因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

こまつ座『雪やこんこん』

2012-02-29 | 舞台

*井上ひさし作 鵜山仁演出 公式サイトはこちら 紀伊國屋サザンシアター 3月11日まで  (1,2,3,4,5,6,7)
 本作は中村梅子を市原悦子が演じた初演か再演がテレビ放映されたものを1度、生の舞台は宮本信子版の再々演を1度みており、これで3度めになった。同じ作品を何度もみるのは『頭痛肩凝り樋口一葉』や、『イーハトーボの劇列車』など、それが好きで好きでたまらないからなのだが、正直なところ『雪やこんこん』は、あまりそう言えない作品なのだ。あらら、書き始めからこんなことを。

 昭和29年の暮れ、大衆演劇の中村梅子一座が雪深い北関東の芝居小屋に乗り込む。「一座総勢18名大挙来演」の触れ込みが、やってきたのは座長をいれて6人きり。正月興行まで何とかもちこたえたい。女座長・中村梅子(高畑淳子)は一座の起死回生をかけて、芝居小屋のおかみ佐藤和子(キムラ緑子)とともに大芝居をうつ。
 泥臭いけれども、役者のがんばりがみる者の心を温かく満たす演劇賛歌である。

 これからご覧になる方、とくにはじめてという方はここから先は、どうか観劇後に。

 

 座長とおかみの大芝居というのが一筋縄ではいかず、ひとひねりもふたひねりもあって、結局ほんとうはどうだったのかはよくわからない。同じ楽屋ものでも『キネマの天地』ほど、謎解きが中心になる作品ではないから、その大芝居の裏表がまわりくどく、しっくりこないのである。最後はみんなでがんばろうというところに収まるのだから、ここは野暮を言わずに役者の奮闘ぶりを素直に楽しんだほうがよいのだろう。

 公演パンフレットthe座掲載の出演者のインタヴューを嬉しく読んだ。こまつ座初参加の俳優さんが多く、どなたも井上ひさし作品に出演できる喜びを生き生きと語っていらっしゃる。新劇系劇団の若手あり、ミュージカル界のスターあり、アイドルグループ出身ありと実にさまざまだ。本作のラストシーンは、鏡の前で座員が化粧をしながら、座長の口立て稽古をうけ、出演者の顔触れを全員が渡り台詞でテンポよく語って終わる。
 こうして井上ひさしの作品は受け継がれてゆくのだなと、胸が熱くなるひとときだ。
 これまでみた上演では、最終場で役者が顔をとんでもない色に塗りたくっていて、一人芝居の『化粧』ならともかく、その意図がまったく理解できないために一気に引いていた。今回もそれを心配したのだが、大衆演劇独特のべったりとした白塗りに留まっていて安心した。

 高畑淳子が堂々の主役である。舞台を中心に地道に活動していた人が、バラエティ番組で一気に全国区の人気を得た。2度の結婚、離婚や子育ての苦労を語るすがたは飾り気がなく、しかし私生活をあけすけに晒すわけではなくて、決して下品にならず、みる者に親しみや共感を抱かせる。高畑淳子の魅力は、素をみせるバラエティの分野で掘り起こされ、それが俳優業にもいい影響を与えて、まさに円熟の実りにいたらんとしていることを実感した。
 演出の鵜山仁は初演のときに、「この芝居で描かれる『いい人たち』の劇団のあり方に、むしろ反発が強かった」とのこと(the座掲載)。演出家が本作に対してこのような印象をもっていたことに、逆に安堵した。次の上演までに『雪やこんこん』をもっと好きになれそうな予感がする。

