因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

ひかりの日ノ出vol.1『田紳有楽』口説 『志太の幽霊』

2007-06-30 | 舞台
 今年4月、急な坂スタジオの4人めのレジデントアーティストに就任した仲田恭子の演出による2本立て公演。公式サイトはこちら 7月1日まで STスポット

 1本めの『田紳遊楽』口説(でんしんゆうらく くどき)は、静岡県藤枝市出身の藤枝静男の小説を土肥ぐにゃりが構成し、仲田が演出した。土肥自身が出演し、工藤wabi良平の琵琶演奏がつく。仲田も語り部と音曲?を兼ねた役割で出演。土肥の実に奇妙な語り口から始まり、内容もほとんどわからないまま終わってしまった。ちょっとこれは大変なところに来てしまったのでは・・・。

 2本めの『志太の幽霊』の原作は、山東京伝の『孔子縞干時藍染』。老中松平定信による倹約令、儒教道徳が浸透するあまり、世の中の価値観があべこべになる様子を描いた風刺劇だ。冒頭、顔だけ白塗りにした和服の男女(佐東諒一、わかばやしめぐみ)が登場する。女のあとを男が付け狙う。ふたりは少しぎくしゃくした踊りのような奇妙な動きで、白塗りの表情からは心の中が読めない。男が女を襲い、あわや・・・と思ったら、何と男は自分の着物を脱いで女にどんどん着せていき、「もらってくれ」と立ち去る。「追い剥ぎ」ならぬ「追い剥がれ」なのである。この調子で無料そばの屋台、貧乏之助という名の役者などが続き、遂には「この世に生きていることがもったいない」と幽霊になってしまうというお話である。

 1本めが終わったときはまさに「ドン引き」状態だったのだが、その固い気持ちが徐々にほぐれて前のめりになっていた。山東京伝は為政者に正面から闘いを挑むのではない、しかし茶化したりおちょくったりする中に、表現する人間の誇りと気概が巧妙狡猾に込められていることが伝わってくる。出演俳優の様子は旅回りの一座風で、はじめはちょっと怖かったのだが、次第に親しみすら感じられてきて、物語が終わったときの劇場は温かく柔らかい空間に変化していた。

 劇場を出て横浜駅に向かいながら、気づくとさっきの男女が歌っていた「あんたがたどこさ」を小さく歌いながら歩いている。おいおい、これはアブナいぞ。二人は「もったいないから」と歌詞や動作を省略しながら、実に楽しそうに歌っていた。あの様子がしばらくは忘れられそうもない。明日の千秋楽も2回公演あり。

コメント

続『父産』

2007-06-29 | 舞台番外編
 劇団印象の『父産』が上演された新宿タイニイアリスさんのHPが、当ぶろぐをリンクしてくださいました。ありがとうございます。またプロデューサーの西村博子さんによる劇評がWonderlandに掲載されていますので、こちらも是非どうぞ。力強く愛情溢れる劇評です。

ずっと以前、劇団二兎社公演『カズオ』の舞台中継がテレビ放映されたのをみたことがある。永井愛と大石静のふたりがいくつもの役を老若男女とっかえひっかえ演じ継ぐ手法で、自由自在というかアナログというか。永井愛演じたおバカさんOLの「咲村はるな」がわたしは好きだった。工夫が凝らされているのだが、さすがに歌舞伎の早変わりのようにはいかない。「あ、ここは大変そう」とわかる場面もあって、当時のふたりの勢いや、これからどんなふうに成長、変化していくのだろうと見る者を引き込む力が感じられた。録画をみていてもそうなのだから、実際に劇場でみたらどんなに楽しかっただろう。永井愛の作品は『こんにちは、母さん』『書く女』も好きだけれど、『カズオ』には、まだ一定の評価を得る前の演劇集団がもつ、計り知れないエネルギーを感じるのである。

 劇団印象は今回の『父産』が初見であった。西村さんは印象の舞台をこれまでもご覧になった体験も踏まえて論じておられ、わたしはその点では「出遅れた」と悔しいのだが、これからこの劇団が大化けしていく予感に満ちた舞台に初めて足を運んだ幸運を喜んでいる。

コメント

『神様の夜 Bプロ ひとりじゃない』

2007-06-24 | インポート
*読本 川上弘美「クリスマス」「星の光は昔の光」
 今日は小雨まじりの恵比寿、2度めのSiteは迷わずに到着。酔っぱらって兄とそのルームメイトが住む部屋にころがりこんだハジメは、知らないうちに一冊の本を拾っていた。中には「まだ見ぬあなたへ」と綴られた手紙が。昨日の「わるくない休日」の変奏のような「ひとりじゃない」が、あとの2つの物語「クリスマス」と「星の光は昔の光」を導いていく。

 桑原裕子は不思議な女優である。すらりとした長身のすっきりした顔立ちがとても美しく見える舞台と、ややちょっとそうでもないときがある。昨日と本日、桑原は「ウテナさん」という名の女性を演じる。後者のほうでありました(笑)。いい意味です、念のため。「クリスマス」で「いいいい、生きるってさあ、あれよねえ」と酔ってくだを巻く場面は爆笑もの。

 本日のBプロはピアノ演奏付きだったのだが(高戸渉)、電子ピアノのせいか、「生演奏」の音色に聞こえにくかったことが残念だった。

 昨日「くま」役を演じた川本裕之さんが、今日は上演前観客の誘導をしていらした。思わず心の中で「くまに導かれて席につく。芝居をみるのである」と読んだりして。

 偶然だろうが暑かった昨日は夏の物語、肌寒い今日は冬の話だった。いつもの自分なら「こんなに気温差があっては体調管理がタイヘンだ」と文句を言うところだが、『神様の夜』のあとはどちらも心地いい。帰宅して即、C,Dプロの予約をする。今度はどちらも夜の公演だ。どんな音楽が聞こえ、どんな物語が紡がれ、自分はどんな心持ちで恵比寿の町を歩くのだろうか。

コメント (1)

KAKUTAと川上弘美+Friends『神様の夜 Aプロ わるくない休日』

2007-06-23 | インポート
*読本 川上弘美「神様」「夏休み」「河童玉」(中公文庫)桑原裕子構成・演出 恵比寿ギャラリーSite  公式サイトはこちら A,Bプロは7月1日まで

 NHK FMシアターでラジオドラマ化された『神様』を聞いたのは何年前だったろう。「くまに誘われて散歩に出る。川原へ行くのである」という風変わりな書き出しで始まる短編だ。主人公は谷山浩子、「くま」役は千葉哲也であった。耳だけで聴くラジオなら、イメージは自由に描ける。それが実際に舞台の上演になるとどうなるのだろう。

 恵比寿駅から散々道に迷ってSiteに到着。駅周辺の喧噪から離れたビルの地下に案内されると、通路にも舞台にも出演俳優が本を読みながら開幕を待っている。「悪くない休日」に始まって、「夏休み」「神様」「河童玉」が語られ、「悪くない休日」がそのあいだをつなぎつつ・・・コラージュと考えていいだろう。ひとりの作家の複数の作品を平行して上演する形は先月楽しんだNYLON100℃の『犬は鎖につなぐべからず』を思い起こさせる。

 語り手が本を持って地の文を読み、登場人物はそれに従って動く。一種の「リーディング」公演でもある。原作の雰囲気を少しも損ねることなく、小さな空間やほとんど裸舞台に近い装置なのに、すぐに物語の世界に引き込まれていた。「神様」でくまを演じるのは川村裕之である。おっとりと優しげで知的な風貌。半袖のポロシャツにジーンズ、足元は動物らしい履物をつけているが、それだけである。

  「神様」や「夏休み」の主人公の生き方を考えた。自分をつなぎ止めているのは何だろう。仕事、芝居をみてブログを書くこと、家族や友人もろもろ。それらをすべて断ち切る!ほど思い詰めないまでも、一時保留状態にしてみることは可能だろうか。無理ですよね、それだけの勇気も理由もないし。しかしくまが人の言葉をしゃべり、人と川原を散歩する。ありえない話なのに自然に受けとめられる。原作を信頼し、観客の想像力を信頼した舞台である。ありえない設定の物語をみるうちに、自分が捕われている常識やしがらみから、ほんの少し解放されていることに気づくのだ。

 梅雨入りしたというのに、夏の日盛りのような暑さである。今日のAプロの基調になっている「悪くない休日」は文庫には収録されていない。オリジナルなのだろうか?ハジメ(窪田道聡)が拾った本に手紙がはさんであった。「まだ見ぬあなた 、さようなら」という書き出しに始まり、まだ巡り会う前の誰かに別れを告げる内容だ。深い悲しみや諦めに満ちているが、控えめな希望も感じられる。「悪くない」どころか、素敵な休日になった。

コメント

石神井童貞少年團第5回公演『少年伝奇製作所』

2007-06-23 | 舞台
*森田金魚作・演出 池袋シアターグリーン ベースシアター 公式サイトはこちら 24日まで
 「伝奇」を辞書でひいてみた。まず「普通では考えられない超現実的な話(を題材とする小説)。次に伝記を脚色した小説とある。主人公海渡(かいと)のうちは航空機の部品を作る小さな電気製作所だ。祖母と働き者の従業員三兄弟が切り盛りし、海渡は「自分は伝奇を書くんだ」と仕事を手伝おうとしない。海渡に両親は、彼が物心つく前に姿を消した。物語は海渡が自分の両親と、自分が何をしようとしているかを探し求める彷徨を縦軸に、従業員三兄弟が、自分たちが幼い頃に亡くなった母を求めて空を飛ぶ乗り物を作る懸命な姿を横軸に進んでいく。

 開幕直前、出演俳優の二人が舞台に登場して携帯電話の電源を切ること、アンケートに協力してほしいことをアナウンスするのだが、これはいかがなものかしらん。前者は既にスタッフから聞いているし、後者のアンケートについては終演後に伝えたほうが効果的ではないか。しかも「名前と住所さえ書いてくださればいいんです」等と言っては、書こうという気が失せてしまう。開幕前の劇場には静かなギターの音楽が流れてなかなかいい雰囲気であるし、開幕して最初の台詞は物語後半に向かって重要な意味をもつものだ。もっと集中して静かに舞台に臨ませてほしいものである。

 さらに俳優が異様にテンションの高い大声の熱演型で「や、これは前回と違うぞ。自分の苦手科目では」とドン引きしかけたのだが、後半に進むにしたがってからだが前のめりになってきた。「少年伝奇製作所」。このタイトルが舞台の内容をずばり表現している。簡潔かつ観客の想像を掻き立てる不思議な響きをもつ。舞台のイメージをひとことで言えば「アングラ」なのだが、これまで唐組のテント公演等で体験したそれよりもずっと強く、まっすぐに伝わってくるものがあった。

 今回初めて迷わずにシアターグリーンにたどり着けた。しかし終演後は少し気分が乱れていたのだろう、同じ道をちゃんと歩くことができず、横道にそれてしまった。夜空にはくっきりした半形の月が。池袋で女の子たちによる新鮮なアングラに出会えた。明日の千秋楽も2回公演あり。

コメント