王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

乃木坂46がレコード大賞 !!

2017-12-31 06:52:54 | 芸能
乃木坂46がレコード大賞受賞 AKB、欅坂との“ガチンコ勝負”制した

昨日30日日本レコード大賞の最終審査が開かれ乃木坂46が「インフルエンサー」でレコード大賞に輝きました。
そして最優秀新人賞はつばきファクトリーが獲得。
両チームともおめでとうございます。

浜爺がここで書きたいことは乃木坂46やライバルチームとして作られた(そうな)欅坂46も名前こそ知っていますがどんなお姉さんたちが居るのかさえ分かりません。まして「インフルエンサー」なる曲のメロディーもです。

新人賞のつばきファクトリーについては名前さえ初めて知った体たらくです。
姉さん格のAKB48だって顔と名前が判るのは指原嬢位ですよ。

と言う事で時代からだんだん遠ざかって行くことを自覚した次第。
大晦日の今朝は横浜は格別寒いです。
どうぞよいお年をお迎えください。


写真:受賞した乃木坂46の面々

デイリースポーツ:
「第59回輝く!日本レコード大賞」(日本作曲家協会主催)の最終審査会が30日、東京・新国立劇場で開かれ、アイドルグループ・乃木坂46が「インフルエンサー」で初の大賞に輝いた。

 最優秀新人賞は、女性9人組アイドルグループ・つばきファクトリーが獲得。来年9月18日をもって引退することを発表している安室奈美恵(40)は特別賞を受賞したが、会場には姿を見せなかった。 公式ライバルのAKB48、妹分の欅坂46との“ガチンコ初対決”を制し、乃木坂46が初めて頂点に上り詰めた。発表された瞬間、エースの白石麻衣(25)が、Wセンターの一角・西野七瀬(23)が、次々と手で顔を覆い感激の涙。キャプテンの桜井玲香(23)は「本当にうれしくて、今信じられないです」と感無量の表情で話した。

 AKBが人気絶頂を迎えレコード大賞を初獲得した2011年、同じく秋元康氏(59)によって生み出された。「会いに行けるアイドル」をテーマに、身近さアピールしたAKBとは違い、専用劇場による公演や総選挙を行わず、「清楚さ」を前面に押し出した。

 AKBが11、12年とレコ大を連覇する中でも、焦らず力を蓄えてきた。その努力が今年、一気に開花。3月発売の「インフルエンサー」で初めて100万枚を突破し、8月発売の「逃げ水」、10月発売の「いつかできるから今日できる」と立て続けにミリオンヒット。11月には、念願だった東京ドームコンサートも実現させた。

 さらに今年は、メンバーの写真集もスマッシュヒットを連発。白石麻衣(25)が2月に発売した「パスポート」は25万部の売り上げで、今年の写真集ランキング1位を独走。トップ10のうち6作を乃木坂が占めるなど全国的な人気を証明。来夏には初の海外単独公演となる中国、台湾公演を実施予定で、日本を飛び越え、世界的な評価も手にした。

 受賞の喜びを、西野は「ちょっと夢見てしまったけど、どこかで『ないかな』と思っていたから、信じられないです」と表現した。“パーフェクトイヤー”を締めくくる、最高の栄冠。結成から6年での頂点は、くしくもライバル・AKBと同じ早さだった。
(引用終わり)
コメント

東証大納会 終値 2万2764円の高値 !!

2017-12-30 19:44:18 | 経済
大納会 東証、29年末の終値は2万2764円 26年ぶり高値、6年連続上昇

昨日29日の東証大納会は終値2万2764円で引けました。
クロージングベルを鳴らす小父さんが映っていましたが何と将棋7冠の井村祐太棋聖との事で娘さんの長振袖姿も良いもですが井村棋聖の実力にも肖るかりたいところです。

この終値はいろいろな見方をしてしますが2013年末以来26年ぶりの高値と言う事と年間ベースでは6年連続の上昇で騒がれています。

86年ー91年にかけてのバブル相場期と比べ当時のディスコで踊り狂うボデコンの娘さんの映像を流し最近のそれと比べています。
しかし安倍内閣と黒田日銀総裁の超金融緩政策3年にも関わらず物価上昇率2%が到達できないのですからさてこの程度の株価で浮かれていいものでしょうか??

