吉澤兄一のブログ

お江戸のど真ん中、平河町から、市井のトピックスを日記風につづりたいと思います。

アセビ(アシビ)という常緑低木の庭木花(馬酔木)閑話

2019年01月21日 | Weblog
アセビ(馬酔木)という丸っこい常緑低木を庭の隅々によく見る。冬のいまごろから春にかけて小さな房状の蕾花を、緑葉が見えなくなるほど咲かす。2月から3月頃にたくさんの小さな白い花をつける。うすい赤い花や赤白混ぜたような房花もある。


馬が酔う木(馬酔木)と書いて、アセビやアシビなどと読む。国内で多くの人々に愛好されている桜花や勿忘草のような5片や6片やあるいは八重に花びらをつけて咲く木花や草花とは異なり、栗の房花を小さくしたような房花をたくさんぶら下げて咲く。何とも花らしくない花なのに、多くの家々の庭や公園に植栽されている。


俳句誌や俳人会派などの名前にもよくみる。馬酔木なる文字がいいのか、馬だけでなく人が酔ったり中毒になったりするからなのだろうか?葉や樹皮や花に毒性をもつという有毒植物だと云われているにも拘らず、家々の庭の隅や公園の所どころに植栽されている。不思議な木花なのだが、花というよりこんもりと植栽される緑葉が観賞されているようでもある。


俳句誌や俳句会派などでは、水原秋桜子の「馬酔木」がよく知られていると思うが、高浜虚子の「ホトトギス」や加藤楸邨の「寒雷」など他の俳句誌や会派の人々にもよく詠まれる”馬酔木”だ。山口青邨の「月よりもくらきともしび花馬酔木」など、馬酔木は、よく俳句の対象になる。不思議。

コメント

平成の三十年世の中回顧

2019年01月17日 | Weblog
平成という時代が終わる。戦後の復興から発展への40年余を受け継いで、バブル崩壊からの後退経済期を滞りなく平和に過ぎた平成の30年。その年々の凹凸はあったものの、平穏な世の中であった平成を振り返ってみたい。平成元年(1988)からの二十年の激動と平成二十年からの十年の安定のように思いますが、わたしなりの回顧をしてみたいと思います。

平成、それは昭和の終わり昭和60年代からのオーバーラップで始まったように思う。科学万博(つくば博)が観客動員2000万人を達成(昭和60年1985)、電電公社がNTTになり、専売公社が日本たばこ産業(JT)なったりと民営化がすすむ。PL学園の清原君や桑田君の巨人入りドラフトが話題になったこの時期、世間は団塊ジュニアやキャパクラ、おニャン子クラブで過ぎた。

そして平成元年(1989)、男女雇用機会均等法が成立、土井たか子社会党委員長の誕生にあわせ亭主元気で留守がいいと、バブルがピークになった。国鉄分割民営化でJR各社が発足した。石原裕次郎が52歳の若さで死去した昭和62年10月のブラックマンデー、ニューヨーク平均株価が23%下落した翌年、青函トンネルが開業するもプータローやフリーターが話題になった。

平成元年(1989)の日本が、消費税(3%)がスタートする中、中国の天安門事件や東ドイツのベルリンの壁が崩壊撤去される一方ソ連のゴルバチョフ書記長と米国ブッシュ大統領のマルタ会談で、戦後の冷戦構造が終結した。アッシー君やあげまんが世間の小話になり(平成2年1990)、成田離婚や結婚しないかもしれない症候群と冬彦さんが話題(平成4年1992)になった。

平成5年(1993)皇太子殿下の(小和田)雅子さんとのご成婚の年、非自民非共産8会派連立の細川内閣が発足し、あのロッキードの田中角栄元総理が死去した。同情するなら金をくれや引きこもりに合わせ、就職氷河期が訪れる(平成6年1994)。翌平成7年(1995)、阪神・淡路大震災や地下鉄サリン事件が発生した年、村山富市総理の戦後50年侵略お詫び首相談話があるも、東京では青島幸男、大阪では横山ノックなるタレント無党派知事が誕生した。

