因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

まほろば企画『にんじん』

2006-03-28 | 舞台
*ジュール・ルナール作 岡橋和彦演出 関内ホール 
 横浜アートLIVE2006参加作品
高校生のとき、劇団東京小劇場公演の『にんじん』をみたことがある。小説の『にんじん』(岸田國士訳)は乾いた文体で、そっけないほど淡々と描かれているが、お芝居の『にんじん』(これも岸田訳)は客席が笑いに包まれ、生徒よりも先生方のほうがたくさん笑っていたのを思い出す。大学生になってから同じ舞台をもう一度みる機会があり、今度はなぜか終幕泣いてしまった。理由はいまだにわからない。
 
それからまた長い時間がたって、『にんじん』と再会した。翻訳や脚本が誰の手によるものかは明記されていないが、自分の手元にある東京小劇場公演の台本と比較してみると、台詞の細かい言い回しは多少変化しているものの、話の内容や流れは同じである。今回の公演のほうが、より耳に馴染みやすい台詞になっていると感じた。

はじめて『にんじん』に出会ったときに比べて、社会の状況や家族のありようは大きく変わった。世の中は便利にはなったが、それだけ人が幸せになっているかと考えると甚だ疑わしい。『にんじん』をみてもわかるように、家族という最小の単位、血のつながりと愛情の絆で温かく堅固な交わりがあるはずの場所でさえ、健やかに営むことができないのである。母親の冷たい仕打ちに絶望したにんじんは、父親に「家を出たい」と告白するが、父親も母親も孤独な心を抱えていることを知って、家に留まることを決心する。家族の中で最も小さく弱い者が、いちばん重い荷を背負うことになる。

舞台の印象が少しも古びておらず、登場人物の言葉のひとつひとつが胸に響く。丁寧な演出と誠実な演技によるものだろう。特ににんじん役(劇団民藝/藤巻るも)は、女優による少年の造形のパターンに陥っておらず、新鮮。残念だったのは母親役(劇団民藝/戸谷友)である。雰囲気はずばり冷たく意地悪な母親なのだが、台詞と動作がいささか類型的で、あまり恐くない。出番も少なく、それだけ辛抱の多いむずかしいポジションなのだろう。開演が告げられてから実際に話が始まるまで、実に15分あまりもチェンバロ演奏があることにも驚いた。いい曲ばかりなのだが、4曲も続いては。

だがこの作品の力はそれらを補ってあまりある。長年連れ添った夫婦や血のつながった親子ですら充分に心を通い合わせることができず、それでもなお生きていかなければならない悲しみが描かれているが、見終わったあとに(今回は後半から涙止まらず。なぜだろう)優しい心持ちになっていることに気づく。辛い状況をすぐに解決することはできない。もしかしたらずっとできないかもしれない。しかしあの親子は昨日に比べれば少しは互いの心に寄り添うことはできる。そうであってほしい。観客がそう願えるところに、微かな希望の光が感じられるのである。

コメント

『4.48サイコシス』

2006-03-21 | 舞台
 *サラ・ケイン作 
阿部初美演出 翻訳・ドラマトゥルク 長島確 にしすがも創造舎
 題名の「4.48」は、作者のサラ・ケインがこの時刻になると目が覚め、覚醒した意識の中で本作を執筆したことに由来するという。彼女は本作を書き上げた直後、28歳の若さで自殺した。さまよう心を映し出しているかのような作品である。
 五人の俳優が出演するが、特に決まった役名もなく、ストーリーも掴めず、どこに視線をもっていけばよいのかすらわからない。全編がつぶやきのような散文詩のような中で唯一確かに伝わってきたのは、後半のある場面である。白衣を着た医師らしき男性(笠木誠)が患者らしき年配の男性(徳山富夫)のからだを客席のほうに向かせ、「お友達ならいるでしょう」と語りかける。このとき少し客席が明るくなり、「あ、わたしたちを『お友達』と見立てているんだな」とドキリとした。不安げな患者の表情。彼は「この人たちは自分の『お友達』だろうか?」と怯えているように見えるし、こちらも「お友達と思われても困るんだよな」と引いてしまう。
 医師はさらに「お友達に支えてもらうために、何を差し出しますか」と続ける。この台詞は冒頭にもあり(ただし女優が演じた)、「友達」「友人」と言わず「お友達」ということ、とってつけたような慇懃な「お」の字はじめ、「お友達なら」という表現には、「家族や恋人はいなくても、あなたにだってお友達のひとりぐらいはいるでしょう」というニュアンスがある。続く「お友達に支えてもらうために~」には、さらに嫌な気持ちにさせられる。どう嫌なのかはうまく言えず、だからといって不愉快な気持ちにはならなかったが。

上演の途中で退席する観客もあって、この作品の一筋縄ではいかない性質(ここもうまく言えない。ある意味魅力であろうが)を実感。自分は爆睡覚悟であったが、幸いにもわりあいすっきりした心持ちで過ごすことができた。終演後おもてに出るとぼんやりとした春先の午後であった。
 
何度もみれば少しは理解できるようになるかというと、そうではないように思える。理解でも解釈でもなく、その世界に入り込む糸口を掴めるかどうかだろう。人の心の中はよくわからない。いや自分の心さえも。理解できたと思った瞬間、それは安易な思い込みや誤解かもしれないのだから。



 

コメント   トラックバック (1)

