因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

ピンク祭

2008-03-30 | 舞台
*振付・出演 磯島未来 加藤若菜 須加めぐみ 公式サイトはこちら こまばアゴラ劇場の公演は30日で終了
 劇団名は「ピンク」。東京公演は久しぶりとのことで、公演期間中「謝肉祭」「即興ナイト」「ピンク単独公演」の3つのステージが順次行われる。自分がみたのは「ピンク単独公演」である。

 ピンクは上記3人の女性による「過呼吸乙女ユニット」で、公演チラシには「正統に鍛えた体をことごとく酷使しながらその先に見えるダンスをダンスと示すも、転んでも笑いながらしぶとく図太く頭突きする3人のセッションは『同時多発バカ』と呼ばれるほどバカバカしさで溢れていて、その融合は他に類を見ない」であると。どんなものなのかまったく予想がつかず、こわごわとアゴラに向かう。1時間少しの上演後、茫然としている自分がいた。さまざまな気持ちで頭の中が混乱していた。驚いたのだ。チラシの文句がまったくその通りだったことに。

 3人の女の子たちが踊る、動く、暴れる。その中にほんの少し台詞もあるのだが、お芝居の登場人物として話しているわけではなく、舞台にも物語性はない。ひたすら踊る彼女たちの柔軟で強靭な肉体と、ダンスともアクションとも思える動きに見入るばかりであった。クラシックバレエ的な動きもあるし、ほとんどアクロバット、いやプロレスに近いところもあった。どうしてそんなにからだが動くの?と感嘆すると同時に、なぜそこまで動かし続けるの?人が舞台に立つのは、何かを伝えたい、表現したい欲求があるからだと思う。しかしピンクの舞台は、何をしたいのか結局わからず、かといって自己陶酔のパフォーマンスでもなく、観客への感謝や気遣い?も感じられる。必死に踊る彼女たちをみていると「よくわからないが、ともかく頑張ってるじゃないか」という気持ちになり、客席はいい感じに温まった。終演後おもてに出ると、さっきまで過ごした時間が嘘のように、駒場の町は静かであった。駅のホームからみる夜桜は昼間よりも美しく妖艶。

コメント

最終回『ちりとてちん』

2008-03-29 | テレビドラマ
 とうとう今日で最終回になってしまった。半年間欠かさずみた朝ドラは、たぶん『ふたりっ子』以来であろう(1,2,3,4,5,6,7)。
 10月から今日までとても楽しんだのだが、残念なことに不完全燃焼感が残った。悲願の常打ち小屋オープンから喜代美の出産までがあまりに駆け足だったこと、喜代美が落語家として事実上引退し、家族と一門の母親役に徹することを決意したのはさておき、その先どんな生き方をしたかが描かれず、無事出産したところで終わってしまっていることである。さらに魚屋食堂の双子ちゃんの将来や、A子と小草若(四代目草若!)のいい感じなどの相当年数にわたる大量情報が上沼恵美子によって滔々と語られる。なのに今日生まれた子供が男の子か女の子かも明かされない。これは続きがある、続編が『ちりとてちん2』がありますよという含みなのだろうか?

 いろいろなことを考え、書きたいこともたくさんあった。ドラマ評を継続して書くのがひとつの目標だったが、充分にできなかったことが残念である。覚え書きとして以下少し。機会があれば、またドラマ連続批評に挑戦いたします。

1,『ちりとてちん』の登場人物の中で底抜けに!大当たりだったのが徒然亭草若師匠の渡瀬恒彦であった。この人の優しい言葉や表情にどれだけ慰められたことだろう。師匠に褒められたい、喜んでもらいたいと精進する弟子たちの気持ちがよくわかる。こんな人が職場や学校や町内にいてくれたら。
2,「ようこそのお運びで、厚く御礼申し上げます」毎週月曜日の冒頭、上沼恵美子の語りを聞くたびに「ああ、これから一週間、新しい『ちりとてちん』が始まるんだ」と嬉しくなったものだ。始まる前は「きっとコテコテの語りになるのでは」と懸念したが、控えめで温かな口調が大好きになった。ヒロインが自分のことを回想する構成になっており、失敗ばかりしている喜代美が、分別のある落ち着いた女性に成長したことを思わせる。物語に寄り添いすぎず、視聴者にもべたべたしない、どちらにもほどよい距離をもった語り。お見事であった。
3,ヒロイン喜代美を演じる貫地谷しほりには、いささか複雑な思いがある。びっくりするところ、緊張してガチガチに固まってしまうところなどが達者すぎるというか、かえって鼻につくことがあって、どうしてかなぁ惜しいなぁと思うのである。その一方で嫉妬するとき、僻んでしまうとき、自己嫌悪にまみれるとき、貫地谷しほりはぞくぞくするほど魅力的な表情をみせる。たとえば彼女が遠藤周作の『わたしが・棄てた・女』の森田ミツを、チェーホフの『ワーニャ伯父さん』のソーニャを演じたら、と想像するのである。ちょっと可愛すぎるかしら。

コメント

wonderlandクロスレビュー『フリータイム』

2008-03-26 | インポート

 劇評サイトwonderlandのクロスレビューに参加させていただきました。お題はチェルフィッチュ『フリータイム』です。前回に続き、またしても強いられる体験でして(笑)。単純な好き嫌い、得手不得手はどうしてもあります。しかしそこで終わるのではなく、演劇的根拠によって苦手分野を考えるところから、自分の言葉が始まるように思います。六本木はいまだに馴染めない町です。今回も劇場にたどりつき、芝居が始まるまでは居心地が悪かったのですが、いつのまにかそれを忘れ、帰り道は爽快な気分にすらなりました。『フリータイム』の舞台が、自分の何かを変えたのでしょう。貴重な体験が与えられたことに感謝いたします。

コメント

劇団フライングステージ『新・こころ』

2008-03-22 | 舞台
*夏目漱石『こころ』より 関根信一作・演出 公式サイトはこちら 下北沢駅前劇場 26日まで
 『こころ』を舞台化したものでは、一昨年春の龍昇企画『こころ』が記憶に新しい。静かで端正なたたずまいを感じさせる舞台であった。フライングステージの『新・こころ』は関根信一が原作を自らの視点で読み直し、構築した意欲作である。
 
 ☆公演は26日まで続きます。未見の方はこのあたりからご注意くださいませ☆

 舞台の構成は少々複雑だ。小説『こころ』の部分があって、しかも先生と私が登場するところと、先生とKがいる過去の部分がある。さらに大学のゼミで漱石を読む学生たちがいる。自分がゲイであることを明るく言う学生木下がいて、彼は『こころ』を独自の視点で読み解こうとしている。彼は大学講師に関心を持ち、少し片思い気味である。小説の先生と私の関係を投射している作りや、原作部分と現代の部分が入れ替わりながら進む前半は弾みがある。しかし、私とKの関係が描かれる中盤からは描き方が慎重で、これまでみたフライングステージの舞台と比べると笑いの要素も少なく、集中してみるのが少し辛い。

 木下の『こころ』の解釈(つまり関根信一の読み方)は、少し大胆すぎるかもしれない。しかし物語の人物の心の奥底まで入り込み、物語の中にまで割り込んで(そういう場面がある)ほんとうのことを知ろうとする気持ちには共感できる。虚構と思えない、小説の人たちは自分にとってはほんとうに生きていて、まさに生身の存在であり、放っておけない、何とかどうにかしてあげたくなる、そんな気持ちになることが、自分にもあるからである。ある作品に対する自分の思いを見つめ直し、解きほぐし、新しい作品を作り上げることは、贋作やパロディ、批評を越えた創造行為であることを実感した。作品に対する謙虚で深い愛情と同時に冷徹な観察眼、創作への強靭な精神力。さまざまなものが必要であろう。

 帰宅して本棚から『こころ』の新潮文庫を取り出す。今夜から自分の『新々・こころ』が始まったわけだ。
 

コメント

時間堂『三人姉妹』

2008-03-20 | 舞台
*アントン・チェーホフ作 神西清翻訳 黒澤世莉演出 公式サイトはこちら 王子小劇場 23日まで
『三人姉妹』を初めて読んだのは高校生のときだ。「演劇ならチェーホフ」と意気込んで手に取ったのが新潮文庫、神西清訳の『三人姉妹』であった。登場人物の名前が覚えにくく、しかも一人に呼び方がいくつもある。戯曲を読みながら何度も最初の人物紹介ページに戻らなければならず、早々に投げ出してしまった。
 
 あれから今日まで、いろいろな『三人姉妹』の舞台をみた。物語の流れがわかり、人物関係も把握できると戯曲を読み返すのもおもしろく、自分なりの手応えを得られるようになる。場所や時代の設定を変えたものや作り手がテーマから触発されて大胆に脚色したものよりも、きっちり作った舞台のほうが好きである。しかし古色蒼然とした演出であると、話を知っているだけに客席にいるのが辛くなる。「どんな話なのか」よりも、この人物はどんな心を抱いているかを知りたい。俳優のちょっとした表情の動き、からだの向き、台詞の言い方ひとつで舞台の空気が変わる。同じ台詞がこの前の『三人姉妹』とは違う響きで聞こえてくる。うちに帰って戯曲を読み直す。その繰り返しが楽しくてならない。

 ☆舞台の詳細を書けるほど筆が温まっておりませんが、念のため。これからご覧になる方はこのあたりからご注意くださいませ☆
 
 いつのまにか「オーリャは生真面目な長女タイプだし、女優の実年齢が多少高くても許せる。マーシャはたいていその座組でいちばんキレイな女優さんがやるもの。」などなどといった固定イメージができてしまっている。また自分の好きな「きっちり作った舞台」は、いわゆる新劇系に近いとも言える。時間堂の『三人姉妹』は神西清翻訳の戯曲に対して、ほんとうにまじめに取り組んでおり、その上に自分たちの色を丁寧に塗り重ねている印象。新劇でも翻案でも外国人演出家の舞台でもない、時間堂だけの『三人姉妹』であった。

 春分の日だというのに、冷たい雨であった。しかし心は満たされて帰路に着く。また『三人姉妹』を読み直す。いくつかの舞台をみたのちに時間堂に出会えたことは幸運であった。だがもし高校生のときにみていたら、果たして自分はどう感じただろうか?

コメント