因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

三越劇場12月 劇団民藝公演 『泰山木の木の下で』

2019-12-06 | 舞台
*小山祐士作 丹野郁弓演出 公式サイトはこちら 日本橋・三越劇場 18日まで
 1963年の初演以来、宇野重吉演出、北林谷栄主演によるロングラン上演を重ねてきた劇団の財産演目が16年ぶりに再演の運びとなった。新しく丹野演出そして、日色ともゑの神部ハナである。(1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24,25,26,27,28,29,30,31,32,33,34,35,36,37,38 ,39,40,41,42
 瀬戸内海の小さな島。9人もの子を産んだがいずれも戦死、広島の原爆で亡くし、天涯孤独の身の老女ハナは、さまざまな事情を抱えて訪れる女たちの人助けのつもりで堕胎を行っていた。非合法の堕胎に手を染めた女性を描いた映画『主婦マリーがしたこと』、近年では産婦人科の看護師見習いの少女の成長譚であるテレビドラマ『透明なゆりかご』も想起されるが、本作は戦争、原爆が人間にもたらす苛烈な運命を軸に、ハナと木下刑事にとってのキリスト教信仰、神の存在を絡ませた作品である。

 北林が40年に渡り、400回以上も演じ続けてきた「ハナ婆さん」がいかに素晴らしく、鮮やかな印象を残しているかは、公演パンフレット掲載の日色ともゑと丹野郁弓の対談「ハナ婆さんとわたしたちの明日は」(聞き手は藤久ミネ)に詳しい。大変なプレッシャーはあるものの、ハナの可愛らしさだけでなく、生き抜くための特有の知恵、ずる賢さ、海千山千的な資質もあり、それが愛嬌にも見えなくてはならないこと、小山作品特有の抒情、本作に対する新たな視点まで縦横に語られており、興味深い。

 同じく公演パンフレット掲載の俳優・伊藤孝雄の寄稿「木下刑事への手紙」である。73年の本作上演の際、木下役の俳優の降板の代役としてわずか3日間の稽古、初めましての挨拶もなく、北林谷栄が台詞合わせに突入したエピソードが淡々と記されている。 俳優を育てるのは劇作家や演出家だけでない。ときには架空の存在であるその人自身が演じた役もまた、俳優を鍛え、はぐくむことがある。演劇が生む奇跡のひとつである。演じた役柄に宛ててしたためた伊藤の一文は、自分の肉体と声をもって作中の人物を演じる俳優という仕事について考えさせられる。

 自分は遂に北林谷栄の舞台を見ることが叶わなかった。むろん数々の名舞台を見逃したことは残念だが、新しい演出や配役を先入観なく受け止められることでもあり、ハナ登場の「頭髪も六分通り白くなっているのだが、めだつほどのシワもなく、色も白く、目鼻立ちのハッキリとした童顔の、大変に可愛らしい小柄な老女」というト書きは、まるで日色ともゑにあてがきされたようであるし、木下刑事役の塩田泰久も然りであった。
 本作の主題歌(劇中歌ではないこと、重要)『わたしたちの明日は』は、歌詞もメロディは暗く悲しげ
で、希望や光を見出しにくいが、劇の印象とともに観客の心に確かな足跡を残す。劇団の財産演目は、観客にとっても同じで。今回がはじめての『泰山木の木の下で』観劇となった自分は、本作をどう継承していくかが新たな課題となった。毎年12月の三越劇場での劇団民藝公演の観劇は、いかにも年の瀬を感じさせる味わい深いものが多いが、今年はまことに重い。 

コメント

劇団肋骨蜜柑同好会第12回公演『殊類と成る』

2019-12-05 | 舞台

*フジタタイセイ作・演出 公式サイトはこちら1,2,3,4,5,6,7,8,9,10)下北沢・Geki地下Liberty 10日まで
 中島敦の『狐憑』などいくつかの連作短編、中島自身のエピソードに加え、今回の出演俳優の実際の体験などからも着想を得て、虚実織り交ぜた混沌から生み出した登場人物16名の群像劇。中島敦の『山月記』のようなものかと予想したが、そこから更に、「変身譚であり、破滅譚であり、そして復活譚でもある、一種のモキュメンタリー演劇」(当日リーフレットのフジタ挨拶文より)とある通り、演じる方にも見る方にとっても厄介で、それだけに不思議な魅力を持つ作品だ(モキュメンタリー→解説)。

