因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

龍馬伝第13回『さらば土佐よ』

2010-03-29 | テレビドラマ

 これまでの記事(1,2345,6,7,8,9,10,11,12
 武市半平太(大森南朋)に吉田東洋(田中泯)を斬れと懇願された龍馬は、吉田の真意を確かめ、「自分はもう土佐だけのことを考えているわけにはいかない」と悟り、脱藩を決意する。

 当時の脱藩がどういうことなのか。坂本家の会話から、現代人が会社を辞めるどころではなく、藩に背き、お殿さまに逆らった謀反人とみなされること、本人はもちろん、家族までその咎を負う重罪であることが伝わってくる。朝の食卓で、ふと「どこそこの息子が脱藩したそうだ」と話題になり、うろたえる龍馬の様子から家族はたちまち彼の意志を知ることになる。

 龍馬はほんとうによい家族をもった人だと思う。龍馬が脱藩すれば坂本家は取りつぶされる可能性もあるのに、家族は動揺しながらも彼を守り、進む道へ押し出そうとする。もしかしたらもう二度と会えないかもしれない。必死で悲しみをこらえ、家族はそれぞれが心のこもった品々を龍馬に託し、送りだす。翌朝龍馬がいなくなった食卓で、家長の権平(杉本哲太)が、食事が終わったら本家の質屋に行き、藩の借金台帳を手に入れてくるという。「それがあれば龍馬が脱藩したからといって、容易に坂本家に手は出せまい。」そして「わしらには、わしらの闘い方がある」ときっぱり。自分は思わず画面に向かって拍手していた。ご立派です、兄上さま。

 吉田東洋をめぐって、龍馬と武市はほぼ完全に袂を分かつことになる。武市よりもう少し年上で彼を諌めることのできる人物がいたら、尊王攘夷思想と個人的恨みが結びついて東洋暗殺に走ることはなかったのではないか。夫を心から慕う富(奥貫薫)は申し分のない妻で、それだけに武市が道を踏みはずしていくことが残念でならない。東洋がなぜここまで龍馬を高く評価するのかは正直なところよくわからないし、脱藩を決意するに至る過程の描写も不十分だ。龍馬の家族もいささか出来過ぎの印象があり、歴史をよく知る人であれば、矛盾や首をかしげる場面も多いのではないか。と数々の小さな不満や疑問があるものの、福山雅治をみればぐうの音もでなくなってしまう。3月29日朝日新聞に作家船戸与一が『新・雨月 戊辰戦役朧夜話』について語った記事が掲載されている。「歴史は小説の奴隷ではない」のひとことが興味深い。小説をテレビドラマに即座に置き換えて考えるのは安易だが、今年の大河ドラマの作り手がどんな龍馬をみせたいか、何を伝えたいのかを素直に受け止めよう。次週から浪士となった龍馬がこれまで以上に多くの人と出会い、変化していく第2部が始まる。

コメント

ハイリンドvol.9『泣き虫なまいき石川啄木』

2010-03-28 | 舞台

*井上ひさし作 水下きよし演出 公式サイトはこちら 赤坂RED/THEATER 31日まで
1,2,3,4,5,6,7,8) 
 こまつ座以外で井上ひさしの作品をみるのは、蜷川幸雄演出の『天保十二年のシェイクスピア』だけではないか。戯曲に誠実に取り組み、演出家に信頼と敬意を寄せるハイリンドが井上作品に挑んだ。紀伊國屋ホールや同サザンシアターとは違う味わいを期待して赤坂に向かう。
 海辺にある小さな家に、身重の石川節子(枝元萌)がやってくる。夫啄木(多根周作)はすでにこの世の人ではない。家の老婆や外国人宣教師たちに温かく迎えられ、節子は夫が「焼き捨てろ」と言い残した日記を読み始める。夫とその父母(外波山文明、はざまみゆき)、妹(温井摩耶)、金田一京助(伊原農)たちと、東京本郷の床屋の二階で暮らした最後の3年間の日々が、2時間15分休憩なしで丁寧に描かれる。

 本作は初演がテレビ放送されたものを少しだけみた記憶があるが、戯曲も未読で今回がほぼはじめての観劇になる。紀伊國屋ホールのこまつ座の空気とは明らかに違う客層のせいか、、客席があまり温まらなかったように感じる。井上戯曲には、舞台で起こることが客席に伝わり、客席の反応が舞台に還ってますます勢いが出る・・・というとても心地よいリズム感があるのだが、今回の客席はいまひとつ盛り上がりに欠けて、自分もあまり笑わなかった。そしてそのことを「楽しめなかった」と否定的にはならず、よい舞台であったと思う。しかし観劇後は疲労困憊し、帰宅後はほとんど何もできなかった。この日は朝から気の張ることが続き、予想外のトラブルや山積する新たな問題に嫌気がさして、観劇前からすでに疲れていたという極めて個人的な事情によるものだろうか。
 ハイリンドの舞台をみるといつも元気がでて、嬉しくなるのだが、昨年あたりから少々方向性が変化していて、やや困惑気味に劇場をあとにすることがあり、しかし今夜の気分はそれとも違う。おそらく『泣き虫なまいき石川啄木』という作品じたいがもつ重さ、やりきれなさが原因ではないだろうか。

 石川家は貧乏のどん底である。貧しくとも家族がいたわりあい、支え合えれば「貧乏だからこそ」の幸せもあるだろうが、姑は始終嫁をいびり、調子のいい舅、甲斐性のない夫とくれば、毎日はちょっとした地獄である。夏の盛り、姑の「氷水が食べたい」のひと言から延々と諍いが始まるし、節子の大切な綿入れを舅が質に入れて酒を買うなど、争いの種が尽きない。家族がもめる様子はもしかしたらもっと笑えるのかもしれないが、ハイリンドの舞台からは絶望的なやりきれなさが発せられていて、うかつに笑えない空気が場内に漂う。家族が次々に肺結核に感染し、互いに余命わずかなことを知って、競うように相手に優しくしはじめる場面の何という切なさ。

 終幕は冒頭の海辺の家にもどる。節子は日記を焼かずに抱きしめ、涙にくれる。ふと下手に亡くなった啄木が現れ、妻のほうを優しく見つめる。この世とあの世を隔てる明かりの具合、あれはシューベルトだろうか、音楽も美しかった。節子もそれからまもなくこの世を去るのである。たっぷり笑わせてほろりとさせる、こまつ座の井上ひさし作品の味わいとは異なり、劇場をでて地下鉄にのったあたりから悲しくて情けなくて涙が出そうになった。何が悲しく情けないのか、自分でもまだわからない。

 三浦朱門の随筆集『四世同道』に「家族意識」の一編があり、次の一文で締めくくられている。「一度でいいから、本当に仲のよい夫婦というのを見てみたいものだ。私の知る限りでは、どの夫婦でも老若を問わず、かなり陰惨な生活に耐えているのである。」
 一方で向田邦子のドラマ『幸福』の冒頭で語られる次の一節も思い出す。「素顔の幸福は、しみもあれば涙の痕もあります。思いがけない片隅に、不幸のなかに転がっています。屑ダイヤよりも小さいそれに気がついて掌にすくい上げることの出来る人を、幸福というのかもしれません。」 石川家の様相はまさに醜悪、陰惨の極みである。それでも彼らはひとりでは生きていけない。節子の、啄木の幸福とは何であったのだろうか。

 ハイリンドが新しい一歩を踏み出したことは確かで、まずはそれを喜びたい。問題は自分が前述のあれこれ思い浮かぶ心の様相をもっときちんと見極め、本作がハイリンドの新たな成果であることに結び付けていけるかだ。

コメント

ままごと第1回公演『スイングバイ』

2010-03-25 | 舞台

*柴幸男作・演出(1,2)。公式サイトはこちら こまばアゴラ劇場28日まで
 岸田戯曲賞を受賞した昨年秋上演の『わが星』は未見だが、大きな賞をとったあとの劇作家は他を寄せつけない勢いがあるのだろう。柴幸男作品の作品を上演するために『わが星』で旗揚げした「ままごと」第1回公演である本作(旗揚げ公演が第1回ではないのですね。ちょっとわからないのですが)は、公演チラシも二つ折りで、当日リーフレットも二つ折りの中にもう1枚出演者による座談会の記事があったり、チケットはタイムカードになっていて、観客は入退場のときに劇場入り口に設置されたタイムレコーダーに打刻することができる。会社のことを描いた作品であるらしく、出演俳優はどこかの社員風で、劇場ぜんたいを会社のフロアにする趣向である。「社員がこのあたりを走ることがあります」「わが社の社内報を回していただけますか?」など、開演前から社員になりきって客入れを行っている。柴氏じしんも「作・演出業務の柴です」と挨拶し、何と彼もほんの少しだが舞台に登場する。大変な気合いの入りようである。

