因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

因幡屋の8月&俳句日記

2013-07-31 | お知らせ

 もう8月ですよ。
てがみ座第8回公演『空のハモニカ-わたしがみすゞだった頃のこと-』 (1,2,3,4) 
 初演から2年の足らずの再演となった。7月の京都公演を終えて、座・高円寺へ。
*二兎社38『兄帰る』1,2,3,4,5
*文学座有志による自主企画『この道はいつか来た道』
 公演チラシには「後期高齢者俳優2人、末期演出家最後にして最初の最後(になるやも!)の顔合わせ」と仰々しいキャッチが。本山可久子、金内喜久夫の出演に、演出は藤原新平で、別役実作品を上演する。
水素74%vol.5『謎の球体X』
 2年前初演された作品を大幅に改訂したとのこと。リンクは以前の劇団掘出者時代から田川啓介作品観劇の記事(1,2,3,4,5,6,7,8,9)。
*劇団民藝公演『黒い雨-八月六日広島にて、矢須子-』 (1,2,3,4,5,6,7
 井伏鱒二の原作を笹部博司による上演台本、丹野郁弓の演出で奈良岡朋子が朗読する。8月8日相模女子大学グリーンホール、15日川崎市アートセンター、16日紀伊國屋サザンシアターで上演。
八月納涼歌舞伎1,2,3,4
 中村屋兄弟の「鏡獅子」が大きな話題だ。月の前半を兄の勘九郎、後半を弟の七之助が踊る。
劇団フライングステージ第38回公演『OUR TOWN わが町 新宿二丁目』(1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13
 毎年夏の下北沢はフライングステージの新作だ。
*文学座有志による「久保田万太郎の世界」(1,2,3)。
 第4回したまち演劇祭in台東に初参加し、万太郎誕生の地である浅草で上演の運びとなった。会場は浅草見番というところで、地下鉄浅草駅から徒歩15分だそうだ。これは因幡屋、ぜったい迷うなあ。

 今月も懲りずに俳句日記です(1,2)。
 しばしおつき合いくださいませ。
 

 句会においては、たくさんの人から選ばれること、とりわけ結社の主宰からの選をいただけることが重要らしく(そのあたりもよくわかっていない)、それを目指して作句に励むわけであります。
 自分は7月の句会において、参加5回め(うち1回は投句せず選句のみ)にしてようやく1句、主宰の選をいただきました。やれやれといったところですが、正直に言いますと実感がないのです。なんでこれがなぁとぼんやりしている。まったく罰あたりな話です。
 つまり選んでいただいた句が、ことばをよくよく吟味して何度も推敲し、少し寝かせてまた練り直し・・・といった過程を経たわけではない、いや何度か作り直しはしましたが、最終的に提出したのが「よしこれなら」と確信して投句したものではないということです。

 選ばれたのはほんとうにたまたまであり、さすがに字余りや字足らずを避けて五七五にする、季語を忘れない、同じ季節の季語をふたつ入れない、旧かなづかいにするなどは気をつけるけれども、「その句がほんとうに俳句になっているか」という確信に向かっての吟味や推敲のレベルに至っていないということです。それだけ俳句というものに対してまだまだ無自覚、無意識であることの証左でしょう。

 はじめて句会に参加して、主宰から「3年は雑巾がけですよ」と言われたとき、ずいぶん前のNHK朝の連ドラ『あすか』で、菓子職人をめざすヒロインあすか(竹内結子)が茶道のお稽古にいく場面を思い出しました。
 ろくに心得のないあすかをお師匠さん(加納幸和)は茶室に入れることすらせず、「あんたはとうぶん掃除です」と言い渡す。来る日も来る日も廊下を拭きつづけるあすか。お師匠さんも女中さんも怖いこと厳しいこと。
 ある日のこと、お稽古はとっくに終わったのにあすかはまだ掃除をしている。驚いた女中さんにあすかは晴々と、「お廊下がきれいになるのが嬉しくて」と言うのでした。
 多少ずれている気もしますが、因幡屋もあすかを目指しましょう。
 8月の兼題は「盆の月」と「梨」です。

コメント

リーディング劇『ファミリアー』

2013-07-30 | 舞台

*服部貴康写真集『ただのいぬ。』より 瀬戸山美咲作・演出 公式サイトはこちら こまばアゴラ劇場 7月29,30日のみ
 昨年秋、みきかせプロジェクトにおいて初演され(1,2)、今回の『彼らの敵』のベースになったリーディング劇が2日間3回上演される。劇場がワーサルシアターから今回のこまばアゴラに変わったことで、照明など演出面に変化はあるものの、戯曲の改訂はない由。

 初演からおよそ8カ月、『彼らの敵』とのダブル上演は作り手にとって大変な労苦ではないかと察するが、俳優は疲れもみせず40分間の犬と人との物語を淡々と読む。俳優の演技はより鋭くより深まり、悲しみを湛えながらもいっそう温かなものとなった。
 犬と人の共存という内容もさることながら、本作のリーディングという形式は、本式の上演の前段階というより、演劇のもつおもしろさ、旨みを濃厚に示すものである。
 俳優が別の人物に扮する。人だけでなく、犬にもなれる。「ワン」や「キャン」くらいしか鳴かない犬の心の声を聞くとき、犬たちが歩く暗い通路の果てにあるもの、はじめて連れて行ってもらった海が見えてくる。目の前には3人の俳優のみ。なのにいろいろなものがみえてくる、聞こえてくる。演劇の醍醐味がぎっしりと詰まった作品なのだ。
 

 終演後、作・演出の瀬戸山美咲と本作に出演し、ドラマタークもつとめた中田顕史郎によるトークが行われた。30分たらずであったが、この時間によって『ファミリアー』を作り手と客席がともに確かめながら味わうことができ、大変有意義であった。
 客席から、「年少と小学生の子どもといっしょにみるつもりだったが、かなわなかった。本作の対象年齢はいくつくらいか?」というお母さんからの質問や、同じ方から「(子どもが)舞台の暗闇を怖がったり、犬が突然鳴くのに驚いたりするかもしれない」という懸念を聞いた。
 中田顕史郎さんには小学生の娘さんがおり、「娘にみせるのはちょっと」とためらっておられるそうだ。

 大ざっぱな言い方をすると、対象年齢は何歳、あるいは何年生からというはっきりしたラインはなくてもいいと思う。40分間じっとしていられない子どもはさすがにむずかしいだろうが、それでも退屈したり怖がったりしながらも、どうにか最後まで完走することができるかもしれない。その子ども一人ひとりの適性があり、子どもの状態は日によって違うので、だいじょうぶと安心していた子が機嫌をわるくしたり、心配でならない子がびっくりするほど集中していたりもする。

 年齢にかかわらず、その子どもの感覚によって幼いなりに何かを捉え、感じとることはできる。逆にいいトシの大人が無反応の場合もありうる。
 思い切って子どもをお芝居に誘ってみては?突拍子もない反応やとんちんかんな感想を言うこともあろうが、そこでがっくりしない。いつか気づく日が訪れる。演劇は作るのもみるのも根気がいるのだ。

 「演劇は最初の出会いが悪いと以後一切が受けつけられなくなる」と語った劇作家がいたが、そのとおりだ。子どもを芝居好きにするかしないかは、一種の賭けである。芝居に向かない子どももいる。無理強いはよくない。しかし『ファミリアー』は、その賭けにじゅうぶん値する作品だ。何より、「誰かといっしょにみたい」という気持ちを強く掻きたてる。
 子どもといっしょの観劇は、大人にも大変な気遣いや気兼ね、ストレスをもたらすが、それを上まわる喜びや幸せがきっと与えられるのではないだろうか。

コメント

ツイッター復旧しました

2013-07-30 | お知らせ

 先週末から凍結しておりました因幡屋ツイッターのアカウントが、復旧いたしました。 
 相当数のアカウントが凍結されていたようですし、場合によっては凍結解除されないこともあるそうですから、3日間での回復はむしろ早いほうでしょう。お騒がせいたしました。
 今後とも因幡屋ぶろぐ、ツイッターともに、よろしくお願いいたします。
 

コメント

ツイッターのことで

2013-07-29 | お知らせ

 7月26日朝、いつものようにツイッターをはじめようとしたら「このアカントは凍結されました」のメッセージ。もともと少ないフォローでほそぼそとやっておりましたので、凍結の理由である一度に大量のフォローやそのほかの行為など、身に覚えがありません。情報はこちら
 凍結解除申請をしておりますが、通常にもどるまでに数日かかるらしく、まるでつばさを片方もがれた鳥のようです(苦笑)。
 因幡屋ぶろぐはこれまでとおり使えますし、ほとんど放置状態のfacebookをこの際きちんと整えてみなさいという神の啓示かもしれません。
 このようなわけで因幡屋のツイッターはしばらくおやすみです。早く復旧しますように。

コメント (2)

JACROW#17『カルデッド』

2013-07-25 | 舞台

*中村暢明脚本・演出 公式サイトはこちら 下北沢OFF・OFFシアター 31日まで (1,2,3,4,5,6,7,8

 自殺をテーマにした短編4本のオムニバスである。一話ごとに短い暗転による場面転換をはさみながら、休憩なしの120分の作品だ。
【第1話・甘えない蟻 another ver.】東日本大震災から数カ月後の被災地、妻と娘は東京に避難し、故郷に残った夫はみずから命を絶つ。あるじのいない家にやってきた妻と娘、夫のきょうだいたちは、彼が遺したメッセージをみつける。2011年晩秋に『日本の問題』で上演された作品の改訂版だ。
【第2話・スーサイドキャット】ある中学の応接室で、ある女生徒の両親が教頭と担任教師と向き合っている。学校でいじめにあったために娘が自殺したと主張する両親と、いじめの事実はなかったと反論する学校側。
【第3話・リグラー2013】不動産会社の営業部で行われるいつもの朝会で、成績の振るわない社員を、熱血課長が罵倒する。2010年秋に上演された作品の改訂版である。
【第4話・鳥なき里に飛べ】富士山の樹海をさまよう男を、もうひとりの男が救おうとする。

 自分は第2話の『スーサイドキャット』をもっともおもしろく見た。いじめによる子どもの自殺は、不謹慎な言い方になるが話題性の高い題材だ。あふれるような情報や各方面の意見をどう盛り込むかと思ったが、落としどころはまったく予想のつかない、べつのところにあった。もっと書き膨らませて1本の長編にすることも可能ではなかろうか。

 7月から始まったテレビドラマNHK『七つの会議』とTBS『半沢直樹』、どちらも池井戸潤による小説のドラマ化であるが、これがめっぽうおもしろい。前者は大手電機メーカー下請けの中小企業における品質不良の隠蔽と内部告発がテーマだ。あの東山紀之が白髪混じりで業績の振るわない営業課長役を演じ、組織の巨悪に巻き込まれてゆくさまが痛々しく描かれている。さすがにNHKであるから人物の造形やストーリー展開、音楽や映像も地味なくつくりだが、それだけに重量感があり、現実により近い印象がある。
 後者は5億円の不正融資の汚名を着せられた大手銀行の融資課長が、あらゆる手段を使って回収に力を尽くし、内外の敵をなぎ倒してゆく。エンターテインメント性を力強く出しており、悪役はこれ以上ないほど憎々しく、表情や台詞まわしなどもいささか過剰気味だ。メインテーマがドラマの緊張感を高めてゆき、タイトルロールを演じる堺雅人が相手をぐっと睨み据えての決め台詞、「やられたらやりかえす。倍返しだ!」がぞくぞくするほど痛快である。