コメント

wonderlandクロスレヴュー挑戦編 十七戦地#2『百年の雪』

2012-02-29 | 舞台

 劇評サイトwonderlandのクロスレヴュー挑戦編 十七戦地#2『百年の雪』に参加しました。今回は★数コメントともに辛口が並んでいます。
 因幡屋も(汗)。
 ★数やコメントが大きく割れるほうが、レヴューを読む側からすれば刺激的なのですが、評価の内容が似通っており、この箇所に違和感をもった、ここをこうすれば・・・俳優の演技、髪型、衣裳、台詞等々、評者の指摘が具体的であることが今回のレヴューの特徴でしょう。
 舞台をみながら、「あそこをほんの少し変えれば、違ってくるのでは」と考えたり、どうしてもあの人物の髪型(大正時代の既婚女性の髪型が女学生のようだという指摘には激しく同意します)、台詞の言い方が気になって劇世界に入り込めないというのは、大変もどかしく、しまいには苦痛にすらなります。戯曲と演出のバランスを適切にとるのは大変むずかしいことなのだと察しますが、作者の前作『花と魚』の力量をもってすれば、劇世界はもっと変容するのではないでしょうか?

 ハンガリーのタル・ベーラ監督が「今回が最終作」と公言した映画『ニーチェの馬』をみた。
 1889年のトリノにおいて、哲学者ニーチェが鞭打たれる馬車馬に駆け寄り、卒倒したまま精神の均衡を失った・・・という逸話から作られた。『ニーチェの馬』という題名はここに由来する。
 映画には、時代も場所も明かされないどこかの寒村で、馬と荷馬車をもつ父親とその娘が、井戸を埋められ、馬は動けなくなり、かまどの火種も失ってゆく6日間が描かれる。
 
 食事は茹でたじゃがいもをひとつきり。父と娘は手づかみで食らう。朝がくれば娘は井戸から水を汲み、父親の着替えを手伝い、馬に餌をやる。まるで儀式のように。井戸、馬、火と命の綱をひとつずつ失ったふたりは6日めに生のままのじゃがいもを前に沈黙する。7日めはもう来ないのか。

 19世紀末のヨーロッパで、実際にこのような極限状態があったという歴史的事実を示したわけではなく、過去の時代が描かれているものの、人間がやがて行きつくところが描かれた黙示録とも、寓話とも言える。タル・ベーラの視点は徹底してぶれない。ふたりは極限状態に追い込まれるのだが、パニックになったり泣き叫んだりはしない。そこがかえって恐ろしく、「こんなとき映画やドラマの俳優はこんな演技をする」というこちらの既成概念を少しずつ壊してゆくのである。

 なぜここに映画の話を書くかというと、『百年の雪』に感じたもどかしさやものたりなさに対して、『ニーチェの馬』が何かしらの方向を示しているように思うためだ。や、ちょっと無理やりでしたか。

 

コメント

東京乾電池月末劇場2月『温室の前』

2012-02-25 | 舞台

*岸田國士作 公式サイトはこちら 新宿ゴールデン街劇場 26日まで これまでの月末劇場観劇記録はこちら→(1,2,3,4,5)
 はじめて『温室の前』をみたのは、1997年、下北沢のザ・スズナリにおいて鐘下辰男演出の舞台であったと記憶する。兄の貢に千葉哲也、妹の牧子に椿真由美、妹の友人より江が筒井真理子で兄の友人西原が片岡弘貴の配役だ。終幕、兄が足にできた豆をつぶすところで血まみれになったり、妹が脱いだブラウスで電球を包んで取り換えたあと、下着すがたのまま椅子に身を投げ出したりなど、次第に若さを失ってゆくふたつの肉体がごろりと横たわっているかのような生々しい印象が残った。

 今回の月末劇場はA,B二組の配役があり、自分は兄:山地健仁、妹:沖中千英乃、より江:石村みか、西原:血野滉修のBチームを観劇した。客席最前列はほとんど演技スペースのなかに足先がはいりそうなほどぎっしりの盛況だ。決して広くはないステージに、応接セット、机、帽子掛けなどの家具調度が置かれ、縁側までついている。さすがにスズナリのような奥行きはないので、温室というより人がひとり動くのがやっとの狭い庭になっているものの、本や卓上ランプなど小道具に至るまで丁寧に作り込んだ舞台美術である。