 

 この段階で、今回の趣向に対する好みはわかれるだろう。座談会の記事を読むと、出演者の多くが柴幸男の過去の舞台をみて「自分も出たい!」とワークショップやオーディションに参加し、念願かなって本作に出演できた喜びに溢れており、その嬉しさ楽しさが開演前から結構なテンションの高さで客席に押し寄せてくる。可愛げのないことを言ってしまうと、自分はそっとしておいてほしいたちなので、少々わずらわしく感じられた。

 客席が演技エリアを両側から挟む形である。この会社のビルは地上2010階、地下300万階とのことで、具体的でリアルな会社業務というより、この世に人類が生れてから今日までの営みをひとつの建物のなかで描こうとしている。新入社員がいる一方で、退職者もいる。それが単に仕事をやめることなのか、人生を終えることなのかは曖昧であり、十何代にもわたってずっとビルの掃除をしている女性がいるということは、仕事は世襲制なのだろうかと思ったり、高校生の娘が下の階に下りて結婚する前の両親に会ってみる様子は、ちょっとした『バック・トゥー・ザ・フューチャー』風である。このビルが人類の生活のすべてのようであったり、でも家庭は家庭で別の場所にちゃんとあるようでもあり、若干ぜんたい的な整合性を欠くところもあるが、作品を楽しむことの妨げにはならない。狭い演技エリアをところ狭しと動き回る俳優たちの様子は入念な稽古に裏打ちされたものであり、作品を盛り上げようという熱意に満ちている。

 夫が定年を迎えた妻が、昔ふたりがはじめて社内であったときのことが描かれる場面、掃除のおばちゃんが、自分の仕事について上司から言われたことをずっと心に刻んで働いてきたことを語る場面が心に残る。働くこと、家族をもつこと、生きることが静かに、確実に伝わってくる美しい場面だった。

 本編前後に社員が次々とファイルを手渡しながらめまぐるしく動く場面が少し長すぎるように思えたし、終幕「これで終わる」と思ったがなかなか終わらないし、(たしか)最後に柴氏が登場してひとこと述べるのは、働く社員の一日の様子を描く趣向を締めくくるためだったのかもしれないが、ぜったい必要なものとは思えなかった。チラシに記載された柴氏の相当に長い挨拶文や、主人公の新入社員大石の台詞でじゅうぶん伝わっているのではないか。

 音楽と俳優の動き(ダンス、振付とも違う)を巧みに使って独特の劇世界を作り出す柴幸男の手腕はほかではなかなかみることのできないものである。しかし表現の奇抜であることに対して、言いたいこと、伝えたいことは地味で堅実な、普遍的なものであると思われる。さまざまに趣向を凝らす舞台も楽しいが、一度趣向抜きで描かれるものもみせてほしいと思う。

コメント

龍馬伝第12回『暗殺指令』

2010-03-22 | テレビドラマ

 これまでの記事(1,2345,6,7,8,9,10,11
 尊王攘夷に燃える武市半平太(大森南朋)は、多くの下士を集めて「土佐勤王党」を結成する。龍馬は迷いを消せないまま仲間に加わり、平井収二郎(宮迫博之)や岡田以蔵(佐藤健)は喜ぶが、龍馬は心から納得できないでいる。武市に批判的な沢村惣之丞(要潤)から、長州藩の久坂玄瑞(やべりょうすけ)のことを聞いた龍馬はさっそく長州に赴く。会いたい人にはみずから足を運んで会う。龍馬の流儀が示される回である。

 

 やる気まんまんなのに、具体的に何をするかがまったくわからないのが土佐勤王党である。武市にしてもあれだけ人望があり、文武両道に優れた人であるにも関わらず、吉田東洋(田中泯)にひとこと返されただけで顔色が変わり、まともに反論ひとつできない。この馬脚のあらわし具合の描写を物たりなく思う。同士たちの面前で東洋に罵倒され、足蹴にされた怒りでうなされる武市の枕元に、彼の心のうちを代弁するもうひとりの武市が現れる手法も自分としてはあまり好みではない。もどかしい。武市さんともあろう人が、と思ってしまうのである。
 田中泯の吉田東洋は相変わらず震え上がるほど恐ろしく、言動も居丈高で「この人に嫌われたら最後」と思わせる。なぜ武市の評価がこれほど低く、「大嫌いじゃ」とまで否定するのか、その一方で後藤象二郎(青木崇高)が嫉妬するほど龍馬を気に入っているのか。好き嫌いが激しい人でもあったのだろうが、言うことをよく聞いてみると筋が通っている。武市の思い込みの強すぎること、状況を冷静に見極める判断力に欠けていることを見抜いているのである。