 物語の主人公を演じる俳優は基本的に2名だが、3名のようでもあり、外見も造形もまるで異なるため、「そうかもしれないが、いや、それにしても」と客席を混乱させ困惑させつつ進行する。すんなりと劇世界に身を委ねられる作品は楽であるが、時空間が激しく交錯すること、時おり劇作家や小学校教師ほかの役で顔を出す作・演出のフジタタイセイが、最後の最後、カーテンコールにあのようなかたちで登場するなど(実際に劇場でお楽しみください)、肋骨蜜柑流、フジタ流の持ち味がいつにも増して満載、炸裂する125分である。

 下北沢のGeki地下Libertyは今回はじめて足を踏み入れた劇場だ。同じ下北沢のザ・スズナリをやや小ぶりにした印象の空間である。大きな台を置いて主な演技スペースとし、その周辺も「演技通路」のように効果的に使う趣向である。台はわりあい高さがあり、飛び降りたり駆け上がったりする俳優には、肉体的負荷もあるだろう。また舞台奥には布の幕が下りているが、そこの切れ目から顔を出す場面もあり、舞台空間のわりに大勢の人物が出入りする作品は、決して楽ではないと想像する。

 劇団員はじめ多くの客演陣は、フジタの作劇を理解し、その心身に落とし込み、馴染ませ、立体化することに、かなりの高レベルで成功していると自分には思われた。それは芸達者や器用等という括りではなく、またいわゆる役作りとも違う、戯曲に対して、喧嘩腰といってもよいくらいの挑戦の姿勢ではないだろうか。本気で喧嘩のできる仲間を得た劇団肋骨蜜柑同好会とフジタタイセイは、大変だろうが幸せだ。肋骨の舞台は、その喧嘩に観客も巻き込もうとする。客席の自分は、舞台から売られた喧嘩に右往左往しつつ、手加減しないこと、されないことが嬉しいのである。

コメント

二兎社公演43『私たちは何も知らない』

2019-12-04 | 舞台

*永井愛作・演出 公式サイトはこちら
東京芸術劇場シアターウェストは22日まで 28日亀戸文化センターカメリアホール 年明けから兵庫、松本、三重、豊橋、滋賀、愛知を巡演、2月9日石川県・能登演劇堂まで1,2,3,4,5,6,7,8,9 
 2017年『ザ・空気』、翌2018年『ザ・空気 ver.2誰も書いてはならぬ
と、放送、出版と政治の軋轢、言論の自由について、見えない「空気」という権力に抗う人々の様相を描いた永井愛が今回挑んだのは、「空気を読まない女たちがマジで議論した『青鞜』編集部の日々」(公演チラシより)である。まだ女性に参政権がなく、職業の選択肢は限られ、恋愛も結婚も自由にできなかった明治末から大正にかけて、日本初の女性による文芸誌『青鞜』を創刊した女性たちを描いた群像劇だ。

 NHK朝の連続テレビ小説『てっぱん』で主人公の親友の爽やかな女子大生、同BS『赤ひげ』では一転、やさぐれた女囚役で驚かされた朝倉あきが平塚らいてう、同朝ドラ『ひよっこ』で、成績優秀の仏頂面が職場が閉鎖される日に一転、「ここが好きなんだ」と感情を溢れさせる少女の好演で、見る者の胸を締めつけた藤野涼子が伊藤野枝を演じる。舞台を見るのはこれが初めてだ。朝倉は『書く女』(2016年の再演)から二兎社2度めの参加、藤野は今回が初参加、初舞台とのこと。

