王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

24日 旧統一教会との付き合いはどこまで?細田衆院議長がまた非公開で説明、組織票の割り振り否定

2023-01-25 09:37:31 | 旧統一教会関連
昨日24日衆院議長の細田博之氏は議長公邸で衆院運営委員会の与野党理事らと「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)との接点について、昨年10月に続いて説明した」と新聞系マスコミ各紙は報道しました。今回も「懇親会」の様で冒頭に記者会見に替わり写真撮影のみあり、議事録も残さない様ですから細田氏も自民党もいやいや会見なのは良く感じられます。大概のマスコミ紙は「会談のあった事」を確り報じてますが、この記事の東京新聞と朝日新聞が一時間にわたる事前質問の応答の一部を聞き出して(と思われます)興味深い事を伝えています。
その中で:
1)2019年団トップの韓鶴子ハンハクチャ氏が出席した会合で「安倍(晋三)首相に報告したい」などと挨拶しそれがSNSなどで広がったことに関し「それはリップサービス」で安倍首相には報告しなかった。
2)教団との関係では「安倍氏の祖父の岸信介元首相と教団の結び付きを念頭に「大昔から関係が深い、こちらは最近だから」と語り
3)選挙で細田派内に教団の組織票を割り振ったと報じられたことには「思い当たる事実はない」と反論。
したそうです。
懇談会形式ですから、報道しない自由もあるのかも知れません。 しかし、見方によれば「俺はやってないけど前からの人がやってたんだよ!」 と語るに落ちているとも思えます。与党はこれにて「一件落着」で幕引きとしたいことろですが、はてどうなるでしょうか?

写真:衆院議院運営委の山口委員長(左)と面会する細田議長=東京・永田町の衆院議長公邸で

東京新聞:
細田博之衆院議長は24日、衆院議院運営委員会の与野党理事らと議長公邸で会い、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)との接点について、昨年10月に続いて説明した。自民党細田派(現安倍派)の会長時代、選挙で教団の組織票を差配した疑惑に関し「事実はない」と否定するなど、新たな事実は明らかにしなかった。昨年と同様に非公開の場での対応にとどめ、野党側が求めた記者会見は重ねて拒否、立憲民主党や共産党は強く批判した。(佐藤裕介、曽田晋太郎)
 細田氏は、議運委側が事前に取りまとめた質問に約1時間、口頭で回答した。理事らによると、教団トップの韓鶴子ハンハクチャ氏が出席した2019年の会合で「安倍(晋三)首相に報告したい」などとあいさつした動画が交流サイト(SNS)上に投稿されていることに関し「リップサービスで言った」と述べ、実際には伝えていないと釈明。安倍氏の祖父の岸信介元首相と教団の結び付きを念頭に「大昔から関係が深い」という認識があったと説明した。
 選挙で細田派内に教団の組織票を割り振ったと報じられたことには「思い当たる事実はない」と反論。教団側の意向を政策に反映させたことは「決してない」と否定した。
 細田氏は自民党会派を離脱しているため、党が昨年夏に実施した国会議員の「点検」の対象外だった。対外的な対応は、文書を発表した昨年9月を含めて3回目だが、一度も公の場で説明していない。理由を問われ「過去のことについて、議長の立場として会見などで答えるのはふさわしくない」と語ったという。
 面会を終え、自民党は「野党の質問にも明確に答えた」(議運幹部)と幕引きを図る構え。一方、野党筆頭理事を務める立民の笠浩史氏は「説明責任を果たしたか、疑問が残る。自民党が責任を持って調査すべきだ」と主張。共産党の塩川鉄也氏は「オープンの場で説明することが必要だ」と訴えた。
(引用終わり)


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

10日 旧統一教会被害者救済法が成立も宗教2世の夏野ななさん(仮名)「新法成立をもって解決したと考えないで」

2022-12-11 09:53:30 | 旧統一教会関連
昨日10日 参議院本会議で「旧統一教会の問題を受けた被害者救済を図るための新たな法律」が成立しました。
「今後は実効性の確保が課題となります」とはNHKの記事の冒頭の記述です。
さて、今朝も「サンモニ」でこの問題に言及していましたがパネラーの寺島実郎さんが、ここをクリック⇒「被害者の救済という民法上の問題で救済を論じてきたが、そもそも旧統一教会による反日活動とそれによる海外送金、加えて保守政治家との絡み合い」を整理して考えないといけない! と正論を重ねて述べていました。
素人が見ていても、旧統一教会2世による「安倍前首相射殺テロ」、その背景にはあまり語られませんが安倍氏の祖父「岸信介首相と統一教会創始者文鮮明との癒着」。そこから始まっている保守党政治家の金と票に絡む汚濁」時代の変化による宗教団体(創価学会)の政治団体(公明党)との連立政権の成立、必然的に「宗教による献金或いは寄付行為に対する遠慮」などが重なり、自民党は「宗教団体による献金或いは寄付行為の規制」におよび腰でした。
それを何とか全国霊感商法対策連絡会などの活動や野党の応援も有って、60点くらいの出来には仕上げたと思われます。
「サンモニ」を見ながら朝刊を斜め読みしていたら週刊ポストの広告に「2世信者離れ」 自民党がまさかの「公明党切り」票の切れ目が縁の切れ目 とものすごい迫力ある 文字が目に入りました。一般的に世帯が高齢化する中で、公明党といえど信者数は減り必然的に「2世信者が親と同様の寄付や献金はおろか奉仕活動をする」とは難しいのでしょうかね? 詳しくは買って読まないと中身は判りません? 2年以内と言わず、この全国霊感商法対策弁護士連絡会をはじめ在野の活動家や野党の助けを借りて、「マインドコントロール」を厳しく規制する規制を考えて欲しいものです。今年の国会は終わりましたが、文科省による「質問権の行使」に旧統一教会は団ボール箱8箱だか回答をしたそうで、それの精査にかかわる問題は来年初めの通常国会の関心事の一つになるのは間違い有りません。岸田首相の覚醒を期待しています。

写真:救済法を受けて記者会見する全国霊感商法対策弁護士連絡会の弁護士ら 

スポーツ報知:
 全国霊感商法対策弁護士連絡会は10日、この日成立した霊感商法などの被害者救済法の成立を受け東京都内で会見した。
 連絡会は法律の成立に対し「家族問題、2世問題の様々な被害実態に対処するためにも被害者や関係者の声を聞き、それを適切に分析して、法的支援に留まらず様々な角度からの支援や新たな実効的な法制度の創設が行われるよう速やかに対処すべきである」などと声明を発表した。
 阿部克臣弁護士(44)は法律の不十分さを指摘し「被害者の声を聞く時間、量、実態の把握が圧倒的に少なかった。政府与党には被害者の声を1人でも多く聞いていただきたい」と話した。
 また宗教2世の夏野ななさん(仮名)は法律の成立を受けて「被害者の声や被害実態をまだ拾い切れていないというのが率直な意見。新法はあくまで高額献金を焦点にした法律でありこれは宗教2世問題のごく一部でしかありません」と述べ「新法成立をもって宗教2世問題が解決したと考えないでください」と話した。
〈引用終わり)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

自民議員と旧統一教会の接点判明連鎖止まらず 木原官房副長官が関連団体から推薦状受け取る

2022-10-30 10:03:32 | 旧統一教会関連
今日は日曜日なのでTVで「サンモニ」を付けてみていました。一週間のレビューで政府の幹部が「旧統一教会との不適切な関係」を次々と認めた状況を流しました。メインパネラーの寺島実郎氏が「この追及で肝心な点がずれている」と安倍元首相国葬問題」の時に語ったここをクリック⇒「旧統一教会の反日的教義を国として検証しなければいけない」と警鐘を鳴らしました。要点を書けば「岸本首相(安倍元首相の祖父)と教祖文鮮明 との癒着」から政界との関係を検証し、どうするかを国益に立って判断しなければいけない」という厳しい指摘です。それが岸田政権にできるかどうか?が問われると、勇気ある発言を今朝もしていました。
時事通信の今日の生地でも「旧統一教会との関係は断て」と中央で言われただけでは「地方は選挙もできない(つまり勝てない議員が大勢いる)」と言い切る議員が居たり、旧統一教会との関係のどこが悪いのか? と言い切る議員もいるとか報じています。「票になりさえすればどういう金集めをした人でも有難い」精神が骨までしみ込んでいる地方議員が居るという事を低音で流しています。まだまだ騒動は続きそうです。次は誰ですかね?

写真:木原官房副長官 記事の写真はコピペ出来ないのでネットから

日刊スポーツ:
自民党の木原誠二官房副長官が28日、昨年10月の衆院選の際に世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の関連団体から推薦状を受け取っていたことが明らかになった。木原氏は関連団体が求めた「推薦確認書」については「交わした事実は確認されなかった」と署名したことを否定したが、木原氏は岸田文雄首相が率いる岸田派の最側近の1人で、身内閣僚による逆風が吹き荒れている。
岸田文雄首相は、この日の参院本会議で、自民党の一部議員が旧統一教会の関連団体と交わした事実上の政策協定となる「推薦確認書」について、党として調査しない考えを明らかにした。岸田氏は「選挙にあたり各候補者が政策分野を含め、さまざまな団体と書面のやりとりを行っている。その上で推薦確認書に署名したことが選挙への支援につながっているかどうかがポイント」と強調した。その上で「党として所属国会議員による点検結果を取りまとめ、すでに公表をしている。推薦確認書に署名したと認めている議員が説明しているように党の点検結果との関係については議員本人が説明すべきもの」と党としての介入を避けた。
だが、自民党議員と教団側の新たな接点判明が止まる気配はない。24日に教団側と複数の接点が相次いで判明した山際大志郎前経済再生相が事実上の更迭となった以降も、自民党の大串正樹デジタル副大臣が昨年10月に「推薦確認書」に署名したことを認めた。大串氏は霊感商法、高額献金などの被害を扱う消費者行政も兼務している。さらに、28日夜には山田賢司外務副大臣が旧統一教会の関連団体「世界平和連合」の「推薦確認書」に昨年9月に署名していたと発表。岸田氏を悩ませる内閣支持率低迷の回復は険しくなるばかりだ。【大上悟】
(引用終わり)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

26日 大串副大臣にロックオン 答弁引き出す 早稲田氏の大殊勲 野党から「大ホームラン」

2022-10-27 10:36:34 | 旧統一教会関連
今朝の朝刊各紙は前日「大串正樹デジタル副大臣が世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の関連団体による「推薦確認書」に署名したことを明らかにした」件がトップ記事の様です。
各紙は大串副大臣の写真を添え、報道しています。今朝NHKの朝ドラの後「羽鳥慎一モーニングショー」に切り替えると、丁度この問題を田崎史郎さんをゲストに取り扱っていました。
そんな中でこの参考記事のカナロコは大串副大臣で無く質問者の立憲民主党の早稲田夕季氏(神奈川4区)に焦点当て報道しているので拾ってみました。マスコミ各紙は大串議員に焦点を当てて報道してますが、このカナロコは早稲田議員に焦点を当て報道しています。どうしてかな?と思いましたら神奈川4区は鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市栄区で構成されどうやら神奈川つながりだったようです。
昨日の衆院厚生労働委員会で早稲田夕季氏(神奈川4区)が質問する中で世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の関連団体との関係を「推薦確認書」に大串副大臣(デジタル・消費者庁担当)が署名した事を認めさせたのを褒めその為の下準備に厚生省関連の5名に加え政務三役の出席を求め、消費者庁担当の大串副大臣を外さなかったことだと褒められています。
大串副大臣です(ネットより)

田崎氏の解説では「岸田首相はもう済んだ事」とし「問題としないだろう」と語っていましたが、「また 後出し」と野党が言ってますから、ドミノ更迭につながるかもしれません。世耕参院幹事長は署名について「党の政策と反していなければ、選挙で猫の手も借りたいような議員は、こういう普通のことならサインするというレベルだ」とマスコミに発言しました。しかし、オーム真理教解散以前の霊感商法の類は”旧統一教会”が悪名高かったのですから、世耕氏は具体的害悪・被害を無視して一般化し、実は旧統一教会を守っいる様にもにも見えます。自民党の幹部が「どこまで自民党の立場を守るのか? 自民党を超えて国民の立場を守るのか?」問われてくるのだろうと思います。

写真:厳しい質問した立民等の早稲田夕季衆院議員

カナロコ:
自民党の大串正樹デジタル副大臣が26日、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の関連団体による「推薦確認書」に署名したことを明らかにしたのは所管外の衆院厚生労働委員会だった。マイナンバーカードと健康保険証の統合について問うとした立憲民主党の早稲田夕季氏(神奈川4区)の要求に応じて出席したもので、大串副大臣から「後出し答弁」を引き出した早稲田氏に、野党は「大ホームラン」(共産党関係者)と絶賛。政府与党には「大打撃」(官邸関係者)となった。
 この日の対応で早稲田氏が評価されたのは二つの攻め方。一つは「確認書」への署名の有無をただす政務三役の対象から同席していた大串副大臣を外さなかったことだ。内閣府の消費者担当副大臣を兼務していることを見逃さなかった。
 加藤勝信厚労相ら厚労省の5人は「ありません」などと否定。しかし大串副大臣が「あります」と答えると内閣側委員席や与党議員席から「えっ!」と小声が上がり空気が凍り付いた。
 「攻め」のもう一つは大串副大臣の確認書への賛同の内容を詰めたことだ。早稲田氏から「全面的に賛同したのか」と問いかけられた大串副大臣は「自分は技術者出身なので『日韓トンネル実現』の項目は現実的ではないとして賛同しない」と具体的に説明した。
 答弁などによると、副大臣は国立大工学部出身。民間の老舗重化学工業での勤務経験もあり掘削(ボーリング)にも詳しいという。自民幹部は「彼はばりばりの技術者で答弁は見えていた。国民の関心はトンネルうんぬんではない。ポイントがずれた説明は不信や反発しか招かない。野党にしてやられた」と悔しがる。
(引用終わり)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

26日 福岡の維新市議 ライバルになりすまし「旧統一教会と親密」ビラ配布

2022-10-27 09:51:52 | 旧統一教会関連
昨日夕刻のTVニュースでこの話題を知りました。
日本維新の会所属の堀本和歌子・福岡市議(41)=同市博多区選出=が「元衆院議員の男性になりすまし、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と男性との関係性を示すビラを、博多区内で8月に配布していた」事が関係者(警察か?)への取材で分かったそうです。
謝罪の動画では言い分はともかく「笑って見えた」のは謝罪に見えませんでした。そしてビラをまいたことについて「事実ならば罪にならないと思った」と議員にしては軽率な発言をしていました。「たとえ事実だとしても第三者がそれを外部に触れ歩く事は問題により”その人を貶めたり、個人情報を公開してしまう恐れ」がありますから気を付けなければいけません!! また「なりすまし」については「リツイートのつもりだった」と良く分からない事を言ってました。念のため今朝各紙を見ましたが、そこに言及は有りませんでした。28日議員辞職をするそうでその点では「それなりに責任を取る形になりそうです。日本維新の会も急激に統制を増やす中で「多士済々」はともかくかなり問題含みの議員を抱えているように見えます。野逸材賢人の発掘に一段の努力をしてください。

写真:福岡市議 堀本和歌子さん

毎日新聞:
日本維新の会所属の堀本和歌子・福岡市議(41)=同市博多区選出=が元衆院議員の男性になりすまし、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と男性との関係性を示すビラを、博多区内で8月に配布していたことが関係者への取材で判明した。男性は来春の市議選で、堀本氏と同じ博多区からの立候補を検討している。堀本氏は26日、毎日新聞の取材に事実関係を認め「軽率だった。(男性に)申し訳ない」と謝罪し、28日にも議員辞職を表明する。
 堀本氏はビラを配布した理由について「事実を知ってほしいと思った。ただ(男性に)なりすましたつもりはなく、事実を書けば罪に当たらないと思っていた」などと説明。福岡県警は男性から刑事告発を受け、私文書偽造容疑で堀本氏を任意で事情聴取していた。
 堀本氏や男性によると、ビラは8月8日未明~早朝、博多区内の自治会長宅など一部の民家や集合住宅に配布された。男性が一人称で語る形式で、2019年に韓国で開かれた式典に出席した様子を紹介。旧統一教会の韓鶴子(ハンハクチャ)総裁に対し「元衆院議員として祝辞を述べさせていただきました」などと記されていた。
 男性が配布先の住民らの協力を得て、防犯カメラの映像を集めたところ、車で移動しながらビラを配る人物を確認。車のナンバーから、堀本氏の所有と判明したという。男性は取材に「式典であいさつしたのは事実だが、現在は旧統一教会を問題視する立場だ。なぜ、こんなビラを勝手に作ってまいたのか」と憤る。
 堀本氏はモデルなどを経て、19年の福岡市議選で初当選し、現在1期目。【野間口陽、土田暁彦、河慧琳】
(引用終わり)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする