因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

On7リバイバル公演『その頬、熱線に焼かれ』

2018-08-10 | 日記

*古川健作 日高雄介演出(いずれも劇団チョコレートケーキ1,2,3,4,5,6,7,8,9,10公式サイトはこちら 亀戸文化センター・カメリアホールでプレヴュー公演ののち、北海道の函館、札幌、旭川を経て東京芸術劇場シアターウェストは12日まで 15,16日は広島・JMSアステールプラザ多目的スタジオ

 ユニット名は「オンナナ」と読む。いわゆる新劇系の劇団に所属する同世代の女優たち7人が2013年に結成した。自分は今回がようやく初見である。演目は3年前の初演が好評を博して再演の運びとなったもので、見逃したことを残念に思っていたこともあり、嬉しい初対面となった。メンバーのひとり宮山知衣が体調不良で降板し、文学座の下池沙知がゲスト出演となった。

 1956年、アメリカはニューヨーク、マウント・サイナイ病院に、1945年8月6日に広島に投下された原子爆弾によって顔や手足に惨いケロイドを負った25人の若い女性たちが手術のために訪れている。彼女たちは「ヒロシマガールズ」と呼ばれ、そのなかのひとり中村智子が、何らかの原因で手術後に亡くなった。女性たちは嘆き悲しみ、激しく動揺し、からだだけでなく、心に追った深い傷について語りはじめる。

 「ヒロシマガールズ」の前は「原爆乙女」と呼ばれており、その名が嫌だったこと、同じようにケロイドを負っているのに、原爆症を発症しているためにアメリカでの手術メンバーから外された友人のこと、地元の広島のほうが生きづらい現実のことなど、女性たちの苦悩は決してひといろではない様相が炙りだされ、曝けだされる。友の急死に動揺し、怯える敏子(尾身美詞/青年座)が、「それでもうちは生きていたい」と笑顔を見せるまでが物語の軸であり、そこに7人のそれぞれの思いが絡む会話、議論の劇である。時折現れる亡くなった智子が、相手の背中を優しくさするような柔らかさでときに対立し、孤立する女性たちを慰め、つなぐ。

 歴史的な事実を参考にしたフィクションであり、7人の女性たちにモデルがあるわけではないとのこと。しかしOn7メンバーは多くの人に会い、話を聞き、広島への取材旅行も行い、本作へのただならぬ情熱を感じさせる。そのひとつにOn7は2015年7月、ヒロシマガールズのひとりである笹森恵子(しげこ)さんと対面し、作者の古川健とともに多くの話を伺ったとのこと。この方のお名前とお顔に見覚えがあり、記憶をたどると、1990年放送のNHKスペシャルのドキュメンタリードラマ「マミーの顔が僕は好きだ~母と子のヒロシマ」であった。

 精いっぱい誠実に心を尽くして臨む作り手の真心が伝わってくるのだが、自分にはことばにしがたい違和感が拭えず、残念な観劇となった。原因のひとつとして考えられるのは、女性たちが亡くなった智子のことを言う際、「彼女」ということばを使う点である。物語の舞台は昭和30年代であり、アメリカに渡ってドクターや多くのアメリカ人に接しているのだから、こちらが思うより自然な使い方なのかもしれないが、7人の女優たちの広島ことばは相当に稽古を積んでおられることが察せられるだけに、そこから浮いて聞こえる印象は否めない。

 渾身の一作であり、多くの人の心を揺さぶるであろう舞台に、なぜ自分は集中できなかったのか。この夏、予想外の課題となった。

コメント

風琴工房『アンネの日』

2017-09-17 | 日記

*MITAKA”Next”Selection 18th 詩森ろば作・演出・宣伝美術・衣裳 公式サイトはこちら 三鷹市芸術文化センター星のホール 19日で終了(1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19
 昨年の紀伊国屋演劇賞個人賞を受賞し、勢いに乗る詩森ろばの新作は、新しい生理用ナプキンの開発に挑む女性たちと、彼女ら一人ひとりの生理=人生、命をみつめた会心作である。女性の作・演出の「男芝居」(登場人物が男性だけ)と言えば、野木萌葱のパラドックス定数が即座に思い浮かぶが、詩森ろばの舞台もとても刺激的だが(201110Archives of Leviathan 20139『hedge20152『penalty killing 2016年7月 『insider hedge2』)、今回は女性ばかり8人が登場する。

 8人の女優が適材適所の好配役で、それぞれ自分の個性、与えられた役への姿勢、作品ぜんたいのバランスなどをきちんと捉えた演技であった。詩森ろばの企業における製品開発に勤しむ女性という点では、化粧品会社を描いた2007年春の『紅の舞う丘』が即座に思い出される。この舞台と同じく、やる気満々の前のめりの社員がいて、わけわかんない、ついていけないとパニックになりながら結局協力している先輩や同僚のキャラ設定や、演技の造形はややありきたりであり、演技が強すぎるきらいはあったが、それでも本作の持つ魅力を味わう妨げにはならなかった。

 冒頭から8人が一人ひとり初潮の思い出を語る。小学5年生のとき、女子だけ一室に集められ、女の先生から生理の話を聞き、おそろしく趣味の悪い映画を見た経験は、多くの人に共通するものだろう・・・と思ったが、もはやこれは古い経験らしく、この手の話はまったく出てこなかったのはある意味で衝撃である。しかし実際この身に起こるまでは、いくら話を聞いたり本を読んでもわかるものではなく、「おなかが痛くなって、パンツを見た」ときの衝撃や、家族に打ち明けたり、男子にからかわれたり、「初潮あるある」エピソードには笑いもあり、切ない記憶を呼び覚ますものでもある。

 初潮にはまだ甘い追憶的情緒があるが、その後の生理と日常生活における「あるある」は、まったくもって面倒でうっとおしく、「この日々を少しでも快適に乗り切りたい」と、生理用ナプキンに求めるものもより現実的、具体的になってくる。

 開発者、研究者、企画営業者それぞれの専門知識や経験から喧々諤々の議論が繰り広げられる場面、そこから一転、仕事と結婚や出産を両立すること、パートナーとの関係、少女のころから解けずにいる親とのわだかまりなどを語る場面などにも、「あるある」だけでなく、「そうだったのか…」と思わせるところもあり、緩急メリハリの利いた2時間あまりの舞台を楽しんだ。

  冒頭場面に戻る。それまで賑やかでユーモラスな初潮告白場面だった舞台の雰囲気が不意に静まり、つぶやくようなピアノの音楽が流れて8人めの女性は、「わたしには生理がありません」と語りはじめる。舞台にセクシャルマイノリティーの問題が加わったことは、昨今LGBT問題が多く語られることを考えると、世情を反映していることにほかならない。しかしLGBTとは別の面で非常にデリケートであり、扱い方によっては舞台の方向性が変わりかねない危険性も想像されるが、原発性無月経というケースへの踏み込みも知りたいと思った。

  開幕以来、ネットには本作への共感と賞賛があふれている。「涙がとまらなかった」というメッセージも多く、実際客席からすすり泣きも聞こえた。が、自分はそこにはいたらなかった。何かどこかかが、涙へ届かなかったのだろう。それは決してネガティブな印象ではない。生理というものの、得も言われぬもの悲しさ。無邪気な子どものままではいられないこと、面倒で痛くて決まりが悪い。大人からすれば、娘も女の人生を歩み始めたことは喜びでもあろうが、同時に痛ましい思いもあるのではないかと想像する。

 がんばれ女の子、がんばれ人生というメッセージは、できれば素直に受け取りたいものではあるが、「女にはこんなつらいことがある。男ども思い知ったか」的にはなりたくない。さらに詩森ろば作品に、なぜか辛辣な男性観客というものも確かにいて、ぜひ意見を聞いてみたい。

  そして終演後不意に思い浮かんだのは、もし舞台作品として成立する可能性があるのなら、「コンドーム」の開発に勤しむ人々のことを、詩森ろばならどう描くだろうかということだ。使うのは男性だが、そこにはパートナーとの関係が否応なく照射される。お互いがより快適に幸せに性を含めた人生を楽しみ生きるための必需品、魔法にも武器にもなりうる点でも、生理用品よりさらに語りにくいだけに、非常に魅力的な題材ではないだろうか。

コメント

新宿梁山泊 第58回公演 『マクベス』

2016-11-26 | 日記

*ウィリアム・シェイクスピア原作 小田島雄志翻訳 金守珍演出 宇野亞喜良美術 公式サイトはこちら 芝居砦満点星 27日で終了
 満点星シェイクスピアシリーズVol.3
 梁山泊は、2011年夏、スズナリでの公演を一度見たきりである。
 芝居好きの友人からいろいろに情報や噂を聞きながら、本拠地にはなかなか行けないでいたのだが、今回遅ればせながら、はじめて芝居砦満天星へ。同道の友人も「一度しか行ったことがない」そうで、ふたりして劇団から届いたチケットに同封の道案内を頼りに、途中お寺や墓場の横を通り、たどり着いたのは、築30年は軽く超えていると思われる古い団地であった。さらに階段を地下2階まで降りていく。これが夜の公演で、ひとりであったらどれほど心細いことか。しかし来年創立30周年を迎える新宿梁山泊の拠点、芝居砦満点星は、「ここにこんな場所があるのか」と驚嘆するほど豊かで楽しく、寛げる空間であった。

 ゆったりとしたロビーは、新宿の古い喫茶店を思わせ、奥のカウンターで飲み物を注文することもできる。そして何より驚いたのは、階段、ロビー、廊下や通路に掛けられたたくさんの公演ポスターである!梁山泊のものはもちろんのこと、状況劇場公演のものも惜しげもなく飾られており、それらに囲まれていると時空を飛び越えたような感覚に陥る。
 さらにロビーから劇場へ案内してくれる俳優さんたちのてきぱきとした対応、あとひとつ席を作りたいと少しずつ詰めてもらうよう観客を誘導する手際が実に気持ち良く、これから芝居を見る気持ちを高めてくれる。

 満点星の天井は低く、両脇に太い柱があり、客席もそうとうにきつめの作りであるが、舞台の奥行きがあり、底知れぬ闇が続いているかのように見えて圧迫感がない。数枚の紗幕、通路も使った俳優の出入り、そして奥行きをたっぷりと活かした運びで、『マクベス』を90分ノンストップで走りきる。俳優のメイクも(とくに魔女3人)衣装も手の込んだもので、また気合いを感じさせる迫力の大道具小道具が次々に登場し、公演チラシにあるように「光の射さぬ地下の砦で、野心の焔が燃えさかる」舞台がまさしく。

 だいたい自分はさまざまなものに出遅れるたちであるが、新宿梁山泊には30年も遅れをとってしまった。唐十郎、寺山修司はじめ、日本のアングラの息吹を今に伝えんとする金守珍率いる梁山泊、見のがした舞台を想像すると残念でならないが、未来の舞台に期待しよう。

 俳優の声について考えた。舞台において求められる俳優の声とはどんなものであろうか。美しく、よく通る声であることは大切だ。適切な訓練を受け、根気強く鍛錬を続けて声を変えることは可能である。しかし後天的な努力では変えられない地声の部分はどうしてもあるだろう。客席に届くのは、美しい声というより、美しい聞かせ方のできる声ではないだろうか。多くの俳優の声を浴びるように聴くなか、最後までなじめない声もあり、役が要求する声、役に必要な聞かせ方を探るとともに、客席においてもよい耳を持てるよう努めたい。

コメント

studio salt 「『7』-2016ver.-僕らの7日目は、毎日やってくる-」

2016-08-22 | 日記

*椎名泉水作・演出 公式サイトはこちら 神奈川県青少年センター多目的プラザ 21日で終了

1,2,3,4,5,6,6`,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19
 2007年初夏に初演された『7』(6,6`)は、捕獲した野良犬や、飼えなくなったと持ち込まれた犬を、新しい飼い主に巡り会えるまで保護し、自治体の規定である7日目が来たら殺処分を行う施設で働く男たちの日常を描いた作品である。同劇団の代表作であり、自分にとっても特別な思い入れがある。その作品がマグカル劇場「青少年のための芝居塾公演」(公式サイト「マグカル」)として上演されることになった。これは「青少年のための芝居塾公演」(神奈川演劇連盟・神奈川県立青少年センター)が主催するもので、今年の「担当劇団」として神奈川県演劇連盟のスタジオソルトが選ばれた。プロの劇団、演出家や俳優とともに、演劇経験の浅い、あるいはまったく演劇経験のない若い受講生が4カ月に渡って稽古を行い、衣裳や大道具作りはじめ、演劇公演に至るプロセスをともに味わうというもの。出演者は総勢26名+生きた亀1匹である。

 受け手にとっても、単に『7』が再演されるのではなく、大勢の若い人たちが加わった舞台を想像するのはむずかしいことであった。『7』は上記施設の休憩室が舞台になっており、そこでの日常がきっちりと描かれたリアリズムの芝居である。犬は出てこない。もしかして人間が犬になるのかな・・・と想像したとき、楽しみというよりも、何か情緒過多にベタついたものになるのではと懸念した。

 結果的に懸念はすべて杞憂であり、9年前の初演された舞台の核を失うことなく、懐かしさとともに、新鮮な発見や驚きのある舞台に出会うことができた。芝居塾の塾生たちが犬役を演じるのは予想通りであったが、それだけではなく、若手の職員や飼い犬を持ち込んだり、見学に訪れる側にも配役されており、新しく加わった役柄も実に自然で、劇世界に膨らみを生んでいる。

 痛感したのは、本作はまだまだ大いに変容する可能性を秘めているということである。たとえば今回は主に収容された犬に芝居塾の俳優が配された。ここに40代、50代あるいはもっと高齢の方々に加わっていただくこともできるのではないか。冒頭では新参で泣いてばかりいたモモが、日毎に強くなり、ボスになっていく過程をもっと描くこともできる。ただし、それもたった7日間だけなのだから、モモの悲哀はいっそう際立つわけで、むずかしい点ではある。見学者は犬を「可愛い」と言い、7日目が来た犬に対しても「がんばれ!」と明るく励ます。しかし殺されることがわかっている7日目の犬は「いやだ、助けて!」と泣き叫ぶ。絶望的なコミュニケーションの不成立があるわけで、このあたりもまだ書きこむ余地があると思われる。

 餌を入れる容器や椅子、モップなどでリズムを刻みながら『7』の劇世界を構築した点がおもしろい。音楽・演奏指導は栗木健。

 今回の公演には「ペットのいのちも輝く神奈川県」のミニパンフが折り込まれている。平成27年度、神奈川県動物保護センターに収容された犬と猫の殺処分は、昨年度に続いてゼロになったとのこと(神奈川県HP)。つまり舞台で描かれる状況はもう現実には行われていないということなのだ。動物たちの殺処分ゼロを達成した神奈川県は、人間と動物が良きパートナーとして生涯を幸せに暮らすことを目指して新しい動物保護センターの設立を呼びかけている。

 物語後半、職員のひとりが可愛がっている亀がいなくなる。それがみつかったらしいところで幕を閉じ、初演では柔らかな音楽でカーテンコールになったと記憶する。それが今回は大勢に出演者がステージ前面に降り、音を鳴らす俳優、それに合わせて大きく手を振り、足踏みをする俳優が無言で客席を見据えるものであった。「僕らの7日目は、毎日やってくる」この劇のサブタイトルに込められた意味が、にわかに重々しく迫ってくる。飼い主に巡り合えず、殺処分される犬は毎日いる。その作業を行う職員にとっても逃げようのない現実だ。「僕ら」は人間でもあり、犬でもあるのだ。その事実を冷厳に突きつけるかのように。

 今回はひとつの作品、ひとつの劇団に対する観客としてのあり方を振りかえる機会となった。『7』を愛する気持ち、スタジオソルトを応援する気持ちは変わらない。しかしそれは頑ななものではなく、変化を楽しみ、ともに喜ぶものでありたい。劇団のブログには、本公演を終えた安堵と準備期間を振りかえり、「打ち上げではじめて泣いた」との記述あり、ほんとうに言葉にし尽くせない苦労があったこと、しかしそれを上回る手ごたえと喜びがあったことがわかる。批評だの論考だのといったアタマの部分を振りはらって、客席からもおめでとう、ありがとうと心から伝えたい。

コメント

劇団民藝公演 『二人だけの芝居-クレアとフェリース-』 

2016-04-12 | 日記

*テネシー・ウィリアムズ作 丹野郁弓翻訳・演出 公式サイトはこちら 東京芸術劇場 シアターウェスト 21日まで その後茨城県水戸市、千葉県市川市を巡演。1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21
  『叫び』のタイトルで推敲が重ねられたテネシー・ウィリアムズの作品が本邦初演の運びとなった。女優クレアに奈良岡朋子、彼女の弟で座付き作家兼俳優のフェリース役に岡本健一が客演する。奈良岡と岡本の交流については、ふたりが出演した『徹子の部屋』(3月7日放送)や、今回の公演パンフレットの対談にも詳しい。森光子の『放浪記』に出演していた奈良岡朋子に感銘を受けた岡本が楽屋を訪ねて以来交流がはじまった。19歳のときに蜷川幸雄演出の『唐版 滝の白糸』で初舞台を踏んだ岡本は、「舞台に立ち続けたい」と願うようになり、舞台中心の活動を展開している。所属しているジャニーズ事務所のなかでは特異な存在であろう。
 憧れの奈良岡朋子との初共演は2011年の『ラヴ・レターズ』であったが、読み合わせの際、奈良岡は岡本に実に辛辣なダメ出しを行った。「ひどい役者ねと言われて」と岡本は苦笑していたが、それまで自分なりにしてきたつもりが、演技の基本的なことを言われて、相当な衝撃を受けたという。2011年と言えばほんの5年前である。この時点で岡本はみずから演出も手がけるほどであったから、とても新人俳優とは言えないキャリアの持ち主だ。その彼が滑舌や息つぎなどすらできていないというこの国の演劇状況についての考察はさておき、厳しいダメ出しに凹むことなく、奈良岡の懐に飛び込んで研鑽を重ね、今回の舞台に出演する岡本の意気込みはいかばかりかと想像する。

 クレアとフェリースの姉弟は、地方公演のさなかに劇団員たちから狂人扱いされて古びた劇場に置き去りにされる。やがて来る観客を満足させようと、彼らはフェリースが書いた二人芝居の稽古をはじめる・・・というのがあらすじである。見る者を戸惑わせるのは、ふたりがその現実をどう受けとめているのかがよくわからない点である。狂人扱いの末に置き去り。さぞかし劇団員たちへの怒りや恨みがと想像したが、自主的にこの場にいるとさえ思われるほどである。姉のクレアはたしかに情緒不安定なところはあるが、それは女優という職業を考えれば許容範囲であり、その姉をなだめながら稽古を進める弟のフェリースもまともに見える。

 となると、この物語の設定にすでに何らかの「虚」があるとも考えられる。ふたりが稽古する芝居も、芝居のせりふがいつのまにか彼らの地の言葉になったり、両親が悲惨な亡くなり方をしたということが物語のことなのか、姉弟の両親のほんとうの過去なのかも判然としない。この不安定や不透明、方向性のはっきりしない点に身を委ねることができれば楽しめる作品であり、乗り切れないと集中できないであろう。

 奈良岡朋子は86歳という年齢が信じられないほど台詞は明晰で緩急自在の安定感があり、からだの動きも敏捷である。40歳年下の岡本健一は素直な演じぶりで大変好ましい。「ベテランの胸を借りる」、「体当たりの熱演」というより、知的でしなやか、硬質と見せて柔軟性もあり、それらが技巧や計算ではなく、「この戯曲のこの台詞をどう発することが的確か」を試行錯誤したのではないか。カーテンコールの岡本の立ち姿に、「献身」という言葉が思い浮かんだ。

コメント