 作り込まれた日本家屋、当時のこまごまとした家具調度の揃った舞台美術に、女性たちは着物に下駄や草履との想像は、開幕から見事に裏切られた。舞台には机と椅子、後方には壁が作られ、斜めに切り取られた通路のようなところを女性たちが駆け下りたり、上ったり、別の場所にいる女性が顔を出したりする。女性たちは皆現在の洋服とヘアスタイルでのびのびと演じている。らいてうは白いシャツに黒のロングスカートですっきりと洗練された雰囲気、野枝はチェックのシャツにジーンズと、素朴である。同時代の人々を描いた宮本研の『ブルーストッキングの女たち』や『美しきものの伝説』、あるいは木下順二の『冬の時代』があるが、作品とは、「どの時代について書いたか」だけでなく、「どの時代にあって書いたか」がより重要であると思わさせる。本作は、当時の女性たちの不自由で困難な人生を描きつつ、自由に生きているはずの私たちに呼びかけ、問いかける舞台である。

 折込されている本作の<用語解説>には、当時の人物や事件、劇中の台詞などがA4両面に渡ってびっしりと記され、開幕前の暗い客席(暗すぎるのでは?)では、ざっと目を通すことも難しい。舞台で繰り広げられることも、中高の社会科や日本史の教科書程度の知識では到底太刀打ちできない内容続々で、まさに「私は何も知らない」と愕然とする。特に後半はたくさんの情報が盛り込まれた台詞のやりとりが続き、集中して聴きとることができなかった。

 制約の多い時代にあって、いや多いからこそであろうか、女性たちは力強く、自由恋愛、結婚せずに子を産み、また新しい人へ走ったり、世間を騒がせる事件を起こしたりと、実に天晴である。

 逆風にめげず意志を貫いた見事な女性たちの物語に終始せず、挫折や変容、辛い最期を冷徹と感じられるほど突き放した筆致で示す終幕にドキリとさせられる。ラストシーン、舞台に立ち尽くすらいてうは、今を生きる女性のひとりである。空気を読まず、忖度せずあるときは正面から闘い、あるときは相手を裏から出し抜き、戦争を経て生き残った女性たちの裔である、ひとりの女性。空気を読むことを余儀なくされる現代において、彼女はどう生きていくのか。

 後味のすっきりしない終幕の印象は、作り手にとっては意図したことであろうし、自分にとっては不勉強を思い知らされるためだ。開幕したばかりの舞台。これから数か月のあいだにどんどん変化し、もっと力強く鋭くなるだろう。

コメント

文学座12月アトリエの会『メモリアル』

2019-12-03 | 舞台

*松原俊太郎作 今井朋彦演出 公式サイトはこちら 信濃町・文学座アトリエ 15日まで
 
「演劇立体化運動―これからの演劇と岸田國士―」をテーマに掲げた2019年の文学座アトリエの会の掉尾を飾るのは、『山山』で岸田國士戯曲賞を受賞した松原俊太郎の最新作!…と公演チラシにある通り、新進気鋭の劇作家(作・演出を兼ねるスタイルが多い現在の演劇界において、劇作だけを行う希少な劇作家)の作品に、文学座アトリエの会初演出の今井朋彦が挑む。舞台には何も置かれていない。出演俳優は男女3人ずつ合計6人だ。それぞれ数役を兼ねて演じ継ぎながら、7つの場が描かれてゆく。上演時間は休憩なしの1時間45分である。

 舞台でどんなことが起こったか、俳優がどんな演技をしたのかを書こうとすると、困ったことにごく断片的なことしか思い浮かばないのである。いわゆる「物語」のような起承転結があるわけではなく、登場人物それぞれに性質や背景はあるのだが、どこを手がかりにするのか、劇世界のどのあたりに視点を向けるのか、最後までつかめなかった。時おり「笠智衆」や「教室で創価学会って言ったときの沈黙」(この記憶も曖昧)など、意表を突かれる台詞は、こちらの実感に響くものであったが、本作の核に迫る手立てにはならなかった。今の政治状況や天皇制について、ヒヤリとするほど直截な台詞もあるが、それをどのように展開させたいのか、舞台から次々に投げかけられるまま、それらを確かな手ごたえとして受け止められなかったのは残念である。

 演出の今井朋彦は、三浦基の地点公演『忘れる日本人』を見て、「新たな価値観との出会い」を果たしたとのこと(公演チラシより)。また「文学座通信」vol.723にも、平田オリザ、三浦基、岡田利規のさまざまな舞台との出会いが松原作品へとつながっていったことが記されており、非常に興味深い。劇作家と出会えたこと、それが公演として実現する演出家の喜びとは、いかばかりかと想像する。それを客席でも共有したかったのだが。

