因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

『野鴨』ゲネプロ

2007-10-31 | 舞台番外編
 庭劇団ペニノのタニノクロウが、初めて外部で演出する舞台『野鴨』のゲネプロを拝見する機会を与えられた。イプセンが100年以上も前に発表した作品に挑むのは、石田えり、手塚とおる、高汐巴、保村大和、津嘉山正種、藤井びん、マメ山田、石橋正次、鎌田沙由美…いったいどんな舞台になるのかまったく予想がつかず。北千住駅構内で出口に迷い、やっと抜け出して10階の稽古場に向かう。

 あいだに15分の休憩をはさんで、上演時間は3時間近い。しかし長さを感じさせず、気がつけば疲れも空腹も忘れていた。イプセンをしっかり見たのはデヴィッド・ルヴォー演出のtpt公演『ヘッダ・ガブラー』や『エリーダ 海の夫人』あたりからだ。その後演劇集団円の『幽霊』、『小さなエイヨルフ』などもみた。戯曲も多少頑張って読んではみたものの、登場人物の心情を、実際の舞台や戯曲に書かれた台詞から確かな手応えを得るには至っていない。以来ほとんど10数年ぶりのイプセン体験なのだった。

 今回の公演は上演台本もタニノによるものである(どの翻訳をベースにしたかは不明。おそらく公演パンフレットには記載があるはず)。自分の手元にある原千代海訳と比べると、登場人物も主だったものに限っているし、台詞の表現も現代の日常会話風にしてある。これをどうみるかは、その人のこれまでのイプセン歴、イプセン観によって異なるだろう。自分には吉と出た。まるで夜の深い森のなかに迷い込んだような舞台装置、繊細で微妙な照明や音響のなかで、登場人物の表情が変化する一瞬の様子に息を呑み、台詞の一言ひとことが耳に吸い込まれていく。だんだん自分はどこにいるのかわからなくなってきた。その感覚は不安でもあり、一種の快楽でもある。単に小さな空間で上演されているからではないだろう。目の前で起こっていることが遠い昔の外国人のお話ではなく、今でも充分にありうると実感が得られたからである。

 劇場空間や俳優など、書きたいことは溢れるようにあるのだが、上演前に書くのは憚られる。古典ではあるものの、物語の筋さえもこの記事で明かすことにためらいがある。どこをどこまで記すか非常に悩ましいのだが、それもまた楽しいと思える貴重な体験であった。公演は11月1日から30日まで。
 

コメント   トラックバック (1)

ミナモザvol.8『0.5+0.7≠1.0+0.2』

2007-10-29 | インポート

*瀬戸山美咲作・演出 公式サイトはこちら サンモールスタジオ 公演は28日で終了
 正直なところ、とても迷い悩んでいる。今夜みた舞台の印象をどう記せばいいのか。

 雨の夜、深い森と湖の中にある美術館でパーティが開かれた。創立者である画家は30年前にある事件を起こして亡くなっている。「招待状をもらったから」という理由だけでやってきた少女(鈴木オルガ/10×50KINGDOM)を中心に、画家の姪だという女性(佐藤友美/シンクロ少女)、学芸員(穂積基紀)、見るからに怪しげな中年男性(本井博之/コマツ企画)に、もうひとり黒いドレスの若い女性(木村桐子)がからむ。

 新作は「幼児性愛」についての話であるらしいことを事前に知っていたので、美少女の絵がいくつも展示されていることや、実年齢をいくつくらいに設定したのかわからないが、見るからに頼りなさげな少女が登場することは、予想の範囲である。ただ始まってわりあい早い場面だと記憶するが、中年男性の口から「この画家はロリコンだったんだ」という台詞が実にあっさりと出ることや、終盤「幼児性愛者」という台詞が頻繁に出てくるところが気になった。「ロリコン」というと、何か一刀両断に異常であることを決めつける(しかも言う方はいささかギャグめいて)感じがするし、「幼児性愛者」という言葉には、これまた想像力の働かせようがない。そのものズバリの言葉を出すことが、何だかもったいないと思うのである。

