梶哲日記

鉄鋼流通業会長の日々

無我(その3)

2021年09月18日 06時08分46秒 | Weblog
前回の続き20年間修行を積んだ僧の結末です。「無我とはあらゆる欲望を捨て去ることではない」との見解の話しです。最近読んだ無我について書かれた本からの抜粋ですが、以下です。

 中国南宋代の禅書『五灯会元(ごとうえげん)』にある有名な公案です。昔、ある老婆がひとりの僧侶を自宅の離れに住まわせ、仏道修行の手伝いを始めました。僧侶が衣食住に困らぬようにと、老婆が何くれとなく面倒を見てやること20年。ある日、僧侶がどのような境地に至ったかを知りたくなった老婆は、給仕の若い娘に「離れの坊主に抱きついて誘惑しなさい」と指示を出しました。
 すると、言われた通りに抱きつく娘に対し、僧侶は動揺せずに答えます。「枯木寒巌に倚(よ)って、三冬暖気なし(寒い岩の上に枯木が立ったようなもので、何も感じない)」。これを聞いた老婆は、「さすがは長い修行を耐え抜いた清僧ならではの境地」とほめ称えるのかと思いきや、さにあらず。「かような生臭坊主に20年も費やしてしまった」と激怒し、その場で僧侶をたたき出したどころか、離れすら焼き捨ててしまったのです。
 この話が示唆するのは、真に無我に至った者とは、あらゆる欲望を捨て去った世捨て人めいた存在ではないという点です。

このような話のすじです。さて、皆さんはこの話をどう受け止めたでしょうか。そんな老婆が実在したのか、つくり話ではないだろうか。私もそう思わないでもありませんが、何か示唆を後世に残そうとした、800年前の禅宗の史書であることは間違いありません。老婆が下した結末は意外ではあるものの、私は何故かほっとしました。欲望を捨てなくてよいのですから。真に無我に至った人でも、決して特別な人間ではないということです。

特別でない我々にとって、無我とは無欲でもなくまた強欲でもない、普通の状態でいいとのこと。無我になったようで、また自己がぶり返す。「ああ、自己が湧いてきた」と自観法でみる。それでも、ひたすら心と体の一定の状態を保つように、修正の積み重ねをする。これは生涯にわたって修行を続けることでもある。世の移り変わりや理不尽に抵抗するのではなく、服従するのでもなく、停止と観察を繰り返せば、道に迷わず前に進むことができる。私はこのように捉えるようにしました。

ここで、このタイトルの(その1)に立ち戻ります。長くお付き合いのあった方が15年前に私塾を開設し、3年後にそこで座禅を行うことになり、毎週土曜日の早朝座禅会として定着したことをお伝えしました。その塾長が、亡くなられました。(その1)を私が書き出したのは9月1日でした。翌日の9月2日に、息子さんから訃報が入りました。実はその直前の2回の座禅会は、塾長は体の不調を訴え休んでいました。自らが休むことは滅多に無く心配していた矢先です。伏せって2週間、突然の訃報に寂寞の感を禁じえません。享年74歳でした。

塾長との出逢いは22~3年前です。それ以前全く面識がありませんでしたが、わが社を訪ねてこられました。もっと前から来たかったと話されました。話を詳しく伺うと、父は既に他界していましたが、私の父に会いたかったとのことでした。今から50年前、塾長が白ナンバーで運送の仕事をしていた時、製鉄所でわが社の社員(運転手)に接し、軍隊式で厳しく指導されている姿が印象に残っていたというのです。その訪問を契機に、徐々に親しくさせてもらうようになりました。

座禅会は今後、塾長の息子さんが継承して行くことを聞いています。しかし私は、これを機に退会する事を決めました。塾長が今回のようなことを含め継続できなくなった時、私も同様参加できなくなった時、退会させもらうことを以前から考えていました。座禅会は、塾長の会社の社員の方々も参加されていますので、息子さん(その会社の社長)の強い意志で引っ張っていかれることを願っています。

お尻の痛みを切っ掛けに、そして塾長の死に伴い、13年間続けてきた座禅を卒業することになります。私の禅(行)への取り組みは、ウォーキングへと形を変えることになりました。このテーマで書き出したのと塾長の死が重なったのは、偶然だったのではなく、必然性を感じています。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