コメント

2019年12月の観劇と俳句の予定

2019-12-02 | お知らせ

 今年はいつにも増して、師走の訪れが早く感じられます。まずほぼ観劇確定公演は次の通りです。
*文学座12月アトリエの会 松原俊太郎作 今井朋彦演出『メモリアル』 
 終演後に行われるアトリエ70周年記念プレイベント「岸田國士リーディング&トーク」も充実。
*二兎社公演43 永井愛作・演出『私たちは何も知らない』
 「空気を読まない女たちがマジで議論した『青鞜』編集部の日々」(公演チラシより)。NHK朝の連続テレビ小説『てっぱん』で爽やかな女子大生、同BS『赤ひげ』ではやさぐれた女囚役で驚かされた朝倉あき、同朝ドラ『ひよっこ』で、成績優秀だが仏頂面、「この職場が好きなんだ」と泣き出す豊子の好演が記憶に新しい藤野涼子のお二人の舞台を見るのはこれが初めてだ。
*三越劇場12月 劇団民藝公演 小山祐士作 丹野郁弓演出『泰山木の木の下で』1963年の初演以来、宇野重吉演出、北林谷栄主演によるロングラン上演を重ねてきた劇団の財産演目が、このたび丹野演出そして、日色ともゑのハナ婆さんにて継承される。
*唐十郎作 小林七緒演出『少女都市からの呼び声』
 文化庁委託事業「2019年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」、日本の演劇人を育てるプロジェクト 新進演劇人育成公演俳優部門。師走のspace早稲田は、昨年の『腰巻お仙 振袖火事の巻』も熱かったが、今年はたぶん、もっと熱いぞ。
*劇団肋骨蜜柑同好会第12回公演 フジタタイセイ作・演出『殊類と成る』1,2,3,4,5,6,7,8,9,10)予約に出遅れてしまった。まだ大丈夫だろうか。
*劇団印象-indian elephant-第25回公演 子どもと一緒に観る演劇シリーズ第3弾 鈴木アツト作・演出『メリークリスマス ハッピーバースデー』 知り合いの若いお母さんにご案内したら、さっそくお友だち親子にもお声がけなさった由。子どもたちと一緒にお芝居を見るのは、ほんとうに幸せな体験です。1,2,3,45,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24,25,26
日本新劇俳優協会Festival 2019 アントン・チェーホフ作 大滝寛(文学座)演出『ワーニャ叔父さん』
 ドラマの会の12月例会は、こちらの観劇となりました。大勢で見に参ります。

十二月大歌舞伎 今回は中村児太郎の阿古屋を楽しみに。

 次は未確定公演です。日程的に難しそうですが…。
サイマル演劇団1,2,3島尾敏雄 島尾ミホ原作 赤井康弘構成・演出・美術
『ヤポネシア』板橋ビューネ2019/2020参加作品
*東京乾電池 ウジェーヌ・イヨネスコ作 柄本明演出『授業』
第78回ハートストリングス語りと朗読の会
 南阿佐ヶ谷のコミュニケーションスペース&カフェ「ハートストリングス」で、飲み物と手作りクッキーを味わいながら、太宰治の『カチカチ山』、『たずねびと』を楽しむ会。朗読の名手であり、大道芸を特技とする小高三良が初登場。
*青年劇場 小劇場企画№24 リリアン・ヘルマン作 小池美佐子翻訳 藤井ごう演出『子供の時間』

 俳句関連の予定は以下の通りです。
*かさゝぎ俳句勉強会 
 こちらは本日終了、「鴛鴦」(おしどり)、「火鉢」を学びました。
*十六夜句会 「初雪」「都鳥」さて今月の席題は?
*演劇人句会 「賀状書く」「帰り花」詠み込みは(ユウ)
*金星句会 「枯木」「おでん」…「食べ物の季語は美味しそうに詠む」が伊藤伊那男主宰がいつもおっしゃること。食べるのは好きなんだが(笑)。 

コメント