たしか東証株価のバブル期最高値は89年の38916円だったとか。これはバブル相場だとしてもせめて3万円台くらい回復しないと下々にそのお零れが回らないような気がします。
今の相場でも北との武力回避がなされ米国市場の高値が日本市場の買いを引っ張っている様ですから薄氷を踏む気分(普通のトレーダーは)ですかね?
株式配当がバブル期と比べ6倍だから株価は低いが配当率を考えると当時の株価に相当すると書いている人も居ます。ということは3万8千円は別の世界で有ったことで今と連続性はないとも読めます。
小金もちの皆さんはやけどをしないよう気を付けてください。


写真:クロージングベルを鳴らす井村棋聖8読売新聞)

産経新聞:
平成29年最後の取引となる大納会を迎えた29日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は2万2764円94銭と、年末の終値としては3年末(2万2983円77銭)以来26年ぶりの高値水準となった。前年末の終値(1万9114円37銭)を約2割も上回り、年間ベースでは6年連続の上昇。昭和53年〜平成元年に12年連続で上昇して以来の長さで、バブル経済が崩壊して以降では最長となった。

 29年の平均株価は、1月4日の大発会の終値が前年末比479円79銭の大幅高で好発進となったが、米欧の政治リスクや中東・北朝鮮の地政学リスクが意識され、4月14日には終値で年間の安値となる1万8335円63銭まで下落した。

 フランス大統領選でのマクロン氏勝利などをへて、6月2日には約1年6カ月ぶりに2万円台を回復。秋以降に投資家の積極姿勢が強まって世界的に株価が上昇する中、平均株価は10月2〜24日に16営業日続伸して歴代最長の連騰記録を更新。さらに、11月9日の取引時間中には一時、約25年10カ月ぶりに2万3千円台に乗せる場面があった。
(引用終わり)
コメント

貴乃花親方 理事降格 措置 !!

2017-12-29 09:00:16 | スポーツ
貴乃花処分へ 敵対的な姿勢が混迷を深めた

昨日3時日本相撲協会は「貴乃花親方に対し理事降格の措置(決定は評議委員会が行う)」を決めました。
マスコミは年末特番モードで他に目立つネタが無いのでTVニュース各局は終日この是非を報道した居ます。

一般的に「町でインタビューされた人は(貴乃花親方に好感は持つが)組織の一員としてあの態度はダメだ!」との声が結構あります。一方貴乃花親方を応援する声もありました。

浜爺は思います。
「モンゴル会」の言葉に代表される組織外の行動をさておき、加えて白鵬の先場所中の不遜な態度に「厳重注意」しか出せない相撲協会理事会が何ぼの物か貫目を疑っている人は居るという事です。

とても一般的会社とみるほど純白でなく「理事会の見識も偏ったものに見えます」
モンゴル会の動きに触れなくとも「貴ノ岩を殴った日馬富士は引退、そして伊勢が浜親方も理事辞任」なら被害者の貴乃花親方は「白鵬並びに鶴竜並の減給が処分としてし目一杯でしょう」

浜爺は「けん責処分」と出れば上出来!! 「減俸処分」とすればまあまあ! それ以上の処分は失策とみていました。

昨日の臨時理事会は「年内に幕引きの引くことのできた軽い処分(関係者の処分とのつり合いで見れば十分相応です)」で片付けず四時からの「評議員会」に下駄を預けましたが見事(海千山千の小母様」に逃げられ、来年4日の評議員会結論の待ちと年を超えてしましました。

協会は「協会に弓引く貴乃花憎し」の様ですが貴乃花親方のうんこは臭いのですが自分たちのはもっと臭い事を自覚して事の軽重を判断して欲しいものです。
年越しまでに理事長や取り巻き達の相撲利権あれこれ等週刊誌ネタにならないよう願っています。
それと貴乃花親方も今回の報告の事は仕方ないとしてもう少し何がしたいのか一般人に分かるよう自分の立場を説明する必要があります。それが自分の応援団を増やす事になるしそれが世間の大人の対応なのですから!! 
年明けも見守っています。


