因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

林光・歌の本Ⅰ~Ⅳ全曲を歌う第2回

2013-06-27 | 音楽

*ティアラこうとう・小ホール 27日のみ
 オペラシアターこんにゃく座の歌役者である金子左千夫によるコンサート(1)の第2回。前回とおなじくソプラノの中馬美和、ピアノ伴奏を大坪夕美がつとめる。ティアラこうとうははじめて訪れた。中央ステージから扇のように広がっている客席のかたちや、床の傾斜、座席のゆとりなど、その名のとおり小さなホールだが、温かみのあるよい空間である。
 今回は林光歌の本Ⅰ「四季の歌」より秋と冬の歌11曲、歌の本Ⅱ「恋の歌」より8曲、ほかに宮澤賢治の詩による歌、萩京子作曲による歌数曲が披露された。
 金子が2006年から行っていた「ソングコンサート・イン・ムジカ」や、今年いちばんの大雪が降った日に行われた林光さんの追悼コンサート「希望の歌」で聴いた歌もあり、とても親しみやすく楽しいステージであった。テノールの金子とソプラノの中馬の二重唱の歌、ぞれぞれソロの歌のバランスもよく、金子や中馬が短く曲の解説をしながらときおり脱線する演出?もほどよく、よいチームワークである。

 今回はとくにピアノ伴奏の大坪夕美の演奏に目や耳を奪われるところが多くあった。けっしてピアノが主役になるわけではないが、歌を構成する大切な要素のひとつとしてしっかりと存在し、あるときは歌い手を優しく支え、またあるときは力強くけん引する。音色の変化、テンポや間合いの絶妙なること、まことにすばらしかった。
 千駄木のムジカホールではグランドピアノのかげになっていたが、今回は演奏の様子をしっかりとみることができた。背筋はすっきりと伸び、肩や腕や手首にもむだな動きがなく、とても美しい。林光の歌は、歌唱部分はもちろんのこと、ピアノ伴奏のパートももうひとりの重要な登場人物のように魅力的だ。歌とともにピアノを聴き、演奏のすがたをみる楽しみがあるのである。

 聴衆は林光さんの曲を1曲覚えて帰る。これが本コンサートのウリのひとつである。今回は、コンサート中盤に「かわいいシュゾン」(「フィガロの結婚」劇中歌 ボーマルシェ詩 内藤濯訳 林さん18歳のときの作曲!)、アンコールに「わたしのすきなこなひきさん」(マザーグース詩 谷川俊太郎訳)をうたった。前者はフィガロの主旋律を歌う金子に合わせて、「ゾゾン、ゾゾン」と繰り返す。それだけなのだがこれがめっぽう楽しく、この歌がいっぺんに好きになった。
 後者は粉ひきの若者を恋する娘の可愛らしい恋歌である。聴いているぶんにはとても易しい歌のようだが、じっさいに歌ってみると、冒頭の「つむじまがりでこなまみれ」の「こなまみれ」のメロディが「ソソソファレ」となるところ、とくにファ→レへ下がるのは、素人には意外にむずかしい。この歌だけでなく、林光の歌は耳になじみよく、すぐに覚えて歌えそうだが、歌いこなすにはそうとうの修練が必要なものではないか。

 日ごろ芝居に明け暮れて歌やピアノのコンサートを聴く機会がほとんどない身にとって、心身ゆたかに養われるひとときであった。滋養になるとはまさにこのことであろう。願わくはプログラムについて、ある曲からある曲への関連性など、コンサートの構成に明確な「芯」があれば、受けとめ方も変わって、ますます楽しく豊かな時間になるのではないかと思われる。

コメント

林光さん追悼コンサート「希望の歌」

2013-01-14 | 音楽

*東京音楽教育の会、林光うたの学校主催 日暮里サニーホール 14日のみ
 亡くなってちょうど1年になる作曲家の林光は、教育の現場での音楽活動を長年にわたって継続しておられた。全国に林さんの教え子がたくさんいて、多くの歌が歌い継がれている。この日も大雪のなか、北海道から九州にかけて教え子たちが集まったとのことで、ステージもいっぱい、小さなホールの客席も満席である。
 コンサートは、Ⅰはじまりのうた、Ⅱカンタータ『脱出』、Ⅲフルートとピアノ演奏、Ⅳソング、Ⅴ「森は生きている」の4部構成、途中15分の休憩をはさんで2時間を越える。
  

