因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

『田口アヤコvsふたたび』

2009-09-28 | 舞台
*COLLOLリーディングrecall:5 公式サイトはこちら 9月28日のみ アップリンク・ファクトリー
 田口アヤコが3人の俳優を相手に1時間1本の作品をひと晩に3本連続で読む試み。
 自分は『蜘蛛女のキス』と『星の王子さま』の2本をみた。
 東急本店の裏通りを歩くのはおそらく初めてである。表の喧騒が嘘のように静かで暗い。アップリンク・ファクトリーはレストランやギャラリー、今夜のような演劇や映画の上映もする盛りだくさんなスペースで、狭い通路にはイベントのチラシがずらりと並んでいる。劇場は天井が低く、初めて足を踏み入れた場所なのに居心地がよい。飲み物を片手に開演を待つ。
 マヌエル・プイグの『蜘蛛女のキス』はなかなか厄介な作品だ。中心になるのは独裁政権下の刑務所の監房の一室で、ゲイのモリーナと政治犯のバレンティンが交わすやりとりである。ト書きや地の文がまったくない。かと思うと刑務所長と看守やモリーナの会話は戯曲形式で書かれている。更に手紙や報告書などもあって、読者が容易に読み進むことを拒否しているかのようである。
 本作はミュージカルとストレートプレイ両方をみたことがある。前者は極上のエンターテイメントであり、後者は息苦しくなるほどの会話劇であった。同じ作品でこうも違う作り方ができるのかと驚いたが、いずれも『蜘蛛女のキス』の何に魅力を感じたのかが客席に伝わってきて、強く印象に残っている。

 リーディング冒頭、舞台には田口アヤコと満間昴平が文庫本を持ってはいるものの、起き上がったり寝転がったりしながら「おはよう」「おはよう」と繰り返し、一向に読み始める気配がない。劇場に入ったときの期待感が次第に困惑と疲労に変っていく。作品の世界をどのように提示するかは、作り手の手に委ねられている。見る側としては、それを思い込みや偏見なく、何とか素直に受け止めたいと思う。予想外の演出に出会ったときも、すぐに意味や意図、効果を求めるのはよそうと。
 赤川次郎が9月10日付の朝日新聞掲載「劇場に行こう!」で鈴木聡作、河原雅彦演出の『斉藤幸子』への戸惑いを「演出とは『変ったことをやる』のではなく、まず『普通に、当たり前に台本を再現すること』だと思う」と述べている。何をして「変ったこと」であり、「普通に」「当たり前に」とするかは難しいし、今回は小説をリーディング形式で上演するのであるから「台本」とは違う。しかし冒頭の「おはよう」が延々と続くうち、次第にからだ中の水分が足元に降りて来てふくらはぎがだるくなり、「普通にやってくれないかなぁ」と思い始めるのだった。まったくもってリーディング公演は作る方も見る方も難しい。「普通に」(そのまま)読まれたのでは「何の工夫もないではないか」と物足りないし、あまりに手を加えてあると「いっそ本式になされば」引いてしまうし、突拍子もない趣向に最初は驚いても、そこから作品に深く踏み込んでいかない演出は楽しめない。

 先日発行した因幡屋通信33号を読んだ方から『ブラックバード』評について、「このところリーディング公演に関しての文章が増えてきて、今度はとうとう戯曲そのものについて書いてしまった。あなたが演劇に対して並々ならぬ思いを抱いているのは充分承知しているが、この地点からさらに反転してなぜ演劇なのか、戯曲なのか。そこを読んでみたい」というご意見をいただいた。
 大変な課題を与えられた。その答の足がかりを得るべく、劇団劇作家公演『劇読み!vol.3』に行くことを決めた。