写真:昨日朝10時過ぎ理事会に出かける貴乃花親方(ネットより)

読売オンライン:
被害者側の敵対的な姿勢の責任を厳しく問う、異例の事態である。組織内部の深刻な 軋轢 あつれき を象徴している。

 日本相撲協会の臨時理事会が開かれ、貴乃花親方の理事解任を決議し、解任権を持つ評議員会で審議することを決めた。

 元横綱日馬富士の傷害事件に絡み、協会に非協力的な対応の責任が問われた。1月4日の評議員会で最終決定する。

 日馬富士が暴力を振るって貴ノ岩を負傷させた。貴乃花親方は、鳥取県警に被害届を提出したが、相撲協会には事案を報告しなかった。協会の調査に対する再三の協力要請も拒み続け、25日になってようやく聴取に応じた。

 貴乃花親方は協会の理事であり、巡業部長を務めている。巡業中に起きた事件の収拾に尽力しなければならない立場にある。

 公益財団法人の主要メンバーとしての責務を放棄した、と言わざるを得ない。八角理事長が「理事の忠実義務に著しく反する」と批判したのはもっともだ。

 貴乃花親方は、自らの正当性を主張しているという。相撲協会の危機管理委員長を務める高野利雄理事は「被害者側であることも勘案した」と語っている。

 それでも解任決議に至ったのは、貴乃花親方の異様なまでに 頑 かたく なな言動を到底、看過できない、と判断したためだろう。

 評議員会で解任が決まっても、貴乃花親方は、初場所後の理事選には立候補できるという。協会内のいざこざが、果たして沈静化するのか、見通せない。

 対立が繰り返されれば、ファンの目は一層厳しくなる。相撲協会のガバナンス(統治能力)の確立には、なお時間が必要だ。

 日馬富士は、鳥取区検から傷害罪で略式起訴された。暴行現場にいながら、制止できなかった白鵬、鶴竜両横綱は既に減給処分となっている。日馬富士の師匠の伊勢ヶ浜親方は理事を辞任した。

 現役横綱の愚行は、角界を揺るがす問題に拡大した。

 時津風部屋で2007年に起きた序ノ口力士の暴行死事件を教訓に、稽古場から暴力を追放する意識は高まった。

 今回は、土俵を離れた場所での暴行だった。相撲協会は、外部有識者や親方で構成する再発防止検討委員会を設置する。

 何より大切なのは、力士一人一人の意識改革である。どのような理由があっても、暴力を振るえば引退に直結する。そのことを肝に銘じてもらいたい。
(引用終わり)
コメント

寝屋川で長女遺棄事件 !!

2017-12-28 09:31:18 | 社会
「警察に行かなあかん」次女が両親説得 長女遺棄事件

18日に寝屋川市の自宅で長女が死亡しているのを発見した両親が遺体をそのままにしていたが次女に説得され23日になって警察に自首して概要が明らかになってきました。

細かい氏名は以下の記事にある通りですが別紙では亡くなった娘さんは体重19キロ程で慢性的栄養失調の上、暮の寒さで凍死したと見られています。
浜爺は死亡原因の中でも特に餓死と言うのが気の毒で胸が痛みます。

亡くなった娘さんは中学生のころから精神疾患との事で中学にも通わなくなり、16--7歳の頃から安倍れるようになり自宅内のプレハブ小屋(2畳ほど)に閉じ込める様になったとか。窓は無く冷房機はあるものの暖房機はない上トイレも簡易式があるだけ。その上で監視のカメラが10台も設置してあるとかで異常な扱いに見えます。両親は何を思ったのでしょうかね??
もう少し治療の方に目を向ければ行政の援助で違う道もあった様な気もして残念でなりません。
亡くなった娘さんに哀悼の意を捧げます。          合掌


写真:現場検証で使った人形を持つ捜査員

朝日新聞:
大阪府寝屋川市の自宅で衰弱死した柿元愛里さん(33)の遺体が遺棄された事件で、会社員の父親泰孝容疑者(55)=死体遺棄容疑で逮捕=と母親の由加里容疑者(53)=同=が「次女に相談し、説得されて自首した」と話していることが、捜査関係者への取材でわかった。

