因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

劇団劇作家 劇読み!vol.2『人の香り』

2008-07-29 | 舞台
*石原燃作 関根信一(劇団フライングステージ)演出 公式サイトはこちら シアターグリーンBASE THEATER 公演は27日で終了
 番外編も含めてこれが3回めの「劇読み!」である(1,2,3)。千秋楽最後の1本をようやくみることができた。登場人物は母(清水ひろみ)と娘(岡野真那美)だけだが、今回の「劇読み!」にはもうひとり、ト書きを読む俳優がいる(大地泰仁)。

 ☆公演は終了しておりますが、本作の本格的上演を願って、ここからご注意くださいませ☆

 母と娘がひっそりと暮らす家、庭は母が丹精した薔薇が満開の香りを放つ。題名の『人の香り』が示すように、本作は「香り」「匂い」が大きなモチーフになっている。舞台は生身の俳優がその場で表現するものでありながら、考えてみると実際に匂いがする舞台を体験したことはあっただろうか?俳優がものを食べたり飲んだりする場面ならみたことがあるが、それはほんとうに食べ物があるから匂いがするわけで、その場では「おお、ほんとうにカレーライスだ」とおもしろがったり、「水瓜って、結構匂いがするんだな」と驚いたり。本作はむせかえるような薔薇の芳香と男のからだの匂いが、まとわりつくように母と娘を覆う。舞台の薔薇の花は造花であろう、まったく香らない。もしほんものの薔薇を使っていたり、何か香りを放つ仕掛けがあったら興ざめだと思う。何も香らないからかえって濃厚に感じられる。薔薇の香りを振り払い、消えていく男の匂いを記憶にとどめようとする娘の心象に思いを及ばせることができるのだ。
 
 登場人物はト書き氏を含め、3人とも台本を持つ。中盤、ト書き氏が娘の傍らに身を寄せ、娘は彼の(という表現になってしまう)台本を覗き込んで読む場面があり、ちょっとドキッとする。ト書き氏は、母娘の会話の中にだけ登場して姿をみせないあの男を象徴するものかもしれない。

 激しいやりとりがあって終幕、母が娘をみつめる。「かける言葉もなく」というト書きに胸が痛む。「母が教え給いし歌」が小さく聴こえ、傷ついた娘と母を優しく包む。1時間15分の短い作品であるが、片足が義足である娘という設定や前述の薔薇の香りなど、実際の上演にあたってはさまざまな負荷や枷が予想される。

 リーディングでは、本式の上演よりも演出家、俳優の思いや願いが強く感じられるときがある。しかもそれの強さや方向性は、作品によって異なる。たとえば5月にシアタートラムで上演された「日本語を読む」シリーズでは、既に亡くなった劇作家、大家と呼ばれる劇作家の作品に、限られた準備期間の中で力一杯ぶつかっていく作り手側の強烈なエネルギーを感じた。だが今回の『人の香り』には「わたしはこう読み解く」「わたしはこう演じる」というそれぞれの立場を主張するものではなく、劇作家の思いを尊重し、この世に生まれたばかりの戯曲が初めて世に出る瞬間を大切に見守る眼差しが感じられる。「リーディングってうさんくさい」とは、2月の番外公演シンポジウムにおける関根信一の名言であり、自分も共感する。今回はそこに「でもリーディングって不思議」と付け加えたい。
 

コメント

パルコ・プロデュース『SISTERS』

2008-07-27 | 舞台
*長塚圭史作・演出 公式サイトはこちら パルコ劇場 8月3日まで
 何年前になるだろう。宮尾登美子原作の『櫂』がテレビドラマ化され、松たか子が主演した。放映前のインタビューで、初めて母親役を演じることについて不安はなかったかと問われて、「子役さんと接しているうちに母親らしい気持ちがどんどん沸いてきたので大丈夫だった」と答えていたことを思い出す。松たか子にとって、女優としてさまざまな役柄を演じるのは当たり前のことで、実体験があるかどうかは関係がないのだなと思わせるひと言であった。考えてみれば、父親も兄も歌舞伎役者、親戚も俳優だらけである。男が女になったり、人殺しをやったり人間でないものになったり、それを仕事として続けているのだ。役柄とプライベートにギャップがあったとしても女優として演じるだけのこと。自分は松たか子の女優としての非凡さと静かな決意を感じ取ったのだった。

 ☆まだ頭がまとまっておりません。これからどう書いていくのかも不明ですが、このあたりからご注意を☆

 休憩なしの2時間15分のあいだも終わってからも、すっきりしない気持ちが続いた。上演中少々妙な様子で中座する男性が少なくとも2人いて、どちらも客席に戻ってこなかった。終演後、同道の友人はしきりに「寒い寒い」と言って腕をさすっている。自分の精神状態も少し変で、お茶を飲むあいだもそのあとの食事のときも、不意に友人に八つ当たりしてしまいそうな衝動にかられる。

 舞台を覆っているのはズバリ父と娘の近親相姦である。自身だけでなく妹までも父によって犯された。妹を守れず、しかし父は妹を道連れに死を選び(ということだと思う)、取り残された姉は、なぜ自分ではなく妹を選んだのかと嫉妬心にも苛まれるのだった。

 心に深い傷を負い、過去を呼び覚まされる体験によって錯乱する女性を演じて、松たか子は申し分ない。しかしながら、この言葉にしがたい印象は何だろうか。

 観劇からわずか2日後に子どもへの性的虐待についての新聞記事を読んだことは、単なる偶然だろうか。もちろん今回の舞台は社会問題劇や告発劇ではないのだが、実際に性的虐待を受けた人に対して、救済や慰めを持ちうるものであろうか。松たか子という当代きっての実力派の女優を主役に据えた舞台と、影響が深刻で早期対応が求められるものの、社会的理解が進んでいないという性的虐待の現状を、切り離して考えてよいのだろうか。パンフレット記載の布施英利の評論は、この疑問に対してある方向を示すものである。また西堂行人の長塚作品論も、今回自分が味わった妙な心持ちの理由を考察する一助になりそうだ。しかしあれから一週間、心はまだ落ち着かない。

 自分はこの舞台についてもっと考えたいのか、それとも逃げたいのか。姿かたちの見えないものに対して苛立つ自分の心を持て余す。ぶつかっていく強さ、逃げ出して忘れる図太さ。今の段階ではそのどちらも持ち合わせていないことのみ記して、ひとまず筆を置くことにする。

 

コメント

『羊と兵隊』

2008-07-21 | 舞台
*岩松了作・演出 公式サイトはこちら 下北沢本多劇場 27日まで

 軍靴製造で財を築いた一家がある。両親(岩松了、佐藤直子)は長男を納屋に隠し、身代わり(中村獅童)の男を出征させようと目論んでいる。

 ☆謎の多い作品です。未見の方はここからご注意くださいませ☆

 今回は戦争の話だとは知っていたが、太平洋戦争時代ではなさそうである。日本なのか外地なのか、場所もよくわからない。登場人物の幾人かは不自然な白塗りメイクで、衣裳にも妙な汚れがついている。リアルに戦争を描くのではなく、戦争状態において人がどのような影響を受けるか、それも貧困や飢えや死の恐怖という具体的で目に見えることよりも、精神がどう変貌していくかを見せられたように感じる。

 戦争を描いたドラマや映画、舞台をみるとき、自分が体験したわけでもないのに、人物の服装や髪型、所作や言葉遣いまで知らず知らずチェックしてしまったりする。それまでみてきた戦争ものや本などから得た貧しい知識にすぎないとわかっていながら、どれだけリアルに描かれているかという縄目から解放されない。しかしどれほど知識を得ても、実際に味わったことがなければ、この苦しみは到底理解できないと思う。人は生まれる場所と時代を選べない。平和な日本に生まれ育った自分は幸せである。その幸せに感謝しつつも、当時のことを想像すらできない自分が無力に思えてならない。落ち込んでもしかたがないのに。

 どうして戦争が起きるのか。その理由がわかれば事前に防ぐことができるかもしれない。いや人間は基本的に争い合うものだという考え方もあるだろう。公演パンフレットに岩松了は「『羊と兵隊』と今日的雑感」のタイトルで寄稿しており、「何かを守ろうとすること、何かを求めようとすること、社会の中で、おそらくは肯定されるはずの人の営為が、実は戦争に直結している…」と述べている。国家や政治がどうのということではない、自分とその大切な人を守りた。そのささやかな思いが戦争をなくし、平和な世界に繋がっていくのだ、と普通に考えるところに、岩松は不気味なまでに冷徹な目を向けたのだと思う。
 
 全編謎めいた暗い雰囲気ではあるが、結構笑える箇所も多い。メイクが濃すぎてしばらくは高橋理恵子だとわからなかった家庭教師の言動はほとんど意味がわからないし、長女(辺見えみり)の婚約者(近藤公園)と彼の秘書(阿部ユキ)のいささかSM的な関係も意図がわからないがおもしろいし、スタンドを抱えて「長は短を兼ねるってな」と走る父親や、コーヒーを飲む仕草をして「入っていない」という自治区の男(永岡佑)や、必死なのかふざけているのかわからない。こういう本筋に直接関わらない細かいところほど頭に残っていて、や、困ったものだ。中村獅童は強靭でしなやか。歌舞伎はもちろん頑張ってほしいけれども、現代劇にももっと挑戦してくれれば嬉しい。救いようのない話ではあるが、客席の反応は温かかった。獅童の挑戦を喜び、今後にエールを送りたい。

 これから8月の終戦記念日に向けて、戦争を題材にしたテレビドラマやドキュメンタリーが何本も放映されるだろう。なぜ人は争うのか。多くの人が問いかけ、答を探す。ともに考え、行動しようと呼びかける。『羊と兵隊』は問いかけに対してわかりやすい答をもつものではなく、むしろどんどんわからなくさせるものである。身代わりの男がどういう経緯であの家に来たのかは最後まで示されず、末の妹(田島ゆみか)の行為も衝撃的ではあっても理由がわからない。不十分なところが多いのだ。しかし前述の濃すぎるメイクや意味不明のダンスシーンなど、無意味に過剰なところがあって、しかし余計だとは思えないのだ。『羊と兵隊』はずっとあとになって不意に甦るかもしれない。あ、あのときのあれはこれのことだったのだと。それがいつ、どういう形でくるかはわからない。そこで自分の心がどう動くことになるのか、楽しみでもあり、恐くもあるのだった。

コメント   トラックバック (1)

葉月の予定

2008-07-21 | お知らせ
 少し早めですが、今月末に開幕する舞台もありますので、未確定も含めお知らせいたします。
羽衣『ROMANCE POOL』どうしてこの舞台に足を運んだのか、理由や動機づけがはっきりしないことが増えた。偶然の出会いが必然となることを祈って、これが初見となる。
モナカ興業『点滅する秋』(1,1`)どうにも好きになってしまったようなのです、あの緩いようでキツい雰囲気が。
熱帯倶楽部『旧歌』青木豪作・演出によるグリング公演をみたのは4年前の夏だったか。あの楽しさと終幕の寂寥感は今でも忘れられない。今度は違う演出とカンパニーで。
*松尾スズキ作・演出『女教師は二度抱かれた』観劇前にあれこれ考えないほうがいいと思う…。
グリング『ピース-短編集のような・・・』
庭劇団ペニノ『星影のJr.』(1,2,3)ペニノにもだいぶ「慣れてきた」自分であるが、新鮮に怖れる気持ちも持ち続けて舞台に臨みたい。
*13号地『瓦礫と勲章』羽衣に同じく。
サスペンデッズ『MOTION&CONTROL』新国立劇場の『鳥瞰図』を見逃した。本拠地での舞台を楽しみに。
アロッタファジャイナ『ルドンの黙示』(1,2)暗示に富むタイトルである。あまり先走った予想をせず、心を解放して伸び伸びと楽しもう。
ミナモザ『八月のバス停の悪魔』(1,2,3,4,5,6,7)この場にミナモザの新作予定を記せるのは、自分にとってとても嬉しいことだ。出会いから3年、互いの変化を確かめつつ。

コメント

shelf『Little Eyolf-ちいさなエイヨルフ-』

2008-07-19 | 舞台
*ヘンリク・イプセン原作 矢野靖人構成・演出 公式サイトはこちら アトリエセンティオ 21日まで
 5月から始まった特別企画SENTIVAL!の白眉を飾る舞台である。
 センティオに行ったのは昨年の晩秋以来で、歩きながら少しずつ道筋を思い出す。

「松葉杖が浮いている」この台詞を聞いたのは、大学時代の講義である。当時のノートを読み返すと、近代演劇の父と呼ばれるイプセンのことを自分でも驚くほどいろいろ教わっているのである。しかしそれらが実際の上演をみる際に役立っているかと言うと、何一つ自分の血肉になっていない、というより忘れている。猫に小判とはこのことだ。自分とイプセンとは不運な出会い方をしたのだろうか。

 ところが昨年秋、庭劇団ペニノ公演『野鴨』と思いがけない出会いを与えられた(1,2)。もう一度、いや最初からイプセンを読んでみよう。その喜びの延長に、今回の『ちいさなエイヨルフ』が連なっていたと思われる。とはいえ冒険的、前衛的な手法をしっかり受け止められる体質ではないので、相当な覚悟をもって観劇に臨んだ。うっかりすると爆睡だと。

☆この記事を何時に掲載できるかわかりませんが、公演は明日21が千秋楽です。ご注意くださいませ☆

 白い壁と床、数脚の椅子とトランクでほとんど裸舞台である。俳優の演技や所作も、いわゆるリアリズム演劇の手法とは異なる。俳優によってト書きが読まれるあたりはリーディング的要素もあって、不思議なことにト書きを聴くうちに、目の前のドアがひとつずつ開いていくのに導かれて自分が歩いていくような感覚に陥った。照明や音楽の繊細な変化は、作り込んだ舞台装置や新劇的な演技よりも、はるかにこちらの想像力を掻き立てる。

 気がつくと爆睡どころか、緊張感が途切れることなく舞台に見入っていた。大学時代に教わったことが役立っているのかその答はでないが、自分は年月を経てイプセンと再会できたのだと思う。これから秋にはデヴィッド・ルヴォー演出の『人形の家』、来年冬には庭劇団ペニノの『ちいさなエイヨルフ』が上演される。幸運に感謝したい。

コメント