因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

新劇交流プロジェクト公演『その人を知らず』

2017-06-29 | 舞台

*三好十郎作 鵜山仁演出 公式サイトはこちら あうるすぽっと 7月10日まで 
 2008年12月、翌年から三好十郎作品の著作権保護期間が終了するというときに、多田淳之介演出による東京デスロック公演の舞台をみた。さまざまに斬新な趣向が凝らされた舞台であったが、演出の意図を受けとめきれず、かと言って「本作がいわゆる新劇系の劇団のきっちりリアリズムの手法で作られていたら、それはそれで辛いところがあるだろう」と記している。それから10年近く経た2017年の6月、日本の新劇系の5つの劇団文学座、文化座、民藝、青年座、東演が結集し、まさに新劇の底力を示す舞台を作り上げたのである。途中15分の休憩を挟んで3時間30分。辛くはなかった。長い芝居は作り手と受け手それぞれの立場で楽なものではない。しかしこの作品にはそれだけの時間が必要であり、作り手が思いの丈を精いっぱい注ぎ込んだものを、客席もしかと受け止めようとした。長時間の観劇をためらっておられる方もあると思う。だいじょうぶです。

 天井には2本の巨大な柱が交差した形に置かれている。歪んだ十字架のようにも見え、地上の人々を威圧するものの象徴だろうか。中央は牢獄や取調室、教会や主人公の家など、場面に応じてさまざまに変わる。その周囲には空襲による瓦礫がそのまま放置されており、戦争によるこの世、人の心の荒廃したさまを示す。

 太平洋戦争末期、キリスト者である主人公の片倉友吉(木野雄大/東演)はキリストの「汝殺すなかれ。おのれの如く隣人を愛せよ」の教えを愚直なまでに守ろうと召集を拒んだために憲兵に捉えられ、拷問を受ける。災いは友吉本人にとどまらず、両親や弟、妹もまた周囲から迫害を受け、生活は困窮する。友吉に洗礼を授けた人見牧師(大家仁志/青年座)でさえ、頑なとも言える彼の純朴な信仰心に、逆に傷つく。敗戦後、かつて友吉を追い立てた職場の人々は労働者運動に明け暮れ、友吉を英雄として称える。

 気高い人格者が、何があっても志を通すすがたはわたしたちを勇気づけ、励ます。しかしあまりに疲弊しているとき、こういう人の存在やふるまいは、ときにこちらを傷つける。立派過ぎてついていけない。自分があまりに情けない人間に思われてやりきれなくなることは、誰しも覚えがある感情であろう。どんなに痛めつけられ、嘲笑されようと友吉は戦争に加わることを拒む。そのために家族が犠牲になることに苦しみながら、それでも弱々しく、子どものように「戦争はいけないことです」「お互い話し合って、許しあって」とつぶやき続けるすがたを見ると、称賛よりも苛立ちや嫌悪に近い気持ちすら湧いてくる。

 友吉との面会を終えた人見牧師が、妹の治子(森田咲子/民藝)に心情を吐露する場面は痛ましい。本来なら道に迷う人を導き、どんなときにも神の愛は揺るぎないと励ます立場の牧師が自信をなくし、打ちひしがれているのだ。「キリストに出会わなかったら、ユダは善人でいられたかもしれない」(台詞は記憶によるもの)という人見のつぶやきは、信仰を揺るがすのは無信仰の敵ではなく、さらに強い信仰であることの矛盾を言い当てている。

 題名の「その人を知らず」とは、イエスの仲間と疑われた使徒のペトロが「そんな人は知らない」と3度にわたって否認するときの台詞である。イエスは逮捕される前に「あなたは鶏が鳴く前に、3度わたしを知らないと言うであろう」と予言しており、それを思いだしたペトロは外へ出て激しく泣く。新約聖書のハイライトシーンである。友吉は「その人のことは知らない」と最後まで言わなかったのであり、たとえ遠藤周作の小説『沈黙』の時代にあっても踏絵を踏まないキリシタンなのだろうと想像する。

