因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

green flowers vol.12『ふきげんなマリアのきげん』

2012-09-29 | 舞台

*イトキチ作 内藤裕子演出 公式サイトはこちら シアター風姿花伝 30日まで
 昨年晩秋の『かっぽれ!』ではじめて出会って以来、green flowers 通称グリフラは、これまで知らなかった不覚を埋めるべく、きちんと見続けたいカンパニーになった。女優のさとうゆいと演出家内藤裕子のふたりユニットの舞台つくりは、とても丁寧で心がこもっており、劇場に足を運ぶ人にきちんと手渡そうとする誠意が伝わってくる。今回は明治の文豪森鴎外の娘・茉莉を中心とする子どもたちを描いたオリジナル作品である。シアター風姿花伝ははじめて行く劇場で、階段を上ったと思ったら下りたりするところが不思議だが、客席の広さや天井の高さやぜんたいの雰囲気が肌になじんで、いい雰囲気だ。
 前回公演のときも感じたことだが、グリフラには意外に年配のお客さま、それも数人が連れだって来ている方々が多い。知りあいに声をかけ、誘いあっていっしょに楽しむ。客席の空気は温かく、心地よいものである。

 劇の冒頭で森林太郎、すなわち鴎外(高井康行)が自己紹介をし、劇のはじまりを告げる。
 場所は鴎外の長女茉莉(さとうゆい)が暮すアパートの一室だ。森家の様相を描いた作品を出版しようとしている末の弟、難色を示している長兄と次女、編集担当者、おとなりに住む女性がつぎつぎに押しかけ、騒動が起こる。

 父親が再婚したために、最初の妻とのあいだに生まれた長兄はあとの3人とは異母兄弟ということになり、森家の家族関係は少々複雑だ。ひとつとして同じ家族はなく、何が特殊でどうなら普通であるかは単純にいえることではない。明治大正の文豪を父にもつという設定は、それだけでじゅうぶん特殊であるが、「子煩悩で、嫌われるような小言は母親に任せるような普通の父親」(当日リーフレット掲載の内藤裕子の挨拶文より)であり、それぞれに家庭をもつような年ごろなのに、子どものときああだった、こうだったと昔のはなしを蒸し返して口げんかを繰り返すきょうだいたちのすがたは、叩けば埃のでる家族の普遍的な匂いを強烈に発している。

 前回公演に出演していたおなじみの俳優さんが今回も数人出演していることもあり、劇作家や演出家と互いによく理解しあっている様子がうかがえる。配役も実に適材適所で、性格のばらばらな森家のきょうだいたちに、何にでもいつのまにか首を突っ込んでいるおとなりの村田さん(松本舞)や、きょうだいたちのあいだで右往左往する編集者の島田さん(歌川貴賀志)など、劇作家の目の確かなこと、演出が的確であること、それに応える俳優の努力が伝わってくる。
 末弟はぜったいに本を出したい、兄はどっちつかず、姉たちはぜったいに反対というのだから話はまとまらない。村田さんは何にでも口を出すわ、島田さんは担当をおりたいと言いだすわで、いよいよ混乱する。

 このやりとりが大変おもしろい。どかんどかんと笑いが爆発してもいいようなおもしろさだったのに、筆者観劇日の客席が静かだったのはなぜだろう。前述のように年配者が多かったためのか。おもしろいと感じても声を出して笑うアクションに結びつくには自分だけではむずかしい。周囲のお客さまもある程度いっしょになって盛り上がる空気が必要で、それが控えめだったのは残念であった。日によっては笑いの多いときもあると思われ、客席の反応によっても芝居のテンポは左右されるから、この日はどちらも少しお行儀がよすぎたのかもしれない。

 きょうだいたちの現在のやりとりに、父親である鴎外が猫にすがたをかえて娘の部屋にやってくる仕掛けや、決して広くはないステージを巧みに使って、子ども時代の思い出の場面が挿入されるところなども、劇作家イトキチが森茉莉の作品を入念に読み込んで自分の劇作に折り込んでいることがわかる。しかもその手法はあざとくなく、好ましいものである。

 前半のやりとりで客席は劇世界のテンポをつかみ、からだをなじませる。そこに現れる長女の息子と愛人は、心地よい劇世界をきしませる異物であり、そこから物語がさらに展開し、弾んでゆくことを期待した。いわば起承転結の「転」の部分だが残念ながらここが弱く、舞台の空気がゆるんでしまったことが惜しまれる。

 グリフラは地味ながら非常に堅実で、バランスのとれたカンパニーである。誠実で努力家の劇作家と演出家(舞台の雰囲気からそう思うのである)がいて、息の合った俳優がいる上に、応援するお客さまが層厚く存在する。あともう少し、あと一歩があれば、もっともっと素晴らしい舞台が生まれるのではないか。
 

コメント

劇団民藝機関紙「民藝の仲間」9月号に稽古場訪問記寄稿

2012-09-26 | お知らせ

 劇団民藝発行の機関紙「民藝の仲間」9月号に、10月3日から15日まで紀伊國屋サザンシアターで上演される『冬の花 ヒロシマのこころ』(小山祐士作 兒玉庸策演出)の稽古場訪問記を寄稿いたしました。全国の支持会員の方々への発送作業は、劇団員総出で行われるのですね(写真)。読んでくださった方の心に舞台への興味の種子を蒔き、劇場へ足を運ぶアクションに結びつきますよう。

 稽古場にうかがったのは猛烈残暑のさなか、いま突然の秋風にとまどいながら、来月開幕する舞台を楽しみにしております。ご報告まで。

コメント

葛河思潮社第二回公演『浮標(ぶい)』

2012-09-25 | 舞台

*三好十郎作 長塚圭史演出 公式サイトはこちら 世田谷パブリックシアター 30日まで 大阪、仙台、新潟を巡演 三好十郎作品の過去記事はこちら→(1,2,3,4,5,6)。葛河思潮社のHPには戯曲の全文が掲載、ハヤカワ演劇文庫からも出版されており、思ったよりすんなり読める。
 初演に行かなかったのは、演出も含めて長塚圭史の作品が、これまでの自分の演劇歴のなかでいまひとつはっきりした印象をもっていないことと、何より4時間を越える上演時間に恐れをなしたためである。どちらもまったくの杞憂であった。戯曲読みや観劇を迷っておられる方がいらしたら、ぜひリラックスして本を開き、劇場に足を運んでみてくださいますよう。だいじょうぶです。

 久我五郎を演じた田中哲司は、ほとんど出ずっぱりで台詞の量もだんとつに多い。たくさんのドラマや映画の出演しているが、その多くが脇でひそかに雰囲気を醸し出している印象があったので、今回のように感情の起伏が激しく、芸術家の偏狭なところや妻に対する過剰な愛情が炸裂するかのような演技をみるのは、はじめてである。まちがいなく俳優田中哲司にとって「人生に一本の舞台」といっても過言ではなかろう。激しさが嵩じてところどころ台詞が聞きとりにくかったのは残念であった。また初演から続投の小母さん役の佐藤直子が抜群の安定感で、終始張りつめた劇空間を和ませ、救いになっている。ただ耳が遠くて、相手とのやりとりがとんちんかんなままで進んでいくおもしろみをもっとみたかったが。

 終幕、美緒(松雪泰子)が託児所で世話をした子どもたちが訪ねてくる場面について。
 配役表に記載がなかったので、じっさいに子役が登場することはないだろうし、木枠の外にほかの人物すべたが座ったまま五郎と美緒を見守る形から、このような演出になることはじゅうぶん予想はできたのだが、この場が心に沁みいる大変美しいものであった。俳優ひとりひとりが、大好きな美緒先生のことを心配する子どもの台詞を話す。決して子どもじみた造形にするわけではないのに、子どもたちのすがたが見えるようであったし、同時にその子どもたちが、まるで別の世界から美緒をいざなう使者のような存在にも感じられる。「誰かは誰かの生まれ変わりだ」という小母さんの台詞のように、すでにこの世の人ではなくなった魂が、美緒の最期がおだやかで幸せなものになるよう、ちがう誰かになってこの世に生まれてくるよう導いているのではないか。

 舞台に大きな木枠をおき、そのなかに足元をとられるくらい大量の砂を敷きつめて劇空間とすること、木枠の左右両サイドに椅子を置き、出番のない俳優がそこに座って見つめ続けるすがたも含めて劇世界とすること。どれも長塚独自の演出であり、具象的な作りとは大きく異なるものである。リアルな舞台作りに対する大きな試みであり、挑戦なのだが、演出家の自己主張は感じられず、奇をてらった印象はなかった。

 作品への対し方、距離の取り方にはさまざまあって、戯曲を自分に引き寄せる、あるいは自分が戯曲に歩み寄る、戯曲の世界を叩き壊すくらいの勢いで、新しい舞台を作ろうとする、どれもアリだと思う。
 今回の『浮標』は、戯曲の世界に自身を捧げるというのだろうか。演出家だけでなく、公演パンフレットに記載された出演俳優の談話にもその姿勢はあらわれている。パンフレット編集後記に作品への賛美、本作に関わった喜びや願いが記されているのも珍しい。
 実際に病妻を看取った三好十郎の悲しみは筆舌に尽くしがたいものであっただろう。しかしそれを戯曲にしたことを考えると劇作家の業に慄然とするが、これこそが三好の妻に対する愛情であり、同時に人生をかけた劇作への殉じ方なのであろう。