チェルフィッチュ『三月の5日間』

2006-03-20 | 舞台

*岡田利規作・演出 六本木Super Deluxe  偏見や思い込みなしに舞台を素直に受け取りたいと思う。特にチェルフィッチュのように好き嫌いのはっきり分かれる舞台に関しては。しかし昨年秋の『目的地』に続いて今回の公演をみても、正直なところこのカンパニーのしようとしていることが自分にはよくわからない。これはすごい、掘り出し物だと身を乗り出すことは勿論、これは邪道だと断罪するほどでもない。どっちつかずの終始居心地のよくない心持ちであった。
 本気で笑ったのは、後半デモの様子を描写する場面で、花粉症の男の子が「マスクしてデモに行くと、本気系にみられる恐れがあるから」という箇所のみであった。
 「~っていう話をこれから始めます」という台詞や俳優の動きにも、これまでみたことのない新鮮な世界に触れた喜びよりも、何か試されているようで油断がならない。そう簡単に驚いて、おもしろがって受け入れたりはしないぞと気負ってしまう。しかしこんなふうに戸惑ったり悩んだり躊躇したりというこちらの様子もチェルフィッチュはお見通しなのかしらという被害妄想さえ浮かび、ますます居心地が悪くなるのだった。
 自分は『三月の5日間』という作品をみた。一応全編眠らずに。はっきり言えるのはそれだけなのである。

コメント

第七劇場『悲劇の終焉Ⅰ』

2006-03-15 | 舞台
*構成・演出 鳴海康平 早稲田どらま館
 「古今東西の悲劇と呼ばれる作品を再構成して上演するシリーズ『悲劇の終焉』の第一弾」と銘打たれた本作は、アーサー・ミラーの『るつぼ』とベルトルト・ブレヒトの『ガリレイの生涯』をもとに構成されたものである。劇場にはいると緞帳はなく、俳優たちは既に板についているが、微動だにしない。
 『るつぼ』の第3幕と4幕を中心に展開し、『ガリレイの生涯』は冒頭と終幕に少し絡んでくる。
 劇が始まるとまず、俳優がほとばしり出るような大音声で台詞を言うのに驚いた。鈴木忠志の影響なのだろうか。張りつめたような舞台の空気、観客の感情移入などはねつけるような、ある意味で様式的な演技はずっと以前に見たSCOTのようでもあり、ク・ナウカのようでもある。しかし不思議なもので、いくら俳優の声が大きくてもそこにこちらが欲しいと思うもの、必要としているものが感じられなければ、緊張は緩んでしまう。それが伝わってきたのは劇の後半、エリザベスとプロクタが言葉を交わす場面であった。
なぜ『るつぼ』と『ガリレイの生涯』なのか。古典や現代戯曲を題材に「現代社会の抱える問題を溶解して演出を起案する」(公演リーフレットの劇団プロフィールの箇所)ところまでは、残念ながら読み取れなかった。1時間足らずの上演は、演出家の意図をつかみ取るには短く、かといって『るつぼ』全編だったらおそらくこちらの体力が保たないだろう。
 
 戯曲そのものとも劇団民藝の『るつぼ』とも違う演劇体験をした。
 日曜昼間の早稲田は人通りも少なく、静かである。町を歩こうかと思ったが、空気がびりびり音を立てるような台詞の響きが耳から離れないうちに地下鉄に乗った。続く第二弾も新鮮な出会いがあるように。
 

コメント

龍昇企画公演『こころ』

2006-03-13 | 舞台
~日だまりの漱石~*漱石プロジェクト第二弾 夏目漱石原作 犬井邦益作 福井泰司演出 江古田ストアハウス
 高校の教科書に掲載されていた、あの漱石の『こころ』である。いわゆる小説の舞台化だが、ベタな作りではない。姿勢をただし、きちんと正座してみたいような舞台であった。
 自分は龍昇企画の何とはなしに緩い雰囲気、とくに『甘い傷』のような舞台が好きであった。
それが今回は実に端正な作りで驚いた。中でも「先生」役の直井おさむのたたずまいは、あれが『甘い傷』でちゃらちゃらした嫁の桃子(女役だったのだ!)と同じ人とは。
 ほとんど裸舞台に近い。上手に背もたれのある椅子がひとつ。あとは木枠を逆さまにしたような椅子が数脚ある。 「私」(龍昇)と友人(吉田重幸)がひとつの場を持ち、「私」の若い頃(栗原茂)、先生(直井おさむ)、先生の細君(黒木美奈子)がひとつ、そして先生の学生時代(小椋毅)、奥さん(大崎由利子)、お嬢さん(高村志穂)、K(稲田恵司)と3つのパートによって進められる。
 単に過去の回想場面を表現するのではなく、人物が過去の自分の心に向き合い、現在の自分に問いかけているかのような奥行きを感じさせる。舞台正面に両開きの襖があって、紗幕のような素材らしく、照明の当て方によって向こう側が透けて見える。この幕が現在と過去を行き来する話を効果的に見せる役割を果たしている。
 前半は圧倒的に台詞を「聴きとる」ことにエネルギーが費やされ、しかも観念的な内容の静かな会話中心のためか、眠気に襲われることもあった。それが奥さん役の大崎由利子の登場で、ぱっちりと目が覚めた。端然とした雰囲気、はきはきとした口跡。舞台にさーっと気持ちのよい風が吹いたようである。
 知らず知らず舞台の世界に引き込まれ、台詞を「聴く」だけではなく、何かを「感じ取る」ように心が動く。
 原作のどこを取り、どう表現するかは劇作家、演出家の腕のみせどころである。しかし今回の『こころ』からは、作り手側の「さぁわたしの手腕をご覧ください」的な主張は感じられなかった。自分の個性や視点をどう活かすかよりも、この小説のもつ世界観を謙虚に舞台にのせたという印象がある。端正で清々しく、潔い。

 終演後、帰りの電車を待つホームのベンチで「さくらもち入りトラ焼き」を食べた。
 足元には春の日差しが柔らかな影を作っている。
 うちに帰ったら、文庫本の『こころ』を読み直してみよう。


コメント   トラックバック (1)