因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

椿組2017年春公演『始まりのアンティゴネ』

2017-02-28 | 舞台

*瀬戸山美咲(ミナモザ)作・演出(1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22 ,2324,25) 公式サイトはこちら 下北沢/ザ・スズナリ 3月5日まで 
 『アンティゴネ』はギリシャ神話に登場する王女であり、ソフォクレスによる悲劇でよく知られている。オイディプス王の娘、ということはその母(同時に祖母)はイオカステ。本人の責任はまったくないにも関わらず、呪われた血、暗い宿命を背負わされた痛ましい存在である(Wikipedia)。

 とある町で食品加工会社を経営する一族。現社長の妻の甥にあたる青年がみずから命を絶った。折しも創業祭という一大イベントを控えており、青年の父、祖父もまた自殺であることから風評被害による会社のイメージダウンを恐れた社長は、甥は心筋梗塞で急死したことにしようと家族、社員に申し伝える。しかし青年の妹はこれを頑なに拒み、自殺であることを公表すべきとゆずらない。海外を放浪していた次男が婚約者を連れて帰国する。異文化に触れたがごとく困惑する婚約者にも、実は重大な秘密があった。刻々と通夜の時間が迫る。家族親族、従業員総勢18名が喧々諤々の論争を繰り広げる1時間50分の物語である。

 今回の新作を、どう名づけるのがふさわしいかと考えたが、ギリシャ悲劇の翻案、古典をベースに現代の様相を反映したもの等々、いずれもぴたりあてはまる形容がなかった。では作者が新作を書いた目的、そこに込めた思いを想像してみると、やはり数千年を経て文明が発達しても、人間の営みやそこで生まれる根源的な苦悩には変わりがないことを示したいのでも、古代の物語を現代によみがえらせてみたいのでもないように思えるのだ。

 自殺した青年がポリュネイケスであり、妹がアンティゴネ、社長がクレオンと、ギリシャ悲劇の登場人物が非常にわかりやすく配されており、ギリシャ悲劇を思い起こしながら観劇するのもおもしろく、しかし知らなくとも十分に楽しめる。
 自殺が悪いことだと迷惑をあらわにする叔母、幼い息子への影響を案ずる若い嫁、財産目当てと陰口を言われても意に介さぬ三度目の妻など、誰の言うことも一理あり、正解はみつからない。次男の婚約者の秘密がこの一家の過去にあまりに合致していて少々不自然な印象すらあり、彼女の告白によって議論の流れが急激に変わるあたりも、あと一息ほしい。また人物のなかでもっとも立ち位置があいまいな次男の、あまりに「置いて行かれた」感にも、「回収してほしい」という観客の願望が頭をもたげるのも確かであるが、本作を受けとめる上での大きな妨げにはならない。

 しかしながら本作から強く感じ取ったのは、人がひとり生まれて死ぬのは只事ではないこと、何のために弔いの儀式があるのかということであった。終始激しく言い争う物語の終わりに、皆が少しずつ亡くなった青年との思い出を語りはじめる場面の優しさ、温かさ、ちょっと笑える雰囲気に救われる。故人との思い出がまったくない次男の婚約者が、はじめて会った人々のバラバラな心をつなぎ留めたのだ。

 224日初日後、主演の佐藤誓が体調不良で休演を余儀なくされ、ドラマターグの中田顕史郎が代役を務めた。中田は瀬戸山美咲はじめ多くの劇作家のドラマターグを担っているが、俳優であることが今回ほど活かされた公演はないのではないか。ネット上の感想を見ると、危なげな実に堂々たるものであったとのこと。筆者観劇予定日の夕刻、佐藤誓の復帰が発表された。開演前に椿組座長の外波山文明が、佐藤復帰の旨を客席に告げ、カーテンコールにおいても、「お客さまには関係ないことですが」と前置きして恐縮しながら、復帰した佐藤をねぎらった。関係ないどころか、復帰の舞台に立ち合えた自分は何と幸運であろうか。当日リーフレット掲載の挨拶文において、今回はじめて椿組とタッグを組んだ作・演出の瀬戸山は、「椿組の劇団力に驚いている」と記す。その劇団力を、自分は客席から感じ取った。はじめての劇作家の作品を取り上げるのは、劇団にとっても大変な冒険であると想像する。しかも初日開けていきなり主演俳優が倒れた。想定外のアクシデントだ。俳優の顔ぶれを見ると、若手、中堅、ベテランと幅広く、客演も含めると個性が強烈で、手ごわそうな面々である。意見が衝突し、紛糾することもあったかもしれない。しかし「いい芝居を作りたい」という熱意における結束力こそが椿組の「劇団力」ではなかろうか。
 ギリシャ悲劇の古典を丁寧に踏まえ、これほど大人数の登場人物の一人として捨て役がない。椿組の劇団力に、瀬戸山美咲の「劇作力」「演出力」がみごとに融合した舞台である。
カーテンコールに整列した俳優諸氏の晴れ晴れとした表情をみながら、こちらまで幸福な気持ちになった。祝福を贈りたい。

