因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

さいたまネクスト・シアター 世界最前線の演劇3 『朝のライラック』

2019-07-27 | 舞台

ガンナーム・ガンナーム作 渡辺真帆翻訳 眞鍋卓嗣演出 公式サイトは こちら
 彩の国さいたま芸術劇場NINAGAWA STUDIO 28日終了 
 
作者のガンナームは1955年パレスチナ東部のジェリコに生まれ、難民としてヨルダンで育つ。劇作、演出、俳優、短編小説家として、パレスチナ解放を主題にした創作を続けている。本作は、2015年9月、ダーイッシュ支配下にある町で、婚礼の衣装を纏った若い夫婦が服毒心中をしたという実際の事件をベースに書かれたものとのこと。

 武装組織の支配下にある中東の架空の町テル・カマフに住む夫婦。夫のドゥーハは演劇、妻のライラクは音楽と、ともに芸術教師をしているが、美しいライラクに目を付けたダーイッシュの軍司令官と町の長老から、司令官との結婚か、処刑かという理不尽極まりない選択を迫られる。しかも夫婦の見張りを命ぜられたのは、かつて二人の教え子だった青年であった。2016年に書かれ、日本では2017年12月、国際演劇協会日本センターにより、リーディング上演された作品が、満を持して本式の上演となった。

 眞鍋卓嗣は2017年のリーディング公演でも演出を担当した。今回の上演では、作者のガンナームが2017年に改稿したものを新たに渡辺真帆が翻訳し、それをもとに試行錯誤を経て完成したものであるとのこと。冒頭のシーンは演出家として付加したものであり、人物の背景の設定など、いくつか変更箇所があるそうである。

 リーディング公演を見逃したことは、今となっては残念でならないのだが、いちばん気になるのは、初演ではライラクがキリスト教徒であったところを、今回は夫婦ともにイスラム教徒と改変した点である。異教徒の女性を自分たちの性奴隷として支配下に置こうとすること、夫婦の信仰する神が異なることが舞台にどのような影響を及ぼしていたのかを知りたい。

 先日の『夕食の前に』のように、作り手の非常に強い熱気に圧倒されながら、それを受け止めかねることに困惑するのである。「入っていけない」感覚があり、舞台で起こっていること、舞台の人々の熱量に追いついていけないのだ。作品との相性の問題なのだろうか、今後の課題ではあるが、苦手意識にしてしまわず、まっさらな心で次の舞台に出会えることを願っている。

コメント

林光・歌の本Ⅰ~Ⅳ全曲を歌うアンコール公演

2019-07-23 | 舞台

*武蔵野スイングホール 23日1回のみ
 テノールの金子左千夫、ソプラノの中馬美和、そしてピアノの大坪夕美は、2012年から2018年にわたって7回のコンサートを行い、作曲家林光が50年に渡って作り続けたソングの自選集『林光・歌の本』全4冊(Ⅰ四季の歌、Ⅱ恋の歌、Ⅲものに寄せる歌、Ⅳことに寄せる歌)全134曲!を歌いきった。 全公演制覇を意気込んでいたのが予約に出遅れて聞き逃した年もあった(過去記事はこちら→1,2)。観客にとってこのたびのアンコール公演はただただ嬉しく、ありがたい限りであるが、作り手にとっては、134曲の中からひと晩のステージにどれだけ歌えるのか、まず選曲はまことに悩ましい問題であったろうし、曲順を決めることもむずかしかったことだろう。

 今宵のステージは、萩京子詩・曲による「わたしの好きな歌(林さんに)」で幕を開けた。これは2001年12月、林の70歳を祝うコンサートのプレゼントとして作られたものとのこと。原曲はソロだが、2013年にデュエット版に編曲されたその歌は、オープニングにふさわしく、ピアノの軽やかな前奏に導かれ、歌を歌うこと、作ること、聴くことの喜びに溢れるものであった。続いて林光18歳のときの作品「かわいいシュゾン」から、68歳のときの作品「わたしのすきなこなひきさん」まで、作曲時の年齢順に24曲が披露された。

 このシリーズは、前説やあいだの曲紹介のトークも楽しみのひとつである。それだけ林の歌の背景や歴史を熟知し、客席への届け手として歌い込んでいなければできないことであり、客席はほんとうにリラックスさせてもらい、楽しく聴いているが、ふと当日リーフレットに記された曲紹介の細かい記載を読むと、頭が下がる思いである。

 特に印象に残った歌を挙げてみよう。
◆谷川俊太郎詩「きょうがきた」…1976年、東京都足立区竹の塚小学校の校歌であった。詩のなかに学校名、歴史と伝統が無く、学校のイメージが伝わらないと反対する先生もあったとの紹介になるほどその通りの歌なのだが、これほど明るく活力に満ち、そして優しい校歌なんて素敵じゃないか!
◆林光詩「夢へ」…1980年、こんにゃく座創立10周年記念の歌。国立歌劇場のオペラ批判を大胆に歌い上げ、誇りを賭けてこんにゃく座の座員たちを鼓舞する。うろおぼえだが、「公園に打ち捨てられた古いバスの横腹に書かれた文字は『オペラ』と読める」という箇所があった。これを「新劇」に置き換えてたら…などとつい妄想が。オペラで喰う(生活していく)こと、演劇で喰う
ことはいまだに困難である。
◆林光詩「がっこう」…1992年東京都江戸川区立宇喜田小学校創立10周年記念のための歌。これまで何度か聞き、歌ったこともある大好きなソングである。いつのまにか「がっこう」は子どもにとっても先生や親御さんたち大人にとっても、あまり楽しいところではなくなっている。子どもたちにとって「がっこう」で過ごす時間が楽しければ、大人にとっても同じではないだろうか。ものごとはそんなに単純ではないけれども、聴くたび歌うたび、希望が湧いてくるのである。

 アンコールコンサートが終わってたが、やはり「もっと聴きたいなあ」というのが正直なところである。全曲を歌う→アンコール→さてつぎは?さまざまに趣向を凝らすもよし、原点に立ち戻って、いっそうシンプルに歌い上げるもよし。ぜひ期待させてください。

コメント

劇団1980 第69回公演『夕食の前に』

2019-07-17 | 舞台

*ヤーセル・アブー=シャクラ作 鵜戸聡翻訳 小林七緒演出 公式サイトはこちら 下高井戸/HTSスタジオ 21日まで 第69回公演(1
 
今なお紛争が続く中東のシリアの首都ダマスカス出身の詩人ヤーセル・アブー=シャクラによる本作は、2015年「紛争地域からの演劇シリーズ7」(国際演劇協会日本センター×東京芸術劇場共催)でリーディング上演され、このたび流山児★事務所の小林七緒を演出に迎えて、日本初の本格的な舞台化の運びとなった。

 舞台に作られているのはアパートの二部屋であろうか。下手側はベッド、クローゼットなどきれいに整頓されているが、上手側は飲み物の空き缶や紙くず、服などが散らかっている。そのさらに右側の一段高いところにクラブのDJスペースらしき装置が据えられている。登場人物は母親(上野裕子)、その息子ナーセル(神原弘之)、DJ(大田怜治)である。

 当日リーフレットには、劇作家のメッセージ、劇中の会話に登場する俳優や詩人、劇作家やテロリストなどの解説が掲載されている。前者からは熱く切実な訴えを、後者からは量的に開演前の短い時間で把握するには困難な情報を与えられ、身構えながらの観劇となった。

 見どころは、その構成である。母親が恐ろしく散らかった息子の部屋を掃除しはじめ、しばらくすると息子が帰宅する。部屋の乱雑ぶりへの小言とその応酬など短いやりとりののち、母親は「夕食の支度をする」と下手に行き、息子は「腹ぺこだったんだ」と安堵の笑顔を見せる。やがて母親がグラスと皿(どちらも何も入っていない)を乗せた盆を持って登場し、母子が舞台前面のテーブルについたところでDJが奇妙な音楽をかける。と、母子はその場面までを逆にたどる動きを始め、音楽が止まったところからまた会話がはじまる。しかしそのやりとりは直前のものより長くなっている。母と息子、そしてDJも加わってこのパターンが繰り返され、そのたびに母子の対話は激しく、複雑に変容する。題名の「夕食の前に」の会話が執拗に繰り返されるのである。

 DJの音楽操作によって否応なく会話の腰を折られ、何度も遡ったやりとりをなかば強要される母子の様相は奇妙を通り越して病的である。DJが独裁政権を象徴するものなのか、暴力的な支配が長く続いたために、この母子はもはや自分の意志で行動することができなくなっているのか。からっぽのグラスと皿は、餓死の危険に瀕しているシリアの人々の現実を投影しているとも思われ、息子が演劇を学んでいるという設定があり、後半からは彼が作る演劇が母とDJによって「上演」される。いわゆる「メタ演劇」の構造なのだが、生命が脅かされるほどの厳しい日常における演劇について、否応なく考えさせる一面も持つ。

 劇作家の思いの丈は察するにあまりあるものがあり、「見どころ」などという言い方が憚られる。俳優の演技の熱量も非常に高く、圧倒的な迫力に溢れる舞台だが、作り手側の思いの強さ、熱さにこちらの感覚が追いついていかないところが多々あり、確かに受け止められたという手応えには至らなかった。中東のリアルを、今の日本の現実と感じ取ること。10日後の『朝のライラック』に向かうハードルであろう。

コメント

新国立劇場小劇場『骨と十字架』

2019-07-15 | 舞台

*野木萌葱作 小川絵梨子演出 公式サイトはこちら 新国立劇場小劇場 28日まで
 
パラドックス定数の野木萌葱1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24,25,26,27,28の書下ろし作品が、新国立劇場演劇部門の小川絵梨子芸術監督の演出で同劇場にお目見得となった。6月20日に出演俳優のひとり、田中壮太郎が健康上の理由のため降板し、代わって神農直隆の出演が発表された。7月11日の初日に先駆けた6、7日のプレヴューを控え、まさに最後の追い込みにかかる時期での出演者変更とは、作り手の苦労は想像を絶する。またネットの情報によれば、プレヴューでは休憩を挟んで2時間20分だったそうだが、本番になってからは20分短い。一幕が65分。15分の休憩後の二幕は35分である。公式サイトの発表には、「カットやトラブルではない」とあるものの、1幕と2幕がこのようなバランスの公演は過去に記憶がなく、ならば休憩なしの1幕仕立てでも良いのでは…?と釈然としない気持ちも少々。

 張り出し舞台を観客が三方から見る形。険しい岩山の奥にある深い洞窟を思わせるが、そこはローマのイエズス会本部。テイヤール(神農直隆)は神に生涯を捧げる司祭である一方、人類の進化の謎を探求する古生物学者でもある(ピエール・テイヤール・ド・シャンタン)。彼の論文をめぐってヴァチカンの司祭レジナルド(近藤芳正)とイエズス会総長(小林隆)が諮問を行おうとしている。考古学者である司祭エミール(伊達暁)ははるばる北京から呼び寄せられた。テイヤールを敬愛する若い司祭・アンリ(佐藤祐基)は気が気ではない。

 正面通路には燭台が立てられ、そこが諮問室にもなり、北京に左遷されたテイヤールが、エミールとともに発掘に精を出す野外にもなる。左右の通路も自在に使っての時空間の表現は、観客の脳を刺激し、舞台への集中度を高めてゆく。

 登場人物はすべて外国人であるが、翻訳戯曲ではない。野木作品の『Nf3Nf6』(11,27)、『Das Orchester』のように、かの時のかの国の人々が、いつのまにか史実を越えた生身の人間として舞台に存在することの不思議、面白さが体感できる。

 いわゆる善玉、悪玉、中間子と仕訳されがちなところ、それぞれの人物が別の顔を見せる。総長役の小林隆、ヴァチカンの近藤芳正はテレビドラマにも多く出演しており、外国人司祭には無理があるかと思ったが、ステレオタイプに陥らないベテランらしい演技を見せる。なかでも目を引いたのがテイヤールと同じく司祭であり、学者でもあるエミール役の伊達暁である。冷静な皮肉屋に留まらず、テイヤールの主張に警鐘を鳴らす役割も果たす。

 テイヤールの生涯や進化論と宗教について、それぞれの碩学の寄稿あり、野木作品の年譜ありと、背筋が伸びるような充実したパンフレット。また今回は劇場ホワイエにさまざまな趣向が凝らされており、重厚な舞台美術のなかで交わされる硬質な会話劇からしばし解放されて楽しむこともできる。

 客席の年齢層は、いつものパラドックス定数のそれよりも高い印象があり、野木作品をより多くの人が体験できたことが感じられる。同劇場2018ー2019シリーズを締めくくる刺激的な舞台であった。

 神はどこにおわすか。天上にというヴァチカン司祭と、われわれが歩むその先にというテイヤール。両者の議論は最後まで一致しないが、その不一致すら、わたしには神が与えたものと思われるのである。地上の人生が終わったとき、相反する思想を持った二人は同じく神の前に立ち、信仰者、聖職者としての生を全うすることができるのではないだろうか。

コメント

山本さくらパントマイム第49回公演『gift ギフト』

2019-07-10 | 舞台

*山本さくら作・演出・出演 公式サイトはこちら ザムザ阿佐ヶ谷 7月10日2回公演
 前回公演『ハーモニー』から1年。今回は原田麻美のパントマイム、君塚仁子のオカリナとの競演がみどころだ。舞台が明るくなると、とんがり帽子をかぶったマッシュルームカットに黒ぶち眼鏡の山本さくら。昨年のあの楽しいステージの記憶が蘇り、一瞬にして舞台に引き込まれた。

 2014年の「さくらさろん」で初演され、デュカスの曲をマイム化した「魔法使いの弟子」を皮切りに、優雅なロングドレスに身を包み、糸紡ぎから機を織り、一枚の布を作り上げる「絲」、一生懸命だが料理下手な妻と、そのへんてこ料理に悪戦苦闘する夫とのやりとりを原田麻美が演じる「明るい未来」、オカリナの音に合わせて鳥たちの生態を描いた「ブレイクタイム」、別の場所で働いている男女の日常が交錯する「TOKYO・人」、角野栄子作『魔女の宅急便』に想を得て創られた「旅立ちの朝」まで、あいだにオカリナ演奏「ジュピター」、「アメージング・グレース」を挟んで1時間20分のステージである。

 もっとも印象深かった「TOKYO・人」について。原田と山本は、それぞれ別の場所で働く男女である。朝起きて身支度をし、電車に揺られて職場に行く。パソコンで書類を作ったり、電話を受けたり忙しい。一人暮らしの部屋に帰るとビールを飲みながら食事をし、眠る。日常生活のさまざまが丁寧な動きで描かれ、仕事帰りに立ち寄った書店で何となく顔を合わせ、同じジムでボルダリングをしているところで、「あのときの!」と顔見知りになる。このあと時間ありますか?らしきやりとりから、意気投合して食事をし、映画を楽しむ。が、男が女の手に触れたそのとき…。

 ここで二人は互いの気持ちを確かめ合い、ハッピーエンドと疑わなかったのだが、そうではなかった。男性が勇み足だったのか、女性が奥手だったのか、二人はまた別々の空間での生活に戻るらしきことが示されて、物語は終わる。温かく優しく微笑ましい物語が展開するものという思い込みが静かに退けられる終幕に戸惑ったが、もしかするとすべては最初から幻想だったという見方も可能であり、これもまた味わいであると受け止めている。男女の気持ちは想像するしかないが、台詞のないことが逆に物語を深める不思議な一幕である。

 ステージを大きく使い、思い切り走りまわりながら、簡単な動作であっても決して疎かにしない。山本さくらのパントマイムは大胆かつ繊細だ。前回はハッピージョー&ノスケの歌、つまり言葉が大きく関わる公演であったが、今回はオカリナ演奏である。ことばが一切無いことによって、ステージはより寡黙に、そして観客の想像力をいっそう豊かに喚起するものとなったのである。

コメント