因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

父・正典のこと『ちりとてちん』

2007-11-29 | テレビドラマ
 ヒロイン喜代美(貫地谷しほり)の父正典(松重豊)のことを少し。和田家の面々は母の糸子(和久井映見)をはじめとして皆相当にぶっとんでいる。食卓の会話はその様子がわかる格好の場である。もう何週も前だが、塗り箸職人の正典を取材したいとフリーライターの奈津子(原沙知絵)がやってくる。掲載されるのが女性誌『サブリナ』(たしか)と聞いて、父は「どんな雑誌だろう」と素朴な疑問を口にする。すると長男の正平(橋本淳)が、雑誌のコンセプトや読者層について滔々と述べる。正典が「なんで知っとるんや?」と聞くとすかさず、祖母小梅(江波杏子)が「これですのや」と食卓の下から雑誌『サブリナ』の現物を取り出す。正典は「なんで持っとるんや?」と驚く。このドラマについての記事を最初に書いたとき、自分は何気なく「父親の突っ込みがおもしろい」と記したのだが、待てよと思った。正典の台詞は、けったいな家族の言動に対する実に率直な疑問でありコメントであり、批評である。彼は和田家の中で、いちばん普通の感覚の持ち主なのだ。自分たちみる側が思うことを、絶妙のタイミングで言ってくれるので、場面のテンポが上がり、ぐんとおもしろくなるのである。そのコメントに対して、家族がほとんど反応せずにどんどん会話が進んでいくところがなんとも…。

 先週放送分で、喜代美にぞっこんだった和田友春(友井雄亮)が「B子との婚約を解消させてください」と頭を下げにくる。無論婚約などしておらず彼の思い込みなのだが、他の家族が婚約云々の話で盛り上がったのに対し、正典だけは少し違う表情をしていた。友春が「B子に負けないように、自分も父親の立派な跡継ぎになるために頑張る」という、「B子に負けないように」のひとことを聞き逃さなかったのだ。このあと、塗り箸屋の店先で正典と友春がかわす会話はしみじみと心に残るいい場面だった。友春さんのことも書きたいので、この場面のことはここまでで…

 

コメント (2)

蜷川幸雄演出 小栗旬主演『カリギュラ』

2007-11-25 | インポート
*アルベール・カミュ作 岩切正一郎訳 蜷川幸雄演出 公式サイトはこちら シアターコクーン 30日まで そのあと大阪公演もあり
 上演前にパンフレットを買うのにこんなに長い行列を体験したのは、おそらく今回が初めてであろう。満席の上に3時間20分にも及ぶ長時間の舞台にも関わらず、立ち見もぎっしりの盛況だ。いま人気沸騰の小栗旬が主演する舞台への熱気は開幕前から凄まじい。

 小栗旬をみたのは2003年の『宇宙でいちばん速い時計』が初めてで、その翌月に蜷川演出の『ハムレット』でフォーティンブラスを演じたのをみた。前者は舞台ぜんたいがよく把握できず、後者は藤原竜也のハムレットがあまりに素晴らしく、その終幕に突然現れて物語を締めくくるというフォーティンブラス役は、あのときの小栗旬には荷が重すぎると感じた。この役は難しい。未熟なのはもちろんだが、いかにも「待ってました」的な空気も違うし、登場まで3時間も待ち続けるなど、心身をどう調整すればいいのか、ベテランでも悩むのではないか。その小栗旬が、いま堂々と『カリギュラ』の中心に立っている。あっと言う間に売れっ子の人気俳優になったこと、過密なスケジュールや、人気という移ろいやすい評価から逃れられない俳優業に苦しみながらも難解な戯曲に挑戦していることに、胸が熱くなる思いである。

 公演パンフレットによれば、演出の蜷川幸雄は若いときにカミュやサルトルやボーボワールを熱心に読んだ世代であるという。出演俳優の中にも30数年前に読みかじった、わけもわからずに読んでいたというエピソードの披露があり、ある世代にとっては知的好奇心を掻き立て、わかるかどうかは別として、カミュを読んでいるという格好だけでも…という実感、手触りをもつものであったらしい。

 話じたいを理解することはできなくても、小栗旬をみられたのなら充分に満たされるといっていいくらいの賑々しい観劇体験であった。彼による『ハムレット』が、自分のなかで俄に現実味を持ち始めた。それがいつになるか、どのような形で実現するのだろうか。

コメント (4)

落語会成功!『ちりとてちん』第7週

2007-11-24 | テレビドラマ
 1週間遅れの記事になります。居酒屋『寝床』での落語会で、師匠草若(渡瀬恒彦)の息子小草若(茂山宗彦)がトリをつとめるあたりからが圧巻であった。彼は『愛宕山』をやるはずであったのに、噺の枕に自分が小草若の名前をつけてもらった時の嬉しさを語りはじめ、だんだん感極まって何と『寿限無』に突入してしまったのである。彼がほんとうは父親を好きで尊敬していること、父親のもとで落語家の修業がしたかったこと、諍いの日々が辛かったことなど、言葉に言い尽くせない気持ちが一気に噴き出したのであろう。小草若が途中で泣き伏して落語が続けられなくなるあたりで自分は食事の手が止まり、客席にいた草若が遂に高座に上がり、『愛宕山』を始めるところで涙とまらず。

 売れっ子タレントではあるものの、小草若の落語がさっぱりなのは、小浜の和田家での『寿限無』が悲惨な出来であったことで既に証明済みである。その小草若が父の十八番『愛宕山』をやるというのだ。稽古も本番もさぞかし七転八倒になることを心配(期待?)していたのだが、こう来ましたか。うまいというか心憎いというか、でもちょっとずるい気もしますねぇ。これからヒロイン喜代美(貫地谷しほり)だけでなく、小草若の落語家修業の場もたっぷりと見たいものです。

