因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

東京乾電池『誰か、月光 恐怖・ハト男』

2012-05-29 | 舞台

*加藤一浩作 柄本明演出 公式サイトはこちら 本多劇場 6月3日まで
 劇団創立36年めを迎えた東京乾電池が今年最初に行うのは、劇団座付作家である加藤一浩の作品で、2007年にザ・スズナリで上演された『恐怖 ハト男』の再演である。
 加藤一浩の作品記事の履歴を追ってみると思ったより本数が多い(1,2,3,4,5,6)。しかもほとんどの舞台に対して「とらえどころがない」「確かな手ごたえが得られにくい」「『黙読』についていまだに書けずに残念」という中途半端で言い訳めいたことを書き連ねている。
 「今度こそは」と意気込んで臨むのだが、「今回もやはり」と困惑して帰路に着くのである。

 雑居ビルの5階エレベーターホールにソファやテーブルやいろいろな家財道具が放置してある。便利屋はそれらを1階に移動するよう依頼された。しかし1階が閉まっており荷物を動かせない。上手のドアの向こうには部屋が3つあり、そこで働く人々が出入りする。下手には階段に通じるドアがあり、そこからもいろいろな人が出入りする。
 なぜか男性ばかり14人は日によって配役が変わり、加藤一浩自身が出演する回もある。休憩なしの2時間、男たちが出たり入ったりする不思議なお芝居である。

 結論から言うと、途中で何度か意識が飛んだこともあり、今回もよくわからない舞台であった(苦笑)。かといって小ネタを楽しんだという印象ではなく、加藤一浩の劇世界は、舞台に表出していない何かが氷山のようにあって、それは不気味でもあり繊細でもある。
 何かを伝えたい、描きたい、訴えたいという強い意識は劇世界を構築する大きな要素であろう。しかし加藤の場合、それがあるのかないのか、いやあるのだろうが、それがたやすくこちらに伝わってこない。かといって「わかる人だけわかればいい」と上から見下ろすものでもない。大変腰の低い謙虚な筆致が感じられる。

 カンフェティ6月号に柄本明のインタヴューが掲載されている。本作の初演をみたとき、「なんだかよくわからないと思った。それが面白かった」とのこと。
 ホラー的要素がふんだんに盛り込まれているが、妙なところにリアリズム演劇的なところ、そうかと思えば不条理演劇の匂いがする。どの場面がどのようにという記憶もすでにあいまいなので具体的に書けないが、最後は登場人物がすべて舞台にあがり、そのなかにハト男も混じって「かっぽれ」を踊るというシュールなもので、本作は群衆悲喜劇でもあるのだ。

 「僕たちは不安の中で生きている。芸術に携わる者は不安を安心に変えてはいけない。加藤は、その不安に対して何を考えているのかわからないところが面白い」。
 柄本明は劇作家加藤一浩の最大の理解者であると同時に、冷静な批評家でもあるのだろう。客席からすれば何度みてもするりとこちらの手をすり抜けていってしまう不思議な存在だ。
 このインタヴューで語られた「子どもの学芸会のような芝居にしたい」という発言はほかでもあり、演劇、俳優、ひろく言って芸術というものに対して一家言お持ちなのだが、それらを咀嚼、理解するのはむずかしい。またご本人も筋道を立てて理解されることを避けておられるのか、こちらが前のめりで聞き入るとたいていはぐらかされてしまう。

 東京乾電池のカーテンコールで柄本座長が挨拶するとき、たいていは客足が伸びないことをぼやいて宣伝を呼びかけ、「お願いしますよ、助けると思って」と頭を下げる。今回は「お席にはまだまだ余裕があります」とアピールしながらも、「客席にお客さんが少ないということが、実はけっこう好きなんです」と照れくさそうに言っておられ、こういうところが柄本明の、ひいては東京乾電池の魅力のひとつなのだろう。こういうことばを聞くと、なぜか安心する。

 そして東京乾電池の上演レパートリーの主軸に別役実、岸田國士、チェーホフがあり、そのなかに加藤一浩の作品があるのは一種の演劇的僥倖ではなかろうか。
 東京乾電池6月の月末劇場は別役実の『受付』、7月末から8月はアトリエ公演において同じく別役の『招かれなかった客』の上演を予定しており、文学座でもなくPカンパニー(元の木山事務所)や名取事務所でもない別役実の劇世界が期待される。
・・・といってあまり意気込まないようにしましょう。客席で眠ってしまっても、柄本さんはたぶん怒らないだろう。

コメント

shelf volume13[edit]

2012-05-26 | 舞台

*矢野靖人構成・演出 公式サイトはこちら アトリエセンティオ SENTIVAL!2012参加作品 27日まで (1,2,3,4,5,6)
 shelfが目指すもの、上演までのプロセスについては主宰の矢野靖人のブログに詳しい。
 年に2回春と秋のアトリエセンティオ通いは数年前から恒例になった。
 夜の北池袋。銭湯を通り過ぎ、美容室の店内にヘッド(というのか、マネキンの頭部のようなもの)が並んでいるのをみると、ああセンティオへ行くのだと実感し、そしてこのあたりでいつも道に迷ってセブンイレブンから引き返すのだった。