 戦後もなお困窮する暮らしのなかで、友吉は夜の街の与太者たちといっしょくたに私服刑事に連行されそうになる。牢獄にいた時分に友吉を「エスさん」と呼んで親しく接し、戦後も何かと世話を焼くスリの貴島(山本龍二/青年座)は「そんな人知らねえ」と友吉を逃がそうとする。しかし嘘のつけない友吉は「(貴島を)知っています」と言って、いっしょに逮捕されるのである。

 ペトロの否認は、おのれを守るためであった。貴島の否認は友吉とその家族を守ろうとしたためであり、エゴではない。なのに友吉はその好意を無にしてしまう。それはある意味でエゴではないのか。

 この澄んだ目をした弱々しい青年に、登場人物だけでなく、観客もまた振り回され、単純に「純粋な人だ」と称え、こういう人こそ愛したいという気持ちと、「とんでもないやつだ」と嫌悪し、そのような自分に嫌気がさすという矛盾に悩まされるのだ。こうした感情の右往左往や、自分の心の奥底を覗きこまざるを得ないところへ追い込むのが『その人を知らず』のもつ力である。しかしそれは見る者を悩ませるためではない。この作品と出会い、ともに呼吸する3時間30分は、自分にとって大切で、必要な時間であった。友吉を愛せるかどうかは答が出ないが、わたしは今夜見たこの舞台を愛する。

コメント

ウォーキング・スタッフプロデュース『怪人21面相』

2017-06-24 | 舞台

*野木萌葱作 和田憲明演出 公式サイトはこちら 下北沢・シアター711 26日で終了 
 作者の野木が主宰する劇団パラドックス定数の最新作をつい10日前に見たばかりで、今度は2006年に初演された作品を、違う演出家と俳優で見ることができるのは大変幸せだ。自分は初演は見逃したが、2008年の再演と2014年の再再演を見ている。リンクをご覧いただくとおわかりのように、最初は作品そのものについてほとんど書けず、2014年は何とか食い下がってはいるものの、やはり十分に理解できたとは言えない。この『怪人21面相』は、同じく野木作の『三億円事件』の続編的要素があって、ウォーキング・スタッフでは昨年『三億円事件』を今回と同じ和田演出で上演し、第24回読売演劇大賞の優秀作品賞を受賞している。

  自分にとって現段階のパラ定の最高傑作は『東京裁判』である。数回の上演で一部配役が変わったところもあるが、空腹を堪えて検察側に食らいつく小野ゆたか、伸び伸びと闊達な通訳の井内勇希、被爆者の苦悩を抱える今里真、地味な調整役と見せてもっとも打たれ強い西原誠吾、父が被告であることの悲痛に耐え抜く植村宏司と、役柄と俳優の印象も極めて強烈である。
 それに比べると、『怪人21面相』は驚くほど記憶が不確かなのだ。グリコ・森永事件が、企業内部に犯人がいたという大胆な設定と、前述のように『三億円事件』がベースにあり、そこへ被差別部落の問題や中距離核弾頭ミサイル、金大中氏事件まで関係するほど深い暗部を描く本作は、まだ自分の手にはあまるのかもしれない。

 俳優のなかで目を引いたのは、元公安刑事役の俵木藤汰である。組織の裏まで知り尽くし、ふてぶてしいまでに落ち着き払いながら、公安時代の部下や元KCIA工作員に対して不意に見せる情の深さが観客の想像力を掻き立てる。

 これで本家のパラ定を入れて3度めの観劇になるのに、物語の流れや人物の相関関係をいまだに把握しきれないのは、おそらく自分にとって設定が大胆過ぎ、進行についていくことに観劇のエネルギーの多くを費やしているためであろう。4人の俳優の台詞の発語がやや一本調子であることもエネルギー消費の要因の一つであり、もう少し抑制していただければ、という願いがあるが、たぶんこの「把握しきれないもどかしさ」そのものが、『怪人21面相』の特徴であり、魅力であるとも考えられる。