 府警によると、両容疑者は18日朝、自宅内に造ったプレハブの部屋の中で、監禁していた長女の愛里さんが死亡しているのを発見したが、そのまま遺体を放置した疑いがもたれている。両容疑者は、家を離れて現在は別の場所に住む次女に愛里さんが死亡した状況について説明。「警察に行かなあかん」と説得されたことから、23日に寝屋川署に自首したという。

 捜査関係者らによると、一家は1995年、次女を含む4人でこの家に引っ越してきた。愛里さんは地元の小学校に通っていたが、6年の頃に精神疾患の診断を受けた。中学校にはほとんど通っていなかった。両容疑者は府警に対し、愛里さんが暴れるため、16、17歳の頃からプレハブに閉じ込めるようになったと説明。次女はこの後に転居しているという。

 府警は27日、両容疑者の自宅の現場検証をした。
(引用終わり)
コメント

福井県職員夫妻 住宅手当 誤魔化し 懲戒免職 !!

2017-12-27 09:59:58 | 東日本大震災
25日福井県は県職員夫妻が8年間で住宅手当255万円余りを不正に受給していたと発表し、同日付けで二人を懲戒免職としたそうです。

以下の記事によれば夫妻は40歳に使い30才台でこれからどうやって食って行くのでしょう? 子供に触れていませんが居るとしたら先行き悲惨ですよね!!

浜爺は国家公務員や地方公務員等で比較的身分と収入が安定しているのに「つまらない事で解雇になってしまう例」に興味を持って報道を読んでします。
この夫婦も軽い役付きですから年収にして一人350万円としたら二人で700万円の実入りがあるのに年にして3-40万円程の住宅手当を契約書を偽造したり銀行の通帳に細工をしたりして虚偽の受給を続くていたようです。
賃貸住宅に入っていれば「家賃の5万円/月」程でも他人に支払わなければならないのですから(妻の母親のマンションに家賃なしで入居できていたとしても)それを誤魔化してまで住宅手当を受けていたのは「出来心か計画的犯行か」分かりませんがやった事はせこいですよね。

その結果、誤魔化した住宅手当は利息付で全額返済、懲戒解雇とありますから退職金はパーその上、先の暮らし向きがすぐには立たなくなりました。

加えて真面目に住宅手当を受けている元同僚は「より厳しい契約関係の確認」を求められるという余分な仕事を残して行きました。

良く考えれば合わない事は分かりそうなものですが「判っちゃいるけど止められない」だったのでしょう。
お互い身実を正して暮らしましょうね。


写真:謝罪する県幹部

毎日新聞:
福井県は25日、県職員の夫妻が書類を偽造し、2008〜15年度の8年間で住居手当計255万1500円を不正受給していたと発表した。県は同日付で、夫の地域農業課企画主査(37)と妻の県立病院企画主査薬剤師(38)を懲戒免職とした。

 県人事企画課によると、住居手当は賃貸住宅に住む職員に支給され、夫妻は月2万7000円(15年1〜3月は1万3500円)を受給していた。

 妻は08年4月から母親(66)が資産運用のため所有していた福井市の分譲マンションに入居。家賃を支払っていないのに母親が用意した偽の賃貸借契約書を県に提出した。夫妻は11年11月に結婚し、同じマンションに居住。13年1月に受給者を妻から夫に変更したが、賃貸借契約書と家賃引き落とし通帳の写しを偽造し、不正受給を継続した。

 11月9日に寄せられた匿名電話を端緒に県が調査し発覚した。夫は「(受給継続しないと)不自然と思った」、妻は「(手当を)もらい続けたかった」と不正受給を認めた。夫妻は利息を含めた全額を返済しており、県は告訴しない方針。

 県は年1回、通帳の写しで家賃引き落としの有無を確認していたが、該当部分以外は黒塗りを認めていた。県は再発防止のため、住居手当受給者の領収書や通帳を原本確認する。【岸川弘明】
(引用終わり)



コメント