 スズナリ版をみたときはぴんと来なかったが、互いにひとり身の兄と妹だけの暮しに倦んで焦燥感にかられる様子、やっと新しい風が吹いてきたかと思ったらあっさりと置き去りにされてしまった寂寥感がひたひたと迫りくるようであった。結婚難の時代と言われている現代において、昭和初期に書かれた本作は古さを感じさせず、むしろ現代を予言していたかのようでもある。
 およそ1時間の短い芝居だが、時間の流れは数カ月に及び、俳優の衣装替えも何度かあるなか、庭に作りものの蝶々を飛ばすといういかにも嘘くさい場面や、身内客のリアクションがおかしかったのか、俳優が笑いを噛み殺したりするのは気になったが、基本的に脱線や遊びがなく、変に意味をもたせるところもなかった。

 岸田國士作品の正統な作り方とは、どんな舞台を指すのだろうか。文学座や民藝に代表される、いわゆる新劇系の劇団が上演するものをすなわち「正統」だと捉えてよいものか。東京乾電池の取り組みは、意外なほどと言っては失礼だが、舞台の作りは俳優の演技も過不足のない端正なものだ。演出家の新解釈を示したり、斬新な作りで古典の新境地を狙ったりせず、あっさりとしたところが好ましい。しかし「演劇は戯曲が命だ」という気負いは感じられず、前述の蝶々はご愛嬌にしても、どこか気を許せない雰囲気があって、おそらく自分はそれを味わいたくて、ときおり思い出したようにゴールデン街劇場に通うのであろう。

コメント

因幡屋の3月はもりだくさんだ…

2012-02-23 | お知らせ

 あの日からもうすぐ1年たつ。首都圏が寒く暗く不安定で、店にパンもお米も納豆もヨーグルトもなかったあのころ、うちにいるより劇場にいるほうが落ち着けた。生きて動けてご飯が食べられてお芝居にいけるのは何と幸せなことか。忘れまい。
 さあ3月は決まっているものだけでも10本ちかく。がんばる。

加藤健一事務所 (1,2,3,4) vol.81『ザ・シェルター』『寿歌』2本立て公演
声を出すと気持ちいいの会第8回公演『A MIDSUMMER NIGHT`S DREAM』(1,2,3,4) 
 おうさか一心寺シアター倶楽で行われる「おうさか学生演劇祭2012」に、昨年夏のシアターグリーン学生芸術祭vol.5でグランプリを受賞した団体として招聘され、そのあと下北沢小劇場「楽園」で東京公演を行う。大阪の一心寺シアター倶楽は舞台スペース、客席ともにゆったりしているが、「楽園」の二方向の客席や大きな柱をどう活かすか。
*第34回シアターχ名作劇場『募春挿話』『ある日の蓮月尼』
 名作劇場の公演にいくのは十数年ぶりになる。
*新国立劇場『パーマ屋スミレ』 
 自分にとって鄭義信の舞台 は相性がよいとは言えない(1,2)。今回は学生時代の友人たちと観劇予定で、各人の演劇歴や好みもさまざまだ。終演後のお茶やお酒の席がどうなるか、実は心配である。いや意見が割れても荒れず(笑)、感覚の違いを楽しめればいいのだ。
パセリス第9回公演『あたりまえのできごと』
 劇評サイトwonderlandのクロスレヴュー挑戦編3月の参加作品。
文学座 3-4月アトリエの会『父帰る』『おふくろ』 
*第15回みつわ会公演 久保田万太郎作品其の二十二『十三夜』『不幸』
 昨年の公演は震災の直後。電車の遅れを心配して早く到着してしまい、劇場近辺をさまよいあるいた。商店街のドーナツ屋さん。隣席のおばあさんが優しかったな。
オフィスコットーネプロデュース『黄色い月』
 「1990年代以降のスコットランド演劇界の中核的存在」(公演チラシより)の劇作家デイヴィッド・グレッグの作品。これが日本初演。グレッグの作品は、『アメリカン・パイロット』のリーディング公演以来になる。
*クリニックシアター2012 旗揚げ公演に続いてハロルド・ピンター作品に取り組む。さて今回はどんな趣向で?稽古場見学も計画中。