 JACROWは「演劇を(最近)観たことがない45歳男性サラリーマン」をターゲットにしているという。これまでの上演作品を思い返すと、建設会社における談合とパワーハラスメントを描いた『冬に舞う蚊』、テレビ会社とPR会社の軋轢を描いた『パブリック・リレーションズ』など、実社会で悩みながら働く人々へ届けたいという意欲が感じられる。舞台や人物の設定もおもしろい。
 しかし台詞のひとつひとつや人物の造形、あるいは服装や小道具など、細かいところのつまづきが、劇を集中してみる上での妨げになることが少なくない。
 たとえば第3話の『リグラー2013』の後半で、追いつめられた社員の妻が会議室に押しかけてくる。パジャマにスリッパすがただ。「切迫流産で入院している」という台詞があるから、病院からとるものもとりあえず必死でやってきたということなのだろうが、自分には違和感があった。入院患者が医師の許可もなしに外出しようとしたら、看護士も病院スタッフも止めようとするだろう。制止をふりきってきたのか、それにしてもスリッパのままとは。電車に乗ったのかタクシーを使ったのか。またそのような格好で会社に来た人間を、受付はじめ社員たちがそのまま通すとは考えにくい。何かもうひとつふたつ、劇の運びを自然にするための配慮が必要ではないか。

 テレビドラマ『半沢直樹』では、悪役の造形が非常に極端でえげつない。支店長の石丸幹二、副支店長の宮川一郎太はじめ、人事部長の緋田康人など、現代ドラマというより時代劇の悪代官や小役人を思わせる。いくらなんでもこれはなかろうと苦笑はするものの、「ぜったいにありえない」と全否定まではしないギリギリのラインで成立しているのだ。
 緋田の人事部長を、『七つの会議』に登場させるわけにはいかない。逆に『七つの会議』で不気味な係長を好演している吉田鋼太郎の迫力をもってしても、『半沢直樹』ではぶっとばされてしまうだろう。
『半沢直樹』と『七つの会議』はいずれもハードボイルド系企業ドラマの外見をとりながら、似て非なるものである。前者は「どうみせるか」であり、後者は「何をみせるか」に主眼が置かれているためだろう。
 

 JACROWの舞台に話をもどすと、何をみせるかという着眼点においては鋭いものがあり、毎回興味をそそられる。しかし「どうみせるか」というところが、どうしてもしっくりこないのである。
 再び第3話『リグラー2013』について。あれほど部下を追いつめ、苛めぬいていた営業課長が実は・・・という話なのだが、初演で課長を演じた今里真が乱れた服装や無精ひげ、うつろな表情で、最初から「この人はどうもおかしい」という雰囲気を出していたのにくらべ、今回の狩野和馬はこざっぱりした身なりで眼光鋭く、ややキレ気味の上司といった造形であった。この変容に、つくりてのどんな意図があるのだろうか。厳しく執拗な指導をしているが、彼もまた決して強い人間ではなく、親会社から出向させられた劣等感を抱えていたわけで、自殺した部下とその家族にとって加害者的立場にいた人間が、いわば自分で自分の首を絞めるかのように追いつめられてゆく。サスペンスとしてみせることも可能な題材であり、まだまだ劇作の余地があるのではないか。

 JACROWのメンバーは主宰の中村と俳優の蒻崎今日子(お名前訂正いたしました)、制作の黒田朋子の3人のみで、俳優、スタッフともにさまざまな所属のメンバーによって営まれてる舞台は、どこの所属かなどは関係なく、いいものにしたい、客席に届けたいという熱気があふれている。この熱さをもってすれば、テレビドラマでも映画でもない、演劇だからできることをもっと追究できると思うのである。  

コメント