のとおり「無理やり身体化して演じ切る」のである。
 むかし「これからテレビのO△をやります!」と言っては、主人公から脇役から、場面についての説明も加えながら「やってみせる」子どもが周囲にいなかっただろうか。もちろんこの舞台に立つのはプロの俳優さんであるから、経験を活かし、練りに練った演技プランで臨んでおられることはまちがいないのだが、小さな子どもが自分の大好きなことをみんなに知らせたい、みてもらいたいという素朴で必死の願いが根っこにあるのでは?

 いわゆる「一人芝居」は、舞台のさまざまな要素がひとりの人物の内面に向かって深く入り込んでゆく様相にその舞台の印象を決定づける肝があり、観客がみたいのはまさにその点である。俳優の巧みな演じ分けをはじめとする作り手の工夫あれこれももちろんおもしろいが、かんじんな部分が希薄であれば、それはただ俳優の名演技、オンステージをみたにすぎない。ひとりきりの俳優をみながら、最終的な舞台の印象においてその俳優の存在がいい意味で消えていること。それが理想である。

 「ひとり祭り2012」は、企画のめざしたところが最も大きなみどころであり、同時に弱い箇所でもある。ひとりの演者がある作品を演じ切る点については、いわゆるお笑い芸の世界にもっとすごいものがある。もちろんこの企画は「芸」ではないのだが、ならばプロの演劇の俳優が演じることをもっと前面に出し、取り組んだ作品への視点、切り口、敢えて野暮な言い方になるが「批評性」をみせてもよいのではないか。

 たとえば美内すずえの『ガラスの仮面』は漫画ファンはもちろん、演劇ファンからも大きな支持を得た作品である。しかしながらそれは純粋な演劇賛歌ではなく、実際の演劇とは似て非なるもの、到達しえない世界を描いているのであり、それこそが『ガラスの仮面』を違う表現方法でみせる場合の重要な切り口であると思う。
 「そうそう、あんな場面があった」「よく読みこんでるなぁ」と、自分が見知っているところが舞台で演じられることを楽しむのに加えて、演じる俳優さんなりの、ここでしかみられない『ガラスの仮面』に出会いたいのである。
 また演目がいずれもアニメーション、劇画、テレビドラマであること(はやし大輔の「ひとりXJAPAN」は何といえばよいのか・・・)は、図らずも本公演の意図を象徴するものであろう。
 綿密な上演台本があり、さまざまな試行錯誤があって本番になったとは察するが、少なくとも客席からは「ひとり祭り2012」には劇作家と演出家が不在であるとみた。それは舞台を自由に開放的なものにすると同時に、ある面でものたりなくもしているのである。                                                                                                                                                      

コメント

因幡屋の9月は

2012-08-20 | お知らせ

 週末に大学時代の先生をお誘いして同級生たちと集まる暑気払い、その先生が所属しておられる句会にどさくさにまぎれて参加することになって、気もそぞろなのだが、わかっていますね。えびす組劇場見聞録、因幡屋通信ともに最新号の締め切りが近いのですよ。
 さらにある劇作家の作品を急いでいくつか読むことになった。
  いまさら不勉強を悔やんでも遅い。がんばります。
劇団劇場vol.5 複数の劇団が制限時間15分の枠のなかで、企画側が出す8つのルールに従って競演するもの。声を出すと気持ちいいの会(1,2,3,4,5,6)、キコqui-co劇団鋼鉄村松月刊「根本宗子」、ランチョンfeat.木皮成が参戦する。ドリンク付き、しかしオールスタンディングだそうだ。残暑疲れをぶっとばす舞台を期待する。
劇団印象鈴木アツト作・演出『青鬼』がついに韓国・ソウル公演!それに先立つ東京プレヴュー公演が1日だけ行われる (1,2,3,4 5,6,7,8,9,10,11,12)。
オペラシアターこんにゃく座『森は生きている』今年亡くなった林光の追悼公演。演出は大石哲史が手がける(1,2,3,4,5,6)。
野田地図『エッグ』知り合いのチケット救済ではなく、めずらしく自分から早々に予約した。改装した東京芸術劇場が楽しみだ。早めに行ってあちこちみて歩きましょう(1,2,3)。
東京タンバリン『鉄の纏足』
 今回が初見となる。朝11時の回があるのですね。
*葛河思潮社第二回公演『浮標(ぶい)』上演時間4時間弱に恐れをなし、初演はスルーした。しかし思いかえしてみれば、三好十郎を恐れなくてもだいじょうぶなはず(1,2,3,4,5,6)。体調を整えて。