コメント

新宿梁山泊第60回公演 創立30周年記念第2弾『腰巻おぼろ 妖鯨篇』

2017-06-21 | 舞台

*唐十郎作 金守珍演出 公式サイトはこちら1,2,3)新宿・花園神社境内特設紫テント 26日で終了
 本作の初演は1975年、42年前である。李礼仙(現・李麗仙)、根津甚八、麿赤兒、不破万作等々、状況劇場オールキャスト。上演時間は5時間を超えたという。それを梁山泊の金守珍が2回の休憩を挟んで3時間20分に編みなおした。昨年秋から芝居砦・満天星に通いはじめたばかりの「梁山泊ビギナー」の自分は、ほんとうに遅ればせながら、これが特設紫テントで初の観劇となった。

「時間を忘れるほど、あっという間だった」とは決して言えない。椅子席だったからどうにかなったものの、それでもきつかった。しかし終幕のなだれ込むような勢い、中央花道にキャッチャーボートが現れ、捕鯨砲から1本の銛が放たれるとテント奥の幕が開く。そこには巨大な尾ひれの鯨が出現し、美しい人魚たちがしなやかな肢体を見せる。床からは激しく水が吹き上げ、長い髪を濡らした「おぼろ」が頭上に銛を掲げてすっくと立つ。これを見た時の自分の心の様相を言葉にするのは難しい。身体的な疲労も何も、もうぶっ飛んでしまうのである。

 亡くなった十八代目中村勘三郎のエピソードを思い出す。何の本だったか、もしかすると勘三郎が出演した公演のパンフレットか、雑誌の対談だったのかもしれない。ともかくまだ彼が若い勘九郎時代のことだ。上野不忍池(ここもあいまい)で状況劇場の舞台(『唐版 風の又三郎』か?)を見た彼は衝撃を受け、父親の十七代目勘三郎に、「ああいう芝居がやりたい!」と訴えた。が、十七代目は「そんな暇があったら鏡獅子を100ぺん踊れ」と一喝したとのこと。

 今回の「腰巻おぼろ」で味わった高揚感は、以前にも味わったことがある。まさしく十八代目による「怪談乳房榎」で本水の吹き出る大立ち回りや、「夏祭浪花鑑」終幕で梯子を使って「これでもか」と盛り上げる大捕り物などを見ていると、日ごろ「このあたりが自分の頭であり、心だ」と認識している枠が壊れ、どうかなってしまいそうな感覚に陥るのである。

 観客は舞台を見に劇場へ行く。俳優のすがた、台詞、舞台美術や音響や照明など、五感すべてで味わい、感じ取ろうとする。しかしもしかすると、「自分でもよく知らない自分」に会いに行くのではないだろうか。舞台をみて、こんなにも高揚している自分がいる。驚きながら困惑し、自分の心の奥底をのぞきこんでみる。もう一人の自分との出会いなのだ。

コメント

日本のラジオ 6月本公演『ミズウミ』

2017-06-17 | 舞台

*屋代秀樹作・演出 公式サイトはこちら 御徒町/ギャラリーしあん 18日で終了(1,2,3,4,5,6,7,8
 クトゥルフ神話(ピクシブ百科事典)をモチーフとし、劇団肋骨蜜柑同好会の作品に設定されていた「田瓶市」(あの公演のことかな?)を舞台に、昭和時代終焉の64年の正月と、平成30年が行き来する、というより、交じり合い、共鳴しつつ進行する。JR御徒町駅から徒歩10分の古民家「しあん」の建物の構造や雰囲気、俳優の持ち味など、舞台を構成する要素を的確に把握し、活かした作り。いつも楽しみにしているパンフレットは、上演台本と登場人物の(ここが大事なのだ)写真とプロフィール集の2冊構成で、チケットと合わせて2,700円の価格には、作り手の良心が感じられる。

 実は今回の公演にはつまづきや戸惑いの感覚があった。ひとつは大学の文化人類学の助教授という女性の造形である。大学教授とはこういうものだという思い込みやイメージがあるわけではないのだが、変わり者の女性学者、エキセントリックな性質、社会人としての良識という面でちょっとどうかと思われる人物ということなのか、彼女の造形に対して、作り手の意図を計りかねた。彼女の台詞の発し方や動作、ふるまいを受けとめるには、とくに今回の「しあん」のような小さな空間ではエネルギーを要し、ときに疲労を伴うのである。

 さらに、65分とはいえ、台詞のなかだけで実際には登場しない人物を含めた相関図はそうとうに複雑だ。ミステリアスなところ、それが次第に猟奇的に捻じれていく様相など情報量が多く、状況を理解し、把握するのにかなり頭を働かせねばならない。また終演後に主宰から今回の新作が「ヒゲンジツノオウコク」につながっていることをアナウンスされてはじめて「あっ、あの本が、あの四姉妹が」と気づくありさまで、日本のラジオの舞台をもう何本も見ているのだから、そういう目論見があるとあらかじめ想定して観劇に臨む必要があることを改めて認識し直した次第である。

 手ごたえをつかみにくかった反省はあれど、日本のラジオの物語の数々が自分のなかで、自分のペースで連なっていく楽しさを少しずつ味わっている。次回は秋、MITAKA“Next”Selection 18thに参加とのこと。これまでの舞台に出演した俳優が多く顔をそろえる。過去作品とのリンクの可能性を考えつつ、新鮮な気持ちで観劇に臨みたい。

コメント

パラドックス定数 第38項『九回裏、二死満塁。』

2017-06-16 | 舞台

*野木萌葱作・演出 公式サイトはこちら 中野/テレプリコール 18日で終了 (1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23
 実際に起きた事件や事象をベースに、独自の視点と切り口で舞台を構築する野木萌葱だが、今回はおそらくまったくのオリジナルと思われる。高校野球を題材に、現在と過去、それぞれの思い出の食い違いの衝撃や、取り戻せない時間への哀惜、それでも生きていく男たちのすがたを描く95分の物語である。
 テレプシコールの高い天井を活かし、舞台に野球場の外野席を作った。対する客席が内野席の見立てか。死者と生者、過去と現在が交錯し、ときにはその境目がわからなくなる場面もある。高校時代と40代を目前にした現在とを、俳優は野球のユニフォームとスーツを変えるだけで演じ分け、演じ継ぐ。不自然や無理がまったくないとは言えないが、そこが演劇ならではの旨みであろう。

 部員の少ない村立高校の野球部が地方予選を勝ち抜き、夏の甲子園に出場するも、一回戦で大敗。その後ピッチャーが事故で亡くなったことが21年後の現在に至るまで、部員たちの心に暗い影を落としている。なぜピッチャーは死んだのか。監督もすでにこの世の人ではなく、真実は不明のままである。この謎がどう解かれていくかが本作の重要な鍵であり、そこに向かって物語は進んでいく。サスペンスの要素もあり、痛ましい真実を予感させて劇場の緊張が高まってゆく。

 だが、その答が地方予選の決勝が八百長試合であったという点にどうしても躓くのである。プロ野球ならまだしも、高校野球にそのようなことは絶対にあり得ないと断言はできないが、相手チームの選手、監督が応じることがあるとは想像しにくい。監督なら誰しも、教え子である選手を晴れ舞台に立たせてやりたいと願うだろう。むろん、重要なことを敢えて言わせない、描かない方法もあるのだが、周囲の大人たちをも巻き込んで八百長試合のアクションに至るまでの監督の葛藤をもっと知りたいのである。また死者が語ること、死者と生者がコミュニケーションを取って互いの気持ちを語り合うのは一種の禁じ手でもあり、何を見せて何を見せないか、観客が何を見たいか、知りたいかという点にずれが感じられたのは残念であった。

 それでも選手たちは野球歴やポジションに応じた見事な描き分けがなされており、特に終幕、高校1年生の彼らがはじめて野球部の練習に参加した日のエピソードで、少年リーグからキャッチャー一筋のキャプテン、自称不動の四番打者、デッドボール王子、野球未経験だが50m5秒8の俊足、みんなで甲子園に行きたいというピッチャー等々、それまで彼らが交わしたやりとり、衝撃や怒り、悲しみなどがここに注がれていると思うと、希望に満ちた彼らのすがたが微笑ましくもあり、痛ましくもあるのである。 

コメント