 今回の題名は「れいてんななたすれいてんごはいってんぜろたすれいてんににあらず」と読む。チラシやHPなどに掲載された題名は、見た目も読み方にもちょっとびっくりさせられるし、この中にいったいどんな意味や謎が隠されているのか、どんな舞台なのか観客の想像力と期待を掻き立てる。題名の意味や、そこに込められた作者の思いは劇中次第に明らかにされ、予想がつく部分と「そういうことだったのか!」と背中がぞくぞくするような感覚も味わった。学芸員が黒ドレスの女性を相手に、コーヒーにミルクを入れてみせながらそのことを説明する場面に作者の力量が示されている。

 自分にとって本作は幼児性愛の話であるというより、人が人を受け入れ、理解することは可能であるかということの問いかけだと理解した。ひとりでは生きていけない。誰に教えられたわけでもないのに、人は誰かを求めてしまう。相手も同じように自分を求めてくれればいいが、うまくいかないことも多い。聖書には「求めなさい。そうすれば与えられる」と記されているが、巷では「求めない」ことを説いた本が注目を集めている。前者は神に対して素直に求めよということであり、後者は人間の相手に対して…ということだと思うのだが、人が愛ゆえに求めてやまないのに、与えられないことに苦しむのは永遠の課題なのだろう。

 本作の場合、それぞれの登場人物が物語のどの部分をどう受け持ち、他の人物とどのように絡ませていくかは、非常に難しいと思う。俳優の資質とのバランスも微妙である。中年男性はまわりに比べると達者すぎるように見えてしまうし、学芸員と画家の姪はもう少し活かす方法もあったのではないか。わけのわからないパーティにたったひとりで顔を出す女の子というのもいささか不自然で、ぜんたいをミステリー仕立てにするにせよ、物語の入り口の部分に、もう少し普通の意味でのリアリティを持たせることも必要であろう。何より、敢えて「幼児性愛」という特殊なキワモノを持ってこなくても、充分に物語として成立させる劇作家としての力量が、瀬戸山美咲にはあるのではないか。

 どうしてもミナモザには要求することが多くなってしまう(苦笑)。しかし自分には確信がある。もっと繊細でしかも大胆で、多くの人の心を揺り動かし、劇場に来る前と帰り道では周囲の風景が変ってみえるような静かな衝撃を与える舞台がきっと作り出されることを。

コメント

続『かうしてPrologue』

2007-10-27 | 舞台
 ゆうべの続き、2本めの『かうして豆は煮えました』について。舞台はどうみても日本ではなさそうだ。中央に木製のテーブルと椅子、上手にはベンチが下手には小さな台所があり、お鍋や大きな木のお匙など、可愛らしい雑貨屋さんのよう。奥から男の子(小野健太郎)が飛び出して、お鍋に空豆を入れる。お鍋からほんとうに湯気が立ち上っていて、まさに題名とおり、豆が煮えるまでの短い時間のお芝居である。

 どこかの国の王女さま(宮田早苗)が宴会の席で大変お行儀の悪いことをしてしまったため、国の法律に従って首を切られるのだそうだ。死刑が嫌な王女さまは(あたりまえか)お城から逃げ出し、男の子の家に迷い込み、「お昼の鐘が鳴り終わるまで自分を匿ってほしい。そうすれば死刑にならないですむから」と頼む。勇敢な男の子は留守のお母さんのベッドに王女さまを隠し、次々に訪れる珍客から王女さまを必死に守ろうとする。まるで「おとぎのへや」のようなお話で、知らなければこれが久保田万太郎の作品とはとても思えない。俳優は1本めの『Prolouge』とまったく同じ顔ぶれなのだが、配役表をよく見ないと誰が誰だかわからない。