 龍馬が久坂と話す場面、久坂が自分のことを「ぼく」と言うのに対して、即座に「ぼく」と反応してしまう龍馬がおかしかった。久坂のややキレ気味の造形はさておき、「尊王攘夷」が実際どういうことなのかについての彼の解説は武市さんよりわかりやすかった。当時「攘夷」を叫んでいなければ武士にあらずと言わんばかりの状況で、「実はよくわかっていない」武士も多かったのではないかと思う。そしてこれまで幕末維新ものの時代劇をよくみていたわりに、自分もよくわかっていないのである。誰かわかるように教えてくれ。その気持ちに今回の龍馬は応えてくれた。さらにこの日龍馬は久坂から初めて「脱藩」という選択肢もあることを知らされるのである。
 将来は道場を開きたいと素朴に夢を語る「ノンポリ」だった龍馬が、次回はいよいよ土佐を去る決意をする。

コメント

パラドックス定数第21項『ブロウクン・コンソート』

2010-03-21 | 舞台

*野木萌葱作・演出 公式サイトはこちら 渋谷SPACE EDGE 22日まで
 過去記事を読み返すと(1,2,3,4,5,6) 、観劇を重ねるごとにこの劇団にのめり込み、夢中になっていることがわかる。今回は思い切ってこれが初見の友人を誘った。渋谷駅東口からさらに人通りのない寂しい道の様子に友人は早くも戸惑い、劇場に着いて列に並んだところでちょうど開場時刻になり、シャッターがガラガラと開けられ、「こ、ここは何、倉庫?」と驚いている。「これからもっとすごいものが見られるって」と内心しめしめと喜んでいた自分は、開けられたシャッターの向こうにすぐ客席があるのをみて驚いた。一昨年の『怪人21面相』と同じように、右側の部屋に入るのだと思っていたが、そのときロビーだった場所が演技スペースになるらしい。天井はトタン屋根、上手側はいかにも薄そうな壁で、電車の音が相当大きく響く。開演前の野木萌葱が「この会場、ほとんど外です」と言ってたけれども、その通りである。

 線路がすぐそばにある工場、舞台下手のドアから工員らしき男性が登場し、箒で床を掃き始める。やがてシャッターを開けて、文字通り外から別の男が現れる。なるほどこの作りでは開演に遅れると絶対に入場できない。天井の蛍光灯は舞台も客席も同じように照らしたままだ。高い天井に広くガランとした空間、電車の音は容赦なく俳優の台詞を遮る。文字通り渋谷にある何かの工場が舞台で、駅周辺の喧騒が信じられないほど打ち捨てられたように静かなこの場所で、ヤクザと拳銃工場の職人に刑事が絡んだ息詰まる攻防が繰り広げられる。これも一種の「借景」と捉えてよいだろう。それにして大胆だ。

 自分としては史実をもとに書かれた『東京裁判』や『三億円事件』、『怪人21面相』などのほうが好みである。事実だったという絶対的な重みがあって、しかしその事実にも闇や謎が内在しており、光のあて方によって違う顔をみせる可能性がある、そこに劇作家の想像力、妄想力が加わって生みだされる舞台の牽引力がパラ定の魅力であろう。今回作者は「悪人」を描きたかったらしい。当日リーフレットに拳銃についての参考文献の記載もあるが、ストーリーについてはおそらくオリジナルであると思われる。

 拳銃職人とヤクザの関係に、それを取り締まる側であるはずの警察が「持ちつ持たれつ」の力関係で絡んでくる流れは想像の範囲ではあるけれども、どちらが悪いのか、いや全員「ワル」なのだが、どうして彼らがこうなってしまったのかと考えると、何が正義なのか、犯罪はもちろんよくないが、ではどうすればよいのかまったくわからず、もがき続ける7人の男たちを呆然をみつめるだけなのだった。

 上演台本を読むと、つぶやくようなト書きの表現に作者の企みが感じられてとてもおもしろい。
 これを演出において野木萌葱が俳優にどのように伝えているのかに興味はわくが、作る過程を容易に想像させないところも自分にとっては魅力のひとつである。パラ定デビューとなった友人の反応は微妙だったが、できれば次回作も同道できればと願っている。

コメント