因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

新宿梁山泊 第58回公演 『マクベス』

2016-11-26 | 日記

*ウィリアム・シェイクスピア原作 小田島雄志翻訳 金守珍演出 宇野亞喜良美術 公式サイトはこちら 芝居砦満点星 27日で終了
 満点星シェイクスピアシリーズVol.3
 梁山泊は、2011年夏、スズナリでの公演を一度見たきりである。
 芝居好きの友人からいろいろに情報や噂を聞きながら、本拠地にはなかなか行けないでいたのだが、今回遅ればせながら、はじめて芝居砦満天星へ。同道の友人も「一度しか行ったことがない」そうで、ふたりして劇団から届いたチケットに同封の道案内を頼りに、途中お寺や墓場の横を通り、たどり着いたのは、築30年は軽く超えていると思われる古い団地であった。さらに階段を地下2階まで降りていく。これが夜の公演で、ひとりであったらどれほど心細いことか。しかし来年創立30周年を迎える新宿梁山泊の拠点、芝居砦満点星は、「ここにこんな場所があるのか」と驚嘆するほど豊かで楽しく、寛げる空間であった。

 ゆったりとしたロビーは、新宿の古い喫茶店を思わせ、奥のカウンターで飲み物を注文することもできる。そして何より驚いたのは、階段、ロビー、廊下や通路に掛けられたたくさんの公演ポスターである!梁山泊のものはもちろんのこと、状況劇場公演のものも惜しげもなく飾られており、それらに囲まれていると時空を飛び越えたような感覚に陥る。
 さらにロビーから劇場へ案内してくれる俳優さんたちのてきぱきとした対応、あとひとつ席を作りたいと少しずつ詰めてもらうよう観客を誘導する手際が実に気持ち良く、これから芝居を見る気持ちを高めてくれる。

 満点星の天井は低く、両脇に太い柱があり、客席もそうとうにきつめの作りであるが、舞台の奥行きがあり、底知れぬ闇が続いているかのように見えて圧迫感がない。数枚の紗幕、通路も使った俳優の出入り、そして奥行きをたっぷりと活かした運びで、『マクベス』を90分ノンストップで走りきる。俳優のメイクも(とくに魔女3人)衣装も手の込んだもので、また気合いを感じさせる迫力の大道具小道具が次々に登場し、公演チラシにあるように「光の射さぬ地下の砦で、野心の焔が燃えさかる」舞台がまさしく。

 だいたい自分はさまざまなものに出遅れるたちであるが、新宿梁山泊には30年も遅れをとってしまった。唐十郎、寺山修司はじめ、日本のアングラの息吹を今に伝えんとする金守珍率いる梁山泊、見のがした舞台を想像すると残念でならないが、未来の舞台に期待しよう。

 俳優の声について考えた。舞台において求められる俳優の声とはどんなものであろうか。美しく、よく通る声であることは大切だ。適切な訓練を受け、根気強く鍛錬を続けて声を変えることは可能である。しかし後天的な努力では変えられない地声の部分はどうしてもあるだろう。客席に届くのは、美しい声というより、美しい聞かせ方のできる声ではないだろうか。多くの俳優の声を浴びるように聴くなか、最後までなじめない声もあり、役が要求する声、役に必要な聞かせ方を探るとともに、客席においてもよい耳を持てるよう努めたい。

コメント

笛井事務所第8回公演『冒した者』

2016-11-23 | 舞台

*三好十郎作 望月順吉(文学座)演出 公式サイトはこちら 新宿シアターモリエール 28日で終了
 寡聞にて今回の公演ではじめてその活動を知った。「笛井事務所」との名称であるが、いわゆる芸能プロダクションや芸能事務所ではない。設立から4年、「戦後日本文学を通して現代社会にも通じる人間の不変の姿を見ることをテーマに、公演毎に演出家・出演者をアレンジして活動」(公式サイトより)という高い志を掲げた硬質なカンパニーとお見受けする。自分自身、ここ数年三好十郎作品との幸せな出会いが続いており、そのご縁に導かれたのだろう。