 特に男の子役の小野健太郎(Studio Life)。まっすぐに切りそろえた前髪、チロリアンテープの縁取りのついたブラウスに膝丈のおズボンと大変可愛らしい服装で、1本めの粋な大工さんがどうしたらこうなってしまうのか。子ども役をちゃんとした結構な大人が演じているわけで、勇敢な男の子だが、目つきはちょっとアブナい感じである。家を訪れるお客たちがそろいも揃ってへんな人たちばかりで、盲人の訓戒にはなるほどと納得させられるが、この人はほんとうは見えているらしく、どうも胡散臭い。フォークギターによるまったく音程の合わない『どんぐりころころ』に陶酔の表情を浮かべる男の子。こいつ、ぜったい普通じゃないぞ。無意味に手の込んだ立派な衣装といい、妙におもちゃっぽい小道具といい、全編冗談のようなお芝居なのである。おかしいのを通り越して、あっけにとられてしまう。のびのび演じる俳優たち、いや、やりたい放題と言うべきか。

 『Prologue』には俳優が遊ぶ余地はまったくないと言ってよい。特に大事件が起こるわけでもなく、動きも少ないが、現代の生活様式ではあまり体験することのない仕草や台詞は、俳優に相当の負荷、鍛錬を要求することと思う。その厳しさに挑む俳優の姿は清々しく、「がんばれ」と心の中で秘かに応援したくなるほどだ。うってかわって後者は久保田万太郎をみるのだという緊張から解放され、「やりたいだけ好きにおやりませ」とリラックスできる。ほかのカンパニーでの上演をみたことはなく、これからもおそらくみることがないような予感がするが、「こういう作り方もできる」ことを提示する舞台成果であったと思う。久保田万太郎はこういうものだという既成概念から、自分を解き放ってくれた。貴重な体験である。本公演は「秋のクボマンフェスティバル第1弾」と銘打ってある。ということは第二弾があるのですね?今からわくわくと楽しみである。是非実現しますように。

コメント (2)

『かうしてPrologue』

2007-10-26 | インポート
*秋のクボマンフェスティバル第1弾!久保田万太郎作 下総源太朗演出 公式サイトはこちら 中野ウェストエンドスタジオ 31日まで

 俳優の下総源太朗が17年ぶりに演出し、『Prologue』と『かうして豆は煮えました』の2本立て公演を行った。
 まず正直に告白すると、全編しっかり起きて久保田万太郎作品をみたのはこれが初めてである。これまでみたものが退屈だからではないし、自分の体調も悪くないのに必ずといっていいほど、途中でうとうとしてしまう。だからといって肝心なところを見逃して話がわからなくなるわけでもなく、たぶん起きていても観客には充分に提示されない部分があって、それを知りたいと強く願う一方で、終演後はあまり多くを語らない人々の心の奥底を考える。小さいけれど温かいものをそっと胸に抱えて家路につく。自分が久保田万太郎を好むのは、この小さいこと、寡黙であること、温かいこと、そしてよくわからないこと…などが魅力的だからである。当日リーフレットに演出の下総源太朗の「ご挨拶」が記載されており、「なにをやっても程度の差こそあれ、どうせわからないのだから一緒だよ」とあって、こちらの心を見透かされたようでどきっとする。

 十二代も続いたある老舗、母親(宮田早苗)の悩みは、一粒種の息子(中山裕康)の学校の成績が思わしくないことだ。家庭教師(青木隆敏)をつけたものの、相変わらず芳しくない様子だ。このうちは少々複雑らしく、現在の当主(奥田努)は親戚から迎えたやり手である。出入りの大工(小野健太郎)が父親の入院費用の工面を頼みにくるが、昔からの付き合いはほどほどにして堅実に商売をしようとしており、情に厚く昔気質の母親とは折り合いが悪い。当主と家庭教師が学校に陳情したが、その甲斐もなく、息子は落第してしまう。

 和服の立ち振る舞い、火鉢や煙管、ランプなどの道具の取り扱いはじめ、「~でございます」が多い台詞に、初日のせいもあるだろうが俳優には固さがみえる。が、後半、このうちとつきあいの深いおじさん役の下総源太朗が下手から登場し、座敷に座る。それだけで舞台の空気がぐっと濃密になる。「待ってました、源太朗さん」思わず声をかけそうになった。舞台の空気がある程度温まったところに登場するせいもあるが、台詞の言い方にも余裕が感じられ、安定感がある。

 ただでさえ打ちしおれている息子を座敷に呼び、落第の事実を告げようと大人たちが気まずくうつむいたところで幕となる。自分の好きなクボマンテイスト満載の『Prologue』に満足。ところが15分の休憩をはさんで始まった2本めの『かうして豆は煮えました』は、自分の久保田万太郎観がぶっ壊されてしまうほどのものすごいものであった。それについては明晩…

コメント

燐光群『ワールド・トレード・センター』

2007-10-25 | インポート
*坂手洋二作・演出 燐光群創立25周年記念公演 公式サイトはこちら 下北沢 ザ・スズナリ 11月6日まで
 2001年9月11日、同時多発テロが起きた日、ツインタワーを臨めるビルにある日本企業の人々と、そこに集まってくる人々の一日を描いた作品である。あの日崩れ落ちるビルの映像をみたとき「まるで映画のようだ」という実に不謹慎なことを考えた。あまりに衝撃的で、これが現実なのだと捉えることができなかったのだろう。

 ここは日本語情報誌の編集部である。大きな段ボール箱からひとりの女性が顔を出す。ちょうどこの日に見習いにはいったナカジマ(江口敦子)である。彼女の視点がこの舞台の中心になるのかと思ったが、すぐに取材に飛び出すものあり、編集部だけでなくその家族や下の階の書店員、俳優などが次々にそこを訪れ、また去って行くめまぐるしさに、何が何だかわからなくなる。人々は信じがたい事件にうろたえつつも、それぞれができること、しなければならないことを考え、行動にうつす。あの事件に遭遇した人々のあいだに、いつのまにか共有感覚が生まれる過程がエネルギッシュに描かれている。

 俳優で印象に残るのは病いを抱えた編集長役の大西孝洋。俳優本人の資質と役柄がいい感じに合致している。次に取材に飛び出して行くカメラマン役の向井孝成。昨年の二兎社公演『書く女』で斎藤緑雨を演じていたとき、難しい役所に苦心しているように感じられたが、そのときより力強さが増したように思う。

 『CVR』や『だるまさんがころんだ』(1,2)と比較すると、登場人物も作者の主張も盛りだくさんで少々散漫な印象がある。基本的に時間の流れに添ってすすむ話である。特に終盤のアンダースタディ俳優役のED VASSALLOの独白場面がただならぬ臨場感に満ちており、よし、ここでラストだなと身構えたのだが、もう1シーンあったりして、そのシーンじたいは結構好きだけれども自分は明らかに興をそがれ、「まだ続くのか」と不安になった。もう少し刈り込んでもいいのではないか。さらに若手俳優の演技が全体的に「てんぱった」ふうに感じられる。年齢もキャリアも違う俳優たちがひとつの舞台を作るのは難しいことだと思うが、前述の大西の充実、向井の躍進、さらに「ほんもの」の米国人俳優が登場するとなると、その現実味、迫力に拮抗するには物足りない印象である。
 
 実際にあった事件を舞台で描く。事件そのものだけでなく、それが起こった背景や関わった人々の様相を「演劇」という手法で観客に提示する。燐光群の舞台をみることによって、自分は現実の事件を反芻し、それが自分の生活に直接影響を及ぼすものではなくても、否応なく考えること、想像することをせざるを得なくなるのである。実際の事件は時間も場所も自分からは遠く離れている。しかし舞台は自分と時空間をともにするものだ。逃げ場はない。スズナリの小さな空間で2時間過ごしたあとはどっと疲れ、足取りも重くなる。だがやがて元気が出てくる。いささか「強いられる」感覚はあるものの、燐光群の舞台は自分を甘やかさない。トレーニング、修業に近い感覚が好きである。

コメント   トラックバック (1)