 純粋に林光さんの音楽を聴くつもりでいると、しっくりしない印象になる。林さんが座付作曲家をつとめたオペラシアターこんにゃく座でいつも聴いているソングがたくさん歌われるが、同じものを求めるとあまり楽しめないであろう。つまり単純に言ってしまうと、こんにゃく座はバリバリのプロの歌役者の方々だが、この日ステージにあがった方々のなかにはれっきとしたプロ、セミプロ級のかたもいらっしゃったようだが、ごく一部を除いてほとんどがアマチュアであり、1曲めの最初のフレーズが歌われた瞬間、ああちがうなとわかってしまうものである。
 ここをクリアして、林さんへの敬愛の心にあふれる方々が心をこめて歌うステージを受けとめようという気持ちになれればだいじょうぶである。

 とはいったものの、ピアノ伴奏もうたの学校の方々が順番にされていて、正直なところヒヤヒヤものであった(苦笑)。寺嶋陸也さんや志村泉さん、吉村安見子さんが演奏されると、音色が深く豊かで、ひじや手首の使い方もむだなく安定して、ふだん当然のようにプロの演奏家の方々をみているけれども、こんなにちがうものなのかと愕然とする思い。  
 歌も同様で、こんにゃく座の歌役者さんが軽やかに歌っていらっしゃる歌が、いかに難曲であったかを思い知らされた。ひとりでも多くの人に歌う機会をという配慮と「歌いたい」という熱意であると思われるが、なかには痛々しいほどの場面もあって、やはり安心して聴きたいものである。プロの演奏会ではないのだから、と納得するには2,000円のチケット代は微妙である。

 亡くなって1年の追悼ということもあって、プログラムはいささかあれもこれも的に盛り込みすぎであったか。今後も何らかの形で継続されるのであれば、もう少しタイトな構成にすること、受付やもぎり、会場整理などのスタッフを効率よく配置して、入場した人が迷わなくてもいいように誘導すること、客席もいっしょに歌うことは喜ばしいが、歌詞だけでは歌いにくいものも多く、できれば楽譜もほしい。
 客席の多くが関係者であるように見受けられたが、なかにはまったくはじめての方もあったはず。こういうお客さんが疎外感を味わうことなく、自然に楽しめるような工夫や配慮が必要だろう。気心の知れた仲間どうしの交流に加えて、ひとりでも新しい仲間を増やし、林さんの音楽活動を継承してゆくために。

 や、不平不満や小言が続いて申しわけない。楽しかったことはたしかです。しかし「それでも・・・」の思いがあって。

 「森は生きている」。何度聴いてもすばらしい。コンサートの圧巻であった。なかでも「燃えろ燃えろ」のくりかえしが楽しい「十二月の歌」はアンコールでも歌われ、高揚した気持ちで会場をあとにすることができた。
 燃えろ燃えろ、あかるく燃えろ 消えないようにどんどん燃えろ。
 ほんとだな、歌の心が消えないように、あかるくどんどん燃えつづけるように。

 

コメント

林光・歌の本Ⅰ~Ⅳ<全曲を歌う>第1回

2012-12-04 | 音楽

*うた 中馬美和 金子左千夫 ピアノ 大坪夕美 ムジカ音楽・教育文化研究所ミニホール 4日のみ
 オペラシアターこんにゃく座の歌役者である金子左千夫は、2006年より2012年まで「ソングコンサート・イン・ムジカ」を10回行ってきた。前回は夏の盛りで、あれからあっというまに5カ月が過ぎた。林光が50年にわたって作曲したソングが全4冊の曲集として編まれており(一ツ橋書房)、その全曲を歌うコンサート第1回の今日は、「Ⅰ四季の歌」より、春と夏に関するソングを20曲あまりたっぷりと歌う。小さなホールは満員の盛況だ。

 林光の音楽はこんにゃく座のオペラはもちろん、さまざまなドラマのテーマ曲などですっかりなじんでいることはたしかだ。しかし考えてみると自分で歌ったことはない。たとえば『森は生きている』は何度も舞台をみた大好きなオペラである。いっけん耳なじみよく覚えやすい曲ばかりなのだが、CDに合わせて歌おうとするとキーが高くてとても声が出なかったり、メロディーの動きが複雑だったり、素人にはそうかんたんに歌えないものが多いのである。また『森は~』くらい繰り返し観劇し、CDを聴けばそれでもどうにか覚えるけれども、そのほかの作品で、舞台をみて帰り道に覚えて口ずさめるものはほとんどない。ああ素敵な歌だな・・・と思うのに、やはり素人にはおぼえにくく、難易度が高いのだ。メロディも歌詞もちゃんと覚えて歌えれば、どんなに楽しいだろう。ムジカのソングコンサートは、そんな林光の音楽への憧れをますます強めてくれるのであった。

 今日は受付で「楽器」を手渡されたり、アンコールは客席も一度練習したあといっしょに歌うなど、聴衆がともに楽しめる工夫が凝らされている。コンサートではあるが、歌役者のおふたり、ときにピアニストも巻き込んだコント風の演出もあって、出演者がんばっておられましたが、うーんこれは好みがわかれるのでは?

 印象に残ったのは、『がっこう』←これは夏のコンサートのアンコール曲であった。早々に再会できてうれしい。『ちょうちょうさん』←まど・みちおの優しい詩に、軽やかな曲がついていよいよ素敵に。歌ってみたいがたぶん無理でしょう。作り手が意識されたのかどうかは不明だが、政治的、社会的なソングがわりあい多かったように思う。血のメーデー事件や安保闘争における樺美智子さんの死を題材としたものは、聴くこちらの知識や感覚がふじゅうぶんなせいもあり、コンサートの構成として多少違和感をもった。
 しかし最後に歌われた『敗戦のこども』(詩も林光)がみごとに歌われることによって、すっきりとしめくくられたのである。
 父が少年時代に教科書を墨で塗りつぶしたという話を聞いた少年が、「お父さんはかわいそうだったんだ」と心を痛める。しかし父は誇らしげに「そんなことはない。お父さんは楽しかった、嬉しかった」と生き生きと語る。嘘に墨を塗って堂々と前を向いて生きていける。一生懸命働いていまの世の中をつくった。これからはきみたちが働く番だ・・・という内容だったろうか。
 歌のタイトルを「終戦のこども」ではなく、「敗戦のこども」とした林光の思いを考えてみた。日本は戦争に負けた。つらくみじめで悲しい。しかし負けたことによって得た希望があると、父は胸を張って子を励ますのである。

 2011年3月11日を経て『敗戦のこども』を聴くとき、「震災のこども」、あるいは「原発のこども」へと思いが湧きおこる。あのとき、お父さんはお母さんは何を考えていたのか、何をしたのか。いまのこどもたちが大人になったとき、そのまたこどもたちに何を語ってやれるのだろうか。

 さて自分はこんにゃく座のオペラつらなりでこのコンサートにやってきたが、ほかのお客さまはいわゆる演劇ファンとはちがった雰囲気だ。開演前は弱々しい咳をしておられた年配の男性が、アンコールの『つまさききらきら』では別人のように朗々としたテノールであったし、そのおとなりの女性は楽譜をみずに歌っておられた。前回もアンコールの『がっこう』が素晴らしい混声合唱になったり、いったい皆さまがたは何者?たんに音楽関係者というのではなく、何かもっと深いものをお持ちであるとお見受けするのですが。

コメント

金子左千夫ソングコンサート イン・ムジカVol.10

2012-07-19 | 音楽

*出演・金子左千夫(うた)、大坪夕美(ピアノ)、ゲスト/太田まり(うた) ムジカ音楽・教育・文化研究所ミニホール 7月19日のみ
 オペラシアターこんにゃく座の歌役者金子左千夫が、林光、萩京子、武満徹などの歌曲のリサイタル、シューベルトなどのリート日本語訳とその演奏など、コンサート活動を継続して行っているもの。今夜はその10回め、小さな部屋は椅子席はもちろん、桟敷席までぎっしりの盛況だ。今回はとくに今年なくなった林光と、林と親交の深かった武満徹の歌曲を取り上げた。15分の休憩をはさみ、後半はこんにゃく座の後輩太田まりがゲスト出演して、会を盛り上げる。

 こんにゃく座公演は自分の観劇スケジュールにほとんど欠かせないものだが、ソロのコンサートを体験するのは今夜がはじめてとなる。

 武満徹に関しては、『ノヴェンバー・ステップス』に代表される現代音楽よりも、NHKドラマ『夢千代日記』のテーマ音楽の印象が強い。また東京混声合唱団(田中信昭指揮)の演奏会で聴いた数かずの歌曲もだいすきだ。とくに後者では、アンコールのときに指揮の田中信昭に促されて武満徹がステージにあがり、たしか『さくらさくら』作曲のときのエピソード(毎年田中信昭から「そろそろ桜の咲く季節です」と催促された)をあの訥々とした口調でかたり、最後は団員にまじっていっしょに歌っていたことなどを懐かしく思いだした。

『小さな部屋で』、『うたうだけ』、『死んだ男の残したものは』などは、上記の演奏会における複雑微妙な混声合唱が深く心に刻みつけられているせいか、ソロのうたには多少なじみにくい感覚があった。

 このコンサート、歌う金子左千夫自身が司会進行はじめ曲の解説も行い、これが大変楽しいのである。曲のなりたちや背景だけでなく、こんにゃく座創立40周年記念書籍の宣伝に加え、小道具もでてきて?手づくりの温かみが伝わってくる。

 今夜の歌のなかでは、『贖罪のうた』(作曲・林光、作詞・佐藤信)がおもしろかった。自由劇場の舞台『ザ・ショウ』の劇中歌とのことだが、神妙に許しを乞う内容が最初はばかばかしく、だんだん不気味になってゆく。いったい誰にむかって謝っているのか、ひたすら腰低く詫びているものの、心底では小馬鹿にしているようでもあり、どのような芝居なのかなどを知りたくなった。

 歌はたんに歌ではなく、ひとつの劇世界を構築するものなのだ。金子が表情を変えたり、動作を加えたりする。それらが作り手の工夫や演出ではなく、歌の世界をたしかに届けようとして自然に出てきたものと感じられるのである。

 アンコールは林光作詞・作曲の『がっこう』。「ご存じのかたはご一緒に」と金子が導くと、ほんとうに客席いっしょに大合唱になったのには驚いた。それもきれいな混声合唱になっているではないか。このコンサートが林光や武満徹のソングを愛し、それを歌いつづける金子左千夫を応援する多くの人々によって支えられていることを、まさに実感する瞬間であった。自分ははじめて聴く歌だったので、もちろん聴くだけでも楽しかったが一緒に歌えなかったのは残念でありました。学校は年月がたっても変わらず、帰ることができるところ・・・という内容だったろうか、こんな素敵な歌は、聴くだけではもったいない。願わくは、アンコールはまた別にして「みなでいっしょに歌う歌」として、楽譜などご用意いただけると嬉しいのですが。

 ふと心が痛む。いま現実の「がっこう」はあまり素敵なところではない。友だちをいじめたり、絶望してみずから命を断つ子どもたちがいる。大人と子どもがじゅうぶんに心を通い合わせることができず、「がっこう」のなかに「けいさつ」が入らなければならないほどになっている。ああ、それと「きょういくいいんかい」という厄介で不可思議なところもあるのでしたね。
 この世の学校が、林光が心をこめてつくった「がっこう」のようであったら、と願わずにはいられない。

 芝居漬けの身にとっては、このうえもなく贅沢で貴重で、幸せな一夜となった。林光も武満徹も残念ながらもうこの世の人ではないが、音楽は残る。歌いつづけ、伝えつづける人がいて、聴きつづけ、受けとめつづける人がいる限り。

コメント

平井堅ライブツアー2011「JAPANESE SINGER」

2011-10-11 | 音楽

*周南市文化会館 11日のみ
 周南市(もと徳山市)に降り立つのはいったい何年ぶりだろうか。ちょうど通勤のラッシュ時で、会場周辺は大混雑だ。圧倒的に女性客が多く、演劇の客席とは明らかに違う空気。ステージに平井堅が現れるや、歓声とともに総立ちとなった。
 はじめに断っておくと、自分は決して平井堅の熱心な聴き手ではない。同道の家族から事前に新しいアルバムの曲をよく勉強しておくように言われたのにそれもせず。ただテレビドラマや映画の主題歌でしょっちゅう耳にしている曲が多く、周囲の熱気にもどうにかなじんで楽しい2時間を過ごせた。

 ライブというものにほとんど縁なく過ごしている。ここ数年では浜田真理子(1)に数回行っただけだけで、この方のライブはずっと着席して静かに聴くタイプのものであるし、総立ちで手を振ったり声をかけたりするアーティストのものは今回がはじめてである。

 実際、ライブというのは大変だ。バンドのメンバーはいるけれども平井堅ひとりが歌って(当り前か)トークもやり、客席の声かけにも応じながら基本的に休憩なしで2時間を走り切るのである。ステージの使い勝手や、土地によってお客さんの手ごたえの違いも本番にならなければわからないであろうし、予想もしなかったアクシデントやトラブルもあるだろう。
 ライブの客席のもっとも大きな特徴は、舞台から一方的に与えられたものを受けるのではなく、「アーティストといっしょに楽しむぞ!」という積極性と熱気にあふれていることだ。この夜のステージは平井堅と自分たちでともに作り上げるものであり、この双方向性がライブの命である。

 知らないなりに疎外感を味わうこともなく、たっぷりと楽しめた。演劇ではほとんど味わえない感覚である。いや、単純な比較するのではないけれども、あらためて演劇とは、その観客とは何だろうかと考えるのである。
 

コメント (1)