 本作は作者の三好十郎自身を濃厚に投影した『浮漂』の続編と言われており、たしかに妻を亡くした「私」が主人公なのだが、戯曲の方向性、読む者、舞台を見る者への訴え方は大きく異なる。なので『浮漂』の後日譚という意識で臨むと、いささか躓くことになろう。まず冒頭から「私」の異様に長い独白なのである。心象の告白に始まり、いま自分が住んでいる家の住人たち、部屋の様子、そして時は夕刻。4つか5つの家族の合計9人がともに囲む夕食が始まる。

 「私」が問わず語りのように住人たちの紹介をはじめ、次々と登場する彼らは黒を基調にした洋服や和服を身に着けている。ネクタイやベルトなどに鮮やかな赤がアクセントになっているところなど、とても終戦後の日本とは思えないモダン(これは死語?)なものである。さらに彼らは顔を白く塗っている。歌舞伎俳優のように、顔ぜんたいをきれいに白塗りにするのではなく、輪郭部分はそのままの肌を残している。そしてある女性は毒々しいまでに青いアイシャドーを濃く施し、ある男性は志村のバカ殿ばりに眉毛が太い。おてもやんのように頬の赤い人物もいる。普通の服装、素顔で登場するのは、「私」とその友人の須永、そして広島で被爆したために盲目となった少女のモモちゃんの3人である。

 三好十郎作品は、登場する人々の葛藤や苦悩、衝突や決裂を息苦しいまでに生々しく描く、つまりリアリズムの演劇であると捉えていた。しかし今回の舞台において、素顔の3人と、まるでコスプレをしているかのようなそのほかの人々を同時に板に乗せて進行する芝居を見ていると、知らないあいだにできてしまった固定観念が崩れ、目の前の舞台に対して自分はどう向き合うことが適切なのかを迷いつつ、だんだんに楽しめるようになってきた。とくにおもしろいのは、物語が後半に入ると、人々はところどころメイクを崩して登場し、終盤に進むにつれてどんどん素顔を晒してゆくところである。

 本作はひとつ屋根の下に住む大勢の人々が出入りが多く、とくに須永が殺人犯ではないかと疑われはじめたあたりから、どうかするとドタバタ騒動劇の雰囲気すら持ち始める。それがこのメイクの変容によって、前半、戯画めいていささか騒々しかった人々から、生身の息づかいや肌の感触、とりつくろうことなどできなくなり、本音を吐き、暴走する様相がより強烈に伝わってきた。

 この演出には賛否があるだろう。徹底したリアリズムで人々の心の動きや関係性の変容を描く方法はもちろんあるのであり、今回のように抽象的なこしらえを加えることによって、物語の流れや人物の心の揺れをよりわかりやすい形で観客に示す方法と、どちらが正しい、まちがっているという判断は、自分にはできない。

 ただ違和感を抱いたのは、冒頭の「私」の独白が、非常に強い調子ではじまり、それが彼の造形の基調となっている点である。独白にト書きはない。だからどのような声の大きさ、速さ、高さ、色合いで発するかは演出家の解釈であり、それを体現する俳優の力量に任されていると考えられる。今回の松尾敏伸の造形が、作品ぜんたいのなかで適切であったのか、ここでも判断のできない自分がもどかしいいのである。この箇所は、まさに独り言のように静かにつぶやく演技も、じゅうぶん「あり」ではないだろうか。

 「私」は終幕においても壮絶な独白をする。ここでメイクを崩し、素顔に近くなった人々が「私」とともに舞台に並んで客席を見据える場面は圧巻だ。そしてそのあとの須永とモモちゃんのやりとりがいっそう静謐に、悲しく見えるのである。