消費税3%の5%への引き上げ年の平成9年(1997)、山一證券や北海道拓殖銀行が破綻。失楽園や貸し渋り(平成10年1998)につづき、リベンジならぬ自自公連立で小渕恵三首相が誕生、地域振興券が配布された。小渕首相の体調不良で生まれた次期森喜朗総理の平成12年(2000)、介護保険制度やナスダック・ジャパンがスタートした。出会い系サイトがIT革命の呼び水役になった。

こうして、2001年聖域なき構造改革の小泉純一郎政権が誕生。アメリカ・ニューヨークでの911同時多発テロの年、BSEとちょいワルオヤジの日本の21世紀に入った。その後平成20年(2008)までの日本の20年は、バブル崩壊の後遺症を受け激動の時代だったが、後半平成30年までの10年は 景気後退低迷なのかサステナビリティと言って、静かで落ち着いた時代になった。

あらためて人口学的に平成の30年を眺めると、平成元年(1988)核家族の標準「親と未婚の子」の世帯は総世帯の12%だったが、平成30年(2018)にはほぼ2倍の22%になった。伝統的な世帯類型3世代世帯が平成元年の41%から約3分の1の11%(平成30年)になった(30%減)のをみると、あとの20%分はどのような世帯になったのであろうか。ご推察のとおり「夫婦のみの世帯」(21%が32%に)と「一人(単身)世帯」(15%が27%に)の増加になっている。

平成という時代(30年)の日本は、総人口が変わらず(12,400万人→12,700万人)の中、国民総所得(ここでは、世帯年間平均所得)の激減(650万円→560万円)と「65歳以上のいる世帯」の激増(1000万世帯→2300万世帯)にみられる必ずしも暮らしやすい世の中とは言えない社会であったようだ。
コメント

2019年1月3日は、箱根駅伝復路の街頭応援。

2019年01月05日 | Weblog
平成31年、あけましておめでとうございます。元旦まずは、近くの氏神様神社への初詣ということで、東武東上線は大山駅から5~6分ほど歩いて子易神社へ。お天気や国世の中が天災や外交で落ち着かない平成30年でしたが、わが家家族が恙ない一年であったことに感謝して拝礼。開運招福の御神矢を受けて帰宅した。


毎年のことだが2日は、明治神宮参内の予定。お世話になっている社長の森久氏と表参道はJR原宿駅で待ち合わせて午前10時、参道の砂利道を鳴らしながら南神門より本殿広場に入る。二拝二拍一拝とお賽銭を捧げ、家内安全のお札をいただいて北参道に出てJR代々木駅より池袋に。ふたりで初のお蕎麦ランチをいただき帰宅。


1月3日の箱根駅伝(復路)応援。昨年は日銀本店近くの常盤橋傍の交差点近くで応援したが、ことしは少し変えようと日本橋2丁目は丸善日本橋店前高島屋側で待つ。13時15分前ぐらいに待ち、待つこと40分ほど往路優勝の東洋大を逆転した東海大が、強い北風を切って走ってきた。8区でトップに立ち、そのまま悠々2位青山学院に4分ほどの差をつけて優勝した。


往路(優勝;東洋大)2位、復路(優勝;青山学院大)2位での総合優勝は、久しぶりらしい。自然(天候)や社会(外交)や景気(株価)の乱高下を反映してか、今年の箱根駅伝は大きく乱高下した。圧倒的なトップ予想の青学が往路で大きく出遅れ、昨年5位だった東海大が昨年を18分ほども短縮したレコードで優勝。昨年より5~6分ほども短縮した法政や帝京、拓殖や中央学院などが、シード(10位以内)件を奪取した。シード落ちした昨年3位や4位の早稲田、日体大の奮起を期待する。


コメント

俳句をはじめて丸五年ー嗜みにはほど遠い今。

2019年01月03日 | Weblog
ちょうど5年前の正月、70歳過ぎても何の趣味もない自分。絵や書も遠く、音楽やスポーツにも疎い私だが、何とかささやかな嗜みにしたいと始めたのが俳句。詩歌やモノ書きに挑むほどの才も勇気もなく、どうにかモノに出来るかと軽はずみで始めた。世の中の俳人や俳句を嗜んでいる方々のお叱りを覚悟で、朝日カルチャーセンターの俳句通信講座に入会した。平成26(2014)年2月、いまは亡き金子兜太先生の教室だったが、実際にアカを入れてくれたり、指導してくださる先生は、武田伸一「海程」編集長だった。


三年半ほど、毎月俳句らしくない私の俳句を月5句通信添削していただいたり、年に一・二度の教室での授業にも参加させていただいた。一日一句ミニマムをノルマっぽく詠句し、句帳がわりのPCに入力ファイルする。この5年数だけは目標達成、一年400句弱、この5年で2000句ほどがファイルされている。俳句の初歩的な約束ごとや詠み方も知らず、季重なりあり、説明詠みあり、散文調ありで、なかなか俳句にならない。甘く自撰しても年400句のうち、俳句らしく思えるものは、50句にもならない。


このようなレベルにもかかわらず、私はこの5年で自撰の俳句集本を四冊も上梓した。最初は平成27(2015)年3月発行の『2014年甲午私撰月季俳句集”はじめての俳句”』で、1月から12月までの月3~4句の年42句にエッセイを付けて本にした。2回目が平成28(2016)年発行の『平成27年吉澤兄一私撰月季俳句集”日々折々日々句々”』、平成27(2015)年一年の俳句ファイルより65句をまとめ本にした。3回目の本は、平成30年(2018)年1月発行の『吉澤兄一私撰俳句とエッセイ集”四季の自然と花ごころ”』。平成27年から29年までの句集PCファイルより144句を私撰して本にした。


同じ年(2018)の12月には、平成も終わる三十年と自分の喜寿を記念して平成三十年の句帳より月々の俳句8句+αの合計百句を自撰し、『平成三十年喜寿記念月季俳句”百句私撰集”』を出版した。平成30(2018)年1~12に詠みファイルした391句より百句を無理やり自撰しての本だ。こうして、自分の厚顔を顧みず自分をさらした5年だったが、一年一年少しでも俳句らしくなってきているのではないかと思っている。ことしも、これからもよろしくです。

コメント

謹賀新年;2019(平成31)年心することー「吾道一以貫之」。

2019年01月01日 | Weblog
平成の三十年、しばしば私のところに届いた言葉が「恕」。私の師友谷内田氏よりの色紙や短冊だが、多くは時節ごとにいただく彼の扇子書画や色紙書の「恕」だ。わたくしなりの解釈は、思いやりや仁。人に、事に、やさしく生きろという”いましめ”と受け止めている。


ことしは、少し違う。平成三十年の年の瀬、いただいたのは禅宗(臨済宗)は、岐阜の正眼寺住職 山川宗玄老師からの色紙書『吾道一以貫之』。不勉強な私でも、ちょっと触れたことのある言葉(論語)だ。ある学校では「吾道一貫」と教え、ある教材では「一以貫之」を教えている(孔子)。


いま風にいえば「私の道は、ただ一つのことで貫かれている」という意だが、この”ひとつのこと”には、いろいろの解釈があってよさそうだが、孔子のいう意は「忠恕」だ。いま様に言えば、忠とは”誠実”。自分が言っていることは、自分の心そのままということ。恕とは”心の如く”ということで「思いやり」だ。


忠(誠実)をもって人に接し、モノや自然や世の中に接すること。恕(思いやり)をもって、他者や社会に向き合って生きるということ。忠と恕、あわせて”仁”ということかも知れない。他者や社会やあらゆる生きものや自然に、誠実に己の心に正直にやさしく生きる2019年でありたい。多くの友人がこの忠恕を共有してくれたら、うれしい。ことしもよろしくお願いします。

コメント (2)

時代を担う世代が変わる

2018年12月25日 | Weblog
平成(2018)三十年十二月二十三日は、平成天皇85歳の誕生日。ことし最後のGⅠ有馬記念で、三番人気のブラストワンピースが一番人気のレイデオロを振り切って優勝。若い3歳馬が、成年の4歳馬、5歳6歳馬を制して勝った。その日の夜の全日本フィギュアスケート選手権(フリー)では、ショート5位と出遅れた紀平梨花(16歳)をかわして、坂本花織(18歳)が優勝した。


通算100勝を逃して27年ぶりの無冠になった羽生善治(48歳)に変わって、16歳の七段藤井聡太がいま将棋界を賑わしている。卓球の張本智和は15才、伊藤美誠や平野美宇も共に18歳。競馬もスポーツも”若さ”の台頭が目についた近年。戦後団塊世代の高齢や介護と団塊ジュニア世代の支えが話題になる平成の三十年だったが、ティーンエィジャーや平成生まれの若い人たちの活躍に希望をみる。


羽生善治さんと同世代は、団塊ジュニアと呼ばれる世代。1970(昭和40)年代半ば生まれ。生まれも育ちもバブル時代だったが、世帯を持ち支える頃バブルがはじけ、そして40代団塊前のいま被介護世代を支える苦労を背負っている。この世代のジュニアが、ポスト平成時代に光をあてて活躍している十代後半二十代前半世代なのだ。


ポスト平成の牽引を期待する二十代半ばの筆頭は、ことし24歳の大谷翔平。モノ豊かな生活を求めた時代が崩壊し非モノ、つながりやこころを満たすことに価値基準を見出す時代に生まれた。ネットやバーチャルに”世界”を求める世代でもあるが、彼らの新しい価値づくりや世界づくりに期待すること大だ。

コメント

山種美術館「皇室ゆかりの美術」展と広尾の街散歩

2018年12月22日 | Weblog
残すところ10日の極月、朝から快晴。することもない21日(金)、山種美術館の「皇室ゆかりの美術」展の切符をいただき、地下鉄成増駅からメトロに乗車。池袋からJR山の手線でJR恵比寿駅は、西口に出る。ささやかなウォーキングということで、246駒沢通りを広尾小方面に歩く。


久しぶりの山種美術館。街路並木は、紅葉落葉。美術館直近の八百屋角の葎は、真っ赤な紅葉と熟れ柿に隠れた濃い黄色の柚子が、晩秋and極月の演出。美術館に入る。中心は、山種美術館所蔵の宮殿ゆかりの日本画。下村観山や川合玉堂などを過ぎ、東山魁夷の「満ち来る潮」に腰を下ろす。一時間ほど、ふだんあまり観ない絵画にふれ美術館を出る。


帰りは、ゆっくり歩くも楽。駒沢通り美術館への坂道は、下りになる。少しシンドイ横断歩道橋を渡った渋谷川橋脇には、小さな花いっぱいの寒桜。その木の下には、時節間違いの赤い躑躅。大通りは、タクシーや大きな物流トラックなどのひしめく交通騒音がきつい。正午を少し回っているが、恵比寿駅周辺をスベッて、JRは池袋に向かう。


まずは、ランチとデパート上階のイタ飯店に入る。何とかスパゲティ・セットランチにコヒーをいただき店を出る。クリスマス向けにと、孫のおもちゃや孫ママの靴下などを買い、メトロ池袋より電車帰宅。少々汗ばんだ小春日でした。

コメント

平成30年を演出した人たち考

2018年12月21日 | Weblog
いま(平成30年)、いわゆる高齢者に入った60代半ばの人たちは、バブルがはじけた平成初期30代後半。多くの人たちが結婚し、世帯を持ち始めたころ、子育ての開始時期だったかも知れない。パソコンやデジカメなどが目に入るも、子どもの教育や家計に苦労する40代から50歳あたりにかけて、プリウスやレクサスを羨望し、冬ソナで過ぎる。


ただいま65歳以上の方々の中心は、何と言っても今70代。団塊の世代やその先輩の方々。バブル経済や景気を牽引してきた人々の塊世代。80代になっても元気。そこそこ年金で、ゆとり生活が演出できる世代でもある。いま(平成30年前後)老々介護で、苦労生活をしている人々も多い。

