王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

国の借金  1053兆円 過去最大 !!

2015-05-09 08:15:07 | 国債 財務省証券
「国の借金」1053兆円=過去最大、1人当たり830万円―14年度末(時事通信) - goo ニュース

昨日8日財務省は2014年度末の「国の借金」が1053兆円となったと発表しました。
財務省の発表によれば:

1:国債及び借入金残高 1024兆9千億円

2:政府保証債務      44兆5千億円

  合計        1069兆4千億円

ですから1053兆4千億円という数字は無いのですよね。

どれかの項目を取り上げないのか重複が有るのかも知れません。
まあ大枠で1000兆円を越えてしまったという事です。

これまで何度も書いてきましたが「毎年の一般会計予算が50兆円の税収にもう50兆円の国債を発行」していては これを真っ当な方法で解消するにはとても無理ですね。 

一番簡単な方法は行けるところまでこのままにして個人資産1500兆円と相殺ですからお金持ちは気を付けましょう。


時事通信:
財務省は8日、2014年度末の「国の借金」が前年度末より約28兆円増えて1053兆3572億円となったと発表した。高齢化による医療や年金といった社会保障費の伸びなどを背景に、過去最大を更新。今年4月1日時点の人口推計(1億2691万人)で割ると、国民1人当たりの借金は約830万円となる。
(引用終わり)
コメント

13年度補正 5兆4654億円

2013-12-14 08:10:13 | 国債 財務省証券
13年度補正、閣議決定=消費増税にらみ5兆4654億円(時事通信) - goo ニュース

政府は12日総額5兆4654億円の補正予算を決定しました。
財源は税外収入などを元に国債の追加発行はないとか。
それでもざっと税収50億円に新規国債42兆円規模の合計92兆円が予算の骨格です。

別紙では14年度の新規国債発行額は41兆円規模として13年度当初発行額42.9兆円比1兆円強減り2年連続の減額となります。
しかし50兆円の税収に40兆円の国債と併せ90兆円の国家予算の異常さは少しも改まっていません。

リーマンショックを機に景気対策を口実に膨らんだ国家予算は6年連続40兆円の赤字国債が続いています。

国家予算言い換えれば国民から取る税金の総額を決めないで消費税率を来年4月から8%にするのですから「漏れたざるで水を掬いながらそこに消費税を僅かに注いでいる」様にしか見えません。
国会議員の定数、報酬などから始まって「規制改革」をまずやって国家支出を適正な規模に落とさないといけない筈でした。
消費税が10%になったら一部食品の免税をどうするかなんて揉めてないで10兆円ほどの冗費を節約する事が先ですよね。

浜爺は消費税の値上げに反対します。役人の好きな欧米がそうでも日本だけは「消費税をとらない國」にする事が大切なんです。


時事通信:
 政府は12日の臨時閣議で、総額5兆4654億円の2013年度補正予算案を決定した。14年4月の消費税増税に備えた経済対策を財政面で裏付ける。東京五輪開催に向けたインフラ整備や、低所得者・子育て世帯への現金給付などが柱。

 増税後の4~6月期に予想される景気の落ち込みを補い、成長を確実にするのが狙い。補正後の13年度一般会計予算総額は、過去4番目に大きい98兆770億円に膨らんだ。

 麻生太郎副総理兼財務・金融相は、閣議後の記者会見で、補正予算案について「4~6月期の需要を喚起できる。いい規模ではないか」と述べ、景気の下支え効果に期待感を示した。

 補正予算案は、東京五輪で主要会場となる国立競技場(東京都新宿区)の改修関連費213億円など「競争力強化策」に1兆3980億円を計上。子育て支援・少子化対策や、学校の耐震化といった防災・安全対策にも予算を確保した。

 歳入では、企業業績の改善により13年度の当初見込みを上回る税収2兆2580億円、NTT株売却益1533億円を含む税外収入、12年度剰余金などを活用。新たな借金となる国債の追加発行はしない。
(引用終わり) 




コメント

国債格下げ 菅首相 「疎い」発言で釈明

2011-01-28 18:52:38 | 国債 財務省証券
菅首相「聞いてないとの意味」=「疎い」発言で釈明-野党は追及・国債格下げ(時事通信) - goo ニュース

27日夜菅首相は「日本の国債格下げについて」記者団から問われると「その事については疎い」と発言して物議を醸しました。

「S&P」格付け会社が日本の長期債権の格付けを「AAからAAマイナス」に1段階下げた事についてどう答えたら野党やマスコミは満足したのでしょう??

「実に日本の経済の実態を表していないので強く憤りを感じる」或いは
「AAマイナス」ですんでほっとした。この間に財政再建に取り組む。
と答えたらどちらも強い批判を受けたでしょうね。

何度も書いていますが日本の国債と借入金の残高は平成22年9月末で900兆円を超えています。
ざっとGDPの2倍にも達しているのです。マスコミで判りやすく説明するのは年の税収が50億円としても18年分の借金を抱えている状態です。
個人なら当然「自己破産」して生活を立て直さなければいけません。
企業でも旧国鉄は解体しJRになり申請しました。最近では日航が解体され新体制に向け苦闘中です。
もはや日本国も解体し旧債を破産日本に残し借金の無い新日本で国の政策を立案しなければいけません。
日本だって昭和20年の敗戦を受け昭和21年に掛けて過去の戦時財政を預金封鎖と新円発行で整理しました。
国債その他の残高900兆円を整理解消するとの固い意志を示さない限り「財政再建」なんてその場限りの彌縫策に過ぎません。

地方財政についても事実上破産している自治体が出ています。
米国では州政府の財政悪化が深刻でシャワちゃんが知事だったカリフォルニア州なんかは公務員(消防士や教師他)の出勤を制限して支出を調整してましたよね。
この赤字の規模なんか日本の有名なタレント知事の県ほどの赤字でもありません。
その米国では「州といえども破産させることが出来る」様に連邦法を変えるそうです。

日本では自治体は破産出来ないとの規定が憲法?に有るそうですがそんな規定に縋っていては国民は飢え死にしてしまいます。
米国のやることなら何でも真似してやっではどう答えたら野党やマスコミは満足したのでしょう??
てきた日本政府なんですからせめて‘「国債格下げ」は国際社会からの警鐘と思う’とか‘地方自治体の解体(倒産)を認める所から手をつける‘位は言って欲しかったですよ。

今朝もTVで与謝野経済財政相が消費税を上げてとか歯切れ悪く語っていました。
一般財政の赤字を止めることなく消費税を社会保障目的税に使うなんて絵に描いた餅に過ぎません。
民主党には随分期待をしたのですが駄目ですね。野党の自公も全く生彩有りませんので国民は悩ましい所です。繰り返します「赤字国債を垂れ流しながら消費税率アップ程度では日本の財政は救えません」
日本を救う人材はどこに眠っているのでしょうね。


時事通信:
菅直人首相は28日午前の参院本会議で、日本国債の格付け引き下げをめぐる27日の自身の「疎い」発言について、「(衆院)本会議場を出た直後で聞いていなかった、情報が入っていなかったことを申し上げた」と釈明した。その上で、「財務相時代にギリシャ危機に当たって、財政、国債がいかに重要かは、嫌というほど認識させられた。大切なのは財政規律、市場の信認を維持することだ」と強調した。公明党の山口那津男代表が「危機感に乏しく、それを乗り越える決意も浅い」と発言を批判したのに答えた。

 首相の答弁を受け、山口氏は記者団に「本会議中であっても、情報が届いていなかったこと自体が問題だ」と指摘した。

 参院本会議に先立ち、首相は閣僚懇談会で「詳しく聞いていないという意味だった。格付けに詳しくないということではない」と述べた。

 自民党も首相の発言を厳しく追及していく方針だ。同党の石原伸晃幹事長は、党本部で記者団に「問題の重要性に気付いていない。国民がこの首相を仰いでいる限り、最大不幸社会だ」と厳しく批判した。(引用終わり)




コメント (2)   トラックバック (3)

幹事長に岡田氏

2010-09-17 09:11:38 | 国債 財務省証券
前原外相、海江田経財相 幹事長に岡田氏起用(朝日新聞) - goo ニュース

官内閣の組閣と党内人事が着々と進んでいるのでしょう。
昨日夕刻16日知人がサラリーマン向けタブロイド版の夕刊紙を呉れたが、それには岡田氏が幹事長を固辞とあった。
その後夕刻のTVニュースでは「これも天命だろう」見たいなセリフで幹事長を受けた事を表明していた。
まあ大変な時期に幹事長を引き受けるのだから考える事は多かったろうと思うけど初めての幹事長職でなし「天命」なんて言わないで「党と国民の為、渾身の努力をする」位は言って欲しかった。

さて新聞事例に寄れば前原氏は外相に転出らしいがその適正はどうでありましょう。
国交相として「くちだけ大臣」とか「大人なのに子供(見たいな)大臣」と揶揄されていました。外交問題には発言を慎重にして欲しいものです。
午後の発表待ちですね。


朝日新聞:
直人首相(民主党代表)は16日、焦点だった党幹事長に岡田克也外相を起用し、外相には前原誠司国土交通相を充てることを決めた。政策調査会長に留任する玄葉光一郎氏は国家戦略相として閣内にとどまる。また、海江田万里・衆院財務金融委員長を経済財政担当相に、党の国会対策委員長には鉢呂吉雄・衆院厚生労働委員長をそれぞれ起用する。首相は、小沢一郎前幹事長と輿石東参院議員会長に代表代行への就任を要請したが、輿石氏は固辞。小沢氏も受けない意向だ。

 首相は16日夜、小沢氏の処遇については「いろいろお願いしようと考えている」と首相官邸で記者団に述べていた。首相は党役員人事を17日午前の両院議員総会に正式に提案し、承認を求める。(以下省略)

コメント   トラックバック (2)

国の借金882兆円 過去最大を更新

2010-05-12 07:49:52 | 国債 財務省証券
国の借金882兆円=過去最大を更新-09年度末(時事通信) - goo ニュース

10日財務省が平成22年3月末(平成21年度末)の「国の借金」が882兆9235億円で有る事を発表した。

1:国債及び借入金現在高

その1:内国債      720兆4890億円
その2:借入金       56兆4063億円
その3:政府短期証券   106兆0281億円
--------------------------------------------
その合計         882兆9235億円


2.政府保証債務現在高
 
    政府保証債務    46兆5960億円

1+2 合計       929兆5195億円

新聞報道は1の国債及び借入金を取上げ883兆円となり、前年度比36兆4千億円余りが増えたと報じている。
リーマンショックを受けて自公政権が予算案成立と同時に補正予算案を組み政権交代で鳩山連立政権が誕生したが補正予算の圧縮が機能せず2年ぶりの増加となった。

更に22年度末には44兆円の新規国債の発行が予定されている為、973兆円に達する見込みですと。


過日ギリシャの経済危機について書いたがそれには日本の財政危機が頭を掠めていた
EC加入の条件は赤字財政はGDPの3%以下が目安の様だがギリシャは4%と公表されたが政権交代で13%であった事がばれた。又累積赤字はGDP比113%(EU規定60%)が一層の危機を煽ったそうである。
さて日本は如何でしょうか?
10年度予算は:
税収   38兆円
税収外  10兆円(埋蔵金その他)
新規国債 44兆円
-------------------------
合計   92兆円 ですから

日本のGDPが500兆円前後として10年度の赤字財政比率は8.8%(44÷500)
赤字国債残高比率はなんと!!! 09年度末で176% 10年度見込みで195%
にも達する。

日本には個人資産が1400兆円ほどあるからまだまだ大丈夫とする亀井大臣を始め政府びいきの学者が居る。

仮にそれだけ有るとして自分の住んでいる市町村が財政破綻したとして真面目に暮してきた爺のポケットからなけなしの金銭を奪って補填しようとしたら無体であろう。
個人資産で公金の不足を補うという発想は上に書いたような話なのです。

またその1400兆円も副島隆彦(そえじまたかひこ)氏著日米振り込め詐欺大恐慌によれば
郵貯、銀行預金、証券会社を通じて海外に流れ(サブプライム危機、リーマンショックなどを通じ)額面だけがあるものの金銭の価値が0に近い金融商品に変わってしまっているそうである。デリバテブ商品と呼ばれる仕組み債による米国の損害は8京(けい--兆の1万倍)円に及び解け合い(相互に契約解除すること)をしても5%は実質補填の金が必要でその額は4000兆円に達するそうである。

金のある方はくれぐれも上手い話にご注意あれ。
金の無い爺は「なけなしの年金が減らされぬよう鳩山政権をしっかり見張る」しか方法がない。

爺はたびたび主張する。
米国に吸上げられた米国財務省証券(米国債)1兆ドル(100兆円)は返してくれないのだからこれを補償基金にして日銀に無利子の10年物政府債を当面100兆円ほど差し入れその金で市中の国債を償還(買い入れ)してしまえば良い。
無利子の債券は年1%の減価をして(経済法則)10年で10%、10回の書き換えで価値0となり借金が消える。
これをやらなければ米国のドルの崩壊に巻き込まれハイパーインフレで1兆ドルも国民の資産1400兆円も紙くずとなる。
その前に日本発の経済危機が起こる可能性が高い。
役人3割の首切り、年金の30%減額と30%の増税そして不景気などなど。
老人にも子どもにも辛い。

しっかり世間を見回しましょう。国士は居ませんかね。


時事通信:
財務省は10日、国債や借入金などを合計した「国の借金」が2009年度末現在で882兆9235億円となり、前年度末比で36兆4265億円増加したと発表した。景気低迷による税収減と歳出の拡大で普通国債発行額が増えたことから2年ぶりに増加し、過去最大を更新した。4月1日時点の推計人口(1億2739万人)で割ると、1人当たりの借金は約693万円になる。

 国の借金は、普通国債のほか、特殊法人などへの貸付原資となる財投債と一時的な国の資金不足を補う政府短期証券、借入金などの合計。09年度は普通国債が48兆360億円増の593兆9717億円に膨らんだが、財投債(8兆8248億円減の122兆2253億円)や借換債の前倒し発行が予定より減少。借金の合計は当初見込んでいた約900兆円をやや下回った。

 今年度は税収を上回る約44兆円の新規国債発行が予定されており、増加ペースが加速。10年度末の借金は973兆1626億円に達する見通しだ。(引用終り) 
コメント   トラックバック (2)