 タイトルの「冒した者」は、「人間がみな死んでしまうかもしれない原子爆弾を、ほかならぬ人間が作り出して使った。神だけがその資格があることを、人間が冒した」という「私」の痛切極まりない独白に示されている。戦争加害者と被害者という区別ではなく、人間すべてが根源的に罪を内在しながら、それでもなお生きていくと「私」は客席をも挑発するかのように宣言するが、須永は「平和に近づこうとすると戦争に近づいてしまう。生きようとすると死ななければならない」(中略)「生きると言うことは、殺すという事ですよ」とモモちゃんの手をとり、その場から去る。

 10人の出演俳優は、新劇系劇団の養成所出身、声優やモデル、映画の撮影助手から俳優に転身した方など、多種彩々である。織子役の奥村飛鳥自身が笛井事務所の主宰であり、東京パフォーマンスドールのメンバーとしてデヴュー後、北区つかこうへい劇団、無名塾、蜷川幸雄主宰のさいたまネクストシアターを経て、アメリカ留学中に事務所を旗揚げしたという実に多彩な演劇歴の持ち主だ。多くの演劇人の指導を受け、その人生に接したのちに、安倍公房や岸田國士、今回の三好十郎など、日本文学を通して人間のすがたを見ることをテーマに活動を継続していることを、こちらも大切に受けとめたい。

コメント

演劇集団円 『景清』

2016-11-22 | 舞台

*近松門左衛門原作 フジノサツコ作 森新太郎演出 公式サイトはこちら 吉祥寺シアター 27日まで 
 公演チラシには、「近松門左衛門の浄瑠璃台本『出世景清』を原典に、幸若舞、能や歌舞伎、各地に伝わる伝説などから想を得て、平景清(たいらのかげきよ)を中心に戦乱の世に振り回された人間たちの哀れを描きます」と重々しく。タイトルロールを演じる橋爪功は75歳の現在、ドラマや映画でもなくてはならない俳優であり、演出は今や「円の演出家」のくくりでは到底語れぬほど幅広く活躍している森新太郎。このふたりがホームグラウンドで5年ぶりにタッグを組む。
…と書くとチラシの惹句のごとく重々しいが、橋爪と森のふたりには得も言われぬ軽やかさがある。それは橋爪が身にまとう飄々とした雰囲気や、あまり深刻にならず役柄を楽しんでいるかのように見える演技ゆえ。森には、どれほど重厚で手ごわい戯曲であろうと、こちらが想像もしない斬新な舞台美術やこしらえを編み出し、しかしそのなかに、戯曲の本質をまちがいなく提示する安定感ゆえであろう。チケットは全日程完売!

 物語は盲目となり老いさらばえた景清(橋爪)のもとに、自分が生まれたいきさつ、父の人生を知りたいと娘(高橋理恵子)が訪ねてくる場面にはじまる。

 本作の大きな特徴は、景清とその娘以外の人物は、すべて人形が演じる点である。人形は人間と同じくらいの大きさで、和紙と布で作られているように見える(西原梨絵人形デザイン、衣装)。役によっては横向きにしなければステージの出入りができないほど巨大なものもあり、俳優はそれを楯のように前面に構え、動かしながら台詞を発する。男性、女性ともに白いドレス状の衣装をまとい、ときには人形のうしろから顔を出したり、小道具を使う際は手も出す。景清の妻小野姫が、夫の行く手を聞き出そうとする敵方から拷問される場では、人形は天井から吊るされ、俳優(戎哲史)は舞台前面に額づき、痛みに耐えて夫を守り抜く小野姫を素顔を晒して演じる。また景清とのあいだに子を成した遊女の阿古屋を演じるのは、石住昭彦である。声を変えるでもなく、むくつけき男の素顔のままで、嫉妬のために夫の居場所を明かし、ふたりの子どもたちもろとも自害して果てる場面を壮絶に演じた。平幹二朗の『メディア』を想起させ、圧巻であった。

 人形を操作しながらの演技と言えば、江戸糸あやつり人形劇団の結城座が思い浮かぶが、橋爪の景清が終始顔とからだを晒しているなかで、表情のない人形がわさわさと動くさまには不気味な威圧感があり、その一方でどこか抜け殻のような頼りなさや非現実感もあり、中心にいる景清の息づかいが伝わる効果を上げている。