 このほかにも日本演出家コンクール2011では最終候補4人の作品が連続上演され、開幕ペナントレースの村井雄が気になるところ。おっと、前年度最優秀賞受賞者による記念公演 劇団May(1,2,3,4,5,6,7)金哲義作・演出 Unit航路-ハンロ- マダン劇『蛇の島』、『古俗に遠吠える狗たち』も同じ下北沢「劇」小劇場で行われるではないか。
 さらに昨年末の『学生版 日本の問題』で健闘した若手劇団が、今度は『日本の問題ver.311』を企画、短編5本を連続上演する。作品のなかには『小劇場版 日本の問題』(A,B)で注目されたミナモザ・瀬戸山美咲の作品『指』が、劇団けったマシーンの鳥越永士朗の演出で上演されるとのこと。
 STスポットで上演される趣向・オノマリコの『三月十一日の夜のはなし/わたしのお父さん』も気になる(1)。

 2月21日朝日新聞に「震災映画『ありのまま』の力」の記事あり。東日本大震災の被災地や原発事故の問題を主題にした映画がベルリン国際映画祭に出品された。上映された3本は、10本以上の応募があった「震災映画」のなかから絞り込まれた由。どんな基準によって3本が選ばれたのか。フォーラム部門ディレクターであるクリストフ・テルヘヒテさんいわく、「応募作品の多くが、あの災害の直後、作品としてのプランもないままに被災地に向かい、映像を撮ったと思われるものだった。選んだ作品は時間をかけて温めたプランがあり、ビジョンがあった」。
 
 因幡屋通信40号を読んでくださった方から「今回は東日本大震災がメインではないし、筆者の主張が強く押し出されているようでもないが、震災における自分の立ち位置を書きたかったのか」というお便りをいただいた。
 書いたものを読むとまさにその通りなのだが、決して最初から強く意識して書きすすめたわけではなかった。マキタカズオミと『にんじん』を一種の「口実」にして、震災や原発事故をめぐる演劇状況を論考しようなどという高邁な批評精神も、緻密に論述を構築する技術もない。
 震災や原発事故に翻弄され、多大な影響を受けざるを得なかった演劇の状況と、それに共感よりも居心地の悪さを覚える自分の心持ちを、ここで形にする結果となった。あくまで結果であって、書くものとしての意志は薄く、立ち位置はいまだに不安定である。                                     
 マキタカズオミの舞台と、『にんじん』のト書き。3.11とは直接関連のない題材ですら、どうしてもそこに行きつく。振り払ってもふりはらっても消し去ることはできず、あの日の前には戻れない。あの日からこれからを生きてゆくしかないのである。

 前述の新聞記事のタイトルは「震災映画『ありのまま』の力」である。
 映画と演劇では、同じ震災や原発を題材にしていても、作るがわとみるがわの時間の流れが異なる。ありのままの被災地を映しだした映像が、映画祭において多くの観客に感銘を与えた。対象をありのまま提示することが映画には可能であるが、演劇の「ありのまま」とは、演じている生身の俳優と客席の観客が同時に呼吸する時間と空間に存在する何かではなかろうか。

 話があらぬ方向へすすみそうなのでこのあたりで止めておきますが、今日も明日もあふれるように舞台が上演される首都圏において、あの日のことを忘れず、これからの舞台を見続け、考え続けてゆきたい。

コメント

May Vol.31『風の市』&『チャンソ』

2012-02-18 | 舞台

*金哲義 作・演出 公式サイトはこちら 第2回日韓演劇フェスティバルin大阪参加作品 一心寺シアター倶楽 19日まで (1,2,3,4,5,6)
 過去公演のなかでも人気の高い2作品を連続で再演する試み。これまでの作品が劇団のレパートリーとしてしっかりと根づいており、他劇団と競演するフェスティバルや複数の作品を交互上演するなどのハードな企画にも堪えうることの証左であり、いつもながらこの劇団の力強さには圧倒される。観客から再演希望作品のアンケートをとり、新作も含めて上位数本一挙上演!も夢ではないのでは?