コメント

子どもに見せたい舞台vol.6『ドリトル先生と動物たち』

2012-08-14 | 舞台

*ヒュー・ロフティング『ドリトル先生航海記』原作 井伏鱒二翻訳 倉迫康史台本・演出 公式サイトはこちら あうるすぽっと 16日で終了
 うかうかしているうちに売切日続出だ。「子どもに見せたい舞台」シリーズ、大人気のようである。とくに本作は前回の2009年にしすがも創造舎での舞台が好評を博し、池袋のあうるすぽっとに劇場を移しての再演とあって、会場には親子連れがつぎつぎに訪れ、カラフルな舞台衣装に身を包んだ俳優が、みずうみのさかなつりゲームなどで子どもたちと遊んだり、大変なにぎわいだ。整理番号順の入場で全席自由席にするには、あうるすぽっとは少し大きいのではと心配だったが、スタッフさんたちは家族連れが並んで座れるように、ママを見失ったおちびさんたちのお世話まで実にきびきびと、ホスピタリティあふれる案内をなさっていてお見事でありました。
 開演前に劇中で歌う歌の練習や、やはりお芝居の重要な場面で使うらしい白黒の小旗を振る練習もして、ウォーミングアップもぬかりない。みんなにお芝居を楽しんでもらいたい。手づくりの温かさ、きめ細やかな配慮が伝わってくる。

 イギリスの小さな町、パドルビーに住む靴屋のせがれトミーは、動物語を話せるドリトル先生に出会う。船に乗って遠くの国へ旅に出ようとするが、水夫がいない。世捨て人のルカが適任だが、彼は15年前に関わった事件のために裁判を受けることになった。真実を知るのは犬のジップだけ。しかし犬が証言台に立てるだろうか。ドリトル先生とトミー少年はルカを救い出そうと一計を案じる。
 

 本公演にはゼロ歳児から入場できる。これは「この舞台はゼロ歳児でも理解できる」ということではなくて、「どんな小さい子どもでも楽しんでもらえるものを作ろう」という心意気と、「赤ちゃんを抱っこしたままでも楽しんでいただけますよ、だから安心してみにきて」という、観劇を迷う子育て中の親御さんへの優しさであろう。1時間40分、客席は大人も子どもも集中し、楽しんでいた印象だ。終演後は役に扮したままで俳優さんがお見送り。いっしょに写真をとりたいという子どもたちが多く、とても嬉しそうだった。

 せっかく本番前に練習した「すいふのうた」は、予想よりはるかに早い場面で歌われはじめ、「ここで歌うのかな、あとでもういっかい歌うのかも」と迷っているうちに終わってしまった。もう少し客席が温まってからのほうがよかった。
 翻訳があの井伏鱒二だったのだが、ドリトル先生の台詞だけが「わしはそう思うんじゃよ」といった中国地方の老人風のことばで、いささかそぐわない印象である。演じる俳優さんはすがたも声も若々しいのでよけいに違和感をもった。
 本作のウリは舞台での生演奏だ。しかしときおり台詞が聞き取れないほどの音量になったり、トランペットの音色に辛いものがあったりしたところが残念であった。

 子どもと大人がいっしょにみた舞台で忘れられないのは、1986年暮れに西新宿のステージ円で上演された『赤ずきんちゃんの森の狼たちのクリスマス』(別役実作 小森美巳演出)である。老優中村伸郎はじめ、南美江、三谷昇が共演し、新劇界の大御所が顔をそろえる配役だ。しかしどこかとぼけたような味わい、肩の力が抜けた清々しさがあって実に楽しかった。カーテンコールで舞台の俳優さんたちと子どもたちが自然に握手する流れになったのも素敵な光景である。
 タイプは違うが、山崎清介が手がける「子どものためのシェイクスピア」シリーズは、大人がみても力強い手ごたえがあって、何度でも通いたい舞台である。
 いずれも子どもに対して最大限に配慮するが、それは決して子どもだましや手加減ではない。むしろ舞台人としていつにも増してよりいっそう厳しい姿勢で臨んでいることがびしびしと伝わってくる舞台である。

 一つ話のように思い出すのが、ある講演会で別役実が話していたことだ。
「大人と子どもがいっしょにみる舞台のとき、大人と子どもの笑いには時間差がある。客席前方で子どもたちが笑っているのをみて、うしろの席の親御さんたちが『うちの子が笑っているわ』と嬉しそうに笑う」というのだ。
 ファミリータイプのお芝居に限ったことではなく、舞台をみて笑っている人をみて、こちらまで幸せな気持ちになるのはまさに演劇のもたらす至福であり、それが見知らぬ誰かであっても関係なく、舞台と客席と、りょうほうから花束をもらったように嬉しいのである。

 今回の『ドリトル先生~』の舞台は楽しいものであった。しかしもっと高いところ、違うものになる可能性を秘めていると思う。

コメント

ファルスシアター第17回公演『パパ☆アイ☆ラブ☆ユー』

2012-08-10 | 舞台

*レイ・クーニー作 小田島雄志・小田島恒志翻訳 遠藤隆之介演出 公式サイトはこちら シアターグリーンBOX in BOX THEATER 12日まで
 加藤健一事務所公演やセゾン劇場(現・ル・テアトル銀座 閉館するのですね)での上川隆也主演の舞台をみたことがある作品だが、ファルスシアターは今回がはじめてとなる。
 ファルス(笑劇=シチュエーションコメディの一種で、テーマ性を一切もたず、お客さまを楽しませることのみを目的としたもの)を中心に、外国のコメディを上演する劇団であり、「お客さんを圧倒したり考えさせたりするのではなく、ただ楽しんで、笑って、スッキリとした気持ちで帰り道を歩いてもらえるような作品を作っていきたいなと思っております」(HP主宰の挨拶より)とのことだ。

 クリスマスまぢか、ある大病院の医師談話室が舞台である。将来の出世がかかった大切な講演を控えて緊張感いっぱいの医師デーヴィッドのところに、かつてこの病院で看護婦をしており、彼と不倫関係にあった女性があらわれた。じつはふたりのあいだには子どもが生まれており、18歳になった息子がほんとうの父親に会いたいと病院の1階に来ている。窮地に陥ったデーヴィッドは、親友である同僚医師ヒューバートに協力をとりつけたものの、妻や院長、後輩医師や看護婦長、患者や警官がつぎつぎに談話室に乗り込んで、その場しのぎの嘘のうえにさらに嘘をかさねるうちに、大混乱におちいる。

 よくもここまでとっさに出まかせを思いつけると感心するまもなく、次の嘘をつかざるを得ない。矛盾が生じるし、アクシデントは続出するしでだましおおせるはずがなく、最後はすべてを明かすことになるのだが、そこに思いがけない幸せが生まれた。
 いくらなんでもありえないのだが、「嘘から出たまこと」とは、まさにこれではなかろうか。少し距離をおいてながめれば、デーヴィッドの無責任な言動は腹立たしく、突っ込みどころはいくらでもあるが、どさくさまぎれとはいえ、新しい家族が誕生してしまったことに野暮なことは言うのはよそう。それは幸せに満ちていて、登場人物誰もが想像しえなかった最大のクリスマスプレゼントなのだから。

 観客の生理には不思議なところがあり、気持ちは楽しんでいるのに、それが声を出して笑うというアクションに至らないことが少なくないのである。あるいは舞台が盛り上がれば盛り上がるほど、どんどん醒めて引いていくことも。今夜の客席は大いに湧いていたが、そのなかにしんと静まりかえっている方も何人かあった。笑いの温度には個人差があるので一概には言えないが、メイクや衣装にもう一工夫ほしい人物や、物語の性格上いたしかたないにしても、ぜんたいとしていささか過剰な造形、ときおり挟まれる時事ネタなども、「静かなお客さん」を作る要因になったのではないかと思われる。

 前述の「主宰の挨拶」を読みかえす。自分は今夜の舞台を楽しむことができた。衣装の色が変わるほど汗だくで奮闘する俳優や、ドアの取っ手がはずれるというアクシデントにも動じず、それによって劇がいよいよおもしろくなったことなどに自分は圧倒された。そして帰り道はむしろしみじみと、100の家族には100の物語があり、どさくさまぎれに急ごしらえで無理やりできてしまった家族ではあるが、きっと幸せになれると確信した。
 一夜の夢物語かもしれない。しかしまるきり現実ばなれしたものではなく、人の幸せ、家族のつながりは些細なきっかけで生まれることがあり、それは人の思いに添わないプロセスがあるにしても、そこにこそ人智を超えた大いなるものの取り計らいがひそんでいるのではなかろうか・・・と考えさせられたのである。

 これはファルスシアターが意図せずしてそうなったことである。「お客さんを楽しませる」のは非常に深いことなのだ。作り手がわのほうに、大きなテーマ性があり、「何をみせたいか」「何を伝えたいか」という、並々ならぬな情熱をもつことの証左ではないか。

コメント