コメント

追加しました!2017年3月の観劇予定

2017-02-28 | お知らせ

 2月末から3月はじめが怒涛だわ…と思っておりましたら、中旬以降もなかなか怒涛であります。第一に健康が守られること。そして年度末の仕事もきちんと収め、芝居もしっかり見て、句会にも出席できますように。欲張りすぎかな?すでに予約済みのものだけでなく、注目の舞台も合わせてご紹介いたします。ご参考までに。

九十九ジャンクション (1,2,3)第4回公演『赤い金魚と鈴木さん~そして、飯島くんはいなくなった~』土屋理敬の名作『そして、飯島くんしかいなくなった』の続編とも言える作品で、演劇集団円の気鋭の若手・後藤彩乃が演出を担う。後藤の演出する舞台の観劇は、昨年夏のCROQUIS(クロッキー)vol.1『余炎』以来2度めとなる。

*オフィスコットーネプロデュース『ザ・ダーク』
 2004年ロンドンで上演され、ウェストエンドの話題をさらった作品が日本初演となる。

*日本演出家協会主催若手演出家コンクール2016より、最終審査に残った4名の演出家の舞台が一気に上演される。今回はらまのだ1,2,3)主宰の森田あや演出・南出謙吾作『みそ味の夜空と』を観劇予定。南出は昨年12月、『触れただけ』で第22回劇作家協会新人戯曲賞を受賞したばかりで、演出家、劇作家ともに注目度の高い舞台になりそうである。

*TBスタジオ☆クラブVol.37『マクベス』
 TBスタジオは、「東京都北区志茂で舞台に誰でも参加できる演劇スクール」と謳われており、文学座の俳優である得丸伸二がオーナーをつとめる。プロはもちろん、セミプロや、もしかするとずぶの素人も間口広く受け入れ、しかし稽古はみっちりと積むらしい。硬派な作品が多いことも特徴のひとつである。

第2回神奈川かもめ短編演劇祭より
  Gin's Bar公演『イーハトーヴの雪』(1,2)。東北ブロック代表として参加する本作は、東日本大震災直後の釜石市の遺体安置所で、番号を付けて床に並べられ、遺族の確認を待つ亡骸の人間性を回復するために、まるで生きている人に対するように話しかけている方がいたという実話で構成されているとのこと。
 震災後、「被災地の想いを演劇で世界へ」を合言葉に懸命に活動を続けていらした被災3県の劇団を招き、横浜の演劇人の企画で実現したPAW横浜2011「震災復興WEEK」を観劇したことを思い出す。あれから6年目の春、岩手県を理想郷「イーハトーヴ」と名付けた宮沢賢治の祈りが、どのような舞台に結実するのか。

シス・カンパニー公演 ストリンドベリの二大傑作『死の舞踏』と『令嬢ジュリー』が交互上演される。上演台本(翻訳)・演出はいずれも小川絵梨子。『死の~』は2008年、演劇集団円の上演が大変刺激的だったとのこと(演出の安西徹雄遺作)だが見逃した。『令嬢~』は1999年の暮に、デヴィッド・ルヴォー演出、若村麻由美、千葉哲也共演の舞台を見て以来か。

*日本のラジオ 2本立て公演 屋代秀樹作・演出 『ラクエンノミチ/ボディ』1,2,3,4,5,6,7)「日本のラジオのビザール・ボーイズ・ラブ、2本同時再演」とのこと。何とか両方見たいもの。

 3月12日更新:追加観劇公演です。
名取事務所 現代カナダ演劇・最新作連続上演『エレファント・ソング』
 映画化もされた本作は、精神病棟で起こるサスペンス。このあと2作品の上演が予定されているとのこと。
えうれか第三回公演『楽屋~流れ去るものはやがてなつかしき~』(1,2
 女優の(俳優一般ではない)業と性を赤裸々に、しかし優しいまなざしで描いた名作を、えうれか主宰の花村雅子が演出する。

コメント

第1回高円寺K'sスタジオプロデュース『ピンクミスト』

2017-02-26 | 舞台

*オーウェン・シアーズ作 吉田真理/日下論翻訳 高円寺K'sスタジオ演出 第1回高円寺K'sスタジオプロデュース 公式サイトはこちら 26日で終了
 この公演の大きな特徴はふたつある。まず第一に、イギリス・ウェールズで注目を集める詩人であり劇作家のオーウェン・シアーズによる詩劇が初翻訳、初演される点。第二に、会場である高円寺K'sスタジオが、俳優であり、シナリオライターでもある日下論が俳優仲間と二人で「演劇人の出逢いと集いの場」をコンセプトに立ち上げた、非常に志高く、独自性の強い場であることだ。こんな場所が欲しいという切実な願いが多くの演劇人の共感を呼び、話題作の本邦初演の実現に結びついたのだろう。月並みな表現になってしまうが、非常に貴重であり、客席に身を置く者としても喜ばしいことである。

 イギリス西部のブリストルで生まれ育ち、「戦争ごっこ」をしていた幼なじみのアーサー(西村俊彦)、タフ(日下論)、ハッズ(田部圭祐)の3人はやがて軍隊に志願し、中東の戦場に向かった。一人は両足を失い、一人は心に深い傷を負い、そして一人は無言の帰還となる。それぞれの家族、友人、恋人や妻子をめぐる95分の物語は、2015年ラジオドラマとして初演され、本国イギリスでは舞台版が全国をツアー中とのこと。

 「詩劇」とは、韻文によって書かれた劇を指す。本作『ピンクミスト』も「これでもかっ!と言うくらい詩的な言い回しを盛り込んでいる」(当日リーフレット掲載の翻訳・出演の吉田真理の挨拶文)ため、翻訳には大変な苦労をしたとのこと。韻を踏んだ台詞の響きやニュアンスを活かすこと、その上でそれぞれの役の個性を示すために、稽古場で俳優とともに試行錯誤したそうである。さらにリーフレットには本作に登場する用語解説が掲載されており、かの国ならではの風習(ガイフォークスの焚火まつり)や、輸送船を改造したショーボート(テクラ)や、軍事用語のスラングなども詳細に記載されている(手書き文字は味わいがあるが、願わくばもっと丁寧で読みやすい字で!)。開演前にアーサー役の西村が、会場に掲示された写真について、リーフレット掲載の用語説明と照合しながら解説し、「本邦初演」にやや硬くなりがちな客席の空気をなごませ、劇世界に導く。個人ではなく、「高円寺K'sスタジオ演出」と謳われている由縁であろう。

 西村が演じるアーサーは、物語ぜんたいの語り部的なポジションで、人物のあいだをわりあい自由に動きつつ、台詞を発する。もしかするとすでにこの世の人ではないとの設定であるのかもしれない。大上段から戦争反対を訴えるのではないが、三者三様の戦争体験があり、決してひとくくりにはできないこと、戦争体験が一人の人間の心もからだも傷つけ、本人だけでなく周囲の人々の人生にも深い影響を及ぼすことなどにしっかりと目を向け、丁寧に示す。

 今回はリーディングという形式をとったが、台本を離した本式の上演も十分にありうる作品である。残念だったのは自分の体調が万全でなく、ところどころ聞き逃した台詞や場面があったことである。これはまったく自分の責任であり、じゅうぶんな記事を書けないことを、作り手の方々に対してほんとうに申しわけなく思う。
 高円寺K'sスタジオの船出の舞台に、客席から立ち会えたことを感謝。これから足しげく通う日々となることを願っている。

コメント

劇団民藝稽古場公演 『をさの音』

2017-02-25 | 舞台

*三好十郎作 渾大防一枝演出 公式サイトはこちら 劇団民藝稽古場内スタジオM 27日まで
 タイトルは、「おさのおと」と読む。「をさ」とは「筬」であり、機織り機の部品のひとつで、経糸(たていと)の位置を整え、打ち込んだ緯糸(よこいと)を押して、さらにしっかりと定位置に収めるのに用いられる。竹または金属の薄片が櫛のように並び、枠がついている。画像はこちら

 当日リーフレットに掲載の演出・渾大防一枝の挨拶文によれば、本作は1941年春に脱稿されたとのこと。この年の12月、日本は太平洋戦争に突入する。主人公の緒方次郎(吉岡扶敏)は、中国戦線で目を負傷し、盲目となってふるさとの村に帰還したばかりだ。兄と病弱で身重のその妻、弟の末吉(細山誉也)が田畑を耕して、ようよう暮らしている。村の人々は次郎を温かく迎え、今日も村の長老や青年団、女学生たちで作った楽隊が歌や踊りを披露し、傷ついた次郎を励ます。日露戦争で足に怪我を負った儀八爺さんは、賑やかな輪には入らず、縁側の隅に隠れて次郎を見守る。
 次郎が弟の末吉に手紙の口述筆記を頼むが、誰にあてたものかは言わない。やがてそれは将来を誓い合った許嫁の夏子(いまむら小穂)への愛情溢れる言葉の数々であることがわかる。

 三好十郎が戦争に翻弄される人々を描いた作品には、悪役とかヒールとひとくくりにできない、一筋縄ではゆかない人物が登場する。その人のもともとの性格でもあり、戦争体験のために歪められた痛ましい様相が容赦なく示されるのだが、本作はみごとに善意の人々ばかりである。そういった場合、劇世界が薄く、ご都合主義に感じられることが少なくないが、まことに清々しく、気持ちの良い物語である。

 前述のように脱稿は1941年、発表は1942年で(その翌年に文化座によって初演された)、太平洋戦争の真っただ中である。これから戦争ははますます激しくなり、人々の暮らしは否応なく追い詰められてゆく。それを思うと新しい人生を歩みはじめようとする次郎と夏子の喜びや、二人を祝福する家族や村の人々の温かさが、いっそう悲しく迫ってくるのである。

 しかし本作に虚しさはない。どんな時代であっても人間は希望を抱き続けるものであること、人間の善なることを信じたいという気持ちにさせられる。以前は聞こえなかったのに、盲目となって次郎の耳に届いた機織りの音(をさの音)が象徴するのは、何かを無くしたことによって得られるものがあり、それがその人の人生を豊かにする可能性があるということではないだろうか。

 1時間25分の短い一幕ものだが、凝縮されたメッセージがまっすぐにつたわってきて、とても味わい深く、いい芝居であった。カーテンコールでは主演の吉岡扶敏が「念願だったこの作品が上演できて嬉しい」と挨拶され、詳しい事情はわからないが、長年温めてきた企画が実現した喜びが伝わり、こちらまで幸せな気持ちになり、嬉しい観劇であった。

コメント

タイ・インドネシア・日本共同プロジェクト2015-2017 『Oceans Blue Heart』

2017-02-25 | 舞台

*公式サイトはこちら 作 翻訳 鈴木アツト(劇団印象 1,2,3,4 5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21
 STORE HOUSE Collection No.9「アジア週間ー「私」なるものをめぐってー」において、3本の舞台が連続上演される。この日はそのトップを飾るタイの演出家ニコン・セタンの呼びかけで、日本、インドネシアを交えた新しい仮面劇創作プロジェクトによる舞台を観劇した。プロジェクトの1年めはフィールドワークやショーケースを行い、2年めになる今年は影絵や日本、タイの伝統音楽など、仮面以外の要素も加えた本作に取り組んだ。2016年11月、タイのバンコクで初演された舞台が日本でお目見えとなったわけである。

 高層ビルの建築現場で作業員の転落事故が起こった。彼の霊魂はビルの屋上に閉じ込められ、ビルの設計士は罪の意識に苦悩するうち、巨大なエイの夢をみる。当日リーフレット記載の人物相関図を見ると、山の神、海の神、村人たち、ビルのオーナー、作業員たち、設計士、その妻、娘とその元恋人や今の婚約者など、なかなか複雑である。

 実に不思議なのは、仮面じだいの顔は変わらないはずなのに、話の流れによって、仮面の顔に喜怒哀楽のみならず、困惑や恥じらい、失望などの複雑な感情の変化が現れる、ように見えることである。俳優がみな優れた身体性と豊かな表現力を持っていることは確かであるが、それは人物の心の動きが観客に伝わるような大仰な演技をするわけではなく、むしろ控えめなのである。観客の心が舞台に引き込まれ、仮面の表情を読み取ろうとしているためか、そもそも仮面には人の心を動かし、想像力を膨らませる力があるのか。

 あいだに観客を舞台に上げたりする場面があって少し驚いたが、仮面の俳優さんの導きは、お客さんがあまり緊張せず対応できるような大変優しく上品なもので、ぜんたいとして実に素朴で楽しい舞台であった。舞台作りにはさまざまな困難があったと察するが、文化庁の海外研修を終えてロンドンから帰国した鈴木アツトの舞台を久々に観劇した喜びも大きく、これをステップに、さらなるチャレンジを楽しみにしている。

コメント