 『風の市』
 1960年代後半、猪飼野と呼ばれる町で暮らす新井家は7人きょうだい。済州島から突然やってきた「日本語ぺらぺらの密入国者」ソンジンが、盛大に飲んで食べてしゃべりながら彼らに祖国の物語を伝えて消えてゆくまでの数年間。
 『チャンソ』
 1989年、大阪朝鮮高級学校に通うチャンソと友だち、少女ソナ、ソンセンニン(先生)、日本人学校生である在日の友だちが繰り広げる青春群像劇。

 うちの茶の間、密入国者をさがす刑事が張り込む路地裏、電車の車両とホーム、学校の校門前、民族器学部の部室、パチンコ屋など、ほとんど何もない空間を基調にしてさまざまな場面がつぎつぎに描かれる。ちゃぶ台やテーブルやソファ、ベンチなど道具の出入は自然で手際よく、物語の進行に滞りはない。劇団員、おなじみの客演陣ともにほとんどの俳優が『風の市』、『チャンソ』りょうほうに出演しており、俳優が道具を動かし、衣装替えも少なくない作品であるにもかかわらず、慌ただしいとか大変そうだというマイナス面は感じられず、作り手自身が大いに楽しんでいるかのようにみえる。いや、実際とても大変だと察するが。

 自分はMayの舞台、金哲義の作風にあっというまになじんだ。みはじめてやっと1年なのに、ずっと以前から知っていたかのような錯覚すら覚える。
 にぎやかな前説、少々ゆきすぎの本番のアドリブや脱線は本来あまり好みではないが、いつのまにか楽しんでいる。
 俳優が両腕を前後に大きく振りながら歩く独特の動きや、台詞が消えてスローモーションの動きだけになり、かたわらで別の人物が語る作り、しみじみした場面では美しく抒情的な曲、ラストは魂の奥底からわきあがるような民族音楽でしめくくる等々、いくつかの手法もわかってきた。
 テーマや演出の手法もパターンやマンネリとはまったく感じず、祖国と民族、日本に生きる在日朝鮮人の自分と他者(それは日本人であり、同じ在日どうしでもある)の問題は、金哲義にとって尽きることのない苦悩であり、創作意欲の源泉なのだろう。
 どれも在日朝鮮人の民族性が強く前面に出る作品だ。「好き」「ファンになった」と単純に言うことには抵抗があるが、ここで一度素直に書いておく。
 自分はMayの舞台が大好きである。観劇スケジュールからはずせない。ひとりで多くの人が劇場に足を運んでくださることを願っている。

 相手の言うことを聞く、立場を知る、気持ちを受け入れるためには、相手のことばを理解することが必要だ。Mayの舞台には朝鮮語の台詞が多い。当日リーフレットに用語例が掲載されていたり、会話のなかで自然に説明されることもあるが、夜の『チャンソ』では、語調の強い大阪ことばとごっちゃになって、聞き取れない箇所が多かった。まして民族の苦悩は、いくら文献や資料を読んで知識を得て必死で想像しても理解や共感にたどりつくのはたやすいことではなかろう。自分はMayの劇世界をじゅうぶんに理解しているとは言えない。
 舞台の人々は喜怒哀楽が激しく、諍いや喧嘩が絶えず、日本社会から受ける差別や、同じ朝鮮人どうしでの意識の断絶に傷つくすがたは痛々しい。しかし鄭義信作品に濃厚に漂うセンチメンタリズムとはあきらかに違う劇世界であり、『焼肉ドラゴン』が絶賛される理由がいまひとつ実感できない自分の気持ちのどこかに、Mayが応えているのである。

コメント