 平日18時開演は、つとめ人にとってはむずかしい。筆者の観劇日も目立つというほどではないが空席があり、遅れて入場する方が多かった。スタッフの誘導がたいへんみごとで、観劇中の観客や上演中の舞台の妨げになることがなかったのは幸いであった。
 また途中休憩が2回あるものの、いずれも10分の短いものであり、トイレへ急ぐ女性客が劇場階段で押せ押せになることもあったそうである。せめて開演が18時30分であったら、多くの人がもう少し余裕をもって来場できるのではないか。開演休憩を15分ずつにすると、終演は10時45分か。たしかに通常にくらべれば遅い時間であるが、作品が作品であるし、劇場側にもいろいろな規則や慣例があるのかもしれないが、作品と観客のために、もっと柔軟な対応をお願いしたい。限られた人だけでなく、ひとりでも多くの人に、この舞台を体験していただけたらと思うのである。

コメント

東京タンバリン『鉄の纏足』

2012-09-24 | 舞台

*高井浩子作・演出 公式サイトはこちら こまばアゴラ劇場 24日まで 伊丹市のAI・HALLでも公演あり
 劇団初見。対面式の客席にはさまれた狭いスペースが演技エリアになっている。側面にはバスケットボールのゴールが数個作られ、客席と演技スペースは可動式の金網で仕切られている。みるみるうちに客席通路にまで補助椅子が出て、ぎっしり満席の盛況だ。

 キャスト表には<ビデオ屋の店員>と<図書館>に、それぞれ登場人物がいて、同じ俳優名が記されており、複数の空間を人物が行き来するつくりである。どちらかといえばビデオ屋の場面に比重がかかっており、レンタルビデオ店のレジカウンターと、金網で仕切られた事務所、舞台袖奥の更衣室(ここは出てこない)を出入りするスタッフたちの人間模様が描かれている。

 主人公はこの日が初出勤の時田光である。33歳の独身。アメリカ留学の経験もあるらしいが、英語の心得があることが災いしたのか、いまだ定職につかず、現在交際中の彼女の紹介でこの店にバイトとして雇われることになった。時田と同い年の店長、社長の御曹司、あとは数人のバイトスタッフで切り盛りする店だ。「嫌みな店長」を嫌うことでスタッフたちの気持ちは一致してはいるものの、いっけん和気あいあいとしていながら、そこには小さな悪意による意地悪やいじめ、嫉妬心や猜疑心がちらりちらりと顔をのぞかせ、客商売という表の顔以上に、バックステージでもひたすら感情労働を強いられるという、過酷な現場である。しかもその内容がことさら取り上げて話し合って和解を試みるにはあまりに小さなことであり、主義主張や思想があるわけでもない。しかし生身の人間が集まる場では、ちょっとした勘違いによる誤解を放置したために、人間関係がとりかえしのつかないところまでいきついてしまうことも現実にはある。

 わかるなぁ、こういう感じは。と共感しながら、それにしてもこう次々と嫌な感じの人や出来事がこれでもかと続く描写に、次第に疲れを感じはじめた。

 もうひとつの劇世界である<図書館>は、前川知大のイキウメの舞台を思わせるSF的な様相を呈している。現実の図書館とはちがって、なかで働くスタッフは、貸出業務のほかに、ひたすら与えられた本を読むことが求められる。この設定については筆者がよく理解できなかったのであるが、ともかくわずらわしい人間関係はいっさいなく、スタッフは番号で呼ばれ、仕事に対する評価もない。<ビデオ屋>がおもての世界なら、<図書館>はうら、というか現実にはありえない、疲れ切った人々の妄想の世界とも思われる。図書館で本を読む人々は、ビデオ屋と同じ名字がついているが、男女の性別も性格もまったくことなるつくりになっていることもあり、両者の整合性、あるいは不整合性に劇的なおもしろさをみせる意図があるのかもよくわからない。

 本作は2007年に初演されたとのこと、当日リーフレットにはそのときに作者が記した挨拶文が掲載されている。ちょっとしたことでイライラし、「ぶっ殺す」と思っても我慢できる。理性や常識があるから。しかしいつ殺人者になるかわからない。「私は、どこかで誰かを殺した人よりも、私を傷つけた人の方が憎いです。私にとっての犯罪者は、私の目の前にしかいないんです」。平易なことばづかいであるが、憎しみや恨みや怒りが、行動に転化するかどうかのはざまにいる人の心情が鋭い刃物のように迫ってくる。

