西部劇と懐かしのカントリー&ウェスタン日記

現代とはかけ離れたOld Countryの世界ですがずっと続けていきます。興味のある方は時々のぞいてみて下さい。

西部劇「ロング・ライダーズ」を見た

2019年05月20日 | 西部劇映画

先週の博多-鹿児島の行き来で新幹線の中で昔の西部劇機関紙"西部劇通信vol.52"を読んだ。案外読み落としがあったり念入りに見ていないところがあって新鮮に感じた(^^) 長く続いた"西部劇通信" もその後間もなく廃刊になったから化石となってしまった😵
この号は1980(昭和55)年公開の西部劇「The Long Riders (ロング ライダーズ)」の特集になってる......南北戦争後のアメリカ西部で銀行、列車、駅馬車強盗などで悪名高きフランク&ジェシーのジェイムズ兄弟を中心とした無法者達の実録映画ともいえるもの。色々な人が書いていて面白かったので月曜日半日の仕事を終えて帰ってからDVDを見た......面白い面白い、正にジェイムズ・ギャング団の犯罪実録の映画化だ。
義賊とか呼ばれることもあるけれどアメリカ南部と北部の心理的対立なんてのは隠れミノであって彼等は単なる身勝手な強盗だと思うなぁ。襲撃に失敗すると何の罪もない銀行員なんかが腹いせに射ち殺されたりするんだから......ピンカートン探偵社の追跡状況もしっかり描かれているし、時代考証も細部まで行き渡って従来の西部劇とは趣きがちがう。西部劇不毛の時代に目を見張る作品!
最後のクレジットの場面で古謡 " Jesse James " の唄が流れます。歌っているのはライ・クーダーかな?
見るのは3回目くらいだけど本を読んだ後だからより面白く見ることができた......それにしてもこの映画だって約40年も前なんだよなぁ 光陰矢の如し😅🌿
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 「羅生門」と「雨月物語」 | トップ | 今日から6月 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本当の兄弟! (ママデューク)
2019-05-21 14:02:37
この映画のユニークなところは、登場する実在の西部の侠盗兄弟を、現代の兄弟俳優が演じたというところですね。これもエクゼクティブ・プロデューサーのキーチ兄弟だから出来たのでしょう。ウォルター・ヒルはジョン・フォードのシンパなので、ハリー・ケリー・Jrをゲストの様に使っていますし、また、スローモーションを多用した映像も魅力的でしたね!
4組の兄弟出演 (ハンク秋山)
2019-05-21 18:46:19
ママデュークさんのおっしゃる通りですね。好々爺になったハリー・ケリー・ジュニアが馬車の馭者か何かで出演していて 昔のギャビー・ヘイズみたいに”女はどうも面倒だ” みたいな台詞を言っていましたが可笑しくてつい笑ってしまいました。こんなところは西部劇をたくさん見てくるとつい留飲を下げるようなシーンです(smile)汽車に乗って行ってミネソタのノースフィールド銀行を襲撃するものの まるで待ち伏せにでもあったような反撃を受けて道も封鎖されて逃げ惑う・・・ピンカートン探偵社に情報が筒抜けにでもなっているような状況で自滅してしまう。計画の段階で誰かが”ミネソタは遠すぎる”といっていた恐れが的中してしまったような状態でした・・・「ミネソタ大強盗団」も見てみたくなりました。  コメント有難うございました(smile)
余話も (浜の隠居)
2019-05-21 22:52:01
もし気が向いたら、余話の”ノースフィールド銀行に襲撃顛末記”も参考にしてください。
西部余話 (ハンク秋山)
2019-07-19 09:54:38
ご隠居様、超亀レスですみません。ご隠居から頂いた「西部余話」はとても貴重で折りにつけ読んでいます。詳しいので恐れ入って拝見しています。「ロング ライダーズ」からしばらくたったので今度は「ミネソタ大強盗団」を見てみます(smile)

コメントを投稿

西部劇映画」カテゴリの最新記事