王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

大納会 3年ぶり前年株価を上回る

2009-12-31 07:16:17 | 経済
大納会、3年ぶり前年株価上回る 上昇率19%(共同通信) - goo ニュース

何ともまあ新聞業界は陽気なタイトル(題名)を付けるものですね。

昼前には今年最高値を付けて「最高値を回復」とか大きく報道される事を期待していたのですが。「日航の値下がり」と「利益確定売り」に押されたのだとか。
わははは 笑っている場合では無いですが「かすかな兆候に先の明かりを見出す」の良い事ですよ。

それでも終値で¥10564をつけ3年ぶりの大納会になりましたから同慶の至りですね。

昨年の大納会の終値が¥8859だったのでざっと19%の値上がりとなりました。
較べるのもどうかと思いますが89年の大納会の¥38915.87のそれの27%にしかなない事に思いをいたすと巨額のお金がどこかに消えてしまった事が判ります。せめて08年年初の¥14813位は美しいのですが。願うだけでは駄目ですよね。

株価と密接な関係関係のドル/円の為替レートは¥90円前後で落ち着きましたが米国がドル垂れ流しが続く限り「円高基調」は変わりません。
今年はゴルフの石川遼君がクロージングベル(取引終了の鐘)を鳴らして終わりました。石川君の若さと上昇機運にあやかっての事でしょうがとても調子の良い日の石川君の様な回復は難しそうです。
それはそれとして来年は良い年になって欲しいものです。


共同通信:
今年最後の取引となる大納会を迎えた30日の東京株式市場は、日経平均株価(225種)の終値が前日比91円62銭安の1万0546円44銭となり、前年末比では19・0%高と、3年ぶりに前年を上回った。この日の東京株式市場は、外国為替市場で1ドル=92円台に円安が進んだことを好感し、取引時間中としては約4カ月ぶりに1万0700円を回復する場面もあった。(引用終り)
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「貧困ビジネス」大手、脱鯨容疑2億円

2009-12-30 08:44:05 | 社会
「貧困ビジネス」大手、脱税容疑2億円 国税告発へ(朝日新聞) - goo ニュース

これまでもこの手の「貧困ビジネス」が取り上げていましたよね。
生活保護費月額12万円ほどの内から9万円を住居費と食費として徴収。その見返りに簡易ハウスの様な住まいと粗末の食事を提供していたとか。
入居者は2-3万円しか手元に金が残らないのだとか。

こんなやり方で07年には売り上げ?が20億円に上ったとある。
事業者3人の所得隠し総額が5億円で追徴額が2億円だとさ。

国税の査察後、修正申告されたと言う。

ここから思ったことは生活保護費が12万円も支払われる事。そうするとそれを食い物にする輩が出るという事実。

まともに働いた人たちの年金が月額6-7万円辺りの方が結構居ると聞くのに「生活保護費」が12万円では歯を食いしばって働く人たちに「インセンティブ(動機付け)」が働かない。
だから「生活保護費」を下げろとの強硬意見もある。それならば最低年金額を引き上げるのが穏やかな方法だろうが「年金制度」そのものと税金で補填するには国の財政基盤が危うい。

勿論景気を良くして「生活保護者」を減らす事が最適解だろうがこれも当面期待薄である。

何とも悩ましい問題で大胆な行財政改革の行方を見守るしかない。


朝日新聞:
千葉、埼玉など首都圏を中心に生活保護受給者らに宿泊施設を提供する「無料低額宿泊所」を運営する個人事業者ら3人が、2007年までの数年間で総額約5億円の所得を隠し、脱税したとして、名古屋国税局が所得税法違反容疑で検察当局に告発する方針を固めた。路上生活者らから生活保護費を吸い上げる「貧困ビジネス」が社会問題化するなかで、脱税の実態が明らかになるのは初めて。

 告発されるのは、東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知の1都4県で21施設の「無料低額宿泊所」を運営し、業界2位の規模とされる「FIS」の経営者(45)=東京都文京区=と、いずれも東京都北区在住の50歳と45歳の幹部。
(以下省略)
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

金川被告 死刑確定

2009-12-29 07:33:49 | 社会
金川被告、控訴取り下げ…死刑確定へ(読売新聞) - goo ニュース

昨年三月「荒川沖駅」の無差別殺傷事件で18日水戸地裁の「死刑判決を受けた」金川真大(かながわまさひろ)被告(26)ですが弁護側が即日控訴していました。

記事では「荒川沖駅など」となっています。駅での事件の4日前に76歳の穏やかに暮す老人をを無差別殺傷し一人では「死刑にならないので」荒川沖駅事件へと犯行が広がり都合2名殺傷7名重軽傷との惨事になったものでした。爺もこの件をブログに書きましたが「精神鑑定論議」になり時間ばかり掛かるのも如何かなと気になっていました。

28日金川被告は「控訴の取り下げをした」そうです。
控訴期限の切れる1月5日に死刑が確定との事。

もともと「自殺願望があり自殺では痛かろうとの発想で多数を殺人すれば死刑で死ねる」と何とも勝手な理屈で凶行に及んだ奴です。
こんな手合いを死刑にして意味があるのか些か悩ましい思いがします。
まあこの「通り魔」で未だに怪我の後遺症に悩む方々の事を考えると本当に複雑な気持ちですよ。
「首でもつれば簡単に死ねるものを!」と思ってしまいます。
秋葉原の殺人もそんな傾向がありましたね。
犠牲者のご冥福と怪我をされた方の回復を祈念いたします。


読売新聞:
茨城県土浦市のJR常磐線荒川沖駅などで昨年3月、9人が殺傷された連続殺傷事件で、殺人などの罪に問われ、水戸地裁で死刑判決を受けた無職 金川真大 ( かながわまさひろ ) 被告(26)(土浦市中村東)が28日、弁護人の控訴を取り下げた。

 水戸地検は「特段の申し立てはしない」としており、来年1月5日に判決が確定する。

 18日の水戸地裁判決を受け、弁護人が即日控訴していた。水戸地裁によると、金川被告は28日、拘置先の水戸拘置支所に控訴取り下げ書を提出し、拘置支所が地裁に届けた。刑事訴訟法によると、被告は弁護人の控訴を取り下げることができ、再度の控訴はできない。

 荒川沖駅近くで殺害された茨城県阿見町の会社員山上高広さん(当時27歳)の父・明雄さん(64)は「死刑執行をできるだけ遅くして、被告が(事件について)考える時間ができればいい」と話した。(引用終わり)
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

浅田真央 4連覇で初の五輪へ

2009-12-28 08:00:43 | スポーツ
浅田真央、4連覇で初の五輪へ=2位の鈴木も初代表に-全日本フィギュア(時事通信) - goo ニュース

昨日TVで「坂の上の雲」を見ていたら画面に白いテロップで速報の案内が出ました。
この暮れに何事か?と心配しましたが「冬季五輪の代表選手」に浅田真央さん、安藤美樹さんそして鈴木明子さんが選ばれたとの速報でした。
ホッ!

この所浅田真央さんは不調でしたが立ち直ったなと感じましたがやはり日本選手権最終日の今夜4年連続で4度目の優勝を果たしていました。
おめでとう御座います。

安藤さんと鈴木さんと3人揃って「韓国のキムヨナ」を退けて貰いたいものです。

男子は高橋、織田と小塚選手が選ばれました。
過日高橋選手の膝手術後の厳しいリハビリ映像を見ましたよ。痛そうー

男子も是非頑張ってください。


時事通信:
来年2月のバンクーバー冬季五輪代表最終選考会を兼ねたフィギュアスケートの全日本選手権最終日は27日、大阪・なみはやドームで行われ、女子は浅田真央(19)=中京大=が4年連続4度目の優勝を果たし、日本スケート連盟の選考基準を満たして初の五輪代表に決定した。

 安藤美姫(22)=トヨタ自動車=はグランプリ(GP)ファイナル2位で既に2大会連続の五輪出場が決まっていた。女子の3人目には今大会で2位に入った鈴木明子(24)=邦和スポーツランド=が初選出された。

 男子は全日本優勝の高橋大輔(23)=関大大学院=、織田信成(22)=関大=とともに、今大会3位の小塚崇彦(20)=トヨタ自動車=が初めて代表に選ばれた。

 アイスダンスは今大会優勝のキャシー・リード、クリス・リード(木下工務店ク東京)の姉弟組が初出場する。  (引用終わり)
コメント   トラックバック (17)
この記事をはてなブックマークに追加

鳩山首相 普天間基地 国外移転を否定

2009-12-27 07:46:17 | 政治
普天間、国外移設を否定=「抑止力の点でグアム無理」-鳩山首相(時事通信) - goo ニュース

鳩山首相という人は面白い人ですね。
昨日26日鳩山首相はラジオ番組で:
1:普天間基地の移設問題と
2:地域主権確立のため憲法改正を述べたそうです。

各新聞は論評を絞るためか二つを分けて報道しているようです。
さて素人の爺が聞いても「普天間基地の海外移設を否定」とは何の目的があって今ここで表明するのか理解に苦しむものです。

国内に賛否入り乱れる中、ようやく三党合意で「来年5月まで先送りを決めて米国に公式に通知」したばかりですよね。

そして「否定の理由付け」が海兵隊がいなくなれば抑止力が落ちると(鳩山首相が)気が付いたとの事の様です。
16日のブログに書いた様に「海兵隊の存在」と抑止力は何の関係も無いと爺は思いますがそうであるかないかも含めて三党で検証しようと決めた筈。
早速社民党が噛み付きました。

鳩山首相の「神経内科的診断をしてみたいものです」或いは普天間移設に関する発言の脈絡の無さが「宇宙人」とか「なまこ」とか呼ばれているのかも知れません。
どうなりますか?
まあそんな訳で「憲法改正」なんてこの方の下ではとても無理!

本人はインドに出かけてしまいました。


時事通信:
鳩山由紀夫首相は26日午後、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先について「現実の中で考えれば、抑止力の観点からみて、グアムにすべて普天間を移設させることは無理があるのではないか」と述べ、米領グアムなど国外移設の可能性を事実上否定した。アール・エフ・ラジオ日本の番組収録で語った。社民党が有力な国外移設先と位置付けるグアムを首相が排除する考えを示したのは初めて。同党からは「真意が理解できない」と批判する声が上がっている。

 首相は普天間の国外移設に関し「果たして抑止力という観点から、十分かどうかという議論は、やはり相当大きくある」と強調。その上で、米海兵隊約8000人のグアム移転で米側と合意していることを指摘し、「それ以上(の国外移転)というのはなかなか難しい」と語った。

 首相は先に、2006年の日米合意を見直し、キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)以外の新たな移設先を社民、国民新両党と協議の上、来年5月までに結論を出す方針を表明。28日には平野博文官房長官が主宰する政府・与党実務者級の協議機関が初会合を開き、検討作業を具体化させるが、調整は難航しそうだ。  (引用終わり)
コメント (6)   トラックバック (5)
この記事をはてなブックマークに追加