 
コメント

NHK大河ドラマ『天地人』:三成最期

2009-09-27 | テレビドラマ
 石田三成について、自分の最初の記憶は71年放送のNHK大河ドラマ『春の坂道』の中村敦夫である。汚れて疲れきったみじめな姿で引き出され、人々の憎しみや嘲笑を浴びながら斬首刑に処せられる場面が子ども心に強烈に焼きついて未だに忘れられない。ただただ恐ろしく、そこだけ切り取ったように覚えていて、大学生のときだったか友だち数人と「中村敦夫の三成はすごかった」という話題になり、自分だけではなかったのだと嬉しかった。中村敦夫の石田三成の、どこがどうすごかったのか。それを詳細に言い表すことは当時も今も出来ないが、『天地人』で小栗旬演じる石田三成に対していささか過剰な思い入れをしてしまうのは、幼いころの「三成体験」の記憶を何らかの「記録」として残しておきたかったからかもしれない。小栗旬の石田三成が、今夜最期の日を迎えた。
 小栗旬の三成はこのところ主役の直江兼続(妻夫木聡)を凌いでおり(や、これも自分の思い入れ過多か?)、囚われて罪人となり、尾羽打ち枯らしてもなお誇り高く、ぞくぞくするほど美しい。今夜の福島正則(石原良純)、小早川秀秋(上地雄輔)とのやりとりはどちらもいい場面であったし、これらが史実かどうかは別として、死にゆく三成に少しでも温かな思いをしてほしい、本音を言わせてやりたいというこちらの気持ちに応えてくれるものであった。実際のところ直江兼続とドラマで描かれているほどの交わりがあったのか疑問を呈する向きもあるだろうが、他者が(特に女性が)たやすく入り込めない男同士の友情は胸が締めつけられるほど美しく、エロティックである。これと似たような思いは『白い巨塔』の財前五郎(唐沢寿明)と里見修二(江口洋介)にも抱いたことがあった。

 小栗旬の石田三成は自分の心に確かな手応えをもって長く残るだろう。三成を見送って少々抜け殻のように秋の夜長を過ごしている今夜の因幡屋であった。
コメント

因幡屋10月の課題

2009-09-23 | お知らせ

ハイバイ『て』
東京乾電池 加藤一浩作品の連続上演。『黙読』をどうしても見たい。
Oi-SCALE企画『カムパネルラの夜』
*演劇集団円『コネマラの骸骨』マーティン・マクドナーに森新太郎のタッグが楽しみ。
shelf『私たち死んだものが目覚めたら』(1,2)
スタジオソルト『あの日僕だけが見られなかった夜光虫について』(1,2,3,4,5,6,6`,7,8,9,10,11
劇団印象『父産』 (1,2,3,4 5,6)強烈客演陣を迎えて吉祥寺シアターで再演。

 連休後半は芝居を入れず、NHKドラマスペシャル『白洲次郎』に嵌まって過ごした。第1回前半、次郎の母が教会で讃美歌『主われを愛す』を関西弁で歌う場面があり、その見事な翻訳ぶりに驚嘆した。母は自分を持て余す息子に「からだの弱かったあなたが死なずにいられたのは、神さまがこの世にあなたが必要だと思われたからだ」と諭す。関西弁『主われを愛す』はこの場だけだが、この讃美歌は英語の美しい女声コーラスでドラマ冒頭はじめ物語の要所要所で繰り返し使われており、ドラマぜんたいの通奏低音のように見る者を白洲次郎の心の奥底へ導く役割を果たす。

 9月の課題がなかなかこなせない。考えたり思い出したりすることが、言葉に結びつかないのだ。
 芝居は自分を楽しませ、幸福にしてくれるが、時に思いも寄らないところへ投げ出したりもする。自分がどこにいるのか、なぜそこにいるのか、どうしたら歩き出せるか、その方向はどこなのか。今はまだ不安でいっぱいだ。しかしきっとどこかに辿り着ける。心を鎮めてそれを信じよう。10月の課題は「心の奥底の声に耳を澄ます」。

コメント

文楽公演『天変斬止嵐后晴』

2009-09-22 | 舞台
*シェイクスピア作『テンペスト(あらし)』より 山田庄一脚本・演出 鶴澤清治作曲 公式サイトはこちら 国立劇場 23日で終了
 2008年5月発行の因幡屋通信29号に「リーディング漬け」と題して昨今隆盛のリーディング公演のことを書いたところ、それを読んでくださった方から「一度文楽を見ては?」と勧められた。歌舞伎はじめ伝統芸能からすっかり遠ざかっていたこともあって決心がつかず、「チケットはどうやって取れば」などと甘ったれていたところ、友人からお声掛けがあってようやく文楽デヴューが果たせたのであった。
 久々の三宅坂・国立劇場。前の部の終了が遅れているらしく、入り口前は開場を待つ人でいっぱいだ。しかし文楽のお客さまは歌舞伎座の華やかな賑々しさとは違う空気を纏っておいでになる。地味で静かで勉強熱心な感じ…。
 題名は「てんぺすとあらしのちはれ」と読み、シェイクスピア最後の作品を中世日本に置き換えて翻案した作品である。友人が前寄り上手側の良席を取ってくれたおかげで、三味線や義太夫ともによく見えよく聴こえ、休憩なしの2時間を楽しむことができた。