 個々の場面の対話は、そうとうの稽古を重ねたと思われる俳優の演技によって、実に巧みで繊細に示される。狭い演技エリアであるにも関わらず、可動式の金網を移動させながら、ふたつの空間を同じ俳優がまったく別人格のようにふるまいながら不気味な劇空間を構築していく様子もおもしろい。劇作家による会話術、俳優の演技ともに「巧み」であることはとてもよく伝わってくる。しかし最終的にこれらをどう提示するのか、どこへ持っていきたいのかがあいまいなまま、2時間休憩なしの観劇はいささか苦行であった。カーテンコールはなかったが、口うるさい女性客役の俳優が劇中の扮装のまま再び登場して、アンケートの協力や俳優との面会についてアナウンスするのには正直まいりました。

 劇作家が自分自身に巣くう悪意や殺意に対してどのように考えているのか、それを作劇にどう反映していくのかは興味深く、もう少し注意をはらってゆきたいと思う。

コメント

秀山祭九月大歌舞伎/昼の部

2012-09-21 | 舞台

 公式サイトはこちら 新橋演舞場 25日まで
 名優初代中村吉衛門をしのぶ9月恒例の「秀山祭」で、二代目中村吉衛門が中心になって初代ゆかりの演目を心をこめて演じている。自分は初代の舞台をみることはできなかったが、二代目を通してそのすがたを感じとりたい。

 昼の部一本めは「菅原伝授手習鑑」より「寺子屋」。市川染五郎がけがで休演したため、松王丸を吉衛門が演じることになった。二本めは「天衣紛上野初花」より「河内山」。吉衛門得意の演目だ。

 「寺子屋」
 千代が息子の小太郎を寺子屋に連れてくる「寺入り」の場をみるのははじめてで、これが今生の別れとなることを親子が互いにわかっていて、これから自分が果たさなければならない辛いつとめを理解していながら、となり村に行くという母親に「自分もいっしょに」と取りすがる小太郎の哀れ、それをふりはらう母千代の悲しみが際立つ。しかしこの「寺入り」の場が加わったこともあろうか、後半の千代(中村福助)が泣き過ぎるかなという印象をもった。「別れ際に小太郎がいつになく甘えたのを叱ったことが悲しい」と涙にくれるのだが、これは実際の演技をみるより、想像したほうがいっそう悲しみが募る。
 何度もみているが、この「寺子屋」はやはり客席にも特別の感覚をもたらすもので、微動だにせず舞台に見入る観客が、舞台の緊張感をいよいよ高めてゆく。

 考えてみればとんでもない話ではある。主君への忠義のためにわが子の命を差し出す松王丸と千代夫妻の心情は百歩ゆずってどうにか理解できるものの、同じ忠義の心であっても、菅秀才の首をあげよと命令されたことに苦悩し、何のゆかりも義理もない(という設定で登場する)ひとさまの子どもを身代わりにしようと決心し、場合によってはその母親ももろともに・・・という武部源蔵と、それに協力する妻の戸浪のふるまいは理解に苦しむ。
 近代的精神から言えば、自分たちの都合で罪もない人の命を奪う殺人者ではないか。そこを松王丸夫妻ともども、力を合わせ、からだを引き裂かれるような悲しみに耐えて、主君の子どもを守り抜くことの美学を示すことができるかが、この作品の肝であろう。

 ハンカチを手にするお客さまが多い。忠義の精神の理解はむずかしくても、終幕で奥に菅秀才と母の園生の前、下手に源蔵、戸浪夫婦、下手に白装束の松王丸、千代夫婦が並ぶすがたの美しさよ。これは役者のすがただけでなく、演じる人物の心映えの美しさである。平気でわが子の命を差し出したわけではない。悲しんで苦しんで、まさに断腸の思いで決意したのである。悲しみが消えることはない。しかし涙を拭き、背筋を伸ばして旅立つ子どもの亡き骸を見送る。「寺子屋」が人々の心を捉え続けるのは、現代ではありえない物語の人々の心が、たとえほんのひとかけらでも今の自分たちに息づいているかもしれないという甘やかな幻想であろうか。

「河内山」
 東叡山の使僧になりすまし、首尾よくことを運ぶが見破られ、玄関先で開き直るところは弁天小僧のお坊さん版のようだ。最後に盛り返して花道で「ばかが」と啖呵を切るところもスカッとして、いい気分で終演を迎えられた。
 二代目中村吉衛門には風格、品格だけでなく、愛嬌とユーモアがある。そこに何とも言えない滋味、あたたかみが加わって、みるたびにいっそう好きになるのである。

 
 
 

コメント