コメント

劇団桃唄309『三つの頭と一本の腕』

2007-11-21 | 舞台
*長谷基弘戯曲・演出 公式サイトはこちら こまばアゴラ劇場 12月2日まで
 稽古場見学から4日後の初日の舞台をみる。驚いた。わずか数日でここまできっちり仕上がっているとは。後半部分を繰り返し検討していた様子から、「七転八倒」「産みの苦しみ」を越えた、おそらく死にもの狂いの頑張りがあったと想像する。劇場に入ると気のせいかしら、微かにお香の匂いがして、時おりチリリンと小さな鈴の音が聞こえる。開幕前のひととき、深い闇の中にいるような不思議な静けさが身を包む。

 民話や地方の習俗を収集研究するアマチュアのグループがあり、その中のひとりが謎の死を遂げた。彼の足取りを追いながら過去を回想する形で物語は進む。正方形の舞台の周囲に竹垣や小さな橋(屋内用らしい)があるくらいで、ほとんど裸舞台に近い。そこに登場人物がめまぐるしく出入りする。何もない空間が山道、旧家の座敷、グループの集会所などに次々と変っていく。過去の回想場面で、わきに座った人物は「そうそう、あのときは~」的な台詞をはさむところもあって、過去を検証している現在という視点も加わった構成がおもしろい。福島県のある町が舞台で、旧家の本家と分家の確執に友情や男女の愛が絡んだ複雑な話で、台詞のやりとりは相当にめまぐるしく、流れについていくのに必死になる。

 どうして舞台を作るのか。演劇という方法を選んだのはなぜなのか。ちょっと気恥ずかしくなるほどの、でも非常に重要なことを改めて考えた。たとえばこの物語を映像にするなら、過去と現在をきっちり分けて示すことは容易だろうし、みる側もわかりやすい。舞台でも時間の流れに添ったベタな作りも可能だろう。しかし桃唄は舞台において敢えて過去と現在が錯綜する手法を取った。作り手とみる側双方にとって緊張を持続する体力と柔軟な想像力が要求されるのである。稽古場では見られなかった場面も含めて最初から通してみて、「こういう話だったのか」と納得したが、まだまだ自分の中で消化されていないところもある。本作には「高校生版」もあり、地元福島県の高校生が出演する。登場人物の一人が高校生だったころの話だそうで、こちらもみればもっとこの作品を深く味わうことができそうである。

コメント

メジャーリーグ+庭劇団ペニノ『野鴨』

2007-11-20 | 舞台
*ヘンリック・イプセン作 タニノクロウ演出・上演台本 公式サイトはこちら シアター1010ミニシアター 30日まで
 ゲネプロ観劇から半月以上が過ぎて、本番の舞台をみる。上演パンフレットは文庫本より小さく、何と300円。タニノクロウによる作品と人物に対する考察と、出演俳優の談話などが掲載されており、稽古場風景や出演者のプロフィールすらない、極めて簡略なものである。気になっていた戯曲の翻訳については巻末に「お断り」として、複数の翻訳を参照した「笹部バージョン」(プロデューサーの笹部博司)を基に、「タニノクロウがより原作に近い形で細かく修正し、改訂した。」とのことである。こういう手法で作られた舞台をみるのはおそらく初めてだと記憶する。賛否どちらもあるだろう。昨年秋上演された庭劇団ペニノ公演『アンダーグラウンド』をみた笹部氏が、「タニノクロウに、イプセンという迷宮を彷徨わせてみよう」と思い、この企画が始まったという。そして豪華というより、どこか不思議な雰囲気のキャスティングによる舞台となった。客席数わずか90席の小さな空間だ。森林を思わせる舞台セットの中で、すぐ間近に俳優の姿を見て息づかいを感じる。稀有な体験。

 ありていに言えば、ひとつの家族が崩壊していく話である。作りようによってホームドラマにもなり、サスペンスにもなり、どろどろのメロドラマにもなるだろう。タニノの『野鴨』はそのいずれでもなく、極めて淡々としたものであった。登場人物の過去や背景も明かされない部分があって、ほんとうのところはよくわからないままだったり、理解に苦しむ人物もいる。観劇というよりは、深い森の中で登場人物たちとともに彷徨う体験をした印象である。パンフレットにエクダルの娘ヘドヴィックを演じた鎌田沙由美が自分の役について、「考えても、考えてもわかりません」「わたしにヘドヴィックが演じられるのだろうか」と述べている。この不安は客席の自分の感覚に繋がるものがある。自分にはこの作品が理解できるだろうか。どこからこの世界へ切り込んでいけばいいのか。人々はすぐ目の前にいるのにその心がつかみきれないもどかしさと、当たり前だが客席にいてはどうすることもできない重たい結末がずしりとのしかかってくる。

 タニノの上演台本の台詞はいかにも翻訳調の言い回しではなく、自然な会話に近づけている。言葉、台詞じたいは耳馴染みがよく、わかりやすい。普通に聞けるやりとり。だからこそたったひとことが人の心をかき乱し、みるみるうちに家庭が壊れていくさまが、ただごとではない緊迫感と現実味をもって迫ってくるのである。デヴィッド・ルヴォー演出の『ヘッダ・ガブラー』や『エリーダ 海の夫人』よりも、イプセンの世界が近くに感じられたと言ってよいだろう。そういう意味では自分にとって大きなプラスである。しかし人々の心の奥底まで理解することはかなわず、深い森の中に迷い込み、取り残されたような不安と悲しみに襲われる。激しいマイナス。結局プラスマイナスゼロであることの明確な自覚が今回の『野鴨』も最も大いなる収穫であったということだろう。

 

コメント   トラックバック (1)