 終演後「今夜はあくまで入門編、ぜひ本式のものを」と友人が熱心に言う。まずは11月の歌舞伎座で『仮名手本忠臣蔵』の通し公演で歌舞伎の様式を頭に入れてから12月の文楽公演『仮名手本忠臣蔵』をみれば、互いの違いがよくわかってきっとおもしろいはずだ!と。舞台とのご縁は自分自身の情報収集だけではなく、こうした友人からのお誘い含め「ご縁」だと思う。ただでさえ毎年観劇スケジュール調整に悩む秋から冬。さあどうします、因幡屋?
コメント

箱庭円舞曲第十三楽章『極めて美しいお世辞』

2009-09-21 | 舞台
*古川貴義脚本・演出 公式サイトはこちら 下北沢OFF・OFFシアター 22日まで
 ようやく箱庭初見となった。きっかけは津留崎夏子の出演で、5月の『成れの果て』、7月の『-初恋』ともに芯が強く、質実な印象が壊れそうになる、あるいは壊れてしまったときの表情に惹きつけられる。小劇場界で異彩を放つキワモノ系ではなく、いわゆる新劇系でもないが、戯曲に書かれた人物の造形がきちんとできる実力派の女優さんだと思う。
 今回は美容院のスタッフルームで美容師やオーナー、出入りの業者などのやりとりがべったり濃厚に描かれる。
 開幕してあっと言う間に、俳優さんたちが演じている役柄以外に見えなくなってしまった。特に美容師の面々がすごい。アーティスト肌だが精神的に脆いもの、責任感の強い女性店長、腕はさっぱりだが女性客に異様に好かれるもの、言動が少しずつずれているがやる気まんまんのお姉ちゃん風などなど、月並みな表現だが町の美容室からそのまま引っ張り出してきたかのようにぴったりなのである。脚本執筆において、美容室という職場、美容師という職業について相当綿密な取材をしたことが窺われ、俳優もそれに応えるべく台詞や所作も自然にこなれている。
 特にアーティスト肌美容師役の小野哲史は、先月のミナモザ公演『エモーショナルレイバー』ではスナック菓子を食べてばかりいる脱力系出し子グループのリーダーを演じていた。たったひと月あとなのに、まるで別人である。
 5店舗を構えるチェーン店のなかで売上が最下位に低迷している店である。前半の場面でこの店がどこにあるかがほんのちょっとわかるのだが、青山あたりに比べると明らかにアウェイな場所であり、店の雰囲気、お客から町の様子までどんどん想像が膨らむ。そこにおいて、理想が高いのは構わないが天才肌を吹かせて周囲との協調を拒む美容師の浮き具合や、彼の元彼女がオーナーと結婚してしまったいきさつ、出入りスタイリストとオーナーの安っぽい関係まで内容は盛りだくさんである。

 きっちりと書き込まれた人物造形、巧妙に伏線を張ったストーリー展開に適切な配役を施した作品であると思う。しかし客席の空気が淀んだように重く、上演時間が長く感じられたのはなぜだろうか。山場となる場面のやりとりが少し長過ぎるからか?しかし現実において収拾のつかずに延々と続く会話というものはありうるし、全く会話に入らせてもらえない出入り業者が、苛めにあっているかのようなやりとりも、話の本筋に関わるものではないにしても、ここまで微細に台詞を書き込めるというのは劇作家として大変な腕だと思うのである。

 今回味わった一種の倦怠感が次回はどう変化するかが、箱庭円舞曲に対する自分の課題になるだろう。
 津留崎夏子はオーナーの妻を演じた。ときどき店にやってきてはけん玉で遊びつつ、美容師たちと適当な会話をしている。元カレに「今、幸せか」と聞かれて「まあまあ幸せだよ」と笑っているが、まったく幸せではない。そもそもかつての恋人が「幸せか」と聞いてしまうことじたい、彼女が幸せそうに見えないことの証ではないかしら。
コメント