現在(平成30年)社会の中核を担っている40代半ばから50代半ばの世代。平成に入った1990年代、ジュリアナ東京やカラオケボックスの20代後半世代(今55歳前後)や、ゲームボーイやファイナルファンタジーからドラクエなどとJリーグに明け暮れた20代(今45歳前後)が、ただいま安室奈美恵やフェースブックとグーグル&アマゾンで暮らす。


千と千尋の神隠しやハリーポッターで幼少期だった只今20代の若者たち、いま「君たちはどう生きるか」の漫画とインスタグラムやメルカリとタピオカミルクティなどで過ごす。新しいライフスタイルの発芽世代かも知れない。このタピオカミルクティ世代イコールチョコミント党かと思うが、実はこの世代の上の今40代50代のファッションかも知れないし、もっと前の世代からのミント&チョコなのかも知れない。


ほぼ40年ほど前、サーティワン・アイスクリームが上市された。チョコミントは売上ランキング6位だという。いまでは、多くのアイスクリームでチョコミントがある。30年ほど前、ハーブのミントやローズマリーがはやった。キシリトールやミントのガムがはやった。みんな”ブルー”ベースのところに、チョコレートが味付けやアクセントに加わった。半分、青いチョコミントが2018年爆発した。


平成もそろそろ終わる30年、結構凸凹あった年代だった気がする。年代別にみた平成の移り変わりでした。
コメント

学習院大学応援団吹奏楽定期演奏会(12/16)で音楽の力をいただく。

2018年12月18日 | Weblog
2018年11月10日(土)、東京は市ヶ谷のアルカディアでふる里高等学校を同窓にする首都圏居住者の同窓会があった。隔年ごとの懇親の集いだが、最近の集まりは、あまりよくない。昭和30年代から50年代に卒業したものが8割、それ以前それ以後の卒業生は1~2割と少ない。アラサー・アラフォーの同窓生の参加を募っている。


この集い会で、いままで”言葉を交わしたことのない”同窓生と談話した。わたしより10年ほど後輩の方だったが、いままでの自分には縁遠い音楽や吹奏楽などの小話をいただいた。帰り際、彼が指揮者をしている学習院大学応援団吹奏楽部の定期(第21回)演奏会のお誘いを受けた。


12月16日(日)は、何となくの雨模様。簡単な昼食をすませ、その演奏会に向かう。JR目白駅すぐの学習院には、開場の14時にまだ30分もある13時半ごろ到着。ゆっくり散策するように構内を回って演奏会場の学習院創立百周年記念会館に着く。まだ20分もあるというのに、すでに5~60人の列。黄葉混じりの紅葉を眺めながら、並ぶ。


開場15分ほど前たまたま、列横を会場に向かって歩くきょうの演奏会の指揮を執る萩谷(克己)さんと目が合う。しばし挨拶をかわし、14時ちょうどに入場。久しぶりの吹奏楽の演奏会に、音楽の力をいただき帰宅。有り難うございました。

コメント

平成30年私撰月季俳句(下)-7月~12月の句

2018年12月16日 | Weblog
〇7月;・ルピナスの赤青黄色風の庭 ・梅雨颱風がれきと泥の街と家


〇8月;・芳しや白き山百合杉林 ・山の日の御巣鷹山や友の顔


〇9月;・バイパスの標の白き蕎麦の花 ・刈り終えし稲田の畦や曼珠沙華


〇10月;・遠刈田棚田の稲架や秋の霜 ・豊洲へのターレの列や秋惜しむ


〇11月;・秋晴れや逆さ紅葉の茶屋ノ池 ・万博の夢の夢洲冬構え


〇12月;・亀山湖右も左も紅葉かな ・夕暮れの海中電柱秋深し


※平成30年月々の季節と暮らしを月2句私撰して掲載してみました。1→6月
(上)と7→12月(下)の月々になっています。ご批評いただければ幸甚です。
コメント