王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

3日 自民国会議員、146人が接点 所属の4割弱、旧統一教会問題

2022-09-04 09:49:46 | 政治
今朝は日曜日なので、TVの「サンモ二」を見てましたが冒頭部分では「安倍前首相の国葬」について、岸田首相の判断の「ブレ」がパネラーから厳しい批判を浴びていました。そして今朝の朝刊はこの共同通信や朝日新聞が「個別に国会議員やそれを含む地方議員らに”旧統一教会の関連につき質問票を出しまとめた結果」を発表しています。また昨日の夜には読売新聞が「自民党が行った「旧統一教会との競って調査」は質問が曖昧な点もあり「6日の公表には間に合わない」とのトホホな報道も有ります。
岸田首相が「安倍元首相も亡くなったので、どこまで(旧統一教会との関係)実態に迫れるか判らない」と始めからやる気の無い考えを示しました。⤵⤵
表面上は、参院選応援の為「街頭演説中4、テロリスト山上徹也の銃弾に倒れた」のですが、その後の調べで「旧統一教会の信者であった母親の献金活動で家庭が崩壊」、統一教会と関係の深い(と思われた)安倍元首相を狙った」と判り、旧統一教会による{霊感商法や献金強制の被害者救済に当たる弁護士さん、中でもオウム真理教による被害者救済でも名のある紀藤弁護士等の指摘」で、オウム真理教の前には統一教会による「霊感商法による被害が凄くあった」事が明らかになり、一般市民の考えも「思い出したり、初めて知ったりする事」で自民党1強、安倍派主導の政局に厳しい目が向けられ、今では、萩生田政調会長、山際経済再生相などは名指しで関連を指摘され、その他祝電を送った程度の軽い関係者も含め、自民党の多くが関係し、維新、立憲そして公明でも関係をもった議員もいるという、日本政界に対する「韓国発のカルト集団による政治介入組織が出来上がってしまっている」様です。
ここはもう、岸田首相も逃げ場がないのですから「カルト集団と関係を立てない政治家は、(日本の)政界から一掃する」と言い切って行動しないと、益々「言語明瞭、行動不明」になる恐れが大です!!
確り頑張ってみて下さい。

写真:記者会見で旧統一教会問題について言及した岸田首相=8月31日、首相官邸 

共同通信:
世界平和統一家庭連合(旧統一教会)や友好・関連団体のイベントに祝電を送るなど、教団と接点があった自民党の国会議員が少なくとも146人に上ることが3日、共同通信のまとめで分かった。党所属国会議員381人の38%に当たり、両者の深い結びつきが改めて浮き彫りになった。取材に応じていない議員も多く、近く公表される予定の党調査でさらに増える可能性がある。
 派閥別では安倍派が39人で最も多く、茂木派と麻生派が各21人、二階派20人、岸田派19人、森山派3人、無派閥23人。
 共同通信が7〜8月に全国会議員を対象に実施したアンケートでは、82人の接点が判明していた。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする