因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

『ホテル・ルワンダ』

2006-02-27 | 映画
*ケア・ピアソン、テリー・ジョージ 脚本 テリー・ジョージ監督
 94年にアフリカのルワンダで民族大虐殺が行われたとき、ある高級ホテルの支配人ポール・ルセサバギナ氏がおよそ1200人もの人々を匿い、救出に導いた実話に基づく作品。
 この作品の特徴は、第一に主人公が決してスーパーマンではないことである。ポールは「アフリカのシンドラー」と呼ばれているそうだが、シンドラーとの決定的な違いは、彼自身が事件の当事者であり、家族もろとも命の危険に曝されていたという点だ。第二に作品が日本で公開されるまでの過程が特殊である点だ。情報をまだ充分整理・把握していないのだが、あまりに重い内容から公開が危ぶまれていたところを、一人の青年の呼びかけに端を発してネットによる署名で公開にこぎつけたというのである。それほどこの映画を見たい、見て欲しいと願う人々が大勢いたということなのだ。
 始めは自分の家族が助かることだけを思っていたポールが、次第に自分を犠牲にしても人々を守り抜こうとしはじめる。
 彼は有能なビジネスマンで、賄賂も使うし裏取引もするし、実にうまい駆け引きをする。しかし周囲の人々を動かすのは、小手先のテクニックではなく、最終的にはやはり人間性なのだと思わせる。

 立ち見も出る盛況と聞き、覚悟して出かけた。小さな映画館は満員である。上演中何度か涙が止まらなくなったが、それはこれほど惨いことが行われているのに、自分は何もできないという申し訳なさ、情けなさに苛まれるからであった。こういう状況に身を置いた時、自分は何ができるだろうかと思うと、絶望的になる。
 しかしこの映画は立派な人の立派な行いを賛美するものではない。国家や民族レベルの大問題で、一人の人間の力では到底太刀打ちできないと思っても、何かできることがある。小さな勇気、やむにやまれぬ自然な衝動から一歩を踏み出すことができる。その可能性と希望が描かれているのである。
 良心の呵責に苛まれ、自分の弱さを悲しんで自己嫌悪に陥るのは、ある意味で自分は誠実であり、何もできない立場にいることに安心したいからでもある。
 映画には「隣人」という言葉が何度も出てくる。 この「隣人」には聖書的なニュアンスが込められていると感じた。すなわち「自分自身を愛するように隣人を愛せよ」というメッセージである。ポールは自分とその家族を真剣に愛した。そして義務や責任感だけではなく、隣人への愛をもって行動したのである。そういう人間に変わっていったのである。

 見終わって外にでると、次の回の上映を待つ人で狭いロビーは熱気に溢れていた。長い列に並んだ人たちをみて、心の中で「頑張ってね」「よろしくお願いします」と言っている自分に気づく。何を頑張り、何をよろしくなのかわからないが、
自分にはもはやルワンダの虐殺なんて知らないとは言えない。逃げ惑い、必死で助けを求めている、あれはわたしの「隣人」なのだ。

コメント (1)   トラックバック (3)

詠み芝居 山本周五郎『おたふく』

2006-02-26 | 舞台

*演劇倶楽部『座』第十六回新春公演  山本周五郎原作 構成・演出 壌晴彦 シアターVアカサカ
 山本周五郎の原作「妹の縁談」「湯治」「おたふく」から構成された物語。上原まり、内山森彦(以上客演)、山下晃彦、金子あい、森一馬ほかが出演。
「文学を見る、聴く。感じる 『詠み芝居』」と銘打った、この劇団独自の上演形式である。
 すなわち小説の地の文は壌晴彦が語り、台詞の部分を俳優が演じる。見る側にすると、小説を読みながら心に浮かぶ情景がまさに目の前に繰り広げられているという状態だ。
 この形式のよかった点は、第一に壌晴彦の語りが実に素晴らしいことだ。決して感情過多にならず淡々と、しかし言葉のひとつひとつが粒だって伝わってくる。最近時代劇のナレーションで自己主張の強い語りを聞くことがあるが、壌にはそれがない。惚れ惚れするくらいである。第二に物語の内容がとてもわかりやすく伝わることだ。それプラス、語られる内容が目の前で行われること自体に妙なおかしみが生まれる効果もあった。たとえば貞二郎がおかみから縁談がまとまったことを立て板に水という具合に滔々と告げられる場面である。あそこはおかしかった。
 逆に疑問に感じた点は、全てが話されて演じられているから、観客が想像する余地が極めて少なくなるということだ。演じる俳優が逐一地の文通りの演技をしないで控えめにしていたことには好感が持てるが、もっと観客に感じさせてほしい、想像させてほしい、こんな複雑で微妙な心のうちを俳優がどう表現するのかをみてみたいという気持ちが沸き起こってくるのである。また登場人物が心の中で思ったことや、その場にいない人物の台詞を録音した音声によって聞かせる箇所もあって、いささか興ざめに。地の文と芝居部分のバランスをうまく保つのは難しいのだろうと察する。また作品の選択も難しい。同じ周五郎でもたとえば『さぶ』。あの終幕の場、栄二とおすえの愁嘆場を語りと芝居で見せられたら非常に説明的になって、かえって興をそぐことになるのではないか。

 朝から冷たい雨がずっと降り続いていたが、終演後その雨がこころなし少し温かく穏やかに感じられた。周五郎をしみじみと読み直してみたくなった。「詠み芝居」効果であろう。これからもいろいろと試みを重ね、もっと豊かで細やかな舞台を生み出す可能性を秘めている「詠み芝居」。晩冬の収穫であった。

コメント (1)   トラックバック (2)

『博士の愛した数式』

2006-02-19 | 映画
*小川洋子原作 小泉尭史脚本・監督
 事故による後遺症で記憶が80分しかもたない数学者(寺尾聡)と、シングルマザーの家政婦(深津絵里)とその息子(齋藤隆成)の交流を描いた作品。情緒や文学性、詩情とは最も遠いと思われる「数学」が、これほど美しく優しいものであったとは。博士の口から溢れ出す数学論は、素数、約数など数学の授業で習い覚えた言葉だけではなく、友愛数、完全数について、あたかも数字に人格があり、神すら宿っていると思わせるくらい生き生きとしている。特に家政婦の誕生日2月20日(=220)と、博士が学生時代に取った学長賞の番号284が友愛数であることを話す場面は、この作品の白眉である。
 同時に家事をすることの楽しさにも気づかされた。家政婦が料理をするところを博士は飽かず見つめている。「君が料理をしている姿が好きなんだ」。料理にもルールがあり、さまざまな手順には意味がある。食材をよりよく活かし、栄養バランスも考え、見た目のきれいさ、メニューの組み合わせ、家族の好き嫌い、すべてを出来るだけおいしく、出来立ての味わいを食卓に並べたいという気持ちが、その人の姿に表われるのだろう。
 以前森田芳光監督の映画『(ハル)』に出演した深津絵里が自宅のキッチンでその日のメニューをひらがなでゆったりと書いている場面があったのを思い出した。
 本作でも単に手際がいいだけではなく、自分に与えられた才能を活かして実に楽しげに家事をする深津の姿が印象的であった。また何かの雑誌のインタビューで「今回初めて母親役をすることになって不安だったが、現場で子役に会ったら、その子が楽しくしていることが自分にとっても楽しいことに気づいた」というようなことを話していて、これは映画の後半で「私は息子が楽しい気分でいてくれること以外に、望みなどありません」という役の台詞の気持ちそのままではないかと思った。

 博士の義姉(浅丘ルリ子)の描き方について、自分には少々疑問が残った。
 画面に登場しただけで濃厚な雰囲気を醸し出す浅丘の圧倒的な力はさすがであるが、博士との秘められた関係含め、もっと淡い表現はないだろうか。

 映画を見終わったその足で書店に直行し、原作本を購入。
 映画の味わいそのままに楽しむことができた。欲を言えば原作で博士がテーブルクロスにアイロンをかける場面があったら!
 
 映画館入り口に大きなボードがあり、黄色のメモ用紙がたくさん貼付けられている。
 「映画の感想をご自由にどうぞ」ということらしい。
 記憶が消えてしまうため、重要なことをメモに書き、どんどん上着に貼付けていく博士の習慣にあやかった?粋な演出だ。「友愛数って素敵」「やっぱり数学ってわからない」など素直な言葉の数々に、思わず口元が緩む。別の日にみた家族が「春が待ち遠しくなった」と言っていた。ほんとうだ。満開の桜や瑞々しい若菜が待ち遠しく、温かで優しい気持ちになれる、そんな作品である。

 

コメント

『フクロウの賭け』

2006-02-18 | 舞台
*川村毅作・演出 シアタートラム
 昨年上演の『クリオネ』<神なき国の夜>Ⅰに続く川村毅の新作戯曲。本作は昨年秋に「ドラマリーディング25」において、上演に向けての新作戯曲リーディング公演がされている。因幡屋は未見であるが、これから本式の舞台が立ち上がってくる予感が伝わる刺激的で意欲的な公演だったらしい。
 東京郊外のある町のアパートが舞台である。一階では変わり者の男(江守徹)が鳥屋を営んでいる。それもフクロウなどの猛禽類が多く、はやらない店である。二階に夫婦もの(手塚とおる、高橋かおり)が引っ越してくる。人嫌いで人付き合いを避け、世間から隠れて生きているようなもの同士が少しずつ互いを知っていく過程で、両者の過去が炙りだされてくる。
 鳥屋は二十五年前、未成年者のグループに中学生の長男を殺された。
 二階の男の名字や年格好などから、彼がかつての主犯格の少年だったのではないか?との疑念がわく。
 鳥屋は長男の死後、民事裁判を起こすも満足できる結果は得られず、妻とも別れ、ひっそりと暮らしている。
 一方で二階の男も住まいを転々とし、過去の記憶に怯える日々を送る。
 両者が一発触発と思われたとき、新たに意外な真相が明かされ、話がどう展開するのか身を乗り出したのだが、その期待を受け止めるには物足りない終幕であった。

 犯罪の被害者と加害者双方の苦悩、心の闇に迫る内容である。被害者は大切な家族を奪われただけでなく、世間の目に晒されて家庭は崩壊する。被害者は一度も謝罪に訪れず、そればかりか法によって人権が保護されていることに対して身を焦がすほど怒り、苦しむ。一方で加害者とその家族の苦しみも果てしなく続く。
 舞台だけでなく、テレビドラマや映画でも同様のテーマを掲げた作品はたくさんある。
 現実に凶悪犯罪が多発し、自分がいつ被害者になるか、或いは故意ではなくても自分が加害者に、加害者の家族になるかもしれないという可能性が言いようのない恐怖を掻き立てる今、演劇ができることは何だろうか?
 
 そう考えたとき、残念ながら今回の舞台はその問いに充分な答をもつものではなかったと思う。
 江守の鳥屋は終始ぶつぶつとつぶやくようにしゃべっているのに、台詞はすべて聞こえることに驚嘆した。これには特別なテクニックがあるのだろうか?その江守に一歩もひかない手塚もよく頑張ったと思う。両者のぶつかり合いは見応えがあったし、特にポテトサラダといなり寿司をつまみに、二人が(食べるのはもっぱら江守氏)ビールを飲む場面には妙なおかしみがあった。ポテトサラダにソースが合うとは知らなかった。今度試してみよう、などど考えながら、だんだん恐くなるのである。これからどうなってしまうのかと。
 黒を基調とした無機質な舞台で、タイトルのフクロウは小道具を使わず、無対象に描かれる。
 ここまでシンプルに描くのであれば、尚更もっと違う展開がほしい。
 何より登場人物の語る言葉がややありきたりではないか。
 あのように言わせるのであれば、フクロウもその餌のネズミもすべてほんものを出してリアルに描く映像のほうに勝ち目があるだろう。
 演劇だからこそできることを、可能な表現をもっとみたいのである。
 
 

コメント (1)   トラックバック (1)

横濱リーディングコレクション#0 福田恆存を読む!

2006-02-15 | 舞台

*『わが母とはたれぞ』 *福田恆存作 椎名泉水演出 横浜相鉄本多劇場
 質の高い戯曲を選んで気鋭の演出家と共同制作し、リーディング形式で連続上演する試み。戯曲との出会いの場をプロデュースするという刺激的な企画である。
 椎名泉水は横浜を拠点として活動する劇団スタジオソルトの作・演出家で、自分のホン以外の演出はこれが初めてとのこと。息子夫婦と息子の母親との会話が中心の1時間足らずの作品である。
 舞台前面に白い小石が敷きつめられ、高さの違う黒い箱がいくつか置かれている。その後ろにはいろいろな大きさの板が何枚も。俳優は白っぽいグレーの作務衣風のそろいの衣装を着て、手には台本を持っているが、劇中それに目を落として「読む」ことはほとんどなかった。かといって人物同士が向き合って話すこともなく、終始客席をみて台詞を言う。そして時折後ろの板に白いペンで台詞を書く。この文字の視覚的効果と俳優の動作がとてもおもしろく、言葉だけがにわかに客席に迫ってくるような印象があった。
 一度聞いただけでは意味がわからない言葉(例:唐三彩 父母に孝)が文字で書かれてようやく「ああ、そういうことか」と理解できるものもあり、特に深い意味はないのだろうが、その言葉を話した人物の存在が際立つもの、たとえば姑が嫁に向かって言う「友ちゃん、お風呂みてきておくれ」、逆に嫁が姑のことを「どうして男に好かれるんでせう」と評した言葉など、板に書かれた文字が、まるで生き物のように舞台に息づいているのを感じた。
 戯曲は、言葉は、生き物である。生きて動いて観客を捉え、劇の世界にいざなう。

 「リーディング」をどう定義するかはむずかしいし、今回の公演は厳密に言うとリーディングとは言えないかもしれないが、
ひとつの戯曲を演出家がどう捉えているか、その作品がどんな手触りであるかを観客に伝える点では非常に魅力的なステージになっていたと思う。

 他にヒンドゥー五千回(彼が構成・演出を担当する劇団の名前)の扇田拓也演出『堅塁奪取』とshelf主宰の矢野靖人演出『龍を撫でた男』の上演があり、前者はほとんど二人芝居である作品を20人の俳優が登場する舞台にしてしまったというし、後者は確信犯的に作品を誤読し、オリジナルの戯曲とは「全然違う作品になってます」(公演リーフレットより)のだそう。どんな舞台なのか、まったく想像できない。一本しかみられなかったのがほんとうに残念だ。
 これまで足の向きにくかった横浜の劇場にもっと通いたいし、三人の演出家がそれぞれのホームグラウンドで作る舞台にも是非行こうと思う。
 収穫の多い一夜であった。横浜の町にこれまでとは違った空気を感じ取れるようになった。
 

コメント   トラックバック (1)