無我(その2)

2021年09月11日 06時20分37秒 | Weblog
私はウォーキングを日常にして、三年経ちました。自分で決めた歩数を目標にして、健康維持の為にも、今では欠かせない日課となっています。前回、長年行ってきた座禅で、最近あらたに感じることについて話し始めました。その内容を端的にいえば、ウォーキングでも座禅(瞑想)の状態が保てるのではないかとのことです。お尻の痛みを感じ、この頃座禅に集中できなくなってきたことに連動しています。

知り合いの方が私塾を開設して、塾長がかつて座禅の修行をしたお寺の老師を塾に招いて、座禅会が開かれていたことをお伝えしました。その老師の指導は、座禅中でも、少し体を動かしても構わないとのことでした。長く同じ姿勢で体を固定していれば、その窮屈さに気を取られ集中できない。であれば、ある程度体をほぐしてもいいとのアドバイスでした。例えば、体を左右に捻るとか、肩を回すとかです。

修行を積んだ禅僧であれば、微動だにせず正座を続け、寒さ暑さや体の痛みなども克服できているのかもしれません。しかし普通の私たちが、同じ姿勢を維持する為には、少し体の固さを開放することは必要であると解釈しました。仰臥禅(寝禅)や歩行禅もあると聞いています。座禅だけが禅ではありませんし、苦痛をときほぐす形で、体を動かす瞑想もあるのだと思うようになりました。

そこへ、ウォーキングでの最近の課題でした。毎日7,500歩以上を目標として、日に2~3回に分けて歩いていました。今年も酷暑です。昼の炎天下、長時間歩けるような状況ではありません。8月から朝一気に歩くようにしました。この時期、早朝でもすでに蒸し暑く、5~6分歩いただけで全身汗だくです。Tシャツでも不快感があり、一時間を超えるウォーキングは苦痛のなにものでもなく、時間の長さを感じてしまうようになりました。

コースの途中に神社へ登る急な階段があり、全部で70段です。それを登り切ると、呼吸が苦しくなりバテ気味になります。知らない間に、口呼吸になっていたのが原因です。そこで腹式呼吸をイメージし、2回吸って2回吐く「スース―・ハーハー」を意識することに努めると、なんとか定着しました。歩き出すのは朝の4時半からです。まだ外は暗く、目線は自ずと下へ向くことで、視覚から外の刺激も入りません。これを続けていたら不思議なことに、時間の長さを感じなくなってきていました。

何かに抗えば抗う程、その何かに支配されてしまいます。辛さや苦に抗えば、辛さや苦がますます耐えがたくなります。その辛さや不快は勿論感じはしますが、「今自分はそれを感じているな」と、もう一人の自分が客観的に見るようにして、抵抗をしないように心掛けました。この朝の行は誰かにやらされているのでなく、自分で決めたことです。それを納得した上で、呼吸だけを意識することで気を変えます。 

ウォーキングを始めて三年経ちますので足腰は強くなったと実感します。相変わらず左のお尻の筋肉だけは戻りませんが、歩くことには自信が持てました。ウォーキングが日常化していなければ、歩くことに辛さを感じていたはずです。体を動かしてはいけない座禅は、無理に退屈な状態を作っているともいえます。その座禅で目を閉じれば、雑念と妄想ばかり湧いてきます。逆に良い気持ちになり過ぎれば、瞑想と睡眠との境をさまようことにもなります。

座禅で無我になるため、呼吸の大切さはよくいわれてきていますが、ウォーキングで、そのような呼吸をあらためて体得できるとは思いませんでした。毎朝必ずしも体のコンディションが良いとは限りませんが、歩くことは自分の身体と向き合い、健康状態のチェックにもなりす。と、呼吸について今まで書いてきたことは、飽く迄も自分の体験による受け止め方です。今の自分に合っている、無我に近づく一つの方法として、続けていこうと思っています。

無我についても、悟ったことのような事を書いてしまいましたが、むしろ分からないことだらけです。一般論として、「無我は欲望を極力捨て去るべきだ」との捉え方があります。「無我とはあらゆる欲望を捨て去ることではない」との見解を、最近読んだ本から知りました。20年間修行を積んだ僧の話しですが、私にとってはちょっと意外な結末でした。自己を消すとは簡単なものではないとのことです。  ~次回に続く~
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

無我(その1)

2021年09月04日 06時35分53秒 | Weblog
一時間ほどの座禅を、私は週一回行って12年ほど経ちます。長くお付き合いのある方が主催している座禅会に、毎週土曜日の朝参加させてもらってきました。座禅が終わると、参加者の近況や各自が普段感じたことなどを話し合っています。主催者の方が15年前に、塾長となり私塾を開設しました。後にそこに座禅をする場を設け、今日に至っています。

塾長は、長年運送会社を経営されていました。第一線を退き、社員教育に苦労された長年の経験を活かし、礼儀作法指導やトイレ掃除研修などを行うようになりました。塾開設3年後に、塾長がかつて禅寺で座禅の修行をした、そのお寺の老師をしばらく塾に招いて、座禅会が開かれていました。週一回の座禅会として定着して、塾長から声が掛かり、私は当初より参加させてもらっていました。

座禅の正式な足の組み方は、結跏趺坐(けっかふざ)となりますが、私は足が悪いので椅子に座った状態で行わせてもらいます。座禅は、深い腹式呼吸、目は半眼、瞑想中は雑念が湧かない、が理想とされます。私はただやってきて12年との感が強く、座禅の本質をまだ理解していません。しかしこの座禅で、最近あらたに感じるところがありました。これについては後述します。 

いうまでもなく座禅は、仏教における修行法の一つです。座禅の禅とは、心が動揺することのなくなった状態を求める所業です。端座しての禅は、インドでは古くから修行者の行った方法で、仏教で採用されたのは、釈迦によるとされています。中国では達磨大師以後重視され、曹洞禅や臨済禅が発達しました。日本では、道元禅師や白隠禅師が広く唱道したことが知られています。

北インドの王族に生まれ、何不自由のない生活が約束された釈尊です。その釈尊が王子の頃、遊園に赴くために外出した時人々の姿を見て、人間には生老病死の四苦があることを知りました。そのショッキングな出来事に遇い、自ら出家を願うようになりました。いうまでもなく今でも生老病死は、誰も免れがたい根源的な苦しみです。

これらの苦しみの克服が、仏道修行の目的であるともいえます。煎じ詰めれば、生きることと死ぬことへの意味付けであり、言い換えれば「どうせ死ぬのになぜ生きるのか」の答え探しです。

私は座禅をするようになって、仏教に興味を持ちました。避けがたい苦難や死への恐怖。それらを解決するのが仏教であるとは、後付けの知識です。本の知識を借りれば、この問いにこうすればよいと、実践レベルの指針を仏教はもっているといわれます。その指針とは、「行」と「方便」です。「行」とは、瞑想や座禅などで心を落ち着かせ整えること。「方便」とは、一人で籠って修行することではなく、実生活の中で立派に振る舞い、周囲の人を幸せにしていくような行いをすること。とのことです。

この「行」にしても実生活レベルで、ただひたすらすることが大事といわれます。しかし現代人は、やれば何か良い結果が得られるのかと、どうしても実利を求めます。ただやることへの抵抗感もあります。ハウツー本があまた出回っています。ハウツー本が絶えないのは、その通りしないで、三日坊主で終わってしまうからではないでしょうか。実利ばかりを求めると、継続的な努力を怠る結果になります。

「行」については、私は座禅会で継続する機会に恵まれました。実利を求めるのではなく、自分を見つめる時間を持てたことは確かです。この歳になり、苦しみの捉え方や生き死にの意味について、関係する書物を読んで少しは理解できるようになりました。

さて、実生活レベルでの座禅で、最近あらたに感じることについてです。その切っ掛けは座禅をしている時の痛さです。私は若い時左足の大腿骨を骨折し、ほぼ一年半歩行をしなかったので、左のお尻の筋肉が委縮して元に戻らなくなりました。この頃、座ったままじっとしていると尾骶骨に痛みを感じるようになり、一時間の座禅も集中できなくなりました。それが起因となり、あらたな取り組みで感じることがありました。  ~次回に続く~
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

才能の正体(その3)

2021年08月28日 04時45分18秒 | Weblog
前回までのおさらいです。『才能の正体』の本に添って、才能のあらたな認識でした。才能は誰もが持っているもので、秀でている人の結果だけみて特別だと決めつけず、その才能を引き出す確かな方法もある。多くの人はその才能を潰している。その人の才能を育もうとしている、傍にいる人のフィードバック(以下略:FB)を考察してみる必要がある。そのような流れでした。そのFBについて著者の見解を、また次に引用します。

世の中で最もFBしてくるものは、鏡である。自分が今どういう状況か的確に映し出し、より綺麗になりたいとかカッコ良くなりたため、人は鏡を見ている。また鏡は、良くなった結果も確認できる。これは何を意味しているのかというと、人間はFBを受けより良くなろうとする生き物である。しかしその鏡が意志を持っていて、「今日の髪形は決まってないね」「年取ったね」とマイナスな点ばかりいわれたら、素直に聞けるでしょうか。でもほとんどの人が、人に対してこの間違ったFBしている。

実際に鏡が行っているのは、人為的な良い悪いの判断ではなく、単なる客観的なFBである。ところが、子供が勉強する姿勢が悪い場合、親御さんはどう声をかけているか。「姿勢が悪い直しなさい!目も悪くなるわよ!」みたいに、命令するとか余計なことを言ってしまうが、一番いいFBは「背中が曲がっているね」と事実だけ言う。すると、こちらの話しを聞こうとする姿勢をみせてくれるようになるのです。

本来、人はFBされることに弱い生き物。人は自分が正しい思とっている価値観に支配されている。何かしらのFBを受けると、後悔した過去を振り返って、もっと良くならないといけないと、直そうとしているのです。それでは、上司が部下の才能を伸ばすための、一番簡単な方法とは何でしょうか。それは「中立的なFBを、ただひたすらすること」です。中立的とは、FBにあたって上司の価値観を挟まないこと。すると部下が持っている価値観の通りになっていく。すなわち部下自身が持っている理想の姿です。
 
上司の主観的な意見や価値観を押し付けると、それに従わなくてはならないと思わせたり、あるいは反発させてしまったり、合わないと感じた部下は離れていきます。頼んでいた書類を元に打ち合わせをすることにしていたが、約束の時間になっても部下から書類が上がってこない。そんなケースです。上司は頭から注意するのでなく、「予定していた打合せのスタート時間は?」と尋ねる。事実だけを聞いて、相手に答えさせる。これが中立的FBなのです。威圧的FBは何一つメリットがありません。

著者坪田信貴さんの、FBについての持論はこのようなものです。多くの教え子の才能の正体を見極め、開花させた実績があるかこその説得力でした。

さて、わが社において社長(上司)と社員(部下)の間で、この中立的なFBがなされているかどうかです。上に立つ人は先ずは、才能は誰もが持っているのだと強い信念を持つことです。そして、その才能を潰してしまう危険性を持っているのも、上に立つ人だと認識しなくてはなりません。

「社長の資質とは一体何なのか?」と問われれば、判断・決断力、先見性、洞察力、実行力、統率力、人間力などなどがあげられます。その一つ判断・決断力ですが、永遠絶対なものではないと私は考えます。AとBの選択を迫られ、Aを選んで10年経過し、相応の結果が出たとします。しかし10年前に遡りBを選択して、その結果を比べ検証できない限り、その判断・決断力が絶対正しかったのかどうか分かりませんし、時代の変化でその評価も違ってきます。

ではあらためて、社長の資質で何が必要かと問われれば、社員とどれほど寄り添えるか、自分とは異質な社員を生かし切れるかだと思います。つまり、社員の自主性をどれだけ引き出せるかです。これは誰でもが持っている能力かもしれません。そんな考え方があったので、プラスの意図もマイナスの意図も加えないで、ただ事実のみを根気強く言う、坪田さんのFB論は共感しました。

「教育・指導・改善は、実は悪感情を生んでいる」とは、坪田さんの言です。伝える側とのしっかりとした信頼関係が無いと、受けた側の心に必ず生じるのが、この悪感情だと断言しています。受けた側は、自分はこうしようと思っていたのに「違う」「こうしろ」と言われているのですから、と。この大きなズレも再認識したいものです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

才能の正体(その2)

2021年08月21日 03時50分30秒 | Weblog
その本の著者は坪田信貴さんと言う方です。タイトルは『才能の正体』。「才能は、誰にでもある。多くの人たちは、その才能を潰してしまうことばかりしている」、そういっています。本の紹介に入る前に、私がどのようにして坪田さんを知ったのか、そして本を読んでみようと思ったかの話しをします。  

車の中のラジオで、坪田さんの話を途中から聴きました。学習塾を経営されているようで、企業の人材育成の研修の講師のようでもありました。「気が進まない勉強(仕事)を始めるにはどうしたらいいのですか?」とのパーソナリティの質問に、「例え5分でも、身構えないで始めてしまう。すると案外20分や30分はできてしまう。仮にそこで止めても、やらないよりもやっただけ伸びるので、無駄ではありません」と答えていました。

これなら誰にでもできる、と物凄く共感しました。坪田さんは、映画化もされ大ベストセラーとなった、『学生ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話』(長いタイトルはそれ自体でストーリーを伝える意味があるとのこと)の作者だったのです。いわゆるビリギャルを指導した、学習塾の先生が坪田さんでした。その話に引き込まれ、氏の書いた『才能の正体』の本を読んでみました。以下、しばらく本の内容です。

そのビリギャルの名は、さやかちゃんです。「さやかちゃんには、もともと才能があったのでしょ?」と多く人から言われましたが、対する私の答えは「ノー」です。才能は誰でもある。この言葉を素直に信じてくれる人は少ない。その才能とは結果でしかなく、「才能がある」と言われている人たちに共通点がある。それは、みんな努力をしている。努力をしなくてもできちゃう人を、「才能がある」と言いがちである。

本質的なことを言うと、自分に合っていない、ふさわしくない場所でいくら頑張っても物事身に付きません。「才能がある」と言われている人たちは、“その人に合った動機付け”がまずあって、そこから“正しいやり方”を選んで、“コツコツと努力”を積み重ねている。そしてきっちりと結果を出して、その時に初めて「才能がある」という状態になる。正確に言えば、「才能がある」と言われるようになる。

動機付けとはやる気のこと。子供がもつ「遊びたい」も動機付け、「勉強したい」という動機付けがないだけです。親御さんのやり方次第で、やる気も引き出せる。動機付けは、認知、情動、欲求の三つの行動から成り立つ。さやかちゃんの例です。彼女は僕のところにやってきて、出された課題をこなし、自分はどれができて・できないかを認知していきました。勉強は自分ができるようになっていくと、どんどん面白くなり成績が上がる。すると情動が刺激され、更にテンションが上がる。そして慶応に合格したい、バカにしていた身内や学校の先生を見返してやりたいという強烈な欲求がでてくる。これらが継続して、才能と呼ぶべきものになっていった。

このようなことが本の最初の章、「才能とは何か?」で書かれていました。オリンピックの選手には、ずば抜けた才能が元来あったのではないのです。生まれつき誰もが持っている能力を、潰さず、努力して、効果的に磨いてきた結果であることが分かります。オリンピックの選手には、必ず師が存在して、お手本があります。この本には、その習得の方法も書かれていました。

「フィードバック」という言葉があります。言葉は知っていますが、あらためて調べてみると、もともと制御工学で使われていた用語のようです。出力結果を入力側に戻し、出力値が目標値に一致するように調整するとの意味です。転じて、求める結果とのずれを生んでる原因を行動側に戻すことを表現するようになり、企業の人材育成においては、上司から部下に対し、行動の改善点や評価を伝え、軌道修正することを促すことが常となったと思われます。

『才能の正体』の本では、このフィードバックについても紙面を割いています。フィードバックは客観的な“事実のみ”をいうだけでいいのであり、ほとんどの人が間違ったフィードバックをやってしまっている、と警告します。そこで、“中立的なフィードバックをただひたすらすること”と強調します。

家庭においては子供を、会社においては部下を、親や上司(社長)は指導教育の観点から、一瞬たりともその行動が気にならないわけがありません。改善点を伝えようとするあまり、そのフィードバックが逆効果になることが書かれていました。    ~次回に続く~  


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする