王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

ノーベル医学生理学賞 本庶佑氏が受賞 !!

2018-10-02 06:15:01 | 科学
本庶佑氏にノーベル医学生理学賞 新しいがん治療法を開発
昨日1日夕刻TVニュースを見ていたら画面に白いテロップが流れ今年度のノーベル医学生理学賞を京大の本庶佑特別教授が受賞と報じました。
オメデトウ御座います!!

番組は7時前の報道枠の中で京大で行われる記者会見の模様を流したかった様ですが間に合わずに終わりました。

その後の報道で受賞の対象は「体内の異物絵¥を攻撃する免疫反応にブレーキを掛けるたんぱく質を突き止め、がんの免疫治療薬開発に道」を開いた事で共同受賞者にテキサス大ジェームズ・アリソン教授も同賞を授与されるとの事でした。

話は戻って本庶氏の研究が元になって現在免疫治療薬としてがんの治療に使われる「オブジーボ」が開発されたそうです。
浜爺もこの名前を聞いた事があります。薬価が高いので引き下げられたとか聞きましたよ。

余談ですが速報は活字で流れましたが本庶佑氏のお名前を何と読むのか気になっていました。
昨夜会見後のウエブニュースでもお名前に振り仮名が無いんですよ。
庶民の庶なら「しょ」佑は「ゆう」か「たすく」でしょうかね?
今朝のA新聞には「ほんじょたすく」と振り仮名が有りました。
大切な話をさておき脱線した浜爺のお粗末でした。
改めておめでとうございます!!


写真:京大で記者会見する本庶特別教授

共同通信:
【ストックホルム共同】スウェーデンのカロリンスカ研究所は1日、2018年のノーベル医学生理学賞を、体内で異物を攻撃する免疫反応にブレーキをかけるタンパク質を突き止め、がんの免疫治療薬開発に道を開いた本庶佑京都大特別教授(76)と、米テキサス大のジェームズ・アリソン教授(70)に授与すると発表した。

 授賞理由は「免疫反応のブレーキを解除することによるがん治療法の発見」。同研究所は「世界で年に何百万人もの命を奪うがんとの闘いで、本庶氏の発見に基づく治療法が著しく効果的だと示された」と評価した。

 発見はその後、免疫治療薬「オプジーボ」として実用化された。
(引用終わり)
コメント

探査ロボ りゅうぐうに着地 写真撮影 !!

2018-09-23 12:53:56 | 科学
探査ロボ、りゅうぐうに着地=世界初、小惑星上で移動、撮影―JAXA

22日JAXAは探査機「ハヤブサ2」が投下した2台の小型探査ロボ「ミネルバ2」が小惑星「りゅうぐう」への着地に成功したと報じました。

ロボはジャンプしながら写真を撮影しそれを上空の「はさぶさ2」に送信し半日掛り(230万キ?程ロはなれているので)JAXAが確認したそうです。

前回の「はやぶさ」は探査ロボは機能しませんでしたが今回は最挑戦に成功した様です。
この後1年半ほど「りゅうぐう」を探査し集めたデーターや資料を2020年頃に持ち帰るそうです。
2020年東京五輪の年ですねー!
今回も「はやぶさ2」も大気圏突入で燃え尽きる様ですがその直前「断熱カプセル」を地球に放出するそうです。
上手くゆくと良いですね。
それまでに浜爺は物忘れが激しくならない事を願っています。

話は変わりますがJAXAによる宇宙ステーションへの補給船「こうのとり」の打ち上げも今日23日未明に成功したそうです。
科学技術の力が安定しているのを見るのは一服の清涼剤になります。


写真:探査ロボットの撮ったりゅうぐうの地表

時事通信:
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は22日、探査機「はやぶさ2」が投下した2台の小型探査ロボット「ミネルバ2―1」が、小惑星「りゅうぐう」への着地に成功したと発表した。着地後に内蔵モーターでジャンプし、別の地点に移動することにも成功した。JAXAによると、小惑星など重力の小さい天体上で、探査機が移動に成功したのは世界初という。

 ミネルバ2は21日午後、りゅうぐうの赤道北側約140メートルの地点に向けて投下された。着地後、上空20キロのはやぶさ2にデータや写真を送信。JAXAは22日、届いたデータなどからミネルバ2がりゅうぐうに着地し、少なくともうち1台はその後、ジャンプして移動に成功したことを確認した。

 ミネルバ2からの写真には、投下直後のはやぶさ2や、ジャンプ中に撮影したりゅうぐうの地表などが写っていた。

 21日に投下されたミネルバ2は、JAXAと会津大(福島県会津若松市)などが開発した2台で、いずれも直径18センチ、高さ7センチの円筒形で重さは約1キロ。太陽電池で内蔵モーターを回転し、反動を利用してりゅうぐうの表面を飛び跳ねる方式で移動する。着地点で地表を撮影してはやぶさ2に送信し、別の場所にジャンプして観測することを繰り返す。

 JAXAは2005年、初代「はやぶさ」でも小型探査ロボット「ミネルバ」を小惑星「イトカワ」に向けて投下したが、放出タイミングがずれて着地に失敗。今回は約13年ぶりの再挑戦で成功させた。

 開発担当者の吉光徹雄JAXA准教授は「仕込んだ通り撮像できてよかった。小天体での移動メカニズムの有効性を確認でき、長年の研究成果が実を結んだことを実感した」とコメントした。 
(引用終わり)
コメント

はやぶさ2 りゅうぐうに到着 !!

2018-06-28 09:27:25 | 科学
「ほっとしたが、いよいよ本番」=研究者に笑み―はやぶさ2

昨日27日JAXAは「午前10時前はやぶさ2がりゅうぐうに到着した」と発表しました。
平成14年12月の打ち上げ以来3年半を掛けて32億キロと何だか生活実感に無い距離を航行しての快挙ですね。
そそっかっし浜爺は「てっきり着陸した」と思ったのですがはやぶさ2は「りゅうぐうの上空20キロのあらかじめ設定されたポイントに到達」した記録が確認できたのだそうです。
32億キロの距離から見れば玄関先と入口のドア前程の差もなさそうです。

まあイオンエンジンをふかしながらとはいえどうやって計算すれば玄関先に着くのか数学無知の浜爺はただただ驚くばかりです。
この後竜宮への着陸があり資料採取とさらに4年くらいかかって機関の旅があるのですね。
資料によっては太陽系の出来た過程が解明されるかも?
まだまだ話題を提供しそうです。
JAXAの皆さん引き続き頑張ってください。
見守っています。


時事通信:
 「りゅうぐうに到着したことを確認した」。27日午前11時前、探査機「はやぶさ2」の到着を発表した宇宙航空研究開発機構(JAXA)吉川真准教授は、「半分はほっとしているが、いよいよ本番という緊張感も出てきた」とほほえんだ。

 吉川准教授によると、午前9時54分ごろ、JAXAの宇宙科学研究所(相模原市)にある管制室ではやぶさ2が到着したことを示す観測データが示されると、居合わせた約30人の関係者にほっとした空気が広がった。

 責任者の津田雄一准教授が到着を宣言すると拍手が起こり、関係者同士が握手を繰り返し、抱き合う人も居たという。

 初代はやぶさの責任者だった川口淳一郎教授も管制室に姿を見せ、津田准教授と握手。関係者と喜びを分かち合った。

 繊細な操作が続き、作業が夜に及ぶこともあった。「ハードな運用が続いていた」とねぎらった吉川准教授は、「りゅうぐうからはかなりのサイエンス成果が上がりそうな直感がある」と期待をにじませた。 
(引用終わり)
コメント

「きぼう」からケニア発の人工衛星を放出 !!

2018-05-13 09:46:08 | 科学
一昨日11日夜JAXAは国際宇宙ステーション内の日本実験棟「きぼう」からケニア初の人工衛星等計3機の衛星を放出したそうです。
その後の報道はありませんから当然人工衛星の軌道に沿って宇宙を周回しているのでしょうね。

放出されたのはケニアのナイロビ大学が開発したもの、コスタリカ発の衛星それトルコの大学の衛星3機で日本人宇宙士金井さんの手により行われました。

別紙によればJAXAは2020年までにこの手の超小型人工衛星の放出を100機ほど行う計画とか。
超小型(10センチ立方ほど)であれば中小国でも開発費用の負担に耐えられそうです。
後はステーションまでの運送費用と実験とからの放出費用がリーズナブルであれば(大した稼ぎにならないまでも)他国の科学技術の振興と衛星によるデータの活用でその国の国民生活に資することになります。
「安い、うまい、はやい」は顧客サービスに大切な要素ですよ。
是非頑張って下さい。


写真:国際宇宙ステーション(Jaxa HPより)

時事通信:
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11日夜、ケニア初の人工衛星など計3機の超小型衛星を国際宇宙ステーション(ISS)日本実験棟「きぼう」から放出した。
 放出されたのは、ケニア・ナイロビ大が開発した衛星と、中米・コスタリカ初の衛星、トルコ・イスタンブール工科大の技術実証衛星の計3機。4月に米国の宇宙船でISSに運ばれ、滞在中の金井宣茂さん(41)が放出準備作業を行った。
 筑波宇宙センター(茨城県つくば市)の管制室で見守ったケニア教育省のアミナ・C・モハメド長官は「ケニアにとって歴史的な一歩。若い人たちに衛星開発の夢を抱いてもらえる瞬間になった」と述べた。(2018/05/11-21:15)
(引用終わり)
コメント

中国 天空1号 大気圏再突入 !!

2018-04-02 14:13:55 | 科学
中国の宇宙ステーション実験機 大気圏に再突入

今日2日朝6時台のニュースでは中国の宇宙ステーション天空1号が大気圏に再突入するのだけ度制御不能で落下地点をピンポイントできないと報じていました。
どうやら赤道を中心に東西に幅広い範囲が燃え残りの落下物が落ちる可能性があるようです。
解説の科学者は破片が車や物に当たれば(人に当たればとは言わ無かった)被害が出るとつつましやかに語りました。

お騒がせ宇宙ステーションは午前9時15分頃南太平洋中部付近に落下したそうです。
どうやら具体的な損害は出なかった様で心配はまさに「杞憂」二終わりました。
良かった 良かった。


写真:聯合ニュース

NHKニュース:
制御不能になっていると見られる中国の宇宙ステーションの実験機、「天宮1号」について、中国で有人宇宙飛行プロジェクトを進める機関は日本時間の2日午前9時15分ごろ、南太平洋中部付近で大気圏に再突入したと発表しました。実験機の大部分は再突入の際に燃え尽きたとしています。

中国が2011年に打ち上げた宇宙ステーションの実験機、「天宮1号」はおととし、制御不能になって徐々に高度を下げ、2日にも地球の大気圏に再突入すると見られてきました。

そして、中国で有人宇宙飛行プロジェクトを進める機関は、「天宮1号」が、日本時間の2日午前9時15分ごろ、南太平洋中部付近で大気圏に再突入したと発表しました。実験機の大部分は再突入の際に燃え尽きたとしています。

「天宮1号」は、全長およそ10メートル、重さ8.5トンで、大きさは大型バス並みです。

地球の大気圏に再突入する際に、燃え残った破片が地球に落下するおそれがあるとして、世界各地の宇宙機関や団体が監視を続けていました。
(引用終わり)
コメント