因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

龍馬伝第44回『雨の逃亡者』

2010-10-31 | テレビドラマ

これまでの記事
(1,2345,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,2223,24,25,26,27,28,29,30,31,32,33,34,35,36,37,38,39,40,41,4243
 長崎でイギリス人水夫が日本人武士に斬り殺された。その武士が白袴を着ていたことから、海援隊に嫌疑がかかる。銃の買い付けがうまくいっていた矢先の事件だ。沢村惣之丞は奉行所に引き立てられ、弥太郎は商売の邪魔をされる。長崎奉行の隠密をしていたお元も巻き込まれ、遂にキリシタンであることが知られてしまう。

 お元を演じる蒼井優が若手女優のなかでも屈指の演技派であることもよくわかったし、龍馬がお元がなぜ身の危険を冒してまで異国の神にすがるのかを理解し、秘かにそれを守ろうとしていたこともすごいと思う。しかし史実はいったいどうであったのか。密航の手助けを、しかもそれは隠れキリシタンである。大浦屋のお慶も巻き込んで、大丈夫なのだろうか。いくら長崎一の売れっ子とはいえ、お元が外国で生きていく手立てはあるのだろうか。今夜の龍馬伝は疑問符だらけだ。龍馬暗殺まであと三月だというのに。

 そんななか、岩崎弥太郎が土佐藩から離れ、龍馬とも決別していよいよ独自のビジネスを始めようとする物語の副筋は、地味だがもっと注意して見守っていいだろう。雨のなかお元を探す龍馬に向かって、お前は疫病神だ、目の前から消えろと弥太郎は龍馬と目をあわさず言う。あの場面の弥太郎は、自分の商売の邪魔をされたことに腹を立てているだけではないと思えた。せっかくうまく一緒にやっていけそうだったのに、その関係を台無しにしてしまった龍馬への怒りがあるのではないか。武市半平太を窮地から救おうと、後藤象二郎の前で大芝居をやって再び土佐を去ろうとする龍馬に「嫌じゃいやじゃ」とすがりついた弥太郎の必死の姿を思い出すのである。また弥太郎は龍馬とは違う面でお元に対して理解を示しており、お元もそれに応えていたことが窺える。好意とも同情とも言えない複雑な感情で、同じ匂いのする者どうしであるという気持ちが裏切られた悲しみもあったのではないか。

コメント

イキウメ『図書館的人生vol.3 食べもの連鎖』

2010-10-30 | 舞台

*前川知大作・演出 公式サイトはこちら シアタートラム 11月7日まで 大阪、広島、福岡でも公演あり
 劇団名や作・演出の前川知大の名前を知ったのはいつのことか、どういうきっかけがあったのか既にあやふやだが、これがおそらく初見になる。~“食”についての短篇集~のサブタイトル通り、食べることにまつわるエピソードがオムニバス形式に4本描かれる。中心になる人物が数名のほかは、俳優が1人何役も兼ねる。
 洗練されてセンスのよい舞台美術、俳優の動きもスピーディでテンポよく、設定や台詞もおもしろい。窪田道聡と岩本幸子以外はたぶん初めてみる俳優さんがほとんどだと思うが、複数の役柄を過不足なく演じて安定感がある。

 生きるために食べることは不可避であり、そこに人間の強さも弱さもある。また飽食の時代にあって、菜食主義にのめり込む妻と、それに抗おうとする夫、必要最低限のものだけ万引きする男が、おもしろ半分の万引き犯を諌めるおかしさ、不老不死の肉体を得た医師の葛藤などが4つの短篇をつなぐ手腕もみごとだと思う。だが最も重要な3話めが冗長に感じられ、4話のエピソードが締めくくりとして弱いこと、わざわざ本物の食材を出して調理の過程をみせることに必然性が感じられなかった点が終演後の気分を曖昧なものにした。

コメント   トラックバック (1)

劇団チョコレートケーキ第18回公演『起て、飢えたる者よ』

2010-10-28 | 舞台

*古川健脚本 日澤雄介演出  公式サイトはこちら 渋谷ルデコ 31日まで
 JACROW(1,2,3)に客演の多い岡本篤の所属劇団として、「チョコレートケーキ」の名前を認識するようになり、これが初見である。岡本は今月なかばまで風琴工房の『葬送の教室』に客演しており、それからおよそ2週間で本拠地の舞台に立つのは大変なエネルギーだと思う。
 客席スペースのギリギリまで迫るように、山荘の一室が組み立てられている。公演チラシには武器を持ってうつむく男たちと1970年代初頭、『政治の季節』の敗北を受け入れられなかった若者たちが逃走の末に山荘に逃げ込んだという物語が記されており、本作があさま山荘事件をモチーフにしていることは明らかだ。山荘に押し入った男は5人、山荘管理人夫婦の妻が人質になる。そこまでは自分が知っている話であった。しかし1時間40分の舞台は予想もしなかった展開をみせ、客席をぐいぐいと引きつけてゆく。

 連合赤軍やあさま山荘事件について記されたノンフィクションはもちろん、小説やコミック、映像など多くの資料にあたり、単にそれらを舞台として立体化したわけではなく、受け止められたもの、できなかったことなども含めて自分たちの方法で舞台として表現したという印象をもった。
 実際に起きた事件を舞台化する場合、現在の視点を象徴する人物を配したり、過去と現在が行き来する構成にする方法はみたことがある。しかし本作は、あくまであの当時の若者たちのもがくさまを無残なほどに生々しく描いている。そうした場合、「ではなぜ敢えてこの事件や人々を取り上げるのか」がみえてこない舞台もあるのだが、本作はある仕掛けによって成果をあげている。

 公演期間中なので詳細が書けないのだが、蓼崎今日子演じる人質の女性の造形が、本作を非凡なものにしている。この人物についてはほとんどが作者の創作であると考えられるが、虚実入り混じりはじめる後半は、舞台の狭さや暗さを効果的に使い、グループが崩壊していくさま、それまで政治的な思考をしたことのない女性が変貌していくさまを、時々刻々と描いて圧巻である。一連の事件の首謀者たちが異常性格者だったわけではなく、その人が心に秘めていた葛藤や悩みが、何か強烈な刺激を受けたことで表出し、過激な行動に走らされる可能性がありうることを示している。

 やりきれない結末だが、重苦しいだけではない確かな手ごたえがあったのは、作り手側が当時の若者たちに心を寄り添わせているという実感が得られたからだろう。それは安易な共感でも幼稚な憧憬でもない。脚本の古川健、演出の日澤雄介は、ともに俳優として出演もしている。劇団チョコレートケーキ。甘くて可愛らしい劇団名からは想像もできない硬派で、しかし相手と痛みを分かち合おうとする優しさが感じられる舞台であった。

コメント

tpt『おそるべき親たち』

2010-10-27 | 舞台

*ジャン・コクトー作 木内宏昌台本 熊林弘高演出 公式サイトはこちら 東京芸術劇場小ホール 11月3日まで
 tpt公演に行くのはいったい何年ぶりだろう?90年代はイギリス人演出家デヴィッド・ルヴォ―の舞台に夢中になり、ベニサン・ピットへ嬉々として通ったものだ。ルヴォ―が遠ざかるとともに自分の足も遠のき、昨年1月にベニサン・ピットの閉館には驚きもし、残念で寂しく思ったが、既に自分の観劇の方向が大きく変わっていたこともあって、ことさら感傷的にはならなかった。2008年秋にシス・カンパニー公演『人形の家』で久々にルヴォ―演出に再会した。劇場はシアターコクーンであったが、1階は対面式、2,3階は四方の観客が見つめるなかで夫婦の関係が崩壊していくさまは、十数年前にベニサン・ピットでみた数々の舞台の空気をまざまざと思い起こさせるものであった。

 今回は1938年に初演されたジャン・コクトーの作品を木内宏昌による台本(翻訳について公演チラシには記載されていない。パンフレットは売り切れで後日発送待ち)、33歳の熊林弘高が演出する。佐藤オリエに麻実れいの大顔合わせに、中嶋しゅう、中嶋朋子、新人の満島真之介が加わっての上演だ。

 張り出し舞台を客席が3方向からみる形になっており、自分は下手側から観劇した。佐藤オリエは円熟を超越してどこへ行くのかを空恐ろしくなるほど一分の隙もなく、暴れ馬のような麻実れいを冷徹に支配する。中嶋しゅうは右往左往しながらエゴをむき出しにしたり、打ちしおれたりするさまから目が離せないし、この家族を崩壊させる要因となる中嶋朋子は、実年齢と役の年齢とはそうとう開きがあるようだが(笑)、不自然にはまったく思わせなかった。うぶな青年が夢中になると同時に、その父親が執着するだけの魅力を備えている。
 出演者が若い演出家を信頼し、時間をかけて台本を読み込んで、じっくりと作り上げたことが伝わってくる。いま日本でみることのできる舞台のなかで、本作はおそらくトップレベルにあると考えてよいだろう。

 しかし終演後の何とも言えない疲労感、嫌悪感はどこからくるのだろう。この物語はまず母子相姦がベースにあるのだが、前半においてその描写はどちらかというと無邪気で、背徳や罪の意識、隠微な印象は感じなかった。そのうち夫の元恋人が妻の姉であったとか、息子の恋人が父親の愛人であるとか、たった5人の登場人物のなかにこれだけの話を詰め込まなくても・・・と食傷するような展開になり、何よりも終幕、皆の面前で母親と息子が交わろうとする場面があり、この母子相姦を示すことがこの物語においてもはやそれほど重要かと思ったのである。描写にも納得がいかなかった。自分は戯曲を読んでいないので、どのような書き方がしてあるかはわからないのだが、このような見せ方が必要なのだろうか。

 疲労困憊し、嫌悪感を覚えることが受け取り方として適切な作品は確かにある。しかし本作もそうなのであろうか。どうしても93年tpt第1回公演、デビッド・ルヴォ―演出の『テレ―ズ・ラカン』を思い出す。これも実に後味の悪い話であった。しかし終演後に言葉にしがたい爽快感、幸福感が与えられたのである。それは何か、なぜか。自分はいまだに答が出せないでおり、今回の『おそるべき親たち』が長年の宿題を解き明かすための手立てとして重要な位置付けになるのではないかと思う。

コメント

水素74% 『転転転校生』

2010-10-26 | 舞台

*田川啓介作・演出 公式サイトはこちら アトリエ春風舎 31日まで 
 劇団掘出者(1,2,3,4,5) が解散し、作・演出の田川啓介が立ち上げた新しいユニットの旗揚げ公演。
 アトリエ春風舎は、みるほうとしては渋谷や下北沢に比べると多少不便ではある。小竹向原駅から劇場までの道は人通りも少なく、立ち寄れるようなお店もなく、帰り道は尚更暗く静かだが、観劇前は心を整えて芝居に向き合う準備、終演後は心を鎮めて考えるために実によい環境であると思う。倉庫の扉のような重い引き戸がごろごろと音を立てて閉まると、外界への出口が閉ざされて別空間での時間が始まったような感覚になる。
 たとえば青木豪の作品の場合、開演前から舞台が見えていて、そこに置かれた家具調度などさまざまな物がこれから始まる物語について観客に情報を与える役割を果たす。物置状態になった二段ベッドや「地産地消」と書かれた額をみながら、あれこれ考えるのは開演前に与えられた小さな楽しみだ。しかし今回は舞台が真っ暗で何も見えない。公式サイトにほんの少し、「こんな話です」とは書かれてあったが、事前情報はゼロに等しく、見えないところに向かって歩き出すような不安と期待が高まる。

 田川啓介の作品については、俳優が男女関係なく複数の役柄を演じ継いだり、生きている人が死んだ人と会話したりなどの演劇的仕掛けはあるものの、現実の日常に軸足をきちんと置いた上で、さまざまな試みに挑戦しており、結果としてそれらが成功している印象を持つ。非常に具体的、日常的な舞台空間を作り出しながら、そこで生まれる歪な人間関係や人間の心のきしみを描くことに力を発揮する作家ではないかと思う。
 しかしアトリエ春風舎は、劇場じたいがそうした日常性を消してしまうかのような抽象性を持っており(うまく書けない)、いつもの田川啓介作品とは少々そりが合わないのではないかと予感した。

 予感はある面で当たり、ある面では少しはずれた。タイトルのとおり転校生の話であるが、起承転結のはっきりしたラインはなく、俳優が台詞もなくいろいろな動きをしたり、同じやりとりが何度も続いたり、これまでとは違う方法を模索している様子が窺える。しかしそれらは有機的につながっておらず、まだ文字通り模索状態であり、田川の劇作家としての資質に、新作にあたっての座組み、劇場の特質など、舞台作りのいろいろな条件が合わさって相乗効果をあげているとは言いかねると感じた。

 劇団を解散すること、新しい劇団を立ち上げること、公演を実現させること。その過程には想像もできない多くの葛藤があり、労苦があるだろう。しかし客席が受け取るのは今夜目の前の舞台そのものである。水素74%の旗揚げ公演は、暗い海に漕ぎだした一艘の船のごとく航海に苦闘している印象を持ったが、何とか船を進めてほしい。葛藤や労苦がすぐ報われるほど甘い世界ではないだろうが、それらが劇作家田川啓介の糧になる日がきっと訪れると願っている。

コメント