 出生のいきさつを知った景清の娘は、盲目の父を抱きしめ、自分の人生を語りはじめ、その娘もまたすでにこの世の人ではないと知ったとき、いまだ世界中で戦乱が絶えぬこと、意味もなく一方的に人生を断ち切られた無数の人々の呻きや嘆きが語られているかのようであった。

 ずっとモナカ興業の舞台を楽しんできた自分にとって(1,2,3,4,5,6,7,8)、ここ数年における『橋爪功・夏の夜の怪談』や、新国立劇場公演『東海道四谷怪談』など、日本の古典を読み解いて新しい物語を作り出すフジノサツコの活動は意外な印象があり(いずれも未見)、今回もはじめのうちは戸惑いがあったが、橋爪功の牽引力、高橋理恵子の地味ながら手堅い演技に引き込まれた。テレビや映画で見る機会の多い俳優だからこそ、俳優業の基盤となっている舞台をしっかりと見ておきたい。

コメント

日本のラジオ 『ヒゲンジツノオウコク』

2016-11-20 | 舞台

*屋代秀樹作・演出 公式サイトはこちら 新宿眼科画廊スペース地下 20日で終了 (1,2,3,4,5,6,7
 辺見(宮崎雄真/アマヤドリ)はかつて小説を書いていたが、ここしばらく活動休止状態。恩師の伝手で多賀家を訪れ、四姉妹の末娘の家庭教師として通うことになった。新宿眼科画廊スペースを横長に使い、壁にはまるでひびのように蔦が這い、そこに枯れた薔薇が数本付けられている。中央には木製の小さなテーブル、その上にガラス瓶がひとつ。最初に舞台に登場するのは次女(田中渚)である。古風なドレスをまとい、髪には羽飾りまでつけて、まるでヨーロッパの貴婦人のよう。長女(八木麻衣子)はメイクも地味で、喪服風の黒のドレス、四女はフリルが可愛いミニドレスだ。髪の色やメイクは現代風で、それぞれややずれたコスプレの趣だ。次女は辺見を庭師とまちがえ、四女は義務教育の途中でリタイアしたらしいが、しきりに「大学に行きたい」と言う。広大な屋敷で誰ともつき合わず、世間から隔離された環境の姉妹たちと、小説家くずれの中年男とのぎこちないやりとりが続く。

 それぞれ性格の違う娘たちと辺見との会話は、テンポが良いとは決して言えないのだがそこに妙味があって、とぼけたコントのような味わいがある。しかしすがたを見せず、会話のなかにだけ登場する三女がキーパーソンであることが示されてくると、物語は次第に横溝正史ばりに変容してゆく。落としどころはカニバリズム、と言ってしまえばそれまでなのだが、血や手足など、生々しいものをまったく出さずに描くところが本作の旨みであろう。長女が「父の遺言だから」と、辺見に見せることを頑なに拒んだ本がどのようなものなのか、家庭教師の仕事を世話するにかこつけて、辺見にその本を入手するよう命じた恩師とは何者なのか。そもそも姉妹たちの父とは?

 意を決して三女の部屋に向かった辺見は、もう二度と帰ってこない。しばらくして多賀家に男性の訪問客が。辺見役の宮崎が、今度はハンチング帽の似合う庭師として登場する。彼もやがてはすがたを消すことになるのだろう。

 さまざまなことが、際どいあたりまで示されながら、すべては語られない。もどかしい、もの足りない気持ちはたしかにある。しかし手の届きそうな寸前で断ち切られる物語は、猟奇的な内容であるにも関わらず存外爽やかであり、ここに自分は嵌っているのである。

コメント

朗読劇 『季節が僕たちを連れ去ったあとに』

2016-11-18 | 舞台

*山田太一編『寺山修司からの手紙』(岩波書店刊)より 広田淳一(アマヤドリ)構成・演出 公式サイトは こちら 六行会ホール 20日まで
 トライストーン・エンタテイメントによる昨年夏の『女中たち』は、若い俳優の誠実な姿勢が強く印象に残っている。今回は山田太一が編んだ『寺山修司からの手紙』を原作に、広田淳一(アマヤドリ)が構成・演出を行う朗読劇である。「若者たちでなければありえなかった、創造するエネルギーの入り口で出会った二人の永遠の時間」(公演チラシより)を読み、語るのは、間宮祥太朗&玉置玲央、山口翔悟&矢崎広、首藤康之&中島歩の若手俳優3組だ。山口が寺山を、矢崎が山田を演じる回を観劇した。

 舞台中央に椅子が2脚、両脇少し下がった位置に1脚ずつ、さらに後方には、バーに置かれているような小さなテーブルと椅子2脚が2セットが置かれている。原作はふたりが取り交わした夥しい書簡の数々に、1983年5月に亡くなった寺山の葬儀における山田太一の弔辞、寺山の公私に渡るパートナーであった田中未知の随筆、最後は山田のあとがきで閉じられている。
 今回の舞台は、この原作の構成を巧みに活かす。中央の椅子に山田役の矢崎と寺山役の山口が掛け、少し後方に下がった上手に田中未知役の笹井里美、下手に少年時代の修司役の小角まやが掛ける。冒頭の台詞は「寺山さんは四十七歳で亡くなり、私は八十一歳になってしまった」という山田のあとがきである。自分は原作を読んだとき、この一行に痛みに近い感覚を覚えた。それが冒頭で読まれたことによって、これから始まろうとしている舞台に一気に引き込まれた。

 単に書簡が次々に読まれるのではなく、ときおり田中未知の随筆が読まれることでふたりの状況や関係の変化などが明確に示される。さらに後方のテーブルにはコロス役の女優4名が山田と寺山に関わった女性たちを演じ継ぎ、めりはりのある立体的な朗読劇となった。

 とくに印象に残った場面がひとつある。1983年に放送された山田太一脚本の『早春スケッチブック』(wikipedia)を、寺山は田中とともに毎週楽しみに見ていたという。山崎務演じる無頼の写真家が、かつて捨てた恋人(岩下志麻)と息子(鶴見辰吾)に向かって刃のような言葉を投げつける。舞台では寺山役の山口翔吾が山崎務を、山田役の矢崎広が鶴見辰吾を、母親の岩下志麻をコロス役の女優が演じる形をとったのである。「バカいっちゃいけねえ。そんな風に見切りをつけちゃいけねえ」と叫ぶ山崎務は、脳腫瘍で余命わずかという設定もあり、まさに鬼気迫る演技であった。33歳の山口が同じ言葉を発するには、非常にハードルが高かったと想像する。しかし山口は無理な背伸びや不自然な造形をせず、山崎をなぞることもしなかった。今のままの彼自身をぶつけるように、捨てた息子に向かって「世界に向かって、俺を重んじよ、と、いえるような人間になるんだ」と訴えたのである。

 対して29歳の矢崎は、自分の実年齢から10歳以上も若い18歳の息子役だ。実の父のすさまじい勢いに圧倒され、母親と育ての父への思いを抱えながら、それでも実の父の訴えを受け止めようとする。『早春スケッチブック』の一場面が実際に演じられるとは予想外であったが、若手俳優の辛抱づよく誠実なすがたはこの舞台の白眉であり、構成・演出の広田淳一の手腕がみごとに発揮された場面と言えよう。

 女優が担当するパートについてはもう少し…と欲が出る。田中未知役は非常に重要なポジションであるから、声の出し方や呼吸など、もっと深い造形が求められるのではないか。また寺山の少年役の活かし方にも余地があると思われる。

 終幕、山田役の矢崎によって、「寺山さんは四十七歳で亡くなり、私は八十一歳になってしまった」の台詞が再び(三度目か)語られる。原作を読み、冒頭でこの台詞を聴いたときの痛みが、いっそう切なく蘇った。

コメント