西部劇と懐かしのカントリー&ウェスタン日記

現代とはかけ離れたOld Countryの世界ですがずっと続けていきます。興味のある方は時々のぞいてみて下さい。

「羅生門」と「雨月物語」

2019年05月19日 | 時代劇映画


女優の京マチ子さんが亡くなったとのことで代表作といわれている2作をDVDで見てみた......「羅生門」は1950(昭和25)年の公開でベネチア映画祭のグランプリをとった作品とのこと。
私はこの歳になって生まれて初めてこの映画を見た😵 正直なところよく分からない映画だった😖
時は平安時代、ある殺人をめぐって色んな人物が検非違使の前で証言していく......という話で その都度過去の出来事がフラッシュバックされて映される形式になっている。でも 一体何を言いたいのか最後まで解らなかった(^^)
ある映画対談で映画通だった故 5代目三遊亭圓楽(笑点の司会もやっていた馬顔の落語家)さんが" 「羅生門」は日本人好みではないですね、当時は興行的にもよくなかったはずです..."みたいなことを述べていたのを見たことがあるから今回映画を見てみて自分も同じことを感じたなぁ😳 外国で賞をとったから有名になったのかも知れないけど 娯楽作品ではないです...でも京マチ子さんの妖しい魅力と今では皆んな亡くなってしまった懐かしい俳優さん達を見ることができただけでも良かったかな......三船敏郎、志村喬、千秋 実、森雅之 皆んな名優だった。

「雨月物語」......これも輪をかけて解らない作品だった😵 江戸時代の上田秋成作の怪奇物語? 戦国時代が舞台の時代劇だけど陶芸を生業としている庶民層を中心としているから派手なチャンバラなんかはなし。京マチ子さんが出ていたからいいけどやはり娯楽作品とはいえないもの😳今の時代にはテンポも遅いしストーリーにのめり込むような感情移入できないなぁ😵見ていて退屈になり寝てしまいそうだった...こちらもああこんな俳優さんがいたなぁ だった。
まあ 自分の見方が浅いのかも知れないですが......

コメント   この記事についてブログを書く
« 細く長く | トップ | 西部劇「ロング・ライダーズ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

時代劇映画」カテゴリの最新記事