因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

因幡屋通信57号完成

2017-09-30 | お知らせ
 おかげさまで、因幡屋通信が57号を重ねることができ、9月30日(土)設置先各劇場、ギャラリーさまへ発送いたしました。お読みくださる方々、設置や配布にご協力いただいている皆さま、ほんとうにありがとうございます。 今回は、「あなたがハンナになる日」と題しまして、ジョン・レタラック作 鈴木アツト演出の『ハンナとハンナ』リーディング公演について書かせていただきました。 観劇後のブログ記事はこちらです。  . . . 本文を読む
コメント

劇団民藝公演『33の変奏曲』

2017-09-27 | 舞台
*モイゼス・カウフマン作 丹野郁弓翻訳・演出 公式サイトはこちら 紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA 10月8日まで 現在のニューヨーク、音楽理論学者キャサリンは難病と闘いながら研究にいそしむ。一方で、19世紀初頭のウィーンではやはり病に冒されたベートーベンが変奏曲の作曲に取り組んでいる。現在と過去が行き来しながら、音楽を人生の宝として与えられた人々の物語。(1,2,3,4,5,6,7, . . . 本文を読む
コメント

green flowers vol.18『かっぽれ!締』

2017-09-21 | 舞台
*内藤裕子作・演出 公式サイトはこちら(1,2,3,4,5,6,7)シアター風姿花伝 24日で終了 落語の今今亭東吉師匠とその一門、彼らをめぐる人々の季節ごとの大騒動を描いたグリフラの代表作は、2011年晩秋の『かっぽれ!』はじまり、翌年『かっぽれ!春』、2013年の『かっぽれ!~夏~』に続いて、4本めの本作をもって遂にファイナルとなった。開幕は毎度軽快な出囃子に乗って、二ツ目の吉太が明るく登場、 . . . 本文を読む
コメント

Straw&Berry #4『ウロボロス』

2017-09-17 | 舞台
*河西裕介脚本・演出 公式サイトはこちら 新宿眼科画廊 19日で終了(1) 2013年、「国分寺大人倶楽部」の活動を休止した河西裕介がソロユニット「Straw&Berry」の活動を開始。2017年の今年、小西耕一、佐賀モトキ、上田祐揮、井上紗彩が新しくメンバーとなり、劇団化した。4回めの公演だが、劇団としての第一歩となる。個人ユニットやプロデュース公演などが盛んに行われている昨今においても、「劇団 . . . 本文を読む
コメント

風琴工房『アンネの日』

2017-09-17 | 日記
*MITAKA”Next”Selection 18th 詩森ろば作・演出・宣伝美術・衣裳 公式サイトはこちら 三鷹市芸術文化センター星のホール 19日で終了(1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19) 昨年の紀伊国屋演劇賞個人賞を受賞し、勢いに乗る詩森ろばの新作は、新しい生理用ナプキンの開発に挑む女性たちと、彼女ら一人ひ . . . 本文を読む
コメント