 開演15分まえに開場、なかに入ると俳優陣はすでに板付き、早くも張りつめた空気が漂っているのも恒例だ。それでも客席は適度に華やぎ、リラックスしているのが不思議だが、shelfの活動に共感し、応援する方々の作りだす雰囲気だろう。

 1年前の[untitled]に引き続き、複数のテキストを集めて再構成するものだ。戯曲だけでなく、演説や小説やエッセイなども含まれる。紙面にある言葉のかずかずが俳優の肉体と肉声を通してどのように変化し、劇世界を構築するのか。

 

 主軸はソフォクレスのギリシャ悲劇『アンティゴネ』だが、アーシュラ・K・ル=グウィンの『左ききの卒業式祝辞』も強い印象を残す。ほかにはイプセンの『人形の家』、太宰治の『かすかな声』、保坂和志の『魚は海の中で眠れるが鳥は空の中では眠れない』、伊丹万作の『戦争責任者の問題』の計6点によって構築されている。

 当日リーフレット記載の矢野靖人の「ご挨拶にかえて」に、自分たちがどのような方向性でどんな舞台を作ろうとしているかが非常に理路整然と明晰に記されており、大変わかりやすい。
 頭と心で理解して舞台に臨んだところ、これがなかなかに手強く、そうそうにつまづくことになった。俳優の強度や緊張感は並大抵のものではなく、とくに川渕優子はいつもながら圧倒的にすばらしく、終幕になって再度語られる卒業式の祝辞には胸をうたれる。

 戯曲だけでなく、小説や演説が使われても構わないが、やはり1本筋の通った「戯曲」に取り組む舞台がみたい。自分は「テキスト」ということばを適切に使えないのだが、それは「戯曲」が作り手によって「テキスト」に変容したときの違和感のためであり、戯曲とテキストを同等のことばとして使うことには抵抗がある。
 戯曲、俳優の存在、それに観客が加わって、ほかのどこでも体験できない舞台空間が生まれること。これが自分がshelfの活動に探し求めるものなのだ。

コメント

因幡屋通信41号完成

2012-05-26 | お知らせ

 因幡屋通信41号が完成し、本日各設置先劇場やギャラリーへ発送いたしました。
*「あしたのリー ~演劇のもたらす希望について~」と題しまして、今年3月に下北沢のザ・スズナリで上演された『黄色い月-レイラとリーのバラッド-』を取り上げました。カラーはグリーンです。
えびす組劇場見聞録では「戯曲の現在・過去・未来」をテーマに、北村想の『寿歌』について、3月に本多劇場で上演された加藤健一事務所版を中心に考えました。こちらはクリーム色。それぞれブログ記事をリンクしておきましたので、ご参考までに。

 今号より大阪のウィングフィールドさん、TORII HALLさん、HEP HALLさん、インディペンデントシアターさん、仙台のせんだい演劇工房10-BOXさん、千代田区の3331 Arts Chiyodaさんにも設置していただけることになりました。ご理解とご協力に心から感謝いたします。

 

 意図したわけではありませんが、どちらも3月の下北沢で出会った舞台によって、考えるきっかけや意欲を与えられたことになります。十代の終わりから通い続けている演劇の街は懐かしさと新鮮さが同居する不思議な場所です。それなのに因幡屋通信、えびす組劇場見聞録いずれも設置していただいている劇場が一か所もないという(苦笑)。
 創刊当初からしばらくは設置してくださったのですが、スペース的にむずかしくなってやむなく撤去となったところもあり、今後の課題であります。
 ともあれ通信、見聞録ともに、今回もどうかよろしくお願いいたします。

コメント

『シダの群れ 純情巡礼編』

2012-05-24 | 舞台

*岩松了作・演出 公式サイトはこちら シアターコクーン 27日まで
 別役実と同じく、以前はせっせと通っていた岩松了の舞台にもこのところずっと足が遠のいていた。第1作をみていない上に今回もチケット予約段階であきらめていたが、まさかの観劇がかなった。堤真一に風間杜夫、松雪泰子、小池徹平の豪華キャストに加え、演劇集団円の石住昭彦と吉見一豊らが脇を固め、昨年の大河ドラマ『江』の秀頼役が新鮮だった太賀、『深夜食堂2』の「煮こごり」の回に出演した清水優、さらに村治佳織のギター生演奏という趣向が興味をかきたてた。

 やくざの組の3つの組のあいだに起こった陰謀と共闘に、きょうだいや親子の情愛や男女のあれこれ、任侠のしがらみが描かれる3時間弱の舞台である。

 俳優はみな持ち味を発揮して魅力的であるし、バーから廃屋、病院のテラス、隠れ家と次々に舞台空間がかわる様子も滞りなく、みていて楽しいものであった。
 しかしながら前述の「ヤクザの3つの組」というのが、組の名前が観劇のあいだにきちんと把握できなかったのである。同道の友人は「どれもサ行だったからでは」と言っていたが、そうなのだろうか。そして劇中に登場せず、名前だけで示される既に亡くなった人との関係もよくわからず、そうなると彼らのあいだで揺れ動く松雪泰子演じる女性の存在も、みている自分の意識のなかで生きてこない。

 楽しんだのは確かだ。風間杜夫はさすがの貫録で堤真一も出番が多く(笑)、小池徹平も草食系の可愛らしいイメージを覆す熱演、松雪泰子は謎めいて美しく、村治佳織のギターも迫力があって、大変なごちそうをいただいた気分だ。ヤクザと役者を兼業している?荒川良々と風間杜夫の役者談義や、演劇集団円からの客演ふたりのやりとりもおもしろい。
 しかしどれも小ネタ的な楽しさであって、この芝居ぜんたいがどうであったのかをきちんと把握できたかどうかははなはだ心もとない。
 ふたりの人間が会話するには不自然なほど距離をとる場面が多い。シアターコクーンの劇場サイズを考えて「見せ場」を作る点では成功なのだろうが、本多劇場や六行会ホールでみた岩松劇の印象が心に残っている身としては、いったいなぜこの豪華メンバーがこの大きな劇場で、一流のギタリストの生演奏付きでこの話を舞台にしているのかがわからないという身も蓋もない気持ちになるのだった。

コメント

名取事務所公演『やってきたゴドー』

2012-05-24 | 舞台

*別役実作 K・KIYAMA演出 公式サイトはこちら 俳優座劇場 27日まで
 2007年に木山事務所が末木利文の演出で初演した作品を、K・KIYAMA(演劇プロデューサーの木山潔)が演出して2度めのお披露目となった。「不条理ドタバタ喜劇 別役実 海外交流シリーズ第4作目」(公演チラシ)の看板を背負い、ことしの12月はオスロ、パリ、ベルリンでも公演を行うとのこと。

 ベケットの『ゴドーを待ちながら』は1953年にパリで初演されて以来、世界中の劇作家にただならぬ影響を与えつづけている。いくら待ってもあらわれないゴドーを待ちくたびれ、それでも待つしかないこと、存在すらはっきりしないゴドーは、みるものをますます不安に陥れる。
 しかし昨年春、新国立劇場小劇場で上演された『ゴドーを待ちながら』(岩切正一郎翻訳 森新太郎演出)は、自分の演劇歴に確実な足跡を残すものであった。ここから自分の「ゴドー」がはじまる。その意識を持てたことは大変な幸いである。

 2007年の初演を見のがしていただけに、大きな期待をもって今回の『やってきたゴドー』の観劇に臨んだのであった。

 舞台には電柱とバス停の標識とベンチ。懐かしい別役実の劇世界である。
 編み物をしながらバスを待つ女、エストラゴン、ウラジミール、ポゾー、ラッキーと、机を運んで受付をはじめようとする女たち、乳母車を押す女、少年と、本家そのままの人物と別役オリジナルの人物が絡み合うなかに、ゴドーがやってくる。待ちに待ったゴドーの登場なのに、人々はまったく驚かないばかりか、反応すらしないのである。

 互いに顔を合わせ、ことばを交わしながら相手を認識しないこと、出会っていないと頑ななまでに主張することが本作『やってきたゴドー』の要であることはわかるのだが、ぜんたいとしてこちらにしっくりするものがなく、著しく集中を欠く観劇となった。
 ぬけぬけと登場するゴドーは、「やってきた」というより「やってきてしまった」という表現がぴったりするくらい間が抜けてありがた味を欠く。ならばゴドーを騙る偽物かといえば、そうとも言い切れないのではないか。
 ゴドーを待つ人々ではなく、今度は登場しようのないゴドーが劇世界の中心に位置づけられた。これまで自分はゴドーを待ち続ける側であると意識してきたが、いつのまにか、よるべなくさまよい続けるゴドーそのものに変容してしまったのではないか。

 ということなどを考えてはみたものの、やはり舞台そのものからもっと確かな手ごたえが得たい。80年代から90年代はじめにかけて、あれほど夢中でみていた別役劇から、いつのまにか足が遠のいたのは、やはり俳優中村伸郎が亡くなったことが大きい。自意識や作為を削ぎ落して、演技すらしていないのではないかと思われるくらいに、そのまま舞台にいるだけで「佇まい」を感じさせる最晩年のすがたは、今でもはっきりと心に残っている。
 今回の不完全燃焼感覚も、言ってしまえば「中村先生がいないじゃないか」に尽きるのだが、別役実はいまもなお現役バリバリの劇作家である。やってきてしまったゴドーだけでなく、震災や原発事故についても別役の劇世界ではどのように表現されるのか、新作を強く待ち望む。

 自分は「ゴドーはきっとやってくる」と思っている。ただ座して待つのではなく、自分から探しに出かけよう。まず手始めは遅ればせながら『やってきたゴドー』